色鮮やかな庭づくりにはチューリップを植えるのが最適です。チューリップの植え方はとても簡単なので、初めての人も心配はいりません。生長して春に美しい花を咲かせるように、適切な植え付け時期を選ぶことがポイントです。

パート 1 の 2:
植え付け準備をする

  1. 1
    植え付けは秋に行う 秋が近づいて夜が涼しくなってきたら、翌年の春に向けて球根を植えましょう。初霜が降りると、土が固くなって球根を植える穴が掘りにくくなります。地中の温度は最低でも15℃は必要です。[1]
    • 球根を買ったら長い間放置せずに、1週間以内に植えましょう。[2]
    • チューリップは春を待って冬の間は休眠します。まだ暖かいうちに植えると、球根の芽が出てしまうこともあります。芽は寒くなって霜が降りた途端に死んでしまうため、早く植えすぎないように注意しましょう。
    • 秋に植え付けをしそびれた場合は春に植えることもできます。ただし、4月中旬までは待ちましょう。それ以前では気温が低すぎます。
  2. 2
    球根を選ぶ 球根は、園芸店やホームセンター、オンラインショップなどで買えます。チューリップはたくましい花で、ほぼどんな気候でも育ち、種類によっては1つの球根から1~4輪の花を咲かせます。
    • 何度も花をつける多年生の球根を選ぶとよいでしょう。[3]ただし、数年後には球根を再び植え替える必要があります。[4]
    • 球根はしっかりと硬く、うす茶色で玉ねぎのように薄い皮のものを選びましょう。
    • 柔らかい球根やしなびた球根も植えてみることはできます。ただし、中が腐っているか死んでいる可能性があるため、必ずしも芽を出すとは限りません。
  3. 3
    チューリップを植える場所を決める チューリップはよくフェンスや建物沿い、歩道に植えられて、辺りに色を添えています。球根を植えたところから真上に向かって伸びるので、チューリップを1列に並べるのも簡単です。準備をしながら、どこにチューリップを植えるのか考えましょう。[5]
    • チューリップは、あまり水気の多くない日当たりのよい場所か、少々日陰になった場所でよく育ちます。
    • チューリップは色が様々なので、植え方によって模様や形をデザインするのも簡単です。例えば交互に色を変えたり、1つの花壇に複数の色のチューリップを植えたりもできます。植え方のパターンを工夫して、自分の庭に合った植え方をしてみましょう。
    広告

パート 2 の 2:
球根を植える

  1. 1
    球根を植える環境を整える チューリップはどのような土でも生長するので、植える前に準備することは特にありません。しかし、土が乾燥しきっていたり固すぎたりする場合は、雨の日の翌日に植えるのがよいでしょう。園芸用のシャベルを使って土に空気が通るように柔らかくしながら、雑草や石も除去します。
  2. 2
    穴を掘る リスなどの小動物が見つけて食べないように、球根は地上から15~20cm程度の深さに植える必要があります。[6]10~15cmの間隔をあけて穴を掘りましょう。球根の上には20cmほどの土をかぶせる必要があります。つまり、球根の大きさが2.5cmであったら、22.5cmの穴を掘らなければなりません。大きな球根であれば、その分深い穴が必要です。
    • 穴を掘りながら、チューリップの生長を妨げるような他の植物の根や石はきれいに取り除きます。
    • 穴に猫砂や砂利、柊の葉や棘のある植物の枝などを入れると、ネズミや他の動物が穴に侵入するのを防止できます。[7]
    • 一度にたくさんの球根を植えるのであれば、溝を使った植え付け方法もあります。小さな穴をいくつも掘るのではなく、長い溝を1本だけ掘ります。球根を植えた場所だけはしっかりと覚えておきましょう。
  3. 3
    球根を植える 球根の尖った先端を上にして穴に入れます。(逆さにすると、芽が地中へ伸びてしまいます。)球根が傾かないように注意しながら、優しく土を入れて穴を埋め、軽く叩いて穴を塞ぎます。
    • チューリップはたくさん植えれば植えるほど、春に花を咲かせたときに見事な庭になります。庭中に少なくとも50株は植えて、色鮮やかに咲き乱れるチューリップを楽しみましょう。[8]
    • チューリップは何度も花を咲かせる多年生植物ですが、球根には一度の開花に十分な養分しかありません。また、ほとんどの気候では、土にも2年目の生長を助ける養分がありません。翌年もチューリップを咲かせるには、土をかける前に少量の肥料も入れましょう。
  4. 4
    少量の水をやる 球根を植えたらすぐに水やりを行い、生長を促します。この時にあまり水をやり過ぎると腐ってしまうので注意しましょう。
    • 極度に土が乾燥した場合以外は水をやる必要はありません。土の水分が多すぎると、植えたばかりの球根は腐る可能性があります。球根に必要な水分は秋の雨や冬の雪で十分に賄えます。
  5. 5
    春にチューリップの芽が出るのを待つ 北半球では3月から4月にかけて、南半球では9月から10月頃にチューリップはきれいに花を咲かせます。
    広告

ポイント

  • 水やりをする場合は、ホースでは水圧が強すぎるのでジョウロを使いましょう。
  • 球根の周囲に緑色のゴルフティーで目印をつけましょう。こうしておけば、掘り返してしまう心配がありません。緑色のゴルフティーならばどこに球根を植えたかが一目で分かり、遠目には目立ちません。
  • チューリップの根は寒い時期に生長します。球根を植えるのは、涼しい地域では秋の終わり、暖かい地域では冬の始めが望ましい時期です。温暖気候の地域では、植える前に球根を冷蔵庫で8週間から12週間ほど保存してから植えるとよいでしょう。

広告

必要なもの

  • 移植ゴテまたはシャベル
  • チューリップの球根

関連記事

How to

アリを殺虫剤なしで殺傷する

How to

エアーベッドの空気漏れを修理する

How to

革製品の臭いを取り除く

How to

カタツムリを駆除する

How to

キャンドルのロウを落とす

How to

台所のアリを駆除する

How to

コンクリートを仕上げる

How to

ツタを取り除く

How to

ヒューズをチェックする

How to

コーラでトイレを掃除する

How to

池の藻を除去する

How to

ミリオンバンブーを栽培する

How to

ドライバーを使わずにネジを外す

How to

切り株を除去する
広告

このwikiHow記事について

Matt Bowman
共著者
園芸家
この記事の共著者 Matt Bowman. マット・ボーマンはジョージア州のアトランタ市にて「Tradition Company」を経営する園芸家です。同社では2006年より洗車、芝生ケア、施設管理、高圧洗浄クリーニング、メイドサービス、そしてクリスマスツリーと薪の宅配サービスを提供しています。園芸家として20年以上の経験があり、オーガニック野菜栽培やガーデニング全般に関する知識に精通しています。ジョージア大学にてジャーナリズム学の学士号を取得。
このページは 659 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告