黄色が印象的なティンバーランドブーツは、もとは頑丈な作業用のブーツとして考案されたものでしたが、昨今では日常的なファッションアイテムとして人気を集めています。実用的な理由で愛用している人も、お洒落を楽しむために履いている人も、しっかりとお手入れをして良好な状態を保ち鮮やかな黄色を維持することが大切です。ヌバックが用いられているので、特別な方法で手入れをする必要があります。定期的に汚れを落とし適した方法で扱うことで、新品同様の見た目を維持しましょう。

パート 1 の 3:
小さな汚れを落とす

  1. 1
    柔らかいブラシで埃などをはらう まずはブーツにブラシがけをしましょう。足首の上から開始し、前後に動かしながらブーツの表面全体をブラッシングします。[1]
    • 軽い汚れであれば、おそらくブラッシングで落ちるでしょう。より頑固な汚れの場合は、表面の汚れをできる限りブラシで落としてから、他の方法を試しましょう。
    • 柔らかい清潔なブラシであれば、何でも使うことができますが、ティンバーランド社も独自のお手入れ用品を販売していています。また、スエードあるいはヌバック用のブラシを探してみるのもよいでしょう。一般的に「スエードブラシ」と呼ばれています。
  2. 2
    こすれた痕は消しゴムで落とす 鉛筆用の消しゴム、あるいはスエード用イレーサー、ティンバーランド社の「ドライクリーニングキット」などを使って取り除きましょう。表面を軽くこすって消していきます。[2]
    • こうした消しゴムなどは、日常的に表面に残ってしまう痕の大半を消すことができますが、靴全体についてしまった細かい砂埃や泥汚れなどには向きません。
    • こすれた痕には掃除用のメラミンスポンジも使えます。痕を少し水で濡らしてからスポンジでこすりましょう。[3]
  3. 3
    もう一度ブーツをブラッシングする 痕をすべて消すことができたら再び表面にブラシがけをして整えましょう。この時、消しゴムのかすも一緒に取り除かれます。
    • 一定方向に優しくブラシを動かしましょう。こうすることで表面の見た目が統一されます。
  4. 4
    定期的に手入れをする 1週間に1度、このようにして汚れを落としましょう。毎日履いていると、埃や汚れが蓄積しやすいので、定期的な手入れが特に大切になります。週ごとに手入れをしていれば、新品のような見た目も長く維持することができるでしょう。
    広告

パート 2 の 3:
より徹底的に汚れを落とす

  1. 1
    ヌバック用洗浄剤やお手入れ用品を購入する ブーツに用いられている素材に合わせた洗浄用品やお手入れ用品をそろえることが大切です。ティンバーランドブーツはスエードやレザー製のものもありますが、ヌバックが最も有名です。スエードとヌバックは一般的に同じ製品で手入れをすることができます。
    • 皮の色と合ったお手入れ用品を購入しましょう。製品のラベルに記載されている情報を確認し、ティンバーランドブーツの黄色の皮にも用いることができることを確かめましょう。
    • どのような製品を購入すれば良いのか分からない場合は靴の販売店や修理店で店員に相談してみましょう。
  2. 2
    靴紐を取り除く ブーツから靴紐を外しておきましょう。靴紐も汚れている場合は 手洗いをして完全に乾し、再び靴に通しましょう。
    • 靴紐は、せっけんを混ぜたぬるま湯で洗いましょう。より徹底的に汚れを落としたいという人は、せっけんでこすり、しばらくぬるま湯に浸けておきましょう。最後に吊るして乾かします。
    • 靴紐は他の洗濯物と一緒に洗濯機で洗うこともできます。ただし、かなり汚れている場合は服と分けて洗った方が良いかもしれません。
  3. 3
    表面の汚れや埃を柔らかいブラシで落とす ブラシを使って表面の汚れを落としましょう。表面を傷つけてしまわないよう優しくこすることが大切です。柔らかい刷毛であれば大丈夫でしょう。表面の汚れを事前にできるかぎり落としておくことができると、この後の手間がかなり省けます。
    • 靴底も忘れないようにしましょう。汚れや砂利などが溜まりやすい部分ですが、比較的簡単に取り除くことができます。靴底の汚れを放置すると、玄関などの床も汚れるので注意しましょう。
    • タオルよりもブラシのほうが良いでしょう。ブラシであれば、細かな隙間にも毛先が届きます。ただし、硬い刷毛を用いると傷がついてしまうことがあるので注意しましょう。
  4. 4
    靴の中に手を入れる 手入れをする際はブーツの型崩れにも注意しなければなりません。そこで、片手を中に入れ内側から力を入れながら手入れをしましょう。こする力で靴が潰れる可能性が低くなります。
    • シワや折り目なども消えるかもしれません。手入れの時に内側から力を込めていると、圧力と洗浄剤の水分が合わさって状態が改善されることがあります。
  5. 5
    靴底は歯ブラシと低刺激の食器用洗剤でこすり洗いをする ゴム製の靴底は食器用洗剤を混ぜた水に浸した歯ブラシを使って落としていきます。蓄積している汚れを優しく剥がしましょう。ぬるま湯で残っている汚れもすすぎ、状態を確認しましょう。
    • 綿棒を使って縫い目の汚れを落としても良いでしょう。コットンをぬるま湯とせっけんの混合液に浸し、溝に沿ってなぞりましょう。
  6. 6
    洗浄剤と水で表面をこする 洗浄剤、ぬるま湯、そして柔らかめのブラシでブーツ上部の表面をこすりましょう。ブラシは常に一定方向に動かすことがポイントです。また、最低限の力で表面の汚れを落としましょう。必要に応じて洗浄液を足しながら表面を掃除しましょう。
    • 洗浄液に記載されている使用方法を守りましょう。
    • やわらかめの歯ブラシを使うと縫い目の汚れも、よりしっかりと落とすことができます。
  7. 7
    紙やすりで残っている染みをこすり落とす 依然として染みが目立っている時は、目の細かい紙やすりで磨くことで落とせるかもしれません。400番の紙やすりを用意し、一定方向にこすってみましょう。染みが消えたようであれば、すぐに止めましょう。[4]
    • この方法は最後の手段だと考えましょう。繊細さが求められる作業で、こすり過ぎないよう注意しなければなりません。その一方で、かなり効果的な方法なので頑固な染みもあっというまに消えるでしょう。
  8. 8
    表面を少量の水ですすぐ 汚れが落ちて満足のいく状態になったようであれば、表面のすすぎ洗いをしましょう。少量の水で洗浄液や汚れの残留物を洗い流します。
  9. 9
    必要に応じて徹底的に汚れを落とす こうした手入れの頻度は履く頻度と汚れ具合によって変わります。汚れが目につくようになり、部分的に手入れをしても効果が見られない場合は、徹底的に汚れを落としましょう。毎日ティンバーランドブーツを履いていてかなり汚れている場合は、毎週このようにしっかりとした手入れをする必要があるでしょう。履いていてもあまり汚れが付着しないのであれば1~2か月に1度で良いかもしれません。
    広告

パート 3 の 3:
靴を乾かし磨く

  1. 1
    内側に紙を詰めて型崩れを防ぐ 手入れをしていてブーツの形状が崩れてしまった時は、乾く前に再び整えましょう。つま先が崩れることが最も一般的です。こうした場合は紙を丸めて、形が崩れた部分に詰めましょう。
    • 新聞紙、メモ用紙、不要な紙袋などを使いましょう。
  2. 2
    24時間かけてブーツを乾かす 手入れを終えたのであれば暖かい空気で自然乾燥させましょう。どれほど湿ったのかにもよりますが、完全に乾くまで24時間程要します。[6]
    • 火元の近くといった高温にさらされる場所には置かないようにしましょう。高温にさらされるとブーツに用いられている糊が溶けたり、皮が傷んでしまう恐れがあります。
  3. 3
    磨く 乾いた靴は見た目が少し変に感じられるかもしれません。これは恐らく表面の毛が絡まっているからです。乾いた清潔なブラシで一定方向に表面のブラシがけをしましょう。こうすることで見た目も回復します。
    • 皮の表面が著しく絡み合ってしまって、ブラッシングを行っても効果があまり見られない場合は、ブーツをやかんの蒸気にあて、歯ブラシでこすってみましょう。蒸気によって絡まりが解消されて再びブラッシングできるようになり、けばが立ちます。
  4. 4
    お手入れ用品で仕上げる コンディショナーや保護スプレーなどを使って表面を汚れから守りましょう。製品に記載されている使用方法に従いましょう。一般的に、清潔な布に少量つけてブーツの表面をこするという用い方が多いでしょう。[7]
    • コンディショナーには乾燥を防ぎ、皮をわずかに伸ばす働きがあるため、ブーツを履きやすくなるでしょう。[8] 防水スプレーは表面から水が浸透することを防ぎます。どちらも効果的ですが、併用はしないようにしましょう。
    広告

必要なもの

  • ブラシ
  • タオル
  • 消しゴムや専用のイレーサー
  • 食器用洗剤
  • 歯ブラシ
  • ヌバックあるいはスエード用洗浄剤
  • 目の細かい紙やすり
  • ヌバックあるいはスエード用のコンディショナーや保護スプレー
  • ぬるま湯

関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

ドクターマーチンを履き慣らす

How to

スニーカーのサイズを広げる

How to

VANSスニーカーをきれいにする

How to

靴を滑りにくくする

How to

靴ひもを隠す

How to

靴に塗料を塗る

How to

革のブーツを伸ばす

How to

NIKEのニセモノを見抜く

How to

革靴を柔らかくする

How to

ナイキ(Nike)のスニーカーの型番を確認する

How to

偽物のVANSのスニーカーを見極める

How to

コンバースの偽物を見分ける

How to

靴紐の汚れを落とす
広告

出典

  1. http://www.ebay.com/gds/How-to-Clean-Your-Used-Timberland-Boots-/10000000178722068/g.html
  2. https://www.timberland.com/shop/footwear-dry-cleaning-kit-pc012#hero=1
  3. Marc Sigal. 靴手入れ専門家. 専門家インタビュー. 15 January 2020.
  4. https://www.naturalhandyman.com/iip/infworkclothes/infbootcare.html
  5. Marc Sigal. 靴手入れ専門家. 専門家インタビュー. 15 January 2020.
  6. http://hikingdude.com/hiking-boots.php
  7. https://www.naturalhandyman.com/iip/infworkclothes/infbootcare.html
  8. Marc Sigal. 靴手入れ専門家. 専門家インタビュー. 15 January 2020.

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は3,728回アクセスされました。
カテゴリ:
このページは 3,728 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告