チャーハンを作る方法

この記事には:シンプルチャーハンカリカリ豚肉チャーハンインドネシア風チャーハンその他のチャーハン出典

チャーハンは本来、炊いたご飯を中華鍋で炒める美味しい料理ですが、フライパンでも作ることができます。材料は様々で、卵とどんな野菜や肉を使っても美味しく作れます。簡単で美味しいチャーハンの作り方はこちらを参考にしてください。

成分

シンプルチャーハン

  • 炊いたご飯 4 カップ
  • にんじん 1 本
  • 中サイズのタマネギ 1 個
  • ニンニク 1 カケ
  • ショウガ 大さじ 1
  • もやし 1 カップ
  • 卵 3 個
  • コショウ 1 つまみ
  • 塩 大さじ1
  • 醤油 大さじ 3
  • 植物油 大さじ 2
  • ごま油 大さじ 2
  • トッピングのネギ(ワケギ) 
  • 調理した鶏肉 約225g

カリカリ豚肉チャーハン

  • ピーナッツオイル 大さじ 1と1/2
  • 軽く混ぜた卵 2 個
  • タマネギのみじん切り 1/2 カップ
  • みじん切りにしたニンニク 3 カケ
  • みじん切りにしたショウガ 大さじ 2
  • 角切りにした豚肉 2 枚
  • 炊いた玄米 1 カップ
  • 減塩醤油 1/4 カップ
  • ごま油 小さじ2
  • 塩少々
  • こしょう少々
  • 刻んだパクチー 1/4 カップ

インドネシア風チャーハン

  • 長粒白米 1と1/2 カップ
  • 水 3/4 カップ
  • 減塩鶏ガラスープ 1と3/4 カップ
  • 植物油 約1リットル +大さじ3
  • クルプック 8 枚 (インドネシアのえびせん;オプション)
  • エシャロット 2 カップ 薄くスライス
  • ニンニク 大 2 カケ みじん切り
  • 皮、骨なし鶏肉 約450g 細切り
  • 中サイズの海老 約450g
  • 赤唐辛子 2本 みじん切り
  • 塩 大さじ 1と1/4
  • ケチャップマニス 大さじ 2 (インドネシアの甘口醤油)
  • ナムプラー 大さじ 1
  • ワケギ 4 本 刻む

パート 1
シンプルチャーハン

  1. 1
    4カップのお米を炊く 沸騰したお湯にお米を入れてパッケージに記載された時間通りに炊きます。お米の種類によって10分程度でできる物もあれば、30分以上かかる物もあります。インスタントライスを電子レンジで調理することもできますが、チャーハンには向いていません。
  2. 2
    野菜の準備をする 最初ににんじん、玉ねぎ、ニンニク、ショウガ、もやしを洗います。にんじんと中サイズのタマネギは角切りに、ショウガはみじん切りにして、材料を脇に置いておきます。
  3. 3
    植物油大さじ2を大きめのフライパンに入れる フライパンは中華鍋程度の深さがある物を使って下さい。中火にかけます。
  4. 4
    フライパンに野菜を加え、3分炒める にんじん、タマネギ、ニンニク、もやし、ショウガを入れます。ここへ塩大さじ1とコショウひとつまみを入れます。野菜から多少水分が出てきますが、焦がさないように注意しましょう。
  5. 5
    調理済み鶏肉225gを加える 前日の残り物の鶏肉でも、チャーハン用に購入したものでも、それ用に作ってもいいでしょう。鶏肉を細切りにしてフライパンに加えます。
  6. 6
    ごま油大さじ2程度をフライパンに加える 一度に一気に入れずに、少しずつ必要に応じて足していって下さい。
  7. 7
    卵3個を加える ボウルに卵を割ってよく混ぜ合わせたら、フライパンに加えます。
  8. 8
    炊いたご飯を入れる ご飯が熱くなって他の材料と混ざり合うまでフライパンで2、3分炒めます。醤油大さじ3を加え、30秒ほど炒めたら火から下ろします。
  9. 9
    完成 お皿に盛ってネギを散らします。メインディッシュとしていただきます。

パート 2
カリカリ豚肉チャーハン

  1. 1
    中火から強火にかけたフライパンにピーナッツオイル大さじ1/2を入れて熱する[1]
  2. 2
    卵を炒める 軽く混ぜた卵2個をフライパンに加えます。フライパンを回しながら、フライパン全体に卵液を行きわたらせます。しっかり火が通るまで均等な厚さで火を通して下さい。約2分したらひっくり返します。玉子を取り出して細かく切り、脇へ置いておきます。
  3. 3
    タマネギ、ニンニク、ショウガを加える タマネギのみじん切り半カップ、刻んだニンニク3カケ分、刻みショウガ小さじ2をフライパンに加えて2分ほど炒めます。
  4. 4
    角切りの豚肉を加える 豚肉にはあらかじめ火を通しておきます。フライパンで3分もしくはキツネ色になるまで炒めます。
  5. 5
    ご飯、醤油、ごま油を加える 炊いた玄米1カップ、減塩醤油1/4カップ、ごま油小さじ2をフライパンに加えて2分ほど炒めます。お好みで塩、コショウを加えて火から下ろします。
  6. 6
    刻みパクチー1/4カップを加える パクチーをチャーハンによく混ぜます。
  7. 7
    完成 お皿に盛りつけて玉子を散らせば出来上がりです。

パート 3
インドネシア風チャーハン

  1. 1
    長粒米1と1/2カップを洗って水気を切っておく
  2. 2
    お米、水3/4カップ、鶏ガラスープ1と1/2カップを3.5リットル以上入る丈夫な鍋に入れて沸騰させる
  3. 3
    鍋に蓋をして、弱火にする お米が水分を吸収して柔らかくなるまで炊きます。約15分程度かかります。火から下ろして5分ほど蒸らします。こうすると味がご飯に吸収されます。
  4. 4
    底の浅いボウルに移す 30分程度で室温まで冷めます。これを8時間から12時間ほど冷まします。
  5. 5
    約1リットルの油を3.5リットル容量の鍋に入れて強火で熱する 油が190℃になるまで熱します。
  6. 6
    クルプックを揚げる(オプション)  クルプック2枚をそっと油に入れます。クルプックがくるっと丸まってキツネ色になり、表面に浮いてくるまで揚げます。20秒ほどでできます。穴のあいたお玉等ですくって、キッチンペーパーの上に置き、油を吸わせます。
    • 3回に分けて残りのクルプックを揚げます。全てを揚げ終わったら冷まして粉々に砕きます。
  7. 7
    ご飯を粒毎に分ける この作業は指で行って下さい。こうするとご飯が他の材料の旨味を吸収します。
  8. 8
    残りの大さじ3杯の油を中華鍋に入れて強火で熱する。 油が熱くなり、煙が出るまで熱します。ここへ薄切りにしたエシャロット2カップを入れて1分ほど炒めます。次に刻んだ2カケ分のニンニクを入れて30秒ほど炒めます。
  9. 9
    鶏肉を加える 細切りにした約450gの皮、骨なしの鶏胸肉を入れ、約2分ほどピンク色の部分がなくなるまで炒めます。
  10. 10
    海老、唐辛子、塩を加える 約450gの中サイズの海老、刻んだ唐辛子2本分、塩小さじ1/4を加え、海老に火が通るまで2、3分炒めます。
  11. 11
    残りの鶏ガラスープとケチャップマニスを加える 鶏ガラスープ1/4カップとケチャップマニス(インドネシアの甘口醤油)を加えて、ご飯が温まるまでおよそ2分ほど炒めます。
  12. 12
    火から下ろす ナムプラー大さじ1と刻んだネギ(ワケギ)4本分を加え入れてよく混ぜます。
  13. 13
    完成 インドネシア風チャーハンをクルプック、キュウリの薄切り、ゆで玉子を添えてお皿に盛って完成です。

パート 4
その他のチャーハン

  1. 1
    野菜チャーハンを作る お肉を食べないベジタリアンの方に最適です。
  2. 2
    和風チャーハンを作る スクランブルエッグとグリーンピースを加えて作ります。
  3. 3
    中華風チャーハンを作る 細切りのオムレツとベーコンを入れて作ります。
  4. 4
    海老チャーハンを作る 海老好きの方にもってこいのチャーハンです。
  5. 5
    タイ風チャーハンを作る ピーナッツオイル、ナムプラー、チリペッパー等の多彩な材料を入れた美味しいチャーハンです。

ヒント

  • 炊きたてのご飯より一晩置いて固くなったご飯の方がチャーハンには向いています。こちらの方が炒めている時にパラパラになります。
  • チャーハンは残り物や冷蔵庫にあるものを活用できる便利な料理です。グリーンピース、にんじん、ピーマン等の多彩な色、味、栄養価のある刻んだ野菜を一気に加えると時間の短縮にもなります。
  • 少量のレモン汁をかけるとご飯に旨味が加わります。
  • チャーハンは好きだけど健康面が気になりますか? 脂肪分の少ない油や植物油を使うと良いでしょう。
  • 油をバターで代用することもできます。
  • チャーハンには色々な物を入れられます。様々な食材を加えてみて下さい。アイデアのいくつかをご紹介します:
    • 豆腐
    • 鶏肉
    • 豚肉
    • ハム
    • 牛肉
    • メンマ、ブロッコリー、グリーンピース等の野菜
    • 腸詰め ラチャンと呼ばれる中華の甘口ソーセージは昔からあるチャーハンの材料のひとつです。まず最初に蒸す、焼くなどして火を通してから、刻むかスライスしてチャーハンに加えます。[2]
    • 中華街等で手に入るオイスターソースを入れると牡蠣の味はせずに旨味が増します。こちらは炒めた後にほんの少量入れれば良いでしょう。李錦記というメーカーのものがお勧めです。化学調味料が入っている物もあるのでラベルをチェックして下さい。

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む74人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 食・おもてなし

他言語版:

English: Make Fried Rice, Français: faire du riz frit, Italiano: Preparare il Riso Fritto, Español: hacer arroz frito, Português: Fazer Arroz Frito, Nederlands: Gebakken rijst maken, Русский: приготовить жареный рис, 中文: 炒饭, Čeština: Jak připravit smaženou rýži, Bahasa Indonesia: Membuat Nasi Goreng, العربية: عمل الأرز المقلي, हिन्दी: फ्राइड राइस बनायें, 한국어: 맛있는 볶음밥 조리법, ไทย: ทำข้าวผัด, Tiếng Việt: Làm món Cơm Chiên

このページは 2,868 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?