地球上で最も危険な鳥の1種であるダチョウに遭遇したらどうなるか想像してみましょう。ダチョウは脚が速く、最高時速72.5㎞で走ることができます。[1] さらに、脚の力も強く、爪が鋭く尖っているので、蹴られると致命傷を負うかもしれません。ダチョウは人間を捕食しませんが、怒ると人間に怪我を負わせたり命を奪ったりすることもあると言われています。それでは、ダチョウに遭遇したらどのように対処すれば良いでしょうか? 一番の方法は、距離を取って関わらないようにすることです。それがうまくいかなければ、物陰で身をかがめるか隠れましょう。最後の手段として、ダチョウと戦う必要があるかもしれません。ダチョウを倒す方法に興味がありますか?ここでは、ダチョウと遭遇した時に身を守る方法を紹介します。

方法 1
方法 1 の 3:
ダチョウと戦う

  1. 1
    長い武器を使う ダチョウから身を守るしかない状況に置かれたら、接近戦を避けましょう。ダチョウのキックにはライオンを殺せるほどの威力があるので、ダチョウの脚が届かないようにできるだけ距離を取りましょう。最も近くにある最も長い物、例えば棒やレーキ、ほうき、枝などを武器として使います。[2]
    • 銃を持っていてそれを使う必要があれば、確実に当てるために体を狙いましょう。ダチョウは、脚やくちばしで攻撃しますが、脚と首は非常に細いので当たりにくいでしょう。
  2. 2
    ダチョウの横に立つ  ダチョウと向かい合わせになると最も危険です。ダチョウは目の前にあるものしか蹴ることができません。ダチョウの最も強力な武器である脚が届かないように、ダチョウの後ろや横にいましょう。
  3. 3
    首を狙う ダチョウにとって、首は最も弱い部分です。早く撃退するために、保護されていない最も弱い部分を狙いましょう。それがうまくいかなければ、胸を狙います。首か胸に狙いを定め、チャンスがあれば叩きましょう。ダチョウが諦めて逃げるまで叩き続けます。[3]
  4. 4
    翼にダメージを与える 首を叩いてもダチョウが諦めない場合は、チャンスがあれば翼を狙いましょう。ダチョウは、飛ぶためではなく走る方向を制御するために翼を使うため、ダチョウの翼は、船の舵のようなものです。[4] ダチョウの翼にダメージを与えておくと、逃げざるを得なくなった時に、ジグザグに走れば逃げ切れる可能性が少しは増すかもしれません。
  5. 5
    脚を狙う ダチョウの後ろや横にいて脚を狙いやすい場合は、脚を叩きましょう。ダチョウの重心は、2本の細い脚にかかっています。[5] チャンスがあれば片脚や両脚にダメージを与えてバランスを失わせ、走るスピードとキック力を低下させましょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
攻撃的なダチョウから逃げる

  1. 1
    近くの隠れられる場所に走って逃げる ダチョウが広い場所を走る時のスピードは、時速70㎞に達します。[6] ダチョウに追いつかれる前にたどり着ける距離に草むらや森があれば、そこまで全力で走りましょう。[7] ダチョウのスピードが上がるのを防ぎ、追いつかれないようにします。
    • 草むらよりも丈夫な物(車や人工的な構造物など)があれば、そこに隠れましょう。ダチョウに蹴られると、人間にとっては致命的となる35kgf/㎠もの衝撃を受ける可能性があります。[8]
    • 逃げ切る自信がなければ、初めから逃げないようにしましょう。ダチョウは走るスピードが非常に速く、追いつかれたら後ろから蹴られてしまいます。[9]
  2. 2
    身を隠す ダチョウは肉を食べますが、昆虫や小さな爬虫類、げっ歯類の肉だけなので心配はいりません。[10] 気が立っているダチョウは、食べるためではなく脅威を感じて人間を追いかけます。チャンスがあれば、長く走ってリスクを冒すよりも、ダチョウから見えないように物陰で身をかがめましょう。[11] 身を隠すと、ダチョウは人間がいなくなったと思って興味を失うかもしれません。
  3. 3
    高いところに逃げる ダチョウは飛べないことを覚えておきましょう。[12] 地上に隠れる場所が見つからない場合は、木やフェンスなどに登りましょう。ダチョウが興味を失って、立ち去ってから降ります。
    • 通常、ダチョウの成鳥が立った時の高さは、2~3mです。ダチョウに歯はありませんが、くちばしで突かれるとバランスを崩すかもしれません。ダチョウが届かないくらい高いところに逃げましょう。
  4. 4
    棘がある植物の茂みに逃げ込む ダチョウの鋭い爪で腹を引き裂かれるよりも、棘が刺さるほうがましでしょう。隠れる場所が他になければ、棘がある植物の茂みに逃げ込みましょう。ダチョウがいなくなるのを待って、茂みから出ます。[13]
    • ダチョウは、大きい目を守るために、棘がある植物の茂みに顔を突っ込まないかもしれません。
  5. 5
    地面にうつ伏せになる 身を隠せる場所や登れる物が遠い場合は、最後の手段として逃げずに死んだふりをしましょう。うつ伏せになり、腕で後頭部を覆って頭蓋骨を守ります。ダチョウに突かれたり蹴られたりすることを覚悟しましょう。ダチョウが飽きて立ち去るのを待ち、立ち上がります。ただし、この方法で身を守っても、怪我をする可能性があるので注意が必要です。[14]
    • ダチョウのキックによる怪我のリスクは、寝そべると大幅に低くなります。ダチョウは、脚を前に蹴り出してから下に降ろすので、威力のほとんどは前に蹴り出した時に失われます。
    • ダチョウの爪も危険です。爪で引っかかれた場合に備えて、うつ伏せになって内臓を守りましょう。
    • うつ伏せになった体にダチョウが載ったり、座ったりするかもしれません。ダチョウの成鳥の体重は90~159㎏です。[15]
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
ダチョウとの遭遇を避ける

  1. 1
    周囲を確認する ダチョウの生息地にいる時には、周りを確認しましょう。何もない開けた場所を避け、茂みや木の近くを選びます。攻撃的なダチョウに遭遇した場合に備えて、最も安全に逃げられる場所を確認しておきましょう。
  2. 2
    ダチョウに近づかない 野生のダチョウを見つけたら、距離を取りましょう。ダチョウとの距離が100m未満では近すぎです。ダチョウが落ち着いているように見えても、近づいてきたら離れましょう。逃走反応ではなく、闘争反応を引き起こすので、ダチョウを追い詰めないようにします。[16]
    • 人間がダチョウを抱きしめたり、撫でたり、ダチョウにキスをしたりしている写真を見て、ダチョウに近づいても安全だと思うかもしれませんが、そのような写真は農場などで飼いならされたダチョウと撮ったものなので注意が必要です。また、飼いならされたダチョウであっても、怪我を防ぐために野生のダチョウと同じように対処しましょう。
  3. 3
    繁殖期のダチョウに注意する 繁殖期は、ダチョウが最も攻撃的になりやすい時期です。特に、卵を守るオスには注意が必要です。ダチョウは、繁殖期以外の時期にはつがいや単独で行動するので、5~50羽が群れで行動している場合は繁殖期だとわかります。[17]
    • ダチョウのオスは、体が黒く、羽の先端が白く、脚の前に赤みがあります。
    • ダチョウのメスは、体が茶色で羽の先端と羽が灰色です。[18]
    広告

関連記事

血豆の治療血豆の治療
爪が割れたときの対処
骨折した足の小指にテーピングを行う骨折した足の小指にテーピングを行う
クモに噛まれた跡を見分けるクモに噛まれた跡を見分ける
棘を抜く
自分で抜糸する自分で抜糸する
蚊に刺されたところの痒みを止める蚊に刺されたところの痒みを止める
ファイバーグラスによるかゆみを鎮めるファイバーグラスによるかゆみを鎮める
耳の中の水を抜く耳の中の水を抜く
ハンマーで指を叩いたときの対処ハンマーで指を叩いたときの対処
怪我をした足の指にバディテーピングを行う怪我をした足の指にバディテーピングを行う
足の裏に刺さったガラスの破片を取り除く足の裏に刺さったガラスの破片を取り除く
指の骨折を見分ける指の骨折を見分ける
紙で切った傷を治療する紙で切った傷を治療する
広告

このwikiHow記事について

Kira Jan
共著者 ::
スタンフォード大学卒、英語学学士
この記事の共著者 : Kira Jan. キラ・ジャンは、2021年にスタンフォード大学で英語の学士号を取得しました。様々な文芸誌に作品を発表し、ベストセラー作家の作品編集を行い、スタンフォード大学の強豪ボートチームでは軽量ボートのスカル競技選手として活躍。現在は、あらゆるバックグラウンド、スキル、興味を持つ読者に情報を届けることを目標に、wikiHowのコンテンツチームで執筆や編集を行っています。wikiHow読者と一緒に学び続けることを楽しみ、綴られた言葉を通してつながりを生み出す仕事をしています。
このページは 69 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告