テキストメッセージを介した会話は、手軽に相手について知ったり近況を報告し合うことができ便利です。こうしたテキストメッセージの会話が続かず苦労しているという人は、自由回答方式の質問を投げかけたり自分が関心を持っている話題について話すといった工夫をしてみましょう。さらに、中身のあるテキストを送り、「聞き上手」になることで、テキストメッセージを使った会話も楽しめるようになるでしょう。

方法 1 の 3:
質問をする

  1. 1
    自由回答方式の質問を投げかける 自由回答方式とは、「はい」「いいえ」以上の回答を要する質問形式を指します。こうした質問を相手にテキストで送り、その答えをもとに会話を構築していきましょう。
    • 例:「理想のバケーションについて教えて?」「趣味は何?」といった要領で質問してみましょう。[1]
  2. 2
    相手について色々質問する お気に入りの映画やレストラン、現在の仕事、ペットなど、何でも聞いてみましょう。答えを得たらそこで会話を止めるのではなく、さらに会話を続けるきっかけにしましょう。[2]
    • 例:「今の仕事について、ぜひ聞かせて。楽しんでる?」あるいは「この前のハワイ旅行はどうだった?きっと最高だったんだろうな」といった尋ね方を試しましょう。
  3. 3
    相手が自身に関することを話題にした場合、さらに掘り下げる こういった場面では次の話題に移るのではなく、より詳しく聞かせてほしいと伝え、なぜそのような気持ちになっているのかを尋ねましょう。質問をすることで、あなたがメッセージの内容に関心を持って積極的に関わろうとしている姿勢が相手に伝わります。[3]
    • 例:相手から「明日仕事に行くのが憂鬱」というメッセージが届いた場合は「どうしたの?仕事が嫌になったの?」といった要領で尋ねてみましょう。
  4. 4
    助けを必要としているか確認する 相手が身の周りで起きていることについて不平を述べていたり、いかにストレスがたまっているかという話をしている場合は手を差し伸べましょう。あなたが本当に気にかけているということが分かると、相手も会話を続けてくれるでしょう。[4]
    • 例:家族とのもめ事についてメッセージが送られてきた場合は「それは大変だね、辛いよね。私に何かできることはない?」と聞いてみましょう。
    広告

方法 2 の 3:
面白いメッセージを送る

  1. 1
    自分のお気に入りの話題についてメッセージを送る あなた自身のお気に入りの話題に関するメッセージを送れば、言いたいことが沢山あるのでテキストメッセージの会話も途切れてしまうことなく続けられるでしょう。いざという時のために頭の中に話題の一覧表を用意しておいてもよいでしょう。[5]
    • 例:「今ヒッチコックの映画を見ているんだけれど、こういうクラシックなホラー映画って最高だね」といったメッセージや「来週のスーパーボールが楽しみすぎる!アメフトはやっぱりいいよね」といったメッセージを送ってみましょう。
  2. 2
    面白い冗談を送る 冗談を使ってテキストメッセージの会話の雰囲気を軽くし、相手も心地よく楽しめるようにしましょう。ただし、送る相手と冗談の内容をよく考えましょう。例えば、知り合ってから日の浅い人に下品な冗談を送らないようにしましょう(相手がこういったジョークが好きだと話していた場合を除く)。軽いノリで楽しめる冗談を送りましょう。[6]
    • 何も冗談が思い浮かばない場合は、笑えるミーム(meme)やGIFを送ってみましょう。
  3. 3
    ソーシャルメディアで投稿されている内容について会話をする 相手が面白い記事をFacebookに投稿している場合は、それについて会話をしてみましょう。レストランでの食事の写真が投稿されていれば、そのレストランがどこにあるのか聞いてみましょう。ただし、このような話題を振る前に、あなたがソーシャルメディア上の友達になっているということを相手が知っている必要があります。この順番を誤ってしまうと、押しつけがましい、あるいは気持ち悪いと思われてしまうかもしれません。[7]
  4. 4
    写真や動画を送る 最近撮影された面白いものを送りましょう。ハイキングに行き、頂上で美しい景色を写真に収めたのであれば、2~3枚送ってみましょう。飼い犬の笑える行動を動画撮影していれば、共有してみましょう。こうした写真や動画を用いて話題を上手にそらしてみましょう。ただし、相手が文脈を理解している状況で送るようにしましょう。
    • 例:描き終えたばかりの絵画を写真に撮って送る場合は写真と一緒に説明を添えましょう。「今さっき、この水彩画を完成させたんだ!3週間もかかったよ。どう思う?」といった文言があるとよいでしょう。
    広告

方法 3 の 3:
「聞き上手」になる

  1. 1
    会話を支配しない 相手にも話す機会を与えましょう。誰もが自分について話したいと思うものなのです。あなたが自分のことばかり話そうとすると、相手は興味を失ってしまうかもしれません。[8]
    • 相手から「今日は最悪だった」といったメッセージが届いたら、「こっちも最悪!バスに乗り損ねて仕事に遅れちゃった」というような返答は控えましょう。「その気持ち分かる!何があったの?慰めにならないかもしれないけど、私も今日はついてない」といった返し方を心がけましょう。
  2. 2
    興味のない話題を強要しない 何らかの話題についてメッセージを送っても相手に関心がないようであれば次の話題に移りましょう。会話を強引に進めようとすると、相手からの返信が途絶えることもあります。
  3. 3
    適度なタイミングで返信する 返信まで時間が空いてしまうと会話が立ち消えになってしまうかもしれません。即座に返信する必要はないものの、15分以内にメッセージを返せるようにしましょう。手が離せず時間がかかりそうな場合は、その旨を伝えて謝り、無視をしているわけではないということを知らせましょう。
    広告

関連記事

How to

女の子と両想いかどうかを確かめる

How to

自尊心の低い人を助ける

How to

親友を失ったことを乗り越える

How to

本当の友達と見せかけの友達を見分ける

How to

最高の親友になる

How to

人の信頼を取り戻すために説得する

How to

人から好かれる

How to

女の人を励ます

How to

友達と話す

How to

真の友人かどうかを見極める

How to

フレンドリーになる

How to

親切にする

How to

友情を終わらせる

How to

友人に嫉妬されているかを知る
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 友情
このページは 160 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告