PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

美しくツヤツヤの脚に憧れたことはありませんか?実は思っていたよりも簡単に手に入ります。専門的な施術を受けることも可能ですが、家庭で試すことのできる方法もいくつかあります。適したローション、除毛方法、さらにメイクを駆使して夢の美脚を手に入れましょう。

パート 1 の 3:
脚を保湿する

  1. 1
    毎日保湿クリームを塗る 保湿をたっぷりとしておくと、脚は自然とつややかな見た目になっていきます。十分に潤った肌には若々しいハリも生まれます。毎日保湿クリームを塗ることで自然な輝きを手にいれましょう。美容品を取り扱う店舗やドラッグストア、コンビニなどで様々な保湿製品が販売されています。また、ココナッツオイルやシアバターといった天然成分を用いることも可能です。[1]
    • シャワーを浴びた後は必ず保湿を行いましょう。肌によく浸透するので、くすみの予防になります。
    • シェーバーやワックスで除毛した後も必ず保湿しましょう。シェービングやワックス脱毛による除毛は肌に負担をかけるので保湿が重要です。
    • 丈の短いショーツやワンピースを着用する際は、携帯用容器にローションを入れて持ち歩き、必要に応じて塗り直すことができるようにしておきましょう。2~3時間ごとに塗り直し、潤った見た目を1日中維持しましょう。
  2. 2
    角質を除去する 死んだ肌細胞を取り除く角質除去もまた、脚を滑らかに、そして、つややかに見せるうえで重要です。死んだ肌細胞が蓄積すると肌がくすみ乾燥します。このような層が取り除かれると、輝くような見た目の潤った新しい層が現れます。ボディスクラブを用いて週2~3回の頻度で角質を除去しましょう。
    • ボディスクラブは美容品を取り扱う店舗やドラッグストアで購入しても、自宅で手作りしても良いでしょう。
    • 手作りする際は、砂糖あるいは塩、さらに何らかのオイル(オリーブオイル、ココナッツオイルなど)が必要です。砂糖あるいは塩の粒が角質を取り除き、オイルが潤いを与えます。用意した材料を混ぜ合わせ、濃厚な質感のスクラブ剤を作りましょう。多めに作り、残りをタッパーなどに保管して浴室に置いておくこともできます。
    • お好みでエッセンシャルオイル(ローズマリーやペパーミントなど)も加えると、香りによるリラックス効果が加わります。[2]
    専門家情報

    しばらくは週1回、あるいは2週間に1回ほどの頻度で角質を除去し、スクラブ剤によって肌荒れが起きないことを確認しましょう。

    Alicia Ramos

    Alicia Ramos

    スキンケア専門家
    エステティシャンのアリシア・ラモスは、コロラド州デンバー市にあるエステティックサロン「Smoothe Denver」を経営しています。美容医療の専門学校「School of Botanical & Medical Aesthetics」にて、まつ毛エクステンション、ダーマプランニング、マイクロダーマブレーション、そしてケミカルピーリングを学び、現在は同サロンにて、数多くのクライアントに肌の悩みを解決する施術を行っています。
    Alicia Ramos
    Alicia Ramos
    スキンケア専門家
  3. 3
    脚にオイルを塗る 脚に輝きを加えたいのであれば、少量のオイルを塗ってみるのも良いでしょう。どのような脚でも美しく見せることのできるオイルは多数あります。ココナッツオイル、ホホバオイル、オリーブオイルなどを試してみましょう。少量塗るだけでもかなり効果があるでしょう。100円玉ほどの大きさのオイルを手に出し、両手の手の平をこすり合わせます。この手で脚全体にオイルを馴染ませていきましょう。輝くような見た目が何時間も持続するだけでなく、肌の調子も整います。[3]
    • オイルが衣類に付着すると染みになる可能性があるので気をつけましょう。オイルが肌にしっかりと吸収されていることを確認してから服を着ましょう。
    • シェービングの直後にオイルを塗ると潤いを肌に閉じ込めることができます。
    広告

パート 2 の 3:
ムダ毛を処理する

  1. 1
    シェービングでムダ毛を処理する シェービングが最も手早く簡単に行うことのできる除毛方法でしょう。脚のムダ毛を処理すると、表面がより輝いたような見た目になります。必要に応じてシェービングを行いましょう。毎日処理する人もいれば1週間に1度で良い人もいます。また、敏感肌の人は特に、質の良いシェーバーを用いることが大切です。良質なシェーバーには複数の刃が取り付けられ、保湿剤も含まれています。
    • シェービングを行う際は、良質なシェービングクリームも用意しましょう。様々な製品が美容品を取り扱う店舗やドラッグストアで販売されていますが、天然成分を用いることも可能です。例えば、シアバターやココナッツオイルが特に優れていて、肌の調子を整える働きもします。
    • 焦らずにシェービングを行いましょう。急いでしまうと切り傷を作ったり、剃り残しが生じる恐れがあります。
    • 入浴中にシェービングも済ませると良いでしょう。湯によって毛穴が開くので、よりしっかりと剃れるようになります。[4]
  2. 2
    ワックス脱毛をする ワックス脱毛もまた、脚の肌を滑らかにし輝きのある見た目にする効果があります。また、シェービングよりも効果が長持ちするという特徴もあります。ワックス脱毛はある程度の痛みを伴いますが、高い効果が見込まれるので試してみる価値はあるでしょう。専門のサロンで施術を受けることもできますが、脚であれば自宅で試してみても良いでしょう。
    • 事前に角質を除去しておくと、さらに効果が高まります。
    • 家庭用ワックスキットを購入しましょう。ワックス(電子レンジで温めて使うことになるでしょう)、スパチュラ、さらにワックスシートが一式として含まれているものが一般的です。
    • 落ち着いて注意深くワックス脱毛を行いましょう。スパチュラを使って温めたワックスを少量ずつ肌に塗っていきます。その上にワックスペーパーを乗せて押しつけます。15秒程待ち、下から上に向かってペーパーを剥がしましょう。この手順を何度も繰り返し、脚全体の処理を終えましょう。
    • ワックスの手順やコツをより詳細に知りたければ、別途検索してみましょう。[5]
  3. 3
    レーザー脱毛を受ける 脚のムダ毛処理にうんざりしているという場合は永久脱毛を検討しましょう。他の除毛方法よりも痛みがあり、価格も上がりますが、試してみてよかったと感じている人は少なくありません。専門のサロンや美容皮膚科で施術を受けても、機器を使って自宅で行っても良いでしょう。
    • レーザー脱毛は特定部位のムダ毛が完全に取り除かれるまで複数回(5回前後)の施術を受ける必要があります。
    • 家庭用のレーザー脱毛機器は製品によって若干使用方法が異なります。取扱説明書などをよく読みましょう。[6]
    広告

パート 3 の 3:
タンニングやメイクを駆使する

  1. 1
    タンニングを試す 日に焼けた色の黒い肌の方が、色白の肌よりも輝いて見えると感じる人もいます。生まれつき肌が褐色であれば、ぜひ活かしましょう!少量の保湿剤あるいはオイルを塗るだけで輝きのある脚に生まれ変わります。また、色白の肌に何の問題もありませんが、肌の色をより黒くしたいのであれば、日光を浴びたり、日焼けサロンを利用してみましょう。あるいは、スプレータンやタンニングローションも役に立ちます。
    • ドラッグストアなどでセルフタンニングローションを購入してみましょう。スプレータイプの製品、ローションタイプの製品があります。個々の製品の使用方法を読みましょう。
    • 日光や日焼けサロンを使う際は浴びる紫外線の量に注意しましょう。過度の日焼けは有害なので、必ず日焼け止めを塗りましょう。[7]
  2. 2
    ボディシマー ボディシマーもまた美容品を取り扱う店舗やドラッグストアで手軽に購入することができます。スプレータイプとローションタイプの製品があり、肌にキラキラとした輝きを加えることができます。よく知られたブランドの製品もあるので、お好みのものを探してみましょう。
    • 購入する代わりに自分でボディシマーを手作りすることも可能です。ゴールドやシルバーのラメが入ったアイシャドウをローションと混ぜ合わせると光沢が生まれます。アイシャドウは少しずつ(一つまみずつでも良いでしょう)加え、必要に応じて足していきましょう。出来上がったら、普段ローションを塗る時と同じように塗ってみましょう。
  3. 3
    メイクで輝きを加える メイクを用いると輝きだけでなく肌の色味を調整することもできるようになります。自然な肌色のリキッドファンデーションが特に脚には合っています。また、ラメのような輝きを含んだパウダーファンデーションも良いでしょう。リキッドファンデーションの場合は適量を手に伸ばし、ローションを薄く塗るような要領で脚につけていきましょう。パウダーの場合は、大き目のメイク用ブラシを使い、大きく円を描くように肌につけていきます。[8]
    • なるべく落ちにくいファンデーションを見つけましょう。
      • NARSのオールデイルミナスティックファンデーション、QLINIQUEのステイマットシアープレストパウダー、あるいはMACのウォータープルーフファンデーションといったやや高めの価格帯のファンデーションを検討してみましょう。
      • Revlonのカラーステイメイクアップ、Maybellineのスーパーステイ(日本では未発売)やL'Oreal Parisのインファリブルファンデーションといった、より手軽に購入できる価格帯の製品も試してみましょう。[9]
    広告

関連記事

口周りの黒ずみを取る口周りの黒ずみを取る
埋没毛を処理する埋没毛を処理する
手に付着したシリコンコーキング剤を落とす手に付着したシリコンコーキング剤を落とす
女性が立ち小便をする女性が立ち小便をする
歯磨き粉でニキビを治す歯磨き粉でニキビを治す
お酒の臭いを消すお酒の臭いを消す
肌に付いた塗料を落とす
デリケートゾーンの匂いを消すデリケートゾーンの匂いを消す
生理中にナプキンを付けて泳ぐ生理中にナプキンを付けて泳ぐ
カミソリ負けを早く治すカミソリ負けを早く治す
重曹でニキビを治す
耳垢を除去する耳垢を除去する
タンポンを使用するタンポンを使用する
手を洗う
広告
  1. Videos provided by Jennifer Chiu

このwikiHow記事について

Alicia Ramos
共著者 ::
スキンケア専門家
この記事の共著者 : Alicia Ramos. エステティシャンのアリシア・ラモスは、コロラド州デンバー市にあるエステティックサロン「Smoothe Denver」を経営しています。美容医療の専門学校「School of Botanical & Medical Aesthetics」にて、まつ毛エクステンション、ダーマプランニング、マイクロダーマブレーション、そしてケミカルピーリングを学び、現在は同サロンにて、数多くのクライアントに肌の悩みを解決する施術を行っています。
カテゴリ: 個人衛生
このページは 233 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告