PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

胸の膨らみを隠したいという悩みは、胸を締め付けて平らにできれば解決でき、大きな安心感が得られます。胸を締め付けたい理由は人によって異なります。例えば、トランスジェンダー(身体的性と性自認が一致しない人)、ジェンダークィアー(性的少数者であることを肯定的に受け止めている人)、ノンバイナリー(男女のいずれか一方に限定しない性別の立場を取る人)であることから、女性のシンボルとしての胸を隠したいと思う場合や、男性の役を演じるために胸を締め付ける必要がある場合などです。専用に作られたチェストバインダーを使うのが理想ですが、それが可能でない場合もあるでしょう。例え、チェストバインダーが入手不可能だとしてもガッカリする必要はありません。安全に胸を締め付ける方法は他にもあります。重要なのは、締め付けによって体がダメージを受けないようにすることです。

方法 1 の 5:
スポーツブラをつける

  1. 1
    通常よりワンサイズ小さくて快適なスポーツブラを選ぶ 小さくても、きつ過ぎないものを選びましょう。普段つけているものよりもワンサイズ小さいブラが最適です。可能であれば、色々なブラジャーを試して最適なものを選びましょう。[1]
    • スポーツブラはスポーツ用品店やデパートなどで購入できます。
  2. 2
    「揺れ防止」という表示があるブラを選ぶ スポーツブラは様々な強度で胸をサポートします。強度が一番高いブラを選びましょう。「揺れ防止」という表示のブラは、胸をフラットにする効果があります。揺れ防止の表示を確かめましょう。[2]

    別の選択: 活動レベルに応じてブラを分類しているメーカーがあります。「耐衝撃」と表示のあるものが一番フィットするでしょう。

  3. 3
    大きい胸にはスポーツブラを2枚重ねにする スポーツブラを2枚重ねにすると、望みの外観が得られるでしょう。二重に締め付けることにはならないため、比較的安全です。しかし、着けて快適に動き回れることが大切なため、まずはそれを確かめましょう。[3]
    • 不快感がある場合は、1枚あるいは両方とも外しまししょう。
    • 2枚目のブラを前後ろ逆さに着用すると、胸がより平らに見えるかもしれません。上手く行くかどうかを確めてみましょう。
    専門家情報
    Shahpar Mirza

    Shahpar Mirza

    トランスジェンダーコミュニティー専門家
    トランスジェンダーコミュニティーの専門家、シャーパー・ミルザは、2016年に女性から男性(FTM)への性別移行を開始しました。2017年よりホルモン補充療法を受けており、2018には両乳房切除手を受けました。スタンフォード大学のLGBT学生情報センターに勤務していたこともあり、以来世の中にトランスジェンダーコミュニティーの存在を広め、トランスジェンダーへの一般的な誤解を解く活動に意欲的に取り組んでいます。2019年にスタンフォード大学にてプロダクトデザイン学の学士号を取得しました。
    Shahpar Mirza
    Shahpar Mirza
    トランスジェンダーコミュニティー専門家

    専門家からのヒント: チェストバインダーがない場合は、スポーツブラを1枚ないしは2枚着用して胸を平らにしてみましょう。両親や他の人に知られたくないためにチェストバインダーを買えずにいるという場合は、信頼できる友人に代わりに購入してもらえないか尋ねましょう。

    広告

方法 2 の 5:
パンティーストッキングを使う

  1. 1
    一時凌ぎにコントロールトップのパンティーストッキング(パンスト)を使う コントロールトップのパンストは、ウエスト部分の締め付けがしっかりしているため、チェストバインダーとして使えます。時々使用する程度なら、安全面からも効果的な選択肢です。[4]
    • 締め付けの強さを考えると新品が理想です。ただし、日頃使っているものでも十分に機能します。

    警告: パンストをチェストバインダーとして着用する場合は、最長6時間までにしましょう。時々使用する程度なら安全ですが、毎日の使用は安全とは言えません。

  2. 2
    ハサミでパンストの脚部分をカットする パンストをバインダーとして着用する場合、逆さまにして被る必要があるため、脚部分を切り落とさなければなりません。カットする場所は使用方法によって異なりますが、太腿の付け根部分か、少し下の膝に近い位置が良いでしょう。[5]
    • カットした脚部分は不要のため処分しましょう。
  3. 3
    頭を通すためにパンストの股上に穴を開ける パンストの股上部分に頭を通すため、そこに穴を開ける必要があります。股上にハサミで穴を開ければ、パンストがタンクトップか小さな半袖シャツに変わります。[6]
    • 股上の綿部分をすべて切り落としましょう。綿は伸びにくいために頭を通すのが困難です。
  4. 4
    ウエストバンドを下にしてパンストを頭から被り下に引っ張る まず頭を股上の穴に通し、次に、切り落とした脚の穴に両腕を入れます。最後に、コントロールトップの部分を胸の上に引き下げ、胸ができるだけ平らになるように乳房を調整しましょう。[7]
    • パンストの素材は汗を吸わないものが多いため、着用中、普段よりも汗をかくかもしれません。
    広告

方法 3 の 5:
キャミソールを使う

  1. 1
    カップ付きキャミソールを選ぶ このタイプのキャミソールには、上半分に胸をリフトアップするための厚いバンドが組み込まれたパネルが付いています。パネルは胸をサポートすると同時に、平らに見せる効果もあります。[8]
    • カップ付きキャミソールは女性用品を扱っている店舗で購入できます。
    • 胸が小さければ、キャミソールを使うのが効果的でしょう。
  2. 2
    キャミソールの前面を後ろに回し背面のパネルが胸を覆うように着る 前面のパネルは胸の膨らみを考慮して緩めに作られていますが、背面のパネルはタイトなため、胸をサポートするにはより効果的です。前面を後ろに回し、背面のパネルを胸まで引き下げて締め付けましょう。[9]
    • 必要に応じて、キャミソールの紐に付いているプラスチックのアジャスターを使い、キャミソールを上げて、胸を完璧に覆いましょう。
  3. 3
    キャミソールの裾を折り上げる シワができないように生地を伸ばし、キャミソールの下3分の1を折り上げ、更にもう一度折り上げましょう。必要に応じて、胸の上で折込が全てが重なるようにもう一度折り上げましょう。[10]
    • 重ね折りした部分が胸を平らに見せます。

    ヒント: 着心地が良ければキャミソールを二枚重ねしても良いでしょう。ただし、カップ付きであることを確かめましょう。

    広告

方法 4 の 5:
服で胸の大きさを隠す

  1. 1
    重ね着して胸を隠す シャツの重ね着は胸の大きさを隠すのに非常に効果的です。Tシャツを重ねたり、Tシャツの上にボタン付きシャツを着たりしましょう。[11]
    • 胸が大きい場合は下着を2枚重ね、その上にボタン付きシャツを着て胸を隠しましょう。
    • 冬は、厚手のシャツとセーターで十分に胸を隠せます。夏の間は、暑さ対策として下着やTシャツなど薄手のシャツを重ねましょう。

    ヒント: 思った程胸が隠せない場合は、チェストバインダーの上に重ね着しましょう。

  2. 2
    胸を目立たなくさせる胸ポケット付きのシャツを着る 胸ポケットがあると、必要以上に視線を胸元に引いてしまうのではないかと不安に思うかもしれませんが、実際には胸の曲線を隠すのに非常に効果的です。ポケットは人の目を眩ませる効果があるため、胸自体が強調されにくくなります。胸に1〜2つポケットの付いたシャツを選びましょう。[12]
    • きつ目の下着を着て胸を更に覆うこともできます。
  3. 3
    服の下にコンプレッションウェアを着る コンプレッションウェアは、体にぴったりとフィットする伸縮性のある素材で作られているため、胸を平らにするのに最適です。単独で着ても、他の服の下に着ても胸のフラット効果は変わりません。[13]
    • コンプレッションウェアはスポーツウェア用品店で購入できます。男性用のものを購入すると良いでしょう。
    広告

方法 5 の 5:
安全に締め付ける

  1. 1
    チェストバインダーの着用は最長8時間にする 常に締め付けていたいと思うでしょうし、それも理解できますが、体の健康には安全とは言えません。細胞組織、筋肉、骨に損傷を与えないように、時折外しましょう。6〜8時間以上着用しないように気をつけましょう。[14]
    • バインダーを着用しない時は、重ね着をしたりキャミソールをつけることで胸元を隠すことができます。
    • 体の声を聴きましょう。不快感や痛みがあったり、呼吸が困難になる場合は、着用時間が8時間に満たなくても外しましょう。

    ヒント: 最初は、着用を最長8時間までに抑えましょう。徐々に慣らしていくことで、着け心地が良くなり、呼吸も自然にできるようになります。

  2. 2
    睡眠時はバインダーを外す バインダーを付けたまま寝ると、呼吸が苦しくなり睡眠が妨げられる場合があります。最悪の場合、体に永久的なダメージを与えるかもしれません。睡眠中の着用は避けましょう。[15]
    • キャミソールの上にTシャツを着て、胸をより平らに見せましょう。
  3. 3
    ボディパウダーを叩くか皮膚保護クリームを塗って皮膚の炎症を防ぐ 汗ばんでバインダーが濡れ、肌と擦れることがあります。その結果、肌が擦り剥けたり痒くなったりする場合があります。そういった不快な症状を防ぐには、バインダーを着ける前に、ボディパウダーまたは皮膚保護クリームで肌を守りましょう。[16]
    • 皮膚を保護するためのクリームやパウダーは、薬局またはオンラインで購入可能です。
  4. 4
    包帯やガムテープで胸を締め付けない 包帯やガムテープはバインダーの代わりとして効果的だと思うかもしれませんが、体を傷つける可能性があります。体の動きに合わせて伸び縮みできないため、筋肉、肋骨、脊椎、肺に損傷を与える恐れがあります。これらの問題を回避するためにも、安全なチェストバインダーを使いましょう。[17]
    • 映画などで、チェストバインダーの代わりに包帯やガムテープが使われているのを見たことがあるかもしれませんが、危険な行為です。

    ご存知ですか? 伸縮包帯は、動くたびに体を締め付けるように作られているため、胸周りに着けるのは危険です。伸縮包帯で健康を脅かしてはいけません。

  5. 5
    一度に1つの方法を試みる 試している方法が機能していない場合は、別の方法を試して機能性を見極めましょう。しかし、一度に2つ以上の方法を試してはいけません。体にダメージを与える恐れがあります。
    • 自分に合った方法が見つかるまで、様々な方法を試しましょう。結果に満足するまで時間がかかる場合がありますが、諦めてはいけません。
  6. 6
    日頃活発に動くならスポーツブラを着用する 運動時には、体が自由に動かなければなりません。加えて、簡単に呼吸できることも重要です。 ほとんどのチェストバインダーは運動する際に制限がかかりますが、スポーツブラは自由に動けます。[18]
    • 運動中はスポーツブラを1つだけ着用しましょう。胸が透けて見えるのが心配な場合は、スポーツブラの上にダブダブのシャツを着てみましょう。
  7. 7
    痛みや呼吸困難がある場合は医師の診察を受ける 残念ながら、バインダーがきつすぎたり、長時間着用していると、背中や胸の痛みのほか、呼吸困難を起こす場合があります。ただ、医師の診察を受けるのは気が進まないかもしれません。その気持ちは理解できますが、専門家の診察を受け問題がないことを確認することが重要です。 主治医に診てもらうか、緊急治療センターに行って、治療が必要かどうかを確認しましょう。[19]
    • 未成年者の場合は、治療に際して一般的に親または保護者の許可が必要です。「胸を締め付けると心が解放される」という本心を両親に打ち明けていないとしたら、治療を親に相談し辛いかもしれません。しかし、自分の健康が最も重要です。呼吸が苦しいこと、医師の診察を受けたいことを両親または保護者に伝えましょう。医師には、自分で口頭で説明できるかもしれませんし、症状をメモ書きにして渡すこともできるでしょう。
    広告

ポイント

  • 手作りのバインダーも機能するかもしれませんが、安全性を考えて、胸の締め付け専用に作られたチェストバインダーを使いましょう。
広告

注意事項

  • きつすぎるバインダーを着けたり長時間着用していると、体に害を及ぼす可能性があります。痛みを伴うバインダーの着用は避けましょう。また、常時着用するのも控えましょう。
広告

関連記事

太ももを太くする
太ももの内側に隙間を作る太ももの内側に隙間を作る
胸筋を動かせるようになる胸筋を動かせるようになる
腕に脂肪をつける腕に脂肪をつける
肩幅を広くする
わき腹の脂肪を落とすわき腹の脂肪を落とす
ヒップディップスをなくすヒップディップスをなくす
トレーニング用のウエイトを手作りするトレーニング用のウエイトを手作りする
カラスのポーズをする
ヨガを毎日練習するヨガを毎日練習する
ヒップを大きくするヒップを大きくする
膝を鍛える膝を鍛える
お尻を丸くする
背中を柔らかくする背中を柔らかくする
広告

このwikiHow記事について

Shahpar Mirza
共著者 ::
Shahpar Mirza
トランスジェンダーコミュニティー専門家
この記事の共著者 : Shahpar Mirza. トランスジェンダーコミュニティーの専門家、シャーパー・ミルザは、2016年に女性から男性(FTM)への性別移行を開始しました。2017年よりホルモン補充療法を受けており、2018には両乳房切除手を受けました。スタンフォード大学のLGBT学生情報センターに勤務していたこともあり、以来世の中にトランスジェンダーコミュニティーの存在を広め、トランスジェンダーへの一般的な誤解を解く活動に意欲的に取り組んでいます。2019年にスタンフォード大学にてプロダクトデザイン学の学士号を取得しました。
カテゴリ: フィットネス
このページは 409 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告