クロスリブステーキは人気のある他のステーキと混同しやすいのですが、実は大きな違いがあります。チャック(肩肉)とは牛肉の大まかな部分を指すプライマルカットのひとつで、ここからクロスリブステーキがとれます。クロスリブステーキはチャックから切り分けられるため、かなり硬く、リブロースやTボーンステーキのように扱えません。そこで、骨なしチャッククロスリブステーキはオーブンでとろけるぐらい柔らかくなるまで調理します。そうすると、高級肉でないのに人気がある理由がわかるでしょう。

方法 1
方法 1 の 10:
オーブンを約160度で予熱する

  1. 1
    オーブン網を下げてダッチオーブンが入るようにする オーブンが熱くなる前に網を下げて、網を熱い時に触らなくていいようにしましょう。[1]
    • オーブンが小さい場合は、ダッチオーブンが入るように網を1つ取り除きます。
    • 低温調理器でチャッククロスリブステーキを調理する場合は、肉に味付けをして表面を焦がしてから、低温調理器に入れて「弱火」にセットします。通常、肉が柔らかくなるのに6~8時間かかります。
    広告

方法 2
方法 2 の 10:
ダッチオーブンで油を約40ml温める

  1. 1
    サラダ油を鍋に入れコンロで中~強火にかける 油が熱したら蒸気が出始めます。サラダ油がなければ、菜種油やひまわり油を使っても全く問題ありません。[2]
    • チャッククロスリブステーキを最初にガスコンロで焼く作業を省略してはいけません。肉にじっくり火を通す前に、ほんの2、3分余分に時間をかけて鍋で表面を焦がすと、風味が良くなります。

方法 3
方法 3 の 10:
肉を片面5分ずつ焼く

  1. 1
    熱した鍋に1.5キロ前後のチャッククロスリブステーキを入れる 肉が焦げる時にジュージューと焼ける音が聞こえます。肉の表面が濃い茶色になるまで、そのまま5分間焼きます。肉をトングで注意しながらひっくり返して、さらに5分間焼きましょう。[3]
    • チャック1枚2.5キロほどまでなら調理できますが、その場合は長めに調理する必要があります。[4]
    • 焦げ目をつけているあいだ、肉をうごかす必要はありません。外側に焦げ目をつけることで風味が良くなり、オーブンでじっくり火を通している間に肉に味がつきます。
    広告

方法 4
方法 4 の 10:
オニオンスープパウダー、ブロス、バターで牛肉に味付けする

  1. 1
    牛肉にオニオンスープのパウダー1袋を振り入れる そして鍋にビーフブロスを470ml注ぎます。約60gのバターを小さく切り分け、ステーキの上に置きます。オニオンスープパウダー、ブロス、バターによって、牛肉にさらなる風味が加わり、調理中柔らかさが保たれます。[5]
    • ブロスを使いたくない場合は、ドライ赤ワイン120mlと水350mlで代用します。そして鍋に固形ビーフブイヨンを2つ加えましょう。[6]
    • 乾燥オニオンスープミックスがなくても問題ありません。細かく刻んだにんにく17g、乾燥タイム2g、乾燥ローズマリー3g、塩17g、胡椒2gを混ぜ合わせましょう。[7]

方法 5
方法 5 の 10:
ブロスを沸騰させる

  1. 1
    ブロスが沸騰し始めるのが見えるように蓋を外したままにしておく チャッククロスリブステーキはガスコンロの上で最後まで仕上げないので、ブロスはオーブンの中に入れる前に熱くするだけです。[8]
    広告

方法 6
方法 6 の 10:
鍋に蓋をしてオーブンに入れる

  1. 1
    ガスコンロの火を消してダッチオーブンに蓋をする 鍋つかみを使いながら、鍋を予熱したオーブンに入れます。[9]

方法 7
方法 7 の 10:
肉に1時間45分じっくり火を通す

  1. 1
    チャッククロスリブステーキが柔らかくなり始めるまで調理する ステーキにフォークを挿した時、少し弾力があるはずです。これが野菜を鍋に加えるタイミングの目安になります。[10]
    • 肉と一緒に野菜に火を通したくなければ、肉だけを計3時間半調理しましょう。
    広告

方法 8
方法 8 の 10:
鍋に切ったジャガイモと人参を加える

  1. 1
    人参とジャガイモをそれぞれ450gずつ切る 火が均等に通るように野菜を長さ5センチほどに切って、ダッチオーブンの中のステーキの周りに置きます。[11]
    • 日本のメークインに似ていて濃いクリーミーな風味が出るユーコンゴールドポテト、または控えめな甘みが好みであれば、赤い皮のジャガイモを使っても良いでしょう。
    • 自由に好きな野菜を加えましょう。例えば、刻んだセロリや玉ねぎを加えることもできます。

方法 9
方法 9 の 10:
鍋に蓋をしてさらに1時間半から2時間調理する

  1. 1
    鍋をオーブンに戻して、肉が完全に柔らかくなるまで調理する 柔らかくなったかどうか調べるために、フォークを挿して肉が簡単に崩せるかどうか見ましょう。次に野菜にフォークを挿して、好みの柔らかさになったかどうか調べます。[12]
    • チャッククロスリブステーキがとろけるくらい柔らかくなったら、すぐに取り出します。そのまま置いておくと、ステーキに火が通り続けて、パサパサになってしまう可能性があります。
    広告

方法 10
方法 10 の 10:
肉と野菜を大皿に移す

  1. 1
    トングと穴あきスプーンを使ってステーキを大皿に移す 次にナイフと給仕用フォークを使い、肉を薄くスライスします。火を通した野菜をすくってステーキの脇に添え、ダッチオーブンの中のソースと一緒に出しましょう。[13]
    • ステーキが残った場合は、密封容器に入れて冷蔵庫で3日間まで保存できます。

ポイント

  • チャッククロスリブステーキは柔らかいリブロースステーキと同じ部位ではないので、弱火でゆっくり調理する必要があることを覚えておきましょう。
広告

関連記事

牛乳からクリームを作る
塩気の強いスープの味を調整する
生アーモンドをローストする
ご飯を温め直すご飯を温め直す
ベーキングパウダーの代用品を作るベーキングパウダーの代用品を作る
シチューにとろみをつける
オートミールを作る
自家製ワインを造る自家製ワインを造る
フロスティングを作る
牛乳からバターミルクを作る
ケーキのアイシングを作るケーキのアイシングを作る
ホエイプロテインを作るホエイプロテインを作る
ソースにとろみをつけるソースにとろみをつける
乾燥パスタの量をはかる
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHow Staff Writer
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 調理法
このページは 159 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告