PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

チャクラを開いて活性化すると本能が感情や思考と協調しやすくなり、健康で幸せに過ごせると考えられています。仏教やヒンドゥー教、カバラによると、チャクラ(ヘブライ語でセフィロト)は、体のエネルギーが集結する巨大な貯蔵庫であり、人間の心理的性質を左右すると言われています。 では、チャクラが閉じたり活発すぎたりすると何が起こるでしょう? チャクラのバランスが崩れると、内なる平和を見つけになりくくなります。ここでは、閉じたチャクラを開いて活性化するために、チャクラを実感する方法とチャクラを開くために考案された確かなテクニックを紹介します。

1
7つのチャクラのすべてを開いてバランスを取る

  1. チャクラを開くときに、活発すぎるチャクラの動きを抑える必要はありません。活発すぎるチャクラは、閉じているチャクラを補っているだけです。すべてのチャクラが開けば、エネルギーが均等になってバランスが整うでしょう。主なチャクラ(セフィロト)は合計で7つあると言われており、上半身の4つが精神面を司り、下半身の3つが本能を司ります。この7つのチャクラは次の通りです。[1]
    • ムーラーダーラ(根)・チャクラ
    • スワーディッシュターナ(仙骨)・チャクラ
    • マニプーラ(みぞおち)・チャクラ
    • アナーハタ(心)・チャクラ
    • ヴィシュッダ(喉)・チャクラ
    • アジュニャー(直感)・チャクラ
    • サハスラーラ(頭頂)・チャクラ
    • ヘブライ語でのセフィロトの順序は、ケセド(右上)、ゲブラー(左上)、ティファレト(中央)、ネツァク(右下)、ホド(左下)、イェソド(中央)、マルクト(中央下)です。
    広告

2
根のチャクラ(赤)を開く

  1. このチャクラは、様々な状況を肉体的に認識することと、心地良さを実感することを司ります。このチャクラが開いているとバランスが取れて分別がつき、安定感と安心感を覚えるでしょう。自分が置かれている現状をしっかりと認識するようになり、意識と肉体が固く結びつきます。[2] このチャクラが活発でないと、不安を感じたり神経質になったりすることがあり、他人に嫌われていると感じることさえあります。逆に、このチャクラが活発すぎると、物欲が強くなったり貪欲になったりするかもしれません。根のチャクラを開いてバランスを取る方法は次の通りです。
    • 体を動かしてチャクラを感じます。ヨガや近所での散歩、家の掃除などをしても良いでしょう。
    • まっすぐ立って体の力を抜き、両足を肩幅に開きましょう。膝を軽く曲げて、地面に足をつけます。骨盤を少し前に出し、バランスを保ちながら、両足の裏全体に体重を均等に乗せましょう。重心を落としながら体重を体の前に移動し、このポーズを数分間キープします。
    • 次に、あぐらを組んで座りましょう。親指と人差し指の先を静かに軽く合わせます。
    • 生殖器と肛門の中間にある根のチャクラに意識を集中させましょう。
    • 静かに、しかしはっきりとした声で「ラム」と唱えます。
    • 体の力を抜いてチャクラの位置に意識を集中させながら、チャクラの意味とチャクラが自分の人生に与える影響を考えましょう。完全にリラックスするまでこのエクササイズを続けると、全身が浄化されたように感じるかもしれません。
    • 赤い花のつぼみを思い浮かべましょう。つぼみから非常に強いエネルギーが放射され、つぼみがゆっくりと開いてエネルギーに満ちた4枚の花びらが現れる様子を想像します。
    • 会陰を収縮させ、息を止めて解放します。

3
仙骨のチャクラ(オレンジ)を開く

  1. 仙骨のチャクラは、生の感情と流動性、性的関心を司ります。このチャクラが開いていると、感情が自由に解放され、流れに身を任せることができます。[3] 人に対して親近感を持ちやすく、何事にも熱心に取り組み、より社交的になるかもしれません。反対に、このチャクラが活発でないと、情緒が欠如して無神経になり、他人に心を開きにくくなるでしょう。また、このチャクラが活発すぎると神経過敏で感情的になり、性欲が強くなるかもしれません。次の手順に従って仙骨のチャクラを開き、バランスを整えましょう。
    • 背筋を伸ばして正座し、体の力を抜きましょう。
    • 手のひらを上にして、それぞれの膝の上に手を置きます。左の手のひらに右手を重ね、両手の親指をそっと合わせます。
    • 仙骨のチャクラがある仙骨(腰)と、仙骨のチャクラが表すものに意識を集中させましょう。
    • 静かに、しかしはっきりとした声で「バム」と唱えます。
    • 体の力を抜いてチャクラの位置に意識を集中させながら、チャクラの意味とチャクラが自分の人生に与える影響を考えましょう。
    • 完全にリラックスするまでこのエクササイズを続けると、再び浄化されたように感じるかもしれません。
    広告

4
へそのチャクラ(黃)を開く

  1. みぞおちのチャクラとも呼ばれていいるへそのチャクラは、自信、度量、喜びを司ります。このチャクラが開いていると、思いやりの気持ちが溢れ、自信がついて自制心が強くなるでしょう。[4] しかし、へそのチャクラが活発でないと、受け身になって不安を感じ、優柔不断になる傾向があります。また、このチャクラが活発すぎると、横柄で攻撃的になるかもしれません。次の方法でへそのチャクラを開きましょう。[5]
    • 背筋を伸ばして正座し、体の力を抜きましょう。
    • 胃の前方、みぞおちの少し下で、指を前に向けて両手を合わせます。親指を組み、それ以外の指は前にまっすぐ伸ばしましょう(これが重要です)。
    • へそのチャクラの位置は、脊柱のへその少し上です。この部分とへそのチャクラの意味に意識を集中させましょう。
    • 静かに、しかしはっきりとした声で「ラム」と唱えます。
    • 体の力を抜いてチャクラの位置に意識を集中させながら、チャクラの意味とチャクラが自分の人生に与える影響を考えましょう。
    • 完全にリラックスするまでこのエクササイズを続けましょう。

5
心のチャクラ(緑)を開く

  1. 心のチャクラは、愛と思いやり、愛情表現を司ります。このチャクラが開いていると、情け深く友好的になり、思いやりを持って人と接するようになるでしょう。[6] しかし、このチャクラが活発でないと、不愛想になって冷たい態度を取る傾向があります。また、このチャクラが活発すぎると相手の負担になるほどの愛情を注いでしまい、結果的に身勝手な人だと思われるかもしれません。次の簡単な手順で心のチャクラを開き、バランスを整えましょう。
    • あぐらを組んで座ります。
    • 両手の親指と人差し指の先を合わせて輪を作りましょう。
    • 左手を左膝の上に置き、右手は胸骨下部の前に置きます。
    • 心のチャクラは、脊柱の心臓の高さにあります。チャクラの位置と意味に意識を集中させましょう。
    • 静かに、しかしはっきりとした声で「ヤム」と唱えます。
    • 体の力を抜いた状態を保ちながらチャクラの位置に意識を集中させ、チャクラの意味とチャクラが自分の人生に与える影響、または期待する効果を考えましょう。
    • 完全にリラックスするまでこのエクササイズを続けると、一度消えた浄化の感覚が戻ってきたり、体内に残っている浄化の感覚が強化されたりします。
    広告

6
喉のチャクラ(薄青)を開く

  1. このチャクラは、自己表現とコミュニケーションを司ります。このチャクラが開いていると、自分を表現しやすくなり、芸術などの創造的な手段で自己表現するようになるかもしれません。しかし、このチャクラが閉じていると感情を表現しづらくなり、否定的な言葉を頻繁に使ったり他人との繋がりを失ったりする可能性があります。[7] 嘘をつく人は、このチャクラが閉じているかもしれません。また、このチャクラが活発すぎると、饒舌になりすぎて人の話を聞かなくなる可能性があります。次の方法で喉のチャクラを開きましょう。
    • 正座をしましょう。
    • 親指以外の指を内側に組みます。 親指は、上で合わせて上に少し伸ばしましょう。
    • 喉の下のほうにある喉のチャクラと、その意味に意識を集中させます。
    • 静かに、しかしはっきりとした声で「ハム」と唱えます。
    • 常に体の力を抜いた状態を保ちながら、チャクラの位置とその意味、チャクラが人生に与える影響、期待する効果を考えましょう。
    • このエクササイズを5分ほど続けると、浄化の感覚が再び強くなるでしょう。

7
直感のチャクラ(藍)を開く

  1. 名前の通り、このチャクラは洞察力を司ります。直感のチャクラを開くことは、精神的生活への窓を持つことだと言われています。[8] 優れた千里眼を持っていたり夢をよく見たりする場合は、直感のチャクラが開いていると言えるでしょう。このチャクラが活発でないと、自分の代わりに物事を考えてくれる人に頼る傾向があります。信仰に頼るようになり、ほとんどの時間を混乱した状態で過ごすことになるかもしれません。また、このチャクラが活発すぎると、一日中空想の世界で過ごす可能性があります。次の簡単な瞑想で第三の目を開くことができます。
    • あぐらを組んで座りましょう。
    • 胸の下部の前に両手を出します。指を外に向けて左右の中指をまっすぐ伸ばし、指先を合わせましょう。それ以外の指は、左右とも第二関節で曲げて合わせます。親指は自分に向けて伸ばし、指先を合わせましょう。
    • 眉間の少し上にある直感のチャクラとその意味に意識を集中させましょう。
    • 静かに、しかしはっきりとした声で「オム」または「オーム」と唱えます。
    • 体の力を抜いたままチャクラの位置に意識を集中させ、チャクラの意味とチャクラが人生に与える影響について考えましょう。
    • 前と同じ浄化の感覚を覚えたり、その感覚が強くなったりするまでこの瞑想を続けましょう。
    広告

8
頭頂のチャクラ(紫)を開く

  1. この7番目のチャクラは、最も霊力の強いチャクラです。このチャクラは、宇宙とのつながりと知恵を司ります。このチャクラが開いていると考え方が柔軟になり、世界や世界と自分のつながりに意識が向くようになるでしょう。しかし、このチャクラが活発でないと霊性が低下し、融通の利かない考え方をするかもしれません。[9] また、頭頂のチャクラが活発すぎると、常に物事を合理的に処理するようになり、肉体が求めるもの(食べ物、水、住まい)よりも霊的なものを優先する可能性があります。頭頂のチャクラを開く方法は次の通りです。
    • あぐらを組んで座りましょう。
    • 胃の前で両手の小指をまっすぐ伸ばして指先を合わせ、右の親指の下に左の親指を入れて組んでから、人差し指、中指、薬指を組み合わせます。
    • 頭上にある頭頂のチャクラとその意味に意識を集中させましょう。
    • 静かに、しかしはっきりとした声で「ンー」(見ての通り、このマントラは簡単ではありません)と唱えます。
    • 瞑想する際は、常に体の力を抜いて心を平穏に保ちましょう。頭頂のチャクラに集中することを忘れないようにします。
    • この瞑想は最も長く、10分以上かけて行う必要があります。
    • 根のチャクラが弱い時や閉じている時に、この頭頂のチャクラの瞑想を行うのはやめましょう。この最後のチャクラを開く前に、まずは強力な土台を作る必要があります。根のチャクラのエクササイズを最初に行いましょう。

9
パワーストーンでチャクラを開く

  1. パワーストーンには強い力があるので、これを使用すると素早くチャクラを開くことができます。チャクラの特性と色に対応するパワーストーンを選びましょう。背中を床につけて仰向けになり、体のチャクラの位置にパワーストーンを置きます。[10] 目を閉じて、パワーストーンの色がチャクラを取り囲み、ゆっくりと体全体に広がっていく様子を想像しましょう。5~10分経ってから目を開きます。[11] チャクラの色と使用できるパワーストーンの種類は、次の通りです。[12]
    • 根のチャクラ(赤、黒):ジャスパー、ブラックトルマリン
    • 仙骨のチャクラ(オレンジ):カーネリアン、シトリン
    • みぞおちのチャクラ(黄):イエロージャスパー、シトリン
    • 心のチャクラ(緑、ピンク):グリーンアベンチュリン、ローズクォーツ
    • 喉のチャクラ(青):ターコイズ、エンジェライト
    • 直感のチャクラ(藍):ソーダライト、ラピスラズリ
    • 頭頂のチャクラ(紫、白):アメジスト、クリアクォーツ(水晶)
    広告

ポイント

  • 時間がなくても、毎日瞑想する習慣をつけましょう。瞑想する時間の長さは自由に決めましょう。
  • 直感のチャクラを開く際は、直感のチャクラの位置に手をあてて円を描くように軽くこすりましょう。
  • 瞑想と同じように、暖かく静かな場所に座ってこのエクササイズを行いましょう。夏には野原や庭、冬には集中できる暖かい部屋で行うと良いでしょう。家にサウナがある人は少ないかもしれませんが、サウナは心を落ち着けて頭をすっきりさせるのに最適な場所です。 
広告

関連記事

ペンだこを治すペンだこを治す
ビタミンサプリメントによる胃の不快症状を防ぐビタミンサプリメントによる胃の不快症状を防ぐ
浣腸液を作る浣腸液を作る
催眠術をかける催眠術をかける
痰を取り除く痰を取り除く
アロエの葉を保存するアロエの葉を保存する
ブラックシードオイルを使用するブラックシードオイルを使用する
重曹でニキビを治す
自然に脂肪腫を治す自然に脂肪腫を治す
枯れた喉を回復させる
外痔核を早く治す外痔核を早く治す
オートミール風呂を作る
運転中に吐き気を催した場合の対処運転中に吐き気を催した場合の対処
腎臓を自然療法でデトックスする腎臓を自然療法でデトックスする
広告

このwikiHow記事について

Karina Klimtchuk, L.Ac., DACM, Dipl. OM
共著者 ::
鍼灸師、東洋医学専門医
この記事の共著者 : Karina Klimtchuk, L.Ac., DACM, Dipl. OM. 鍼灸師・東洋医学専門医の免許を持つカリーナ・クリムチューク博士は、「Kai Wellness」の経営者であり、ヨーサン伝統中国医学大学で教員として教鞭を執っています。ホリスティック医学、漢方薬、機能性医療を専門とし、メンタル面でのトラウマを抱える患者の治療にもあたっています。マサチューセッツ大学ボストン校にて心理学と社会学の学士号を、カリフォルニア州サンタモニカのエンペラーズ鍼灸専門学校にて修士号を、パシフィック東洋医学大学にて鍼灸・中国医学の博士号を取得。 この記事は52,874回アクセスされました。
このページは 52,874 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告