チャットで会話を盛り上げる方法

3 パート:生き生きとした会話をするエチケットを遵守するチャットのための面白い話題を見つける

チャットで会話を盛り上げるのは少し難しいかもしれません。特に新しい友人をつくろうとする時や、真剣に交際を希望する相手の心を掴もうとする場合はなおさらでしょう。チャットの達人になるためのポイントは、深く考えすぎず、頭に浮かんだ話題を気軽に上げることです。

パート 1
生き生きとした会話をする

  1. 1
    簡単な話題から始める 複雑に考える必要はありません。友人に対して単に、自分の好きなドラマの最新話を観たのかという質問や、週末は何をしていたのかと聞けばいいのです。これは、会話を開始する上でとても有効な手です。二人が共に興味を持っている話題(スポーツ、テレビ番組、次期選挙戦など)を選べば、素晴らしい会話のスタートが切れることでしょう。
    • 最初の内は、史上最高の話題を持ち出そうと意気込みすぎないようにしましょう。初めの話題が盛り上がりに欠けても、いつでも話題は変えられます。電話や直接会って話すのに比べ、チャットで途切れないよう会話をする方が多少は楽であることを覚えておくと良いでしょう。
    • 相手が話題に食いつかないか、忙しそうな場合には、もっと盛り上がると確信できる別の話題に切り替えましょう。
  2. 2
    意見を求める チャットか対面での会話かに関係なく、人は意見を求められるのが好きで、そうすればいつでも喜んで自分の意見を述べます。その意見を真摯に受け止めていることを示せば、相手は嬉しくなって更に話し続けてくれるでしょう。自分の意見を述べるより、相手の意見に耳を傾けることに比重を置くようにしましょう。
    • 「はい」「いいえ」では答えられない質問をし続けましょう。「あの最近公開された映画は気に入った?」と聞くかわりに、「あの最近公開された映画についてどう思う?」や「なぜそのコンサートが気に入らなかったの?」と質問すれば、話が膨らみます。
  3. 3
    チャットは明るく楽しいものを心がける 退屈していても、わざわざそれを相手に知らせる必要はありません。絶えず退屈していることの不満を言っていると、相手は自分とのチャットがつまらないのだと考え、興味を失って会話を止めてしまうかもしれません。人生のもっと明るい面に意識を向け、話している話題に対する熱意を見せましょう。
    • 言葉の繰り返しは避けましょう。毎度同じ単調な返事(「笑」「へぇ」「マジ?」「ほぅ」など)を繰り返していては、会話は盛り上がりません。それらを少し組み合わせて使ってみて、相手の発言に興味があることを示しましょう。何を言っても同じ返事しかしない場合より、会話は盛り上がることでしょう。
    • 絵文字や感嘆符で熱意を伝えることができますが、使い過ぎる必要はありません。
    • 嫌なことがあって、チャットで大いに盛り上がるような気分でない日は、それを相手に伝えましょう。
  4. 4
    独自性のあるチャット文を心がける 小さな携帯電話の画面に表示された文字の向こう側には、生きた人間がいるという事実を忘れないようにしましょう。自身の文体に合っているのであれば、スタンプや絵文字、または文字による笑いの表現(「笑」「爆」「www」など)を使ってみましょう。また、実際の会話において話し方は人それぞれですが、チャットも同様に文面に個性を持たせるべきです。
    • 好意的なことを話すのに恐れは必要ありません。体裁を気にするよりは、本当の自分をさらけ出す方がずっと大切なのです。
    • 普段から少し抜けているか、バカっぽく振る舞っているのであれば、それを押し通しましょう。少しばかりバカになっても問題はなく、誰もそれで心底愚かな人間だと決めつけたりはしません。
  5. 5
    現在していることを話題にする 他の会話を盛り上げる手段として、自分が今していることについて話してみましょう。テレビを見ているだけ、母親のパイづくりを手伝う準備をしているだけであっても、それを話題として出してみましょう。そのおかげで会話が盛り上がるかもしれませんし、相手が何をしているのかを話してもらうきっかけともなりえます。これによって相手との距離が近づき、お互いの親近感が増すでしょう。
    • 自分がしていることより、相手がしていることにより興味を示すようにしましょう。あなたが相手の行動に本当に関心があると感じてもらうのです。
  6. 6
    一言のメッセージは送らない 一言だけのメッセージは避けましょう。きちんとしたメッセージに時間をかけている時に比べ、親指への負担はほとんどないでしょう。そのかわり、一言からは滅多に会話は始まりません。質問にせよ返信にせよ、一言だけではすごく刺激的な会話へとは繋がっていきません。メッセージが長くなればなるほど、会話は盛り上がるものなのです。
    • 一言で返事をしてしまったのなら、そのメッセージに対する説明や詳細も後から付け足しましょう。とはいえ、会話が途切れない限りは、短めのメッセージを送ることも問題ではありません。
    • 現在の話題に関してそれ以上言うことがなければ、自身に関して自由回答の質問をするか、新しい話題に言及して会話を続けましょう。
    • 「はい」「いいえ」で回答できる質問をされた場合でも、「はい」か「いいえ」とだけしか言えないわけではありません。「はい。だから…です。」「いいえ、でも…です。」などの様に、自分の回答に関する説明や論拠を付け足すことができます。これによって会話は柔軟でダイナミックなものになるでしょう。
  7. 7
    型破りで突飛なメッセージを送る 反応が予測できないというのは楽しいものです。完全に予想外の返事や、全く突然の質問で相手を驚かせてみましょう。自然に、無理なく行うのがポイントです。これもまた、会話を盛り上げる有効な一手となるでしょう。
    • 実際の会話同様、発する一言一言について考えすぎないようにしましょう。さもなければ、会話のテンポが悪くなってしまいます。今日学校であった愉快なことや、今まで観た中でも一番奇妙だった昨夜のドキュメンタリーについて突然話したくなったのであれば、そうすべきです。
    • 周りを見渡して話のネタを探しましょう。家庭にある最もシンプルで一般的な物でさえ、盛り上がる会話に発展する可能性を秘めています。例えば、使ったナプキンからDVDまで、何でもです。
  8. 8
    読みやすい文を心がける 文字の打ち間違いや略語なども時々であればかわいらしく、容認可能です。しかし、相手があなたのメッセージを判読しようと必死で文面を睨んでいるような状況は好ましいと言えません。チャット用語は最小限にしましょう。特に、今まで頻繁にやり取りしていなかった相手に対してならなおさらです。チャット用語やネット用語は相手があなたの文体に慣れてから使うようにしましょう。
    • 相手に説明が必要な文や、繰り返し言わないと伝わらない文では、会話のテンポが落ちてしまいます。
  9. 9
    退屈でありきたりな日常会話は避ける 本当に何も話題が思いつかない時は、日常会話で切り抜けることもできますが、そこから会話を盛り上げるのは至難の業です。「良いお天気ですね」と言うかわりに、もっと独自の話題をふれるように努力しましょう。特に新しい友人をつくろうとする時や、真剣に交際を希望する相手の心を掴もうとする場合には、誰もが出すような話題をふるべきではありません。
    • 短い、または単純すぎる発言は避けましょう。例えば、「元気?」、「今日は長い一日だった。」、「今日は疲れた。」などです。相手にとって特別な存在になりたいのであれば、もう少し会話が弾む話題を提供すべきです。
  10. 10
    思い出話をする 昔からの友人に対してチャットをする場合は、いつでも昔話を持ち出してちょっとした笑いに繋げるか、思い出に浸ることが可能です。「あの時のことをおぼえてる?」、「あの頃が懐かしいよ…」などと始めた会話が悪い方向に行くのは稀です。ただし、懐古の念にとらわれすぎることや、双方が空虚な過去への憧れに終始して会話が続かなくなるような事態だけは避けましょう。
    • 思い出話は会話のどのタイミングでも行えますが、暫く話していなかった友人に対して会話をしようとする場合は、「◯◯の時のこと、おぼえてる?」などと言って話の口火を切るのが最も良い手段となりえます。
  11. 11
    画像や音付きのメッセージを送る これは会話をさらに盛り上げる方法です。自分の愉快な写真や、何かカッコいい画像を送ってみましょう。好きな音楽や奇抜な効果音をメッセージに加えるのも良いでしょう。画像や音付きのメッセージによって、二人の愉快な会話が弾みます。また、会話を終了させる際にも、この方法は大変有効です。印象に残る内容で締めくくれば、相手は次回の会話を待ち遠しく思ってくれるでしょう。
    • 携帯電話でチャットしている相手が、写真や効果音など、文字以外のデータを受け取れるのかを確認しておきましょう。相手が見られない動画や写真を送って混乱させたり、相手に取り残された様な気分を与えたりする事態は避けましょう。

パート 2
エチケットを遵守する

  1. 1
    相手の話にきちんと意識を向ける 次に何を言おうかと過剰に心配していたり、喜々として意見を述べたりしていて、相手が何かをほのめかしているのに、それに気づかないこともあるでしょう。しかし、相手は抱えている秘密を打ち明けようとしているかもしれません。また、言葉には出さないものの何か問題があり、明らかに怒っているかもしれません。相手が話している内容に注意を向け、適切な回答ができるようになりましょう。
    • 相手が何かを伝えようとしているのにそれを無視し、自己陶酔している人間と思われないように注意しましょう。相手が言いたいことの全てを話せていないと思える場合や、相手にとって素晴らしいことがあった時は、相手に会話の主導権を譲りましょう。
    • 返信する前に、相手のメッセージをきちんと読みましょう。長文の場合はなおさらです。1分前に言及された内容について質問をし、「メッセージを斜め読みしている」と思われる事態は避けるべきです。
    • 相手が真剣に重要なことを話している場合は、きちんと耳を傾けられる状態を確保しましょう。祖母の死についてチャットをされたような場合は、電話でしっかりと話を聞いてあげるべきです。授業中など何かの最中に、片手間に返信することのないようにしましょう。
  2. 2
    考えすぎない 携帯電話を手に取り、いざチャットを開始しようという時に覚えておきたいのは、自分にプレッシャーをかけ過ぎないということです。史上最高の最初の一言や、大爆笑必至の話をしようと悩まないようにしましょう。こういった妄執は、話しかけたい相手への実質的な最初の一言や、チャットへの返事をかなり遅くしてしまう原因となるからです。実際は次に何と言おうかと必死に考えているだけであっても、相手はあなたが忙しいか興味がなくなったのかと考えてしまうかもしれません。
    • 史上最高の返事に10分もかけるよりは、完璧ではなくても、自然な会話の流れを絶やさない方がはるかに良いと言えます。また、相手が何をしているのかを常に把握することはできません。状況によっては、返事が遅いせいで数時間会話が途切れる可能性もあるのです。
  3. 3
    忍耐強く待つ チャットを開始したばかりの時や、チャットが遅々として進まない時は、話し相手が忙しい状況にある可能性や、別の誰かとも同時にチャットをしている可能性を考えるべきです。チャットを急かすのは良くありません。最初のメッセージに続けて、疑問符付きのメッセージを何度も送り続けると、あなたの忍耐力が疑われてしまうでしょう。また、相手の返事を待っている最中の失礼な言葉、毒のある発言は避けるようにしましょう。
    • チャットには、実際の会話より返事に時間をかけられるという利点があります。悪い点としては、面と向かっての会話に比べて、相手が会話に集中してくれない可能性がままあるということです。しかしながら、その事実をそのまま受け入れることが最良の選択肢と言えます。辛抱強くない態度は、相手を遠ざけるだけだからです。
  4. 4
    会話のバランスをとる 会話のバランスをとるよう心がけましょう。ずっと喋りっぱなし、または、率直に回答できない質問ばかりする人間だと思われて良いはずがありません。実際の会話と同様、文量を敢えて半分ほどに抑え、相手に返信する余地を与えましょう。大量のメッセージで相手を圧倒しないよう努めるのです。
    • 興味深い存在になるより、相手に興味を持つことの方が重要です。つまり、今日学んだ数々の素晴らしい事実を相手に伝えるより、相手の一日や、考え、経験などについて質問をしてあげる方がはるかに良いと言えます。人間は思っている以上に自分を語るのが好きなのです。
  5. 5
    とても大切な話をする場合は電話をかける 他にすることもない時に友人と気軽な会話をするにはチャットがうってつけですが、相手が楽しくて興味深いと感じている会話の最中に突如として衝撃のニュースを伝えるには適していません。重大なことや、まして悪い報せなどを伝える場合は、相手に電話をするか直接会って伝えるようにしましょう。
    • 相手の不意を突くのではなく、話の重さに備えるよう心の準備をしてもらうようにしましょう。
    • 例えば、彼女と昨晩のテレビ番組について気楽なチャットをしている時に、突如として妊娠の報告を受けたらどう思いますか?相手の立場になって考えるようにしましょう。チャットでは重大なことを伝えるべきではありません。
  6. 6
    直接の会話で関係性を深める チャットでも二人の関係をより深いものに変えることができますが、真の関係を築くには至りません。好きな相手をより深く知るために、チャットでの会話を利用すべきですが、実際に会うことや直接会話することを代替できるわけではないのです。新しい友達や意中の相手に対して、好きなだけチャットをしても問題はありませんが、本当に相手と親密な関係を築きたいのであれば、電話をかける、または直接会って同じ時間を共有する努力を怠らないようにしましょう。
    • 現実的な関係を築くための切っ掛けとしてチャットを使いましょう。上映中の好きな映画についてチャットをしているのであれば、「一緒に観に行こうか?」とも言えますし、退屈だという話をしているのであれば、「アイスクリームでも食べに行く?」などと言うことができます。恥ずかしがらずに誘ってみましょう。相手もあなたと直接会って、もっと一緒の時間を過ごしたいと考えている可能性は十分あります。

パート 3
チャットのための面白い話題を見つける

  1. 1
    助言を求める 人は助言を求められるのが好きです。何故なら、自分が他人に共有できるだけの知恵を持っている知識人であると感じ、いい気分になれるからです。助言は本当に重大なことのみに限定されません。単に、その人が詳しいことについて助言を求めるのでも良いでしょう。以下はその質問例です。
    • 「今週末に、初めて渋谷に行くんだけど、食事におススメの場所ってあるかな?」
    • 「彼氏の誕生日プレゼントに何を買えばいいと思う?全く見当がつかなくて途方に暮れてるの。」
    • 「学校のダンス会にはどのドレスを着て行けばいいかな?自分では決めかねてるの。」
  2. 2
    直接話されたことのその後の状況を聞く 相手に対し、あなたがその人を本当に気にかけていると示す方法の1つとして、その日、またはその週に相手が話したことについて質問してみましょう。あなたが本当に相手を気にかけており、チャットをするまでの間にどうなったのかを気にしていたことが示せます。以下は、その後の状況を聞くための質問例です。
    • 「おばあちゃんの調子はどう?まだ病院にいるの?」
    • 「先週応募していたウェイトレスの仕事だけど、結果はどうだった?」
    • 「京都の旅はどうだった?私もずっと行きたいと思ってるんだ。」
  3. 3
    面白いことを一緒にしようと提案する 生き生きとした会話を始める他の方法として、チャット相手と一緒にできるアクティビティーを提案するのも良いでしょう。ずっと先ことでも、今週のどこかですることでも大丈夫です。それが本当に楽しそうであれば、その詳細についてチャットで語ることが山ほどできるでしょう。以下はその提案例です。
    • 「来月、80年代の曲のカバーバンドのコンサートがあるのだけど、一緒に行かない?派手な格好で出掛けようよ。」
    • 「今週末に、ウルヴァリンの新作観に行かない?日曜ならポップコーンがタダみたいだよ!」
    • 「カンボジア料理って食べたことある?近くに新しいレストランができたんだけど、安くてうまいらしいよ。」
  4. 4
    相手を褒める 褒めるという行為は本当に有効です。心のこもった褒め言葉は、直接会わなくても贈れます。ちょっとした褒め言葉から会話を始めるのが良いでしょう。相手に対して本当に関心があることも示せます。あなたの気持ちが本物で、相手も心地が悪いと感じていない限り、褒め言葉は携帯電話でのチャットに非常に適しています。以下は、相手へチャットで賛辞を贈る際の例です。
    • 「昨日のバスケの試合、大活躍だったね!本当に感心したよ!」
    • 「今日着ていたデニムのジャケットだけど、すごくよかった。君ってレトロな服がすごく似合うよね。」
    • 「昨日の夜は、数学のテストの勉強に付き合ってくれてありがとう。本当にいい友達を持ったよ。君なしでは、こんなに良い点は取れなかったからね。」
  5. 5
    週末の楽しい予定について話す 生き生きとした会話を生み出す別の方法として、週末やその週のどこかで予定している楽しみについて話すのも良いでしょう。興味のあることや、自分自身の面白い話について語れば話も盛り上がりますし、その楽しみに相手を誘うというのも非常に良いでしょう。以下は楽しみについて語る文例です。
    • 「今週末は、いとことウォーターパークへ行くんだ。つまらないだろうとずっと思ってたんだけど、今は凄くワクワクしてるよ。」
    • 「週末に陶芸教室に行くんだ。きっとすごくいい経験ができると思う! 」
    • 「実は、週末家族と白樺湖へ行くんだ。そっちの方へスキーしに行くのは初めてなんだけどさ。」
  6. 6
    相手を励ます 大きなテストや面接など、重要な何かを控えている相手には、メッセージを送りましょう。相手を気にかけ、成功を祈っていることを伝えるのです。ちょっとした励ましの言葉でも、相手が成功を収めるには大切なものであったり、あなたの気遣いを感じるために必要なものだったりするかもしれません。以下は激励のメッセージ例です。
    • 「明日のテストがうまくいくよう祈ってるよ。君ならできる!」
    • 「面接前は少し休んでね。君なら面接官に良い印象を与えられるさ。」
    • 「午後のサッカーの試合、相手をぶちのめしちゃって!スタンドから応援してるよ。」

注意事項

  • 運転中にチャットをしてはいけません。自分自身ばかりか、周りの人も危険に晒すことになってしまいます。

記事の情報

カテゴリ: 社交 | 携帯電話・小物

他言語版:

English: Have a Fun, Interesting Conversation Via Text, Español: tener una conversación divertida e interesante vía mensajes de texto, Italiano: Avere una Conversazione Divertente e Interessante Via SMS, Português: Ter uma Conversa Divertida e Interessante por SMS, Deutsch: Eine lustige und spannende Unterhaltung via SMS führen, Русский: общаться весело и интересно посредством смс сообщений, Bahasa Indonesia: Melakukan Perbincangan yang Seru dan Menyenangkan Melalui Pesan Teks, Nederlands: Een leuk en interessant gesprek aanknopen via chat, Français: tenir une conversation intéressante et divertissante via SMS, العربية: إجراء محادثة نصيّة ممتعة, Čeština: Jak mít zábavnou a zajímavou SMS konverzaci, ไทย: สนทนาทางข้อความให้สนุกและน่าสนใจ, हिन्दी: टेक्स्ट मेसेज के जरिये मजेदार और रोचक बातें करें, Tiếng Việt: Trò chuyện Vui vẻ, Thú vị qua Tin nhắn, 中文: 进行有趣的短信交流

このページは 851 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?