PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

溶かしたチョコレートはおいしいディップやソース、デコレーションに最適で、成型することもできます。またデザートを作るときにも溶かしたチョコレートを使うと、材料に混ぜやすくなるでしょう。チョコレートは本来溶けやすいものですが、適切に扱わないと焦げやすく、溶けにくくなる場合もあります。チョコレートを上手に溶かすためにはコンロにかけた二重鍋を使うか、電子レンジで少しずつ溶かしましょう。

方法 1 の 3:
二重鍋でチョコレートを溶かす

  1. 1
    台所用品や容器は清潔で乾いたものを使いましょう。ごく少量の水がチョコレートに混ざっただけでもチョコレートが溶けにくくなり、乾燥して硬くなったりざらついたりすることもあります。溶かす前に、二重鍋やまな板、スプーン、その他使用するものがすべて清潔であることを確認し、完全に乾かしておきましょう。[1]
    • チョコレートを溶かす際に少量の水が混ざった場合は、植物油を少量加えると、ざらつきは残る可能性はありますが、ある程度使えるようになります。
  2. 2
    二重鍋の外鍋に水を入れて加熱します。外鍋の底全体を覆うのに十分な水を入れますが、内鍋の底が水につかない量に抑えましょう。鍋をコンロにかけ、蒸気が立つまで中火で加熱しましょう。
    • 二重鍋がない場合は、蒸気が立った鍋の上に耐熱ガラスや金属またはセラミック製のボウルを重ねましょう。プラスチックが溶けたり化学物質がチョコレートに溶け込んだりする可能性があるので、プラスチック製品は避けましょう。[2]
    • 鍋の上に重ねたボウルの底が熱湯に触れるとボウルが熱くなりすぎて、チョコレートが溶けるどころか焦げてしまうかもしれません。
  3. 3
    チョコレートを量って二重鍋の内鍋に入れましょう。お湯が沸いたら、必要な分量のチョコレート量って内鍋に入れます。内鍋を外鍋の上に載せてチョコレートを温めましょう。[3]
    • あらかじめチョコレートを刻んだりすりおろしたりしておくと、より速く均等に溶けます。
  4. 4
    チョコレートが溶けるまで絶えず混ぜましょう。スプーンかゴムベラを使って、ボウルの中のチョコレートをかき混ぜます。ボウルの底や側面を頻繁にこすりましょう。チョコレートを熱し始めるとすぐに溶けたチョコレートがボウルの底に溜まりますが、完全に溶けるまでには5~10分かかります。[4]
    • チョコレートは焦げやすいので、かき混ぜるのを長く中断したりその場を離れたりするのはやめましょう。
    • チョコレートがあまりに速く溶けて焦げるのが心配な場合は、コンロの火力を少し落としましょう。
  5. 5
    ボウルを火からおろし、溶けたチョコレートをすぐに使います。溶かしたチョコレートを好きなように使いましょう。数分で固まり始めるため、できるだけ早く使いましょう。[5]
    • 使っている間にチョコレートが硬くなったら、再度加熱して溶かしましょう。
    広告

方法 2 の 3:
電子レンジで溶かす

  1. 1
    必要な量のチョコレートを量って細かく刻みます。電子レンジでチョコレートを溶かす場合は、最初に小さく刻んでおきましょう。チョコレートを包丁で刻むか、おろし器ですりおろします。[6]
  2. 2
    電子レンジ対応のボウルにチョコレートを入れます。 チョコレートを量って刻んだら、電子レンジ対応の容器に入れましょう。電子レンジ対応の表示があるガラス製およびセラミック製の容器が適しています。また、電子レンジ対応の表示があれば、プラスチック製の容器を使ってもかまいません。[7]
    • 電子レンジで使えるのかわからない場合は、ボウルの底のマークを確認しましょう。3本の波線や皿の上に波線が描かれたマーク、もしくは「電子レンジ可」の表示があれば、電子レンジで使えます。ボウルだけではなく、食器の底にも「電子レンジ可」などの表示があるかもしれません。
    • 電子レンジ対応ではない食器にチョコレートを入れて溶かすと、チョコレートが焦げたり食器が割れたりするだけでなく、火が出る危険もあります。
  3. 3
    最低出力に設定した電子レンジで15~30秒加熱しましょう。電子レンジを最低出力に設定し、チョコレートを15~30秒加熱します。加熱が終了したら、すぐに電子レンジからボウルを取り出しましょう。[8]
    • 小さなチョコレートチップなど、塊が小さなチョコレートを溶かす場合は15秒加熱しましょう。チョコレートの塊が大きい場合は、最初は30秒近く加熱します。
    • チョコレートが焦げてしまうので、30秒を超えて電子レンジで加熱するのはやめましょう。
    • 30秒加熱してもチョコレートが全く溶けていない場合は、電子レンジの最大出力の半分まで出力を上げましょう。
  4. 4
    チョコレートをかき混ぜ、必要に応じて電子レンジで10~15秒再加熱します。木べらでチョコレートを混ぜましょう。溶けていないチョコレートの塊が残っていたら、10~15秒再加熱します。チョコレートが完全に滑らかになるまで、加熱と攪拌を交互に繰り返しましょう。[9]
    • 電子レンジを使うたびに、出力が最低になっていることを忘れずに確認しましょう。
    • 残念ながら、チョコレートが焦げた味を取り除く方法はありません。万が一チョコレートが焦げてしまったら、それは処分して作り直しましょう。
    広告

方法 3 の 3:
スロークッカーで溶かす

  1. 1
    後片付けが楽になるようにスロークッカーライナーを取り付けましょう。この手順は任意ですが、ライナーを使うとチョコレートを溶かした後のスロークッカーの掃除が非常に楽になります。ライナーを取り出してスロークッカーに取り付けましょう。チョコレートを溶かし終わったら、プラスチック製のライナーを取り外して捨てます。[10]
    • スロークッカーライナーは、調理器具や製菓用品を扱うほとんどの店舗で見つかるでしょう。

    プラスチックを加熱するのは心配ですか?スロークッカーライナーの主要メーカーによれば、スロークッカーライナーの加熱によるフタル酸エステル類またはBPA(ビスフェノールA)の排出は確認されていません。[11]

  2. 2
    板チョコレートを均等な大きさに切り分けます。板チョコレートやチョコレートの塊を溶かす場合は、チョコレートがまんべんなく溶けるように包丁で小さく切り分けておきましょう。チョコレートを切り分ける大きさ自体はあまり影響しませんが、できるだけ同じ大きさになるように切りましょう。切った大きさにバラつきがあると、大きなものが溶けるのに時間がかかってしまいます。[12]
    • チョコレートチップを使う場合は、切り分ける必要はありません。
    • この方法は、フォンデュのように大量のチョコレートを溶かす場合に最適です。
  3. 3
    スロークッカーを「強」に設定し、チョコレートを1時間加熱します。スロークッカーの底にチョコレートを薄く広げてスイッチを入れましょう。スロークッカーの蓋を閉め、1時間触らずに加熱します。[13]
  4. 4
    スロークッカーを「弱」にして、15分ごとにチョコレートをかき混ぜながら1時間加熱します。最初に1時間加熱した後、柄の長いスプーンでチョコレートをかき混ぜましょう。スロークッカーの出力を「弱」に落として、チョコレートの加熱を続けます。15分ごとにチョコレートをかき混ぜながら1時間加熱するとチョコレートが完全に溶けるでしょう。[14]
    • チョコレートが完全に溶けたらスロークッカーを「保温」に設定し、使うまでスロークッカーに入れたまま保存できます。焼き菓子などに使う場合は、すぐに出して材料に混ぜましょう。
    広告

必要なもの

二重鍋でチョコレートを溶かす

  • 二重鍋
  • スプーン
  • 包丁(任意)
  • まな板(任意)

電子レンジで溶かす

  • 電子レンジ
  • 電子レンジ対応のボウル
  • スプーン
  • 包丁またはおろし器(任意)
  • まな板(任意)

スロークッカーで溶かす

  • スロークッカー
  • 柄の長いスプーン
  • プラスチック製のスロークッカーライナー
  • 包丁(任意)
  • まな板(任意)

ポイント

  • 溶かしたチョコレートに光沢と滑らかさを取り戻すには、テンパリングする必要があります。チョコレートをテンパリングする方法を参考にしましょう。
  • 時間に余裕があれば、チョコレートを熱いオーブンの上に載せましょう。こうするとチョコレートがゆっくり溶けて、焦げる心配がありません。
広告

注意事項

  • 溶けたチョコレートは熱いので、取り扱いには十分に注意しましょう。
広告

動画
このサービスを利用すると、一部の情報がYouTubeと共有される場合があります。


関連記事

ベーキングパウダーの代用品を作るベーキングパウダーの代用品を作る
ロックキャンディを作る
アイシングシュガーを使わずにアイシングを作るアイシングシュガーを使わずにアイシングを作る
ケーキのアイシングを作るケーキのアイシングを作る
パン生地の発酵を早めるパン生地の発酵を早める
クッキーの焼き上がりを見極めるクッキーの焼き上がりを見極める
パンのカビを抑制するパンのカビを抑制する
イーストを予備発酵させるイーストを予備発酵させる
ケーキを冷ますケーキを冷ます
チョコチップを溶かすチョコチップを溶かす
ホワイトチョコレートに色を付けるホワイトチョコレートに色を付ける
ゆるいフロスティングに固さを加えるゆるいフロスティングに固さを加える
スモアを作るスモアを作る
チーズケーキの焼き上がりを確認するチーズケーキの焼き上がりを確認する
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は5,495回アクセスされました。
記事のサマリーX

電子レンジでチョコレートを溶かすには、まず電子レンジ対応のボウルにチョコレートを入れます。電子レンジを低い出力に設定し、30~40秒間温めます。小さいチョコレートチップを使う場合は、10~15秒間ほどにしましょう。木のスプーンでチョコレートを混ぜ、さらに10~15秒間電子レンジにかけます。加熱し過ぎると焦げて使えなくなってしまうので、注意しましょう。もう一度かき混ぜ、チョコレートが完全に溶けるまで、10秒単位で電子レンジにかけ続けましょう。

このページは 5,495 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告