チークを塗る方法

3 パート:基本のステップチークで顔の形を美しく見せるチークを選ぶ

チークは、かわいらしく若々しい輝きを肌に与える、必須のメイクアイテムです。しかし、自分の顔に最適な色やつけ方のコツをつかむのは、難しいかもしれません。チークは、正しい方法で、あなたの魅力を最大限に引き出す位置にのせましょう。肌に合った色や質感のチークを選べば、素敵な頬の完成です。

パート 1
基本のステップ

  1. 1
    チークの前にベースを塗る 仕上がりをきれいにするために、ファンデーション、コンシーラー、ブロンザーの順に塗ったあと、最後にチークを塗りましょう。チークを入れたら、アイブロー、アイシャドー、アイライナー、マスカラの順にメイクをしましょう。[1] 仕上がりのバランスが良くなり、メイクが長持ちするので、この順番を守ることが肝心です。
  2. 2
    パウダーチークを軽く頬にのせる パウダータイプのチークを使う場合は、中くらいのサイズの柔らかいブラシにパウダーを軽く含ませ、ブラシを鏡の角などでトントンと軽く叩いて、余分な粉を払いましょう。チークを頬にのせたら、何もついていない別のブラシで、色をよくなじませましょう。[2]
    • 最後は、頬の産毛を顔の表面に自然に寝かせるように、ブラシを下に向けて使って仕上げましょう。[3]
  3. 3
    リキッドチークを指でのせてなじませる クリームやジェルタイプのチークは、薬指に少量とります。肌に点で色をのせたら、指かメイク用スポンジで色をなじませましょう。より自然な仕上がりにしたい場合は、最後にチークブラシでなじませましょう。
    • クリームチークを使う場合、ファンデーションもクリームタイプにすると、仕上がりがきれいです。[4]
  4. 4
    余分な色はティッシュで押さえる パウダーチークを塗りすぎた場合は、上から透明のパウダーを重ねて色を調整すると、顔色がくすんでしまいます。代わりに、ティッシュを広げた状態で肌にのせ、上からメイクスポンジで軽く押さえると、チークを少量取り除くことができます。クリームチークの場合は、ティッシュで肌を軽くたたくようにすると良いでしょう。[5]

パート 2
チークで顔の形を美しく見せる

  1. 1
    ハート型の顔には、「C」の形にチークをのせる ハート型の顔とは、富士額で頬骨はふっくらとしていて、顎がシャープな形の顔を指します。この場合、こめかみから頬骨にかけて曲線を描くように、チークを入れます。こめかみは薄めに、頬骨に近づくにつれて色が濃くなるようにのせましょう。[6]
  2. 2
    丸顔は、頬の高い位置にチークをのせない 丸顔の場合は、口をすぼめたときにできる頬骨の下のラインに沿って、チークブラシでチークを入れると、顔を立体的に見せることができます。頬の高い位置にチークをのせると、より顔が丸く見えるので注意しましょう。[7]
  3. 3
    卵形の顔には、頬骨からこめかみに向かってチークをのせる 軽いストロークで、頬の一番高い位置から耳たぶへ下方向にブラシを動かしましょう。こめかみの少し上にも、軽く色をのせます。[8]
  4. 4
    四角い顔には、円を描くようにしてチークをのせる 頬の一番高い位置に円を描くようにブラシを使ってチークをのせます。角ばった顔の印象を和らげるだけではなく、顔の丸みのある部分に視線を集める効果があります。[9]

パート 3
チークを選ぶ

  1. 1
    明るめの肌には、ベビーピンク、ピーチ、薄いプラム色 薄いピンクやピーチのチークは、明るめの肌の人の自然な頬の色に近く、最適な色と言えるでしょう。また、特に薄いプラム色など、色のコントラストが強く出ない透明感のある薄い色なら、どんな色でも似合うでしょう。[10]
  2. 2
    普通色の肌には、アプリコット色、ふじ色 アプリコット色は、普通色の肌にほんのり暖かみを加えます。また、ふじ色はより大胆な深みを演出します。[11]
  3. 3
    オリーブ色(黄褐色)の肌には、ローズ、茶系 ローズ色のチークは、オリーブ色の肌の人にとって、繊細でナチュラルな赤みのある頬を演出するのにちょうど良い色です。また、茶系のチークは、顔色を明るくし、ほのかに暖かみのある肌に仕上げることができます。[12]
  4. 4
    色黒の場合は、レーズン色、レンガ色、明るく濃いオレンジ色 レーズン色やレンガ色などのはっきりとした色のチークは、塗りすぎな印象を与えずに、色黒の肌を美しく見せます。自然な仕上がりにする場合は、明るく濃いオレンジ色のチークを使いましょう。[13]
  5. 5
    普通~脂性肌には、パウダーチーク パウダータイプのチークは、ほぼ全ての肌質に合うので、よく使われるアイテムです。肌に滑らかにのり、マットな仕上がりになります。また、色持ちがとても良いので、長時間メイク直しが必要ありません。[14]
  6. 6
    乾燥肌や年齢肌には、クリームチーク クリームタイプのチークは、保湿効果があり、肌が乾燥した印象になるのを防ぐことができます。潤いのある仕上がりになり、つけ心地も軽いので、より自然な仕上がりになります。[15]

ポイント

  • チークの塗りすぎには、注意しましょう。他のメイクアイテムにも言えることですが、チークは控えめにつけると、最も美しく仕上がります。
  • チークとリップメイクは、必ず同系色を使うようにしましょう。例えば、チークを濃く、リップを薄くつけるメイクの場合(逆も然り)でも、チークをコーラル系の色にするのであれば、リップもコーラル系で統一しましょう。
  • チークは、薄めにつけ始めましょう。つけすぎてから落とすより、少しずつ色を重ねるほうが簡単です。
  • チークブラシは、良質で大きめのサイズで清潔なものを使いましょう。
  • 目の下にクマがある場合は、チークをのせると、クマに視線が集中しないという効果が期待できます。
  • 毛先が斜めにカットされているアングルブラシを使うと、よりチークがのせやすいでしょう。
  • 肌に傷やニキビがある場合、たとえファンデーションやコンシーラーで隠したとしても、チークを塗ると、傷やニキビの赤みを強調してしまいます。また、ファンデーションやコンシーラーは、肌の炎症を悪化させる原因になります。肌の調子が良くない場合は、状態が落ち着くまで、チークを含むパウダー・クリーム状のメイクの使用を控え、朝晩、洗顔料で顔を洗い、保湿剤を塗ると良いでしょう。

注意事項

  • 自分を美しく見せるために、メイクだけに頼ってはいけません。本当の美しさとは内側から来るものです。どんなに外見が変わっても、内面の美しさは輝きます。

必要なもの

  • チーク(パウダー、クリーム、ジェル)
  • 質の良いチークブラシ 2本(塗る用と色をなじませる用)
  • メイクスポンジ
  • ティッシュ

記事の情報

カテゴリ: メイク

他言語版:

English: Apply Blush, Italiano: Applicare il Blush, Español: aplicar el rubor, Deutsch: Rouge auftragen, Português: Aplicar Blush, Français: mettre du fard à joues, Nederlands: Rouge opdoen, Русский: наносить румяна, 中文: 使用腮红, Bahasa Indonesia: Mengaplikasi Perona Pipi, Čeština: Jak nanášet tvářenku, Tiếng Việt: Sử dụng phấn má, العربية: وضع أحمر الخدود, ไทย: ปัดแก้ม, 한국어: 블러셔 바르는 법

このページは 556 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?