胸部を締め付け、ふくらみを抑えたいと思っている人は少なくありません。チェストバインダー(胸つぶし)には既製品もあるので、オンラインショップなどで購入すれば簡単に使用することができます。自分だけのチェストバインダーを手作りする方法もいくつかあり、例えば、タイツをチェストバインダーに変身させることができます。チェストバインダーを着用する際は、いくつか注意すべき点があります。例えば、きつすぎないよう巻き方を調整し、適切な素材を用いなければ、細胞組織にダメージを与える恐れがあります。

方法 1 の 3:
タイツをチェストバインダーに変身させる

  1. 1
    タイツまたは着圧ストッキングを用意、あるいは購入する どのような種類のタイツでも使用することができます。ウェストと胸囲のサイズが大体同じであれば、普段のサイズのものを使うことができます。[1] そうでない場合は、巻き尺で胸囲のサイズを図りましょう。一方を前に持ち、ぐるりと手前まで一周させて巻きます。少しきつめに引っ張り、重なり合った位置の目盛りを確認しましょう。
    • この値を参考に、タイツのサイズを探しましょう。商品の裏側、オンラインショップの場合は商品のページにサイズ表などが掲載されているはずなので参照しましょう。
  2. 2
    タイツの脚の部分を切り落とす 左右どちらも15~20センチ程残し、残りはハサミで切り落としましょう。つまり、短パンのような見た目になります。[2]
  3. 3
    股の部分を切り、頭を通す穴を作る まずは股の部分を見つけます。次に、腿の部分のしわを伸ばし、短パンを広げて置いたように平らな状態にします。ハサミを使い、頭をくぐらせることができる大きさの穴を股間部分に作りましょう。[3]
    • 穴が小さすぎて頭が通らなかった場合は、もう少し広げましょう。
  4. 4
    「チビT」のような要領でタイツを着用する 股間の穴に頭を、切り取って残っている脚の部分に左右それぞれの腕を通します。タイツのウエスト部分を引っ張って胸の位置に合わせて締め付けましょう。[4]
    • スポーツブラの上から重ねて着用すると効果的です。
    広告

方法 2 の 3:
その他の衣類で代用する

  1. 1
    比較的平らな胸にはカップが入っていないスポーツブラを用いる カップの入っていない平らなスポーツブラを選びましょう。胸がより平らになります。胸が大きい人は、もう1枚重ねて着用すると良いでしょう。スポーツブラは少しきつめにフィットするものを探しましょう。ただし、きつすぎると息苦しくなるので加減しましょう。[5]
    • ベスト型のチェストバインダーを製造しているメーカーもあります。胴体の上半分を覆う着丈で、胸部を押さえる仕組みになっています。[6]
  2. 2
    ネオプレンバックサポートを胸に巻く これは腰用のサポーターですが、装着が簡単です。こうした製品には一般的にマジックテープが用いられています。マジックテープの部分を腕の下に合わせ、見えにくくして巻きましょう。必要に応じてきつさを調整し、胸を平らにします。[7]
    • バックサポートを取り扱っている店舗であれば手に入るでしょう。量販店や大型のドラッグストアなどを見てみましょう。
    • 息が苦しくなるほどきつく巻かないよう注意しましょう。
    • マジックテープがあるので、ゆったりとした服の下に着用すると良いでしょう。
  3. 3
    加圧シャツを着る 簡単な選択肢です。加圧シャツは着圧レギンスや着圧靴下のように、着用すると体にきつく密着します。上半身に着用していると、胸が平らに見える傾向があります。着圧シャツの上にはお好きな服を重ねて着ることができます。スポーツ用品を取り扱う店舗で探してみましょう。[8]
    • 加圧パンツやスパッツしか手元にないという場合は、頭が通る大きさの穴を股間部分に作り、シャツに変身させましょう。
    • 古くなったトップスをチェストバインダーにすることもできます。まずは袖を切り落とし、両端の縫い目を切ると、2枚のチェストバインダーになります。着用するには、まず胸に痛みや不快感のない範囲でできる限りきつく巻きます。手前で結び、結び目を胸の谷間にたくし込めば完成です。
    広告

方法 3 の 3:
チェストバインダーを安全に着用する

  1. 1
    睡眠時はチェストバインダーを取り外す 24時間チェストバインダーを着用していると皮膚の問題などの健康障害を引き起こす恐れがあります。毎日数時間は着用しない時間を設けて休ませましょう。[9]
    • 着用するのは1日8時間までにすると良いでしょう。
    • 胸部をきつく圧迫すると呼吸障害や肋骨の骨折を引き起こす可能性もあります。また、長期的に圧迫し続けると、骨格が変わることすらあるので注意しましょう。[10]
    • いろいろと試し、着用する本人が満足できる着方を見つけましょう。決まったルールなどはありません。[11]
  2. 2
    運動する際は着用しない スポーツブラであれば運動時も適していますが、バックサポートやタイツを用いたチェストバインダーではきつすぎるかもしれません。体の動きが過度に制限されたり、十分な呼吸が難しくなる可能性があります。[12]
  3. 3
    チェストバインダーの裏側にボディパウダーをまき、擦傷を防ぐ チェストバインダーが擦れて肌が赤くなってしまった場合は、ボディパウダーを間にはさむと良いでしょう。ベビーパウダーなどが使えます。軽くパウダーをまき、チェストバインダーを着用しましょう。[13]
    • チェストバインダーの下にきつめの肌着を着ることもできます。
    • あるいは、擦傷防止(擦れ防止)スティックを使うこともできます。デオドラントのような見た目の製品で、例えば太ももなどの擦れに悩んでいる部位に塗って肌を守ります。オンラインショップやスポーツ用品を取り扱う店舗で探してみましょう。[14]
  4. 4
    テープや伸縮性包帯は用いない こうした製品は性質上チェストバインダーに適さないため、無理に用いると深刻な問題を引き起こす恐れがあります。テープでは肌を傷め、均一に巻くことができません。伸縮性包帯は、巻いた後、徐々にきつさが増します。怪我の処置であればそれで良いのですが、チェストバインダー代わりに用いると徐々に呼吸しづらくなるかもしれません。[15]
    • こうした手段を用いると、肋骨が骨折しやすくなります。
    広告

ポイント

  • 体の状態に目を配り耳を傾けましょう。チェストバインダーを着用していて息が上がってきたり、痛みが感じられた時はすぐに取り外し、他の手段を検討しましょう。
  • 予算に余裕があれば、専用のチェストバインダーを購入しましょう。別のもので代用するよりも安心かつ安全です。

広告

注意事項

  • 誤った巻き方をすると、修復不可能な影響を体に与える恐れがあります。影響が深刻である場合、胸部の手術が受けられなくなる可能性もあります。正しく用いているか定かでない場合は安全策を取りましょう。
広告

関連記事

How to

噛んだファスナーを直す

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

ジーンズを伸ばす

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

ジーンズの股にあいた穴を補修する

How to

防犯タグを外す

How to

革に付いた油染みを落とす

How to

色あせた服を復活させる

How to

皮膚に付いた食品着色料を落とす

How to

ポリエステル製の服を縮める

How to

スウェットシャツを縮ませる

How to

ラルフローレンの偽物を見分ける

How to

ジーンズについた血液のシミを落とす

How to

衣類のゴムを伸ばす
広告
  1. Shahpar Mirza. トランスジェンダーコミュニティー専門家. 専門家インタビュー. 3 March 2020.
  2. Shahpar Mirza. トランスジェンダーコミュニティー専門家. 専門家インタビュー. 3 March 2020.
  3. https://www.cosmopolitan.com/sex-love/news/a55546/how-to-bind-your-chest/
  4. https://www.minus18.org.au/index.php/resources/sexuality-info/item/441-how-to-bind-your-chest
  5. https://www.cosmopolitan.com/sex-love/news/a55546/how-to-bind-your-chest/
  6. https://www.cosmopolitan.com/sex-love/news/a55546/how-to-bind-your-chest/

このwikiHow記事について

Shahpar Mirza
共著者 ::
Shahpar Mirza
トランスジェンダーコミュニティー専門家
この記事の共著者 : Shahpar Mirza. トランスジェンダーコミュニティーの専門家、シャーパー・ミルザは、2016年に女性から男性(FTM)への性別移行を開始しました。2017年よりホルモン補充療法を受けており、2018には両乳房切除手を受けました。スタンフォード大学のLGBT学生情報センターに勤務していたこともあり、以来世の中にトランスジェンダーコミュニティーの存在を広め、トランスジェンダーへの一般的な誤解を解く活動に意欲的に取り組んでいます。2019年にスタンフォード大学にてプロダクトデザイン学の学士号を取得しました。
カテゴリ: 衣服
このページは 270 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告