ダクトテープの糊跡を取り除く方法

共同執筆者 Michelle Driscoll, MPH

ダクトテープは強力な粘着テープですが、剥がした後ベトベトした強力な糊跡が残ります。幸いにも、ほとんどの糊跡を楽に取り除く方法があります。消毒用エタノールや食用油はいずれも効果的に作用し、その後温水と洗剤で処理するとほとんどの表面をきれいにできます。落としにくい糊跡でも、ヘアドライヤーで温めたり市販の剥離剤などを使ったりすればきれいに剥がせるようになるでしょう。

方法 1 の 3:
消毒用エタノールを使う

  1. 1
    鈍い刃先で糊跡を削ります。バターナイフが理想的ですが、パテナイフや安全剃刀を使うこともできます。刃を寝かせて表面にあて、ゆっくり動かしながら粘着剤を削り取りましょう。[1]
    • 表面に傷をつけないようにそっと削ります。傷つけるのが心配な場合は、この手順は省略します。
  2. 2
    消毒用エタノールに浸した柔らかい布で糊跡をこすります。ドラッグストアや薬局の医薬品の棚に陳列されている消毒用エタノールに布を浸します。表面を傷つけないように、清潔で柔らかい布を使いましょう。糊跡に布を当て、前後にこすって粘着剤を剥がします。消毒用エタノールの作用とこする際の摩擦で、ほとんどの粘着剤を剥がすことができるでしょう。[2]
    • 代わりにアセトンや除光液を使うこともできますが、表面の塗料が傷む可能性があります。
  3. 3
    食器用洗剤と温水で表面をこすります。温水500mlに大さじ1杯の食器用洗剤を加え、泡立つまで混ぜます。次に、その溶液に浸した柔らかい布で糊跡をそっとこすりましょう。滑る感じやべたべたした感触がなくなるまでこすり続けます。[3]
    • 低~中強度の洗剤なら何を使っても構いませんが、油脂やその他のしつこい汚れ用に作られた強力な洗剤は避けましょう。
  4. 4
    布で表面を乾かします。清潔な布やキッチンペーパーで表面を拭いて水分を吸収します。表面から粘着剤が剥がれて、べたつきや粗さを感じなくなるでしょう。
    広告

方法 2 の 3:
食用油を使う

  1. 1
    食用油に浸したキッチンペーパーを糊跡の上に載せます。手元にある食用油(どんなものでも構いません)にキッチンペーパーを浸します。糊跡の上にそのキッチンペーパーを載せ、数分おいてから外しましょう。その後こすったり削ったりして粘着剤を剥がします。[4]
    • ベビーオイル、ピーナッツバター、マヨネーズなど、他の油性製品も効果的に作用します。
    • 絨毯や衣類などの吸収素材には注意が必要です。油が染み付く可能性があるので、気になる場合は、代わりに重曹ペーストを使いましょう。
  2. 2
    ココナッツオイルと重曹を混ぜます。小さなボウルにココナッツオイルと重曹を同量入れ、混ぜてペーストを作ります。[5]
    • ココナッツオイルがなければ、温水に重曹や酢を加えて使いましょう。[6]
  3. 3
    ペーストを塗って30分そのままおきます。布や歯ブラシなど柔らかいものにペーストを付け、糊跡とその周りに塗り広げます。30分~1時間おいてから次の手順に進みましょう。[7]
  4. 4
    温水でペーストを拭き取ります。清潔な布を温水で濡らします。この布でペーストをこすり落とすと、残っていた粘着剤も剥がれるでしょう。
  5. 5
    布で表面を乾かします。柔らかい布やキッチンペーパーで水分を拭き取り、粘着剤が残っているか確認します。残った粘着剤は、ナイフや塗装用スクレーパーでこすってほぐすことができます。
    広告

方法 3 の 3:
剥がれにくい糊跡を取り除く

  1. 1
    糊跡を素早く剥がすにはヘアドライヤーで温めます。ヘアドライヤーを糊跡にあて、粘着剤を軟化します。1分ほど温めれば、剥がすのに十分なくらい熱くなるでしょう。ナイフや他の道具を使って慎重に削り取ります。完全に取り除くことができない場合は、別の方法を試しましょう。
  2. 2
    金属面にはWD-40をスプレーします。WD-40はホームセンターで扱っています。表面に糊跡が多く残っている場合は直接スプレーします。粘着剤が少なければ、タオル地の布に吹き付けてからその布で塗りましょう。1分ほどそのままおいて、水と洗剤でこすり落とします。[8]
    • WD-40は車体などの表面に最適です。缶に記載されている注意事項を読み、染みつく可能性のある表面には使わないよう気を付けましょう。
    • WD-40の代わりにワセリンやカーワックスを使うことができます。[9]
  3. 3
    市販の剥離剤で頑固な糊跡を剥がします。このような製品もホームセンターで見つけることができます。市販のテープの粘着剤を剥がすために作られた専用の剥離剤があります。製品の使用方法に従って使うと、粘着剤を剥がせるでしょう。[10]
  4. 4
    水圧やサンドブラストで石やコンクリート表面をきれいにします。これは、石、レンガ、コンクリートなど、丈夫な建築資材に限って使うことができる方法です。高圧洗浄機やブラストガンを資材に向け、こまめにスイッチを入れたり切ったりしながら、粘着剤を落としましょう。
    • このような機械を使うとほとんどの表面に跡が残るので注意しましょう。
    広告

ポイント

  • 表面を傷つけないように、どんな溶液を使う場合でもあらかじめ目立たない部分で試しましょう。
  • Goo Gone製品を使って粘着剤をほぐしましょう。塗布後数分おいて、拭きとるか削り落とします。

広告

注意事項

  • 粘着剤を刃で削る際は、表面を傷つけないように気を付けましょう。
広告

必要なもの

消毒用エタノールを使う

  • バターナイフまたは鈍い刃
  • 消毒用エタノール
  • 柔らかい布
  • 食器用液体洗剤
  • 小さなボウル

食用油を使う

  • ココナッツオイルまたは別の食用油
  • キッチンペーパー
  • 重曹
  • 小さなボウル
  • 柔らかい布または歯ブラシ

剥がれにくい糊跡を取り除く

  • ヘアドライヤー
  • WD-40
  • 市販の剥離剤
  • 必要に応じて、高圧洗浄機またはサンドブラスターガン

このwikiHow記事について

Mulberry Maids設立者
この記事はMichelle Driscoll, MPHが共著しています。 ミッシェル・ドリスコルは北コロラドを拠点とするハウスクリーニングとメイドサービスを提供する会社「Mulberry Maids」の社長を務めています。2016年にコロラド州の公衆衛生大学院にて公衆衛生学の修士号を取得しています。
このページは 493 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告