タラの切り身を調理する方法

4 方法:フライパンでタラを焼く方法タラの直火焼きタラの切り身を茹でる方法タラの切り身をオーブンで焼く方法

タラは肉厚で骨の少ない人気の白身魚です。フライパンで焼く、ブロイル(あぶり焼き)、茹でるなどの様々な調理方法が可能な、用途の広い魚です。タラは、コレステロール値は高いものの、飽和脂肪酸値が低くオメガ3脂肪酸値の高い、ビタミンとミネラルを豊富に含んだ食品です。[1] タラの切り身の多様な調理方法を知りたい方は、以下のステップに従ってください。

材料

タラの切り身をフライパンで焼く方法

  • タラの切り身:2枚(合計で450g)
  • 牛乳:1/4 カップ(59 ml)
  • コーンミール:1/2 カップ (30 g)
  • 黒胡椒:小さじ1 (4.7 g)
  • 塩:小さじ1 (4.7 g)
  • 植物性の油:大さじ2 (30 ml)
  • 絞ったレモン果汁:半分
  • パセリの小枝:4本

タラの切り身をブロイル(直火焼き)する方法

  • タラの切り身:2枚(合計で450 g)
  • 黒胡椒:小さじ1 (4.7 g)
  • 塩:小さじ1 (4.7 g)
  • 溶かしバター:大さじ2 (30 ml)
  • パプリカ:小さじ1 (4.7 g)
  • ディル:小さじ1 (4.7 g)
  • 搾ったレモン果汁:半分
  • レモン:3切れ
  • ディルの小枝:3本

タラの切り身を茹でる方法

  • 冷水:6カップ
  • 辛口白ワイン:1/4 カップ
  • 中サイズエシャロット:3個(薄切りスライス)
  • 中サイズ赤ジャガイモ:3個(スライス)
  • 中サイズ人参:1個(薄切り)
  • 塩:大さじ2
  • 中サイズローリエ:2枚
  • 黒胡椒の実:大さじ1
  • タラの切り身:4枚(170g)
  • レモン:半分(薄切り)
  • パセリの小枝:6本(みじん切り)

タラの切り身をオーブンで焼く方法

  • タラの切り身:2枚(合計450 g)
  • 溶かしバター:1/4 カップ
  • レモン果汁:大さじ2
  • 小麦粉:1/4カップ
  • 塩:小さじ1/2
  • 白胡椒:小さじ1/8
  • パプリカ(風味付けに)

1
フライパンでタラを焼く方法

  1. 1
    タラの切り身の下ごしらえ。流水で数分洗ったら、ペーパータオルで余分な水分を吸いとり乾燥させます。
  2. 2
    浅めの皿に牛乳を注ぎます。
  3. 3
    牛乳の中に15分間タラを浸します。牛乳に浸すことで、強い「魚臭さ」が消えます。
  4. 4
    浅いボウルの中で、コーンミール、塩、胡椒を混ぜます。ちょうどいいサイズのボウルが見つからない時は、味付け済みコーンミールを皿に移してもかまいません。浅いボウルか皿の上で切り身にコーンミールをまぶすと、作業が容易になります。
  5. 5
    フライパンに油を入れたら、中〜高温で約3分間熱します。
  6. 6
    牛乳に浸した切り身に、味付けしたコーンミールをまぶします。両面にしっかりコーンミールがつくように、タラを何回か裏返します。
  7. 7
    切り身の片側を、それぞれ5分ずつ焼きます。
  8. 8
    盛りつけ皿に切り身を移します。
  9. 9
    レモン果汁を軽くふります。
  10. 10
    パセリを飾り付けたらお召し上がりください。

2
タラの直火焼き

  1. 1
    タラの切り身の下ごしらえ。流水で数分間洗ったら、ペーパータオルで余分な水分を吸い取って乾かします。
  2. 2
    高温でブロイラーを予熱します。
  3. 3
    ブロイラー用天板にスプレーオイルをふります。魚が天板にこびりつくのを防ぎます。
  4. 4
    切り身を流水で数分間洗った後、プロイラー用天板の上に置きます。
  5. 5
    料理用のはけを使い、切り身に溶かしバターを塗ります。
  6. 6
    切り身の上にレモン果汁をふりかけます。
  7. 7
    塩、胡椒、パプリカを切り身にまぶします。
  8. 8
    それぞれの切り身の上に、ディルを置きます。
  9. 9
    天板はブロイラーの下の段に置きます。(発熱部から約10cm離します。)
  10. 10
    魚を5分間ブロイル(直火焼き)します。フォークを刺したときに、身がほぐれやすくなっていたら出来上がりです。
  11. 11
    盛りつけ皿に切り身を移します。魚は柔らかく崩れやすくなっているので、フライ返しを使ってください。

3
タラの切り身を茹でる方法

  1. 1
    タラの切り身の下ごしらえ。数分間流水で切り身を洗い、ペーパータオルで余分な水分を吸わせて乾かします。
  2. 2
    浅めの大型鍋で、水、ワイン、エシャロット、ジャガイモ、人参、塩、ローリエと胡椒の実を混ぜます。[2]
  3. 3
    高温ですべての材料を沸騰させます。
  4. 4
    水が沸騰したら、低温に下げます。
  5. 5
    タラの切り身を加えて、重ならないようにに並べます。煮汁の中に切り身が完全に隠れるように調整します。
  6. 6
    タラの切り身が透明ではなくなり、簡単にほぐれるようになるまで茹でます。約7分かかります。切り身の中の温度は必ず80度になるようにしてください。フォークで野菜を刺すと柔らかくなっています。
  7. 7
    盛りつけます。切り身一枚と、4つに均等に分けた野菜と煮汁をそれぞれのボウルに盛りつけます。スライスレモンとみじん切りのパセリで飾りつけます。

4
タラの切り身をオーブンで焼く方法

  1. 1
    タラの切り身の下ごしらえ。流水で数分洗ったらペーパータオルで余分な水分を吸い取り乾燥させます。
  2. 2
    オーブンを175度に予熱します。
  3. 3
    バターとレモン果汁を混ぜます。小さなボウルにバターとレモン果汁を入れて完全に混ざり合うまでかき混ぜます。滑らかなバター液が出来上がりました。[3]
  4. 4
    小麦粉、塩、白胡椒を別のボウルで混ぜます。粉類を配合して、小麦粉の配合が滑らかに仕上がるまで同様にかき混ぜます。
  5. 5
    タラの切り身をバター液に付けた後、配合した粉類をまぶします。バターの効果で魚に粉類がつきます。魚を軽くふり、余分な粉類を落とします。
  6. 6
    20 cm x 20 cm x 5 cm正方形サイズの、油を敷いていない天板の上に魚を置きます。
  7. 7
    残っているバター液を魚の上からかけます。風味付けに魚の上からパプリカをふります。
  8. 8
    フォークを刺したときにタラの切り身が簡単にくずれるようになるまで、そのままオーブンで25-30分間焼きます。
  9. 9
    盛りつけをします。パセリの小枝とレモンスライスで飾り付けをしたら、温かいうちにお召し上がりください。

ポイント

  • コーンミールの代用として、味付けパン粉や砕いたクラッカーを使うことができます。パン類のカロリーが気になる方は、切り身を牛乳に浸した後、そのまま焼いてもかまいませんが、コーンミールやパン粉をまぶすことで、かりっと仕上がります。

注意事項

  • 調理の下ごしらえをする準備が整うまでは、魚は常に冷蔵庫で保管します。魚は三ヶ月以上冷凍しないでください。また、解凍後は再解凍してはいけません。
  • タラの切り身にはあまり骨はありませんが、切り身を食べる時は小骨が喉に刺さらないように気をつけてください。

必要なもの

  • タラの切り身を浸したりまぶすために使う浅いボウル
  • 中サイズのフライパン
  • ブロイラー用天板
  • 料理用のはけ


記事の情報

カテゴリ: 食・おもてなし

他言語版:

English: Cook Cod Fillets, Italiano: Cuocere i Filetti di Merluzzo, Nederlands: Kabeljauwfilet bereiden, Español: cocinar filetes de bacalao, Deutsch: Kabeljau zubereiten, Português: Cozinhar Filés de Bacalhau, Français: cuisiner des filets de cabillaud, 中文: 烹饪鳕鱼排, Русский: приготовить филе трески, Bahasa Indonesia: Memasak Fillet Ikan Kod, Čeština: Jak uvařit filety z tresky, हिन्दी: कॉड मछली पकाएँ, العربية: إعداد شرائح سمك القد, ไทย: ปรุงเนื้อปลาค็อด, Tiếng Việt: Chế biến cá tuyết phi lê, 한국어: 대구포 조리하는 방법

このページは 2,094 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?