PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

溶けたチェダーチーズは美味しいですが、少し扱いが難しい場合があります。好みの硬さにならなかったり、分離したり焦げることもあるでしょう。こういったことにならないようにするには、まずチーズを細かくし、室温に戻してから出来るだけ低温で温めることが大切です。この3つの手順にを守れば、電子レンジやコンロで、またはスチームバスケットで蒸して上手くチーズを溶かすことができます。

方法 1 の 3:
電子レンジでチェダーチーズを溶かす

  1. 1
    まずマイルドかシャープを試す チェダーチーズのラベルにはマイルド、シャープ、エクストラシャープといった表示がされています。シャープの度合いは、チーズが製造されてからの時間を表します。新しいものがマイルドで時間が経ったものがエクストラシャープです。チーズは時間が経つと質感が変化します。マイルドやシャープチェダーチーズはエクストラシャープよりも滑らかでクリーミーな質感で溶けやすい特徴があります。[1]
    • エクストラシャープチェダーチーズは時間が経過していないチーズに比べて、溶かすのにより多くの熱を必要とします。
    • マイルドやシャープチェダーチーズの水分含有量はエクストラシャープよりも高いでしょう。
  2. 2
    チーズを細かくする[2]  ナイフや四面グレーター、フードプロセッサー等でチーズを細かくします。四面グレーターを使用するのが一番一般的で簡単な方法です。チーズを手でしっかりと握り、四面グレーターの刃に短手方向をしっかりと当てます。局所的に力を加えて、グレーターに沿ってチーズを上下させましょう。
    • チーズは冷たいうちに削るのが一番です。温かいチーズを削ると、潰れてしまいます。
    • チーズを自分で削りたくない場合は、削ってあるチーズを購入しましょう。ただし、自分で削った方が、クリーミーで美味しい仕上がりになるでしょう。[3]
    • チーズが削りにくいときは、チーズを10~30分冷凍庫に入れて固めましょう。
  3. 3
    チーズを室温にする チーズを削ったら、カウンターの上に置いて室温にします。こうすることで、溶けるまでの加熱時間を短縮します。加熱しすぎると変にゴム状になったり脂っぽくなったりすることがあるため、加熱時間は出来るだけ短い方が良いでしょう。[4]
  4. 4
    チーズを電子レンジ対応のボウルに入れる 細かくしたチーズを余裕があるサイズのボウルに入れます。皿にチーズを乗せてはいけません。溶けると皿からこぼれて、溶けたチーズで電子レンジが汚れてしまいます。
  5. 5
    電子レンジの出力を弱にして15秒温める 細かくしたチーズを入れたボウルを電子レンジに入れてドアを閉めます。電子レンジで設定可能な一番弱い出力に設定しましょう。チーズはできるだけ低温で溶かすのが良いでしょう。[5] まずは15秒加熱しましょう。
    • 高温で加熱するとチーズの水分と油分が飛んでしまいます。こうなると、塊状の油っぽいチーズになるでしょう。[6]
  6. 6
    チーズが溶けるまで15~30秒間隔で加熱を続ける まず15秒加熱したらボウルを取り出してチーズを混ぜます。そして、ボウルを戻してあと15秒加熱します。これをチーズが好みの硬さに溶けるまで続けましょう。
    • チーズは溶けると糸を引きます。火を通しすぎたチーズは硬くカリカリになります。
    広告

方法 2 の 3:
コンロでチェダーチーズを溶かす

  1. 1
    チーズを細かくする 四面グレーターで細かく削ります。チーズは冷たい方が上手く削れるため、冷蔵庫から出してすぐに削りましょう。削りにくい場合は、チーズを10~30分冷凍庫に入れて固めてから削ってみましょう。
    • すでに削ってあるチーズを使用しても構いません。ただし、チェダーチーズは一般的に塊から自分で削った方が風味が良いでしょう。[7]
  2. 2
    削ったチーズをフッ素樹脂加工の鍋に入れ室温に置く チーズを削ったら、加熱する前に室温にしましょう。滑らかな仕上がりになり、加熱時間も短縮できます。大きさに余裕のあるフッ素樹脂加工の鍋にチーズを入れましょう。
  3. 3
    弱火を使う コンロに鍋を置き、火を設定できる最弱にします。チーズは常にできるだけ低温で溶かしましょう。[8] チーズを高温で加熱すると、水分と油分が飛んで、塊のある油っぽいチーズになることがあります。[9]
  4. 4
    チーズから目を離さずに頻繁に混ぜる チーズをコンロに置いたまま、目を離してはいけません。すぐに溶け出して焦げることがあります。頻繁にチーズを混ぜて、鍋の中で動かします。こうすると均一に溶け、鍋にこびりついたり焦げ付いたりするのを防げます。
  5. 5
    チーズを火から外す チーズを必要以上に加熱してはいけません。ゴムのような質感になったり、風味に影響が出ることがあります。チーズが溶けて糸を引くような感じになったら、もう一度かき混ぜて、直ちに火から外しましょう。[10]
    広告

方法 3 の 3:
チェダーチーズを蒸す

  1. 1
    細かくしたチーズをオーブン対応の小さなボウルに入れる 冷蔵庫から取り出したチーズを冷たいうちに削ります。すでに削ってあるチーズを使用しても構いませんが、自分で削った方が美味しいでしょう。チーズを数個の耐熱ボウルに分けて入れます。ラミキンを使用すると良いでしょう。[11]
    • 溶けたチェダーチーズが少量だけ欲しい場合は、この方法が一番です。例えば、蒸して溶かしたチーズをハンバーガーに乗せて濃厚な旨味を加えましょう。
  2. 2
    ソースパンに水を入れ火にかける ソースパンに3分の1以下の水を入れ、コンロの火で沸騰させます。沸騰したら火を弱めて、ぐつぐつさせましょう。[12]
  3. 3
    スチームバスケットを鍋に置き、チーズが入ったボウルを入れる ソースパンの沸騰したお湯の中に直接スチームバスケットを置きます。そして、その中にボウルを入れて1~5分沸騰させてチーズを溶かします。頻繁にチーズをチェックして、溶け過ぎないように気を付けましょう。[13]
    • オーブン対応のボウルがスチームバスケットにフィットするか確かめてからチーズを移しましょう。
    • ソースのように滑らかに仕上げたい場合は、チーズに小麦粉を大さじ2杯ほど入れて混ぜると良いでしょう。
  4. 4
    完成 
    広告

必要なもの

  • チーズグレーター
  • 電子レンジ
  • コンロ
  • 中力粉
  • ソースパン
  • 小さなオーブン対応のボウル
  • スチームバスケット

関連記事

牛乳からクリームを作る
ベーコンが傷んでいるか判断するベーコンが傷んでいるか判断する
傷んだ卵を見極める傷んだ卵を見極める
鶏肉を解凍する鶏肉を解凍する
腐った牛ひき肉を見分ける腐った牛ひき肉を見分ける
パンをおいしく温め直す
ビールをショットガン飲みする
野菜を蒸す
オートミールを作る
アボカドを熟成するアボカドを熟成する
オーブンでステーキを調理するオーブンでステーキを調理する
人参を蒸す人参を蒸す
アルカリ水を作るアルカリ水を作る
ブルーチーズが腐っているか判断するブルーチーズが腐っているか判断する
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は5,097回アクセスされました。
カテゴリ: 食・おもてなし
このページは 5,097 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告