女子は、デートに誘われるなら面と向かって直接誘われるのが理想だと言います。しかし、自分にはそこまでの勇気がなく、電話で誘ったほうが受け入れてもらえる確率が高いと思うのならば、女子に了承してもらえるように、テキストメッセージの礼儀作法を心得ておきましょう。デートや学校のダンスに誘うにせよ、彼女になってほしいと告白するにせよ、尊敬の心を持ち、要点を押さえることが大切です。

方法 1 の 3:
デートに誘う

  1. 1
    デートの計画を立てる 彼女のことをよく知っているのであれば、彼女の好きな事をデートに取り入れてみましょう。デートの内容が魅力的であればあるほど、彼女に誘いを受けてもらえる確率は高まるでしょう。「今度どこかへ出かけよう」、「僕は分からないけど、君は何をしたい?」などと言うのではなく、デートの時間や場所が具体的に決まっているほうが、決断力のある男子として見られるでしょう。以下で、デートのアイディアをいくつかご紹介します。
    • 同じ系統の音楽が好きならば、ショーやコンサートに誘ってみるとよいでしょう。
    • ランチに誘ったり、一緒にアイスクリームでも食べないかと誘ってみましょう。料理をするのが好きならば、手作りディナーに招待してみるとよいでしょう。食事に限らず、ハイキングやボーリングのデートなどもよいでしょう!
    • 会話することができて、お互いのことを知ることができるデート内容を考えてみましょう。静かな空間に座っているだけで、話をする機会がない映画などは避けましょう。しかし、映画を見に行くと決めているのなら、ディナーの前に映画に連れて行くか、映画の後にアイスクリームを食べに行くなどして、お互いを知る機会を設けましょう。
  2. 2
    自分からメッセージを送る 会話を始めるため、まずは挨拶をしてメッセージを始めましょう。まだ彼女に出会ったばかりで、彼女の電話にあなたの電話番号が登録されているか分からない場合は、自分が誰なのか知らせる必要があるでしょう。「やあ、この前会った〇〇だけど、覚えてる?」などと言ってみましょう。自分の番号を登録済みだろうと確信がある場合は、「やあ、元気?」や「今日はどんな一日だった?」などとテキストメッセージを送ってみるとよいでしょう。
    • 彼女に最近会ったばかりであれば、その事を利用して何か会話を始めるきっかけを作りましょう。例えば、最近、あるパーティーに一緒に参加していたのなら、「あの晩、その後どうだった?」などとテキストメッセージを送ってみましょう。同じクラスならば、「月曜日のテストの準備はできてる?」などと送ってみましょう。
    • デートに誘うのは、最初のメッセージへの返事が来るまで待ちましょう。忙しくて電話が彼女の手元にない場合も考えられるので、辛抱強く待ちましょう。
  3. 3
    デートに誘う 会話が進んできたら、デートに誘いましょう。まずは、週末の予定などを聞いてみるとよいでしょう。暇だと言ってきたら、デートに誘いましょう。「一緒に〇〇しない?」などとメッセージを送ってみましょう。
    • デートに誘うまでに時間をかけ過ぎるのはよくありません。会話が平行線になり、デートに誘うのがぎこちない空気になるのは避けたいものです。テキストメッセージでやり取りをしている時は、あまり細かい会話をする必要はありません。
    • 短くシンプルなメッセージを送りましょう。「映画は好き?」や「金曜の夜、ボーリングに行かない?」などと送るとよいでしょう。
    • どこで会うのか、具体的な場所と時間を決めておきましょう。「今度一緒に映画でも見に行かない?」などと聞くだけでは、決断力がない男子だと思われてしまうかもしれません。時間をしっかり決めて彼女に伝えることで、あなたは真剣に考えてくれたのだと思われるでしょう 。
    • 他の選択肢も与えてあげましょう。あなたと出掛けたいと思ってはいるものの、もしかしたらボーリングは得意でないかもしれません。夕飯を食べに行きたいけれど、あなたが提案した場所へはつい昨晩行ったばかりかもしれません。予定は立てているけれど、それ以外のことをするのも構わないということをはっきりと伝えておきましょう。
  4. 4
    返信をする 彼女が誘いを受けてくれたら、デートの詳細を伝えましょう。場所や日程を決めて、必要であれば、車を用意しましょう。デートの約束をしたら、「じゃあまた土曜日に!」などとさり気なく言って会話を終えましょう。しつこいと思われてしまうかもしれないので、その後はあまりメッセージを送らないほうがよいでしょう。しかし、彼女のほうからたくさんメッセージを送ってくるようであれば、返信するとよいでしょう。
    • もしも彼女がデートの誘いを受け入れてくれたら、デートを楽しみにしていることを伝えましょう。そうすることで、彼女は自分が特別な存在であると思われていることを知り、デートを心待ちにするでしょう。
    • デートの誘いを断られたとしても、「気にしないで」と伝え、会話を終えましょう。落ち込まずに、気まずくならない状態で会話を終えるとよいでしょう。
    広告

方法 2 の 3:
彼女になってほしいと伝える

  1. 1
    彼女が自分を恋愛対象として見てくれているのかを知る 一般的に、彼女と何度かデートを重ねた上で、自分と友達以上の関係になりたいと思っているだろうと感じることができた場合にのみ、彼女になってほしいと伝えるべきでしょう。あなたが若い年齢で、デートをするよりも前に彼女になってほしいと告白することに慣れている場合は、彼女が自分に好意を寄せていると感じられるサインを見つけましょう。話す時に顔を赤らめたり、放課後あなたのことを待ってくれていたりしたら、それは良いサインとして受け取ってよいでしょう。彼女も自分のことを好きでいてくれているかを知ることで、告白を受け入れてもらえる可能性が高くなるでしょう。
    • 彼女と一度も話したことがない、または、彼女のことをよく知らない、彼女はすでに他の人と恋愛関係にある、などという場合は、彼女に告白するのはやめましょう。女子は他にもたくさんいます!
    • 彼女が自分に気があるか、100%確かである必要はありませんが、次に彼女に会う機会があれば、その時に彼女のボディーランゲージや言葉を読み取ってみましょう。彼女はあなたの方に体を向けたり、あなたと一緒にいる時は少し緊張しているように見えたり、嬉しそうにしていますか?もしそうならば、彼女もあなたに興味を持っていると思ってよいでしょう。
  2. 2
    会話の口火を切るメッセージを送る 「やあ」や「元気?」、「どんな一日を過ごしてる?」などとメッセージを送って会話を始めると、会話を進めやすくなり、質問もしやすくなるでしょう。自然な流れで会話を進めましょう。初めから自分を賢く見せようとしたり、面白いコメントをしたりしようとする必要はありません。遠回しに表現するのではなく、率直でいるほうがよいでしょう。もたもた振舞うよりも自信ある振舞いをしたほうが、彼女に良い印象を与えることができるでしょう。
    • 彼女の一日の様子を全て把握していなくても、それほど忙しくはないであろうと思われる時間帯にメッセージを送るようにしましょう。例えば、彼女が放課後にサッカーの練習があると分かっているのであれば、その数時間後に送るようにしましょう。
  3. 3
    初めに彼女のことをどう思っているかを伝える 彼女と一緒に過ごす時間はとても楽しいと伝え、彼女にしかない個性を褒めて、だからこそこんなにも一緒にいたいのだと説明しましょう。「この数週間、君と一緒に過ごした時間はとても楽しかったよ」、「君は僕を特別な存在に感じさせてくれる」、「今までに誰かに対してこんな気持ちになったことはない」などと言ってみましょう。何を言うにしても、正直に、本当に思っていることだけを言いましょう。とはいえ、褒め過ぎる必要はありません。
    • あなたが送ったメッセージに対する返事を待ってから、彼女になってほしいと伝えましょう。これらのメッセージに彼女はどう反応するかで、はっきりと告白しなくても、彼女が自分に興味を持ってくれているのか、そうでないのかが分かるでしょう。
    • 彼女も同じ気持ちでいてくれているのか確認しましょう。もし彼女も同じ気持ちだと伝えてくれたら、告白するとよいでしょう。メッセージに対して何も反応してくれなかったり、ただ「ありがとう」などと言われるだけで、自分の気持ちを表現してくれない場合は、あなたには興味がないということかもしれません。
    • 褒め言葉ばかり言って彼女を困らせないようにしましょう。不誠実であると思われてしまうかもしれません。
  4. 4
    彼女になってほしいと告白する この質問には何通りかの言い方があります。「僕の彼女になってくれる?」や「君のことを僕の彼女にしてもいい?」、「正式に付き合わない?」などとストレートに聞くのもよいでしょう。この質問をするのに時間をかけすぎないほうがよいでしょう。告白するのが早ければ早いほど、先に進むことができます。
    • もしくは、「僕たち、この先どうなると思う?」や「彼氏を作る気はある?」などの質問形式のメッセージを送ってみてもよいでしょう。このようなメッセージを送ることで、彼女を幸せにするために彼女の要望を聞こうというあなたの意志が伝わるでしょう。自分が望む答えは得られないかもしれませんが、気持ち的には軽くなるでしょう。
  5. 5
    適切な反応をする あなたの彼女になりたいと言ってもらえたのなら、それは素晴らしいことです!まず初めにするのは、ショーやボーリングなど、二人で楽しめることを提案して、時間と会う場所も決めておきましょう。そうすることで、今後のことも含め、彼女との付き合いを真剣に考えていることが伝わるでしょう。
    • もし彼女にあなたと付き合う気がなければ、その時は「話してくれてありがとう」と優しく言いましょう。大人らしく振舞ったほうが、気まずくならずに事を終えることができるでしょう。
    広告

方法 3 の 3:
学校のダンスに誘う

  1. 1
    すでに相手がいるのかを知る 彼女に彼氏がいるのであれば、その彼氏とダンスに行くと思ってよいでしょう。相手がいるのか分からなくても、心配はいりません。とりあえず誘ってみましょう!自分の友達に聞いてみるか、彼女の友達に聞いてみてもよいでしょう。しかし、どのみち彼女に伝わる可能性が高いので、あなたから直接彼女に聞くほうがよいかもしれません。
    • 彼女にすでに相手がいるのなら、その相手を断ってまであなたの誘いを受け入れるよう頼むのはやめましょう。相手の男子にとって不公平であり、あなたの印象も悪くなるでしょう。
    • 誘いを受けてもらえるよう、前もって早めに聞いておきましょう。少なくとも、ダンスパーティーの1~2ヶ月前には誘いましょう。気軽なダンスパーティーであれば、数週間前に誘うとよいでしょう。
  2. 2
    初めに気さくなメッセージを送る 「やあ、元気?」、「今何してる?」などと気さくな会話で始めましょう。彼女の返事が来るまで誘うのは待ち、自然に会話を続けましょう。彼女があなたの電話番号を知らなければ、あなたが誰であるのか、なぜ彼女の電話番号を知っているのかを伝えましょう。誰からのメッセージか分からず、不快な思いをさせたり、無視されてしまうのは避けたいですから 。
  3. 3
    ダンスパーティーに誘う 「一緒にダンスに行かない?」などとメッセージを送って誘うか、初めに、ダンスパーティーに行く予定はあるかどうか聞いてみましょう。もしまだ予定はないと言われたら、「一緒に来てくれたらすごく嬉しい」、「一緒に行けたらすごく楽しいと思う」などとメッセージを送ってみましょう。
    • 自分のダンスの上手さに関して冗談を言ったり、「君の上手いダンスでダンスフロアをあっと言わせてみて」などと冗談を言ってみるのもよいでしょう。ここではそれほどかしこまる必要はありません!
  4. 4
    計画を立てる もし彼女が誘いを受け入れてくれたのなら、おめでとうございます!時間や待ち合わせ場所、着ていく洋服、交通手段など、決めることはたくさんあります。緊張する必要はありません。一番緊張する部分は乗り越えたので、あとはリラックスして楽しむだけです。
    • 彼女と一緒に行くことができて嬉しい、楽しい時間を過ごせるに違いないということを伝えましょう。それを聞けば、彼女はあなたにとって自分が特別な存在であると分かり、彼女もあなたと一緒に行くのが楽しみになるでしょう。
    • もし、彼女にはすでに予定があり、誘いを受け入れてくれなかった場合は、「気にする必要はないよ」と言って会話を終わらせましょう。冷静に振舞い、「大丈夫、楽しんでね!」などと言いましょう。
    広告

関連記事

How to

ずる休みをする

How to

夢精を止める

How to

勃起を隠す

How to

女の子らしい女の子になる

How to

背を高くする

How to

生理中に水泳をする

How to

彼があなたのことを好きかどうか知る

How to

こっそりとコンドームを買う

How to

未来の自分に手紙を書く

How to

彼女を自分とセックスさせたくする

How to

学校を楽しむ

How to

見つからないようにこっそり家を抜け出す

How to

宿題がしたくなる

How to

アロエベラジェルでニキビを消す
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む18人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 人間関係 | ティーン
このページは 786 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告