PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

残ったチーズバーガーは昼食や夕食に最適ですが、冷蔵庫で1晩保存するとできたてほどおいしくありません。上手に温めなおす秘訣は、チーズバーガーの中身を取り出し、パンとパティを別々に温めてから元に戻すことです。電子レンジやオーブン、コンロを使えば、温かくておいしいチーズバーガーがすぐにできあがるでしょう。

方法 1
方法 1 の 4:
チーズバーガーの中身を取り出す

  1. 1
    チーズバーガーを室温で10分おきます。チーズバーガーをキッチンカウンターやテーブルの上に置き、室温に戻しましょう。こうすると、全体が同じ温度で均等に温まります。[1]
    • ただし、パティが傷む可能性があるので、2時間を超えて放置するのはやめましょう。
  2. 2
    チーズバーガーの中身を取り出し、平らな場所に置きましょう。まな板を用意するかペーパータオルを広げ、チーズバーガーの中身をその上に載せていきます。パン、パティ、トッピング、調味料を種類別に分けて載せましょう。野菜まで温めてしまうと、チーズバーガーのおいしさが損なわれます。[2]
  3. 3
    パティやパンに付いたチーズと調味料をナイフでこすり落とします。少し残ってしまうかもしれませんが、できるだけ多く取り除きましょう。温めてから新しい調味料を塗るほうがおいしく食べられます。パティにチーズが残っていても温めるのに問題はありませんが、チーズが溶ける可能性があります。[3]
    • できれば新しいスライスチーズを1枚用意しておきましょう。
  4. 4
    野菜とトッピングの鮮度を確認しましょう。保存したレタスやトマトは水っぽくなっているので、捨てたほうが良いかもしれません。ピクルスや玉ねぎ、ベーコン、水分が少ないその他のトッピングは、そのまま使ってもおそらく問題ないでしょう。[4]
    • できたてのようなチーズバーガーを食べたければ、トマトの薄切り、レタス、玉ねぎなど、新鮮な野菜を加えましょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 4:
電子レンジを使う

  1. 1
    電子レンジ対応の皿にパティを載せます。電子レンジ対応の皿やペーパータオルにパティを載せて温めましょう。まんべんなく温まるように、パティを皿の中央に載せます。[5]
    • 皿や器が電子レンジに対応しているかを確認するには、裏側のラベルを見ましょう。
  2. 2
    電子レンジを「弱」に設定し、パティを1~2分加熱します。パティを電子レンジに入れ、ドアを閉めてから加熱しましょう。パティにはすでに火が通っているので、生肉を調理するように加熱する必要はありません。温めなおし機能か低出力(弱など)で加熱しましょう。パティが分厚い場合は、途中で電子レンジを一時停止して裏返します。[6]
    • 加熱する時間は電子レンジの出力やパティの厚さによって異なります。電子レンジの取扱説明書に温めなおしの加熱時間が記載されているか確認しましょう。
  3. 3
    パティを触って温まったか確認します。指1本をパティにあてて温かさを確認しましょう。触れて温かいようなら、電子レンジから取り出します。パティが冷たい、またはぬるいようならもう少し温めましょう。
  4. 4
    必要に応じてパティを30秒ずつ温めます。パティが好みの温かさになっていなければ、初めに少なくとも30秒温めましょう。パティが特に冷たい場合は、さらに30秒温めます。合計で1分温めても十分でなければ、その後は10秒ずつ温めましょう。[7]
    • 新しいスライスチーズを足す場合は、パティの上に載せて電子レンジで10秒加熱しましょう。
  5. 5
    弱に設定した電子レンジでパンを60秒温めます。軽く湿らせたペーパータオルでパンを包み、弱~中に設定した電子レンジで温めましょう。60秒加熱して、温まったか確認します。[8]
    • チーズバーガーのパンが熱くならない程度に温めましょう。
  6. 6
    チーズバーガーの中身を元に戻します。温めたパンの間に温めたパティを挟みましょう。トマトや玉ねぎなどの元のトッピングを使う場合はここに加え、そうでなければ冷蔵庫から新しい野菜を出して切り、チーズバーガーに挟みましょう。好みに応じてケチャップやマヨネーズ、マスタードなどの調味料を塗ります。
    広告

方法 3
方法 3 の 4:
オーブンで温める

  1. 1
    オーブンを200度で予熱しましょう。パティを加熱しすぎることなく素早く温めるために、この温度が重要です。パティを用意したらすぐに温められるように、あらかじめ予熱しておきましょう。[9]
  2. 2
    オーブン用の金網の上にパティを載せてオーブンに入れましょう。パティを金網の上に置き、その金網を幅広の焼き型や天板に載せます。こうすると、パティから流れ出す油でオーブンの底が汚れる心配がありません。天板の上に金網を載せたら、オーブンに入れましょう。[10]
    • 焼き型を使う場合は、念のためにアルミホイルを敷いておくと良いでしょう。
    • パティをオーブンに入れたら、必ずオーブンのドアを閉めましょう。
  3. 3
    3分経ったらパティを裏返します。タイマーを3分にセットし、パティが温まるのを待ちましょう。両面がまんべんなく温まるように、タイマーが鳴ったらパティを裏返します。パティを裏返す際は、必ず鍋つかみやオーブンミトンを使いましょう。
  4. 4
    パティを裏返したら、パンを金網に載せましょう。オーブンのドアが開いているうちに、金網の上のパティの横にパンを載せます。パンを焦がさないように、最後の2分間はオーブンの庫内灯を点けておきましょう。
    • 新しいスライスチーズをパティに載せて溶かす場合は、最後の1~2分になってから加えましょう
  5. 5
    2分待ってからパティとパンを取り出しましょう。タイマーを2分にセットして、パティとパンが温まるのを待ちます。できれば庫内灯を点けて、焦げないように注意深く監視しましょう。[11]
    • オーブンから取り出す時にパンがこんがりしていると理想的です。
  6. 6
    パンとパティ、トッピング、調味料を重ねましょう。オーブンで焼いたパンに温めたパティを挟み、分けておいた元のトッピングを戻します。トッピングが残っていなければ、冷蔵庫からレタスやトマトを取り出して加えましょう。パティやパンに調味料を塗ったらできあがりです。
    広告

方法 4
方法 4 の 4:
コンロで蒸す

  1. 1
    フライパンにパティを入れ、水道水を加えます。パティの大きさに合う小さなフライパンにパティを入れます。フライパンの底を覆うくらいの水を加えましょう。水120mlまたは、フライパンの底を浅く覆う量を加えます。[12]
    • 温めるためには蓋をする必要があるので、蓋ができるフライパンを使いましょう。
    • 水の代わりに鶏がらスープや白ワインを使うと風味が増すでしょう。
    • パンはフライパンで温められないので、電子レンジやオーブンで温めましょう。
  2. 2
    フライパンに蓋をして、パティを5~7分蒸します。フライパンをコンロに載せて、強めの中火で加熱しましょう。フライパンにしっかり蓋をして、パティを5~7分温めます。[13]
    • フライパンに蓋をすると内部に蒸気が溜まり、この蒸気でパティが温まります。
    • パティにチーズを載せる場合は、蓋を外してスライスチーズを載せ、30~60秒温めましょう。チーズが溶けるまで蓋を外しておきます。
  3. 3
    パティをフライパンから取り出して30秒おきましょう。パティをフライパンから取り出し、ペーパータオルを敷いた皿に載せます。そのまま30秒おき、余分な水分をペーパータオルに吸収させます。30秒経つと、パティは食べるのに最適な温度になっているでしょう。[14]
    • フライパンに残った水を捨てましょう。少し冷ましてから、シンクに流します。
  4. 4
    好みの調味料を足して、チーズバーガーの材料を重ねます。温めたパンの間にパティを挟み、加えるトッピングや調味料を決めましょう。ケチャップやマスタード、マヨネーズ、ピクルス、玉ねぎ、レタス、トマトなど、好みのものを加えます。
    広告

必要なもの

チーズバーガーの中身を取り出す

  • ペーパータオル
  • ナイフ

電子レンジを使う

  • 電子レンジ対応の皿
  • 電子レンジ

オーブンで温める

  • オーブン
  • オーブン用の金網
  • 小さな天板(任意)
  • アルミホイル(任意)

コンロで蒸す

  • フライパン
  • フライパンの蓋
  • コンロ
  • ペーパータオル

関連記事

牛乳からクリームを作る
パンをおいしく温め直す
ベーコンが傷んでいるか判断するベーコンが傷んでいるか判断する
ビールをショットガン飲みする
傷んだ卵を見極める傷んだ卵を見極める
鶏肉を解凍する
ブルーチーズが腐っているか判断するブルーチーズが腐っているか判断する
腐った牛ひき肉を見分ける腐った牛ひき肉を見分ける
野菜を蒸す
ラップサンドを巻く
オートミールを作る
自家製ワインを造る自家製ワインを造る
牛乳からバターミルクを作る
チーズを溶かすチーズを溶かす
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHow Staff Writer
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 食・おもてなし
このページは 308 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告