PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

溶かしたチーズはおいしいソースとして様々な料理に使用できます。チーズは調理コンロの上で溶かしたり、電子レンジで溶かすことができます。実際に溶ける種類のチーズを選び、コーンスターチと液体を加えてチーズが糸状になるのを防ぎましょう。チーズは弱火で温めるか、電子レンジを使用する場合は丁度溶け始めるまで少量ずつ温めましょう。     

方法 1
方法 1 の 3:
適したチーズを選び、用意する

  1. 1
    硬めのチーズ(ハードチーズ)を選ぶ 硬めのチーズのほうが融点が低くなります。このような種類のチーズは、グリルするチーズ料理用のソースや、スープのベースとしてよく使用されます。チェダー、グリュイエール、スイスチーズなどが溶かすのに適しています。[1]
    • 低脂肪チーズは溶けるものの時間がかかり、かき混ぜている最中に硬くなる場合があります。[2]
  2. 2
    柔らかいチーズ(ソフトチーズ)の使用は避ける パルメザンやロマーノチーズなどの低脂肪や低水分チーズは焦げやすく、溶けてもトロトロの質感にはなりません。[3] フェタチーズやリコッタチーズのような非常に柔らかいチーズは全く溶けないため、チーズメルトなどの溶かしチーズを作る際には柔らかいチーズの使用は避けましょう。[4]
  3. 3
    チーズを削る、細かく切る、またはスライスにする チーズを細かく切っておくと溶けやすくなります。チーズを溶かす前には削るか細かく切る、またはスライスしておきましょう。[5]
    • 削る、細かく切る、スライスする、この中のどの方法を使っても大きな差はありません。最も準備しやすい方法を選びましょう。
  4. 4
    チーズを室温にする チーズが冷たい状態のままで溶かすと、溶けるまでに時間がかかったり均一に溶けない場合があります。ほぼ室温になるまで置いてから、チーズを溶かすようにしましょう。[6]
    • ほとんどのチーズは20~30分程度で室温になります。チーズは2時間より長く放置してはいけません。[7]
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
調理コンロ上でチーズを溶かす

  1. 1
    ノンスティック加工のフライパンを使用する チーズは、溶かす工程で鍋や器の側面に非常に付着しやすいものです。チーズの付着を防ぐには、ノンスティック加工の器を使用してチーズを溶かしましょう。[8]
  2. 2
    チーズを弱火にかける 調理コンロ上でチーズを弱火にかけます。チーズを強火や中火で温め始めてはいけません。火が強いと均一に火が通らない原因となります。[9]
  3. 3
    コーンスターチと無糖練乳を少量加える コーンスターチと無糖練乳を少量加えると、チーズがすぐに分離して塊ができてムラのある状態になるのを防ぐことができます。コーンスターチと練乳の量は、溶かしているチーズの量により異なりますが、少量加えるだけでチーズを滑らかに保てるでしょう。[10]
  4. 4
    プロセスチーズを足す プロセスチーズにはチーズを滑らかに溶けやすくする性質があるため、数枚加えてみてもよいでしょう。プロセスチーズの味が気にならならなければ、既に溶かしたチーズにプロセスチーズを1~2枚加えます。[11]
  5. 5
    酢やビールなどの酸性成分を加える チーズが溶ける際に塊になってしまう場合は、酸性成分を少量加えるとよいでしょう。白ワインやビールなどのアルコールが効果的で、風味も加わります。アルコールの使用を控えたい場合は、酢やレモン汁を代わりに試しましょう。[12]
  6. 6
    チーズを混ぜ続ける チーズを溶かす際には、ワイヤーの泡だて器かフォークで混ぜ続けます。こうすると加えた材料がよく混ざり、溶かしたチーズが滑らかになります。[13]
  7. 7
    チーズが溶けたらすぐに火から外す チーズに好みのとろみがついたら、すぐに調理コンロから外しましょう。チーズは低い温度でも焦げやすいため、必要以上に溶かし続けると焦げる可能性があります。[14]
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
電子レンジでチーズを溶かす

  1. 1
    電子レンジ対応の容器にチーズを入れる チーズはノンスティック加工の容器の中で溶かすのが最適です。一方で、電子レンジに入る大きさの容器がなかなか見つからない場合があります。セラミック製のボウルや同様の容器も使用できますが、ノンスティック・クッキングスプレーを吹きかけたほうがよいでしょう。
  2. 2
    コーンスターチと無糖練乳を加える チーズを電子レンジに入れる前に、コーンスターチと無糖練乳を少量加える必要があります。こうすると調理中にチーズに塊ができにくくなります。入れる量は溶かしているチーズの量によりますが、それぞれ少量のみで十分でしょう。[15]
  3. 3
    酸性の材料を混ぜる 酸性の材料を加えると風味が加わり、チーズを溶かしている間も滑らかな状態を維持できます。白ワインやビールを入れると、チーズが溶ける際に風味が加わります。アルコールの使用を控えたい場合は、代わりにホワイトビネガーなどを試しましょう。[16]
  4. 4
    出力を強に設定して30秒間チーズを溶かす ノンスティック加工の電子レンジ対応容器にチーズを入れます。出力を強に設定して30秒間チーズを溶かします。通常はこの程度の時間でチーズが十分溶けるでしょう。[17]
  5. 5
    電子レンジからチーズを取り出してかき混ぜる チーズを取り出したらかき混ぜます。滑らかで塊のない質感で均一に混ざっているのが理想的です。まだチーズにダマがあり硬いようであれば、電子レンジに戻しましょう。
  6. 6
    5〜10秒間隔でチーズを溶かす 30秒経ってもチーズが溶けていない場合は電子レンジから取り出してかき混ぜ、追加で5〜10秒間電子レンジで温めます。好みの質感になるまで繰り返し数秒ずつ電子レンジにかけましょう。
    広告

関連記事

牛乳からクリームを作る
パンをおいしく温め直す
ベーコンが傷んでいるか判断するベーコンが傷んでいるか判断する
ビールをショットガン飲みする
傷んだ卵を見極める傷んだ卵を見極める
鶏肉を解凍する
ブルーチーズが腐っているか判断するブルーチーズが腐っているか判断する
腐った牛ひき肉を見分ける腐った牛ひき肉を見分ける
野菜を蒸す
ラップサンドを巻く
オートミールを作る
自家製ワインを造る自家製ワインを造る
牛乳からバターミルクを作る
人参を蒸す人参を蒸す
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHow Staff Writer
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は1,899回アクセスされました。
カテゴリ: 食・おもてなし
このページは 1,899 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告