テキストメッセージを使って誰かをデートに誘うのは、かつてはタブーとされていましたが、今では誰しもがその方法を利用するようになりました。好きな人にアプローチするのは緊張するでしょう。しかし、テキストメッセージを利用すれば、自分の言いたいことを考えて整理しながら相手に質問できます。この記事で紹介する簡単なアドバイスを参考にして、スムーズに会話を進めましょう。うまくいけば、良い返事をもらえるかもしれません。

方法 1 の 4:
好きな人をデートに誘う

  1. 1
    目標達成のため努力する 相手の一日や関心事についてテキストメッセージ上で会話をすると、あなたが相手についてもっと知りたいと思っていることが伝わります。ただし、つまらない日常会話にならないように気を付けましょう。また、デートに誘うまでに時間をかけ過ぎてはいけません。早い段階で誘ったほうが、相手の興味を引き付けることができ、良い返事をもらえる可能性が高まるでしょう。[1]
    • 理想のデートプランがあるならば、その内容に会話を集中させましょう。例えば、映画に誘いたいのであれば、新しく公開される映画について話しましょう。
  2. 2
    褒め言葉を添えてデートに誘う 好きな人をデートに誘う際には、その人とデートがしたい理由を伝え、さらに気の利いた褒め言葉を添えて誘うとよいでしょう。そうすると相手は気分が良くなり、あなたとデートしてみたいという気持ちになるはずです。以下のようなテキストメッセージを参考にしてみましょう。
    • 「君と話すのがすごく好きだよ。今度コーヒーでも飲みに行かない?」
    • 「最近ずっと考えてたんだけどさ、一緒に映画でも見に行かない?」
    • 「君って本当に素敵だと思う。僕と今度ディナーでもどうかな?」
  3. 3
    具体的に話して誘う 友人たちとの集まりに誘っているのではなく、デートに誘っていることが相手にしっかりと伝わるように話しましょう。「一緒に出かけない?」のように曖昧な誘い方ではなく、「デートしない?」といったフレーズを用いましょう。[2]
  4. 4
    デートプランを考える 相手が誘いを受けてくれたら、すぐにデートプランを立てましょう。お互いに都合の良い日時を選び、会う場所を決めます。テキストメッセージでの会話を終える前に具体的なプランを立てておくと、相手にあなたの意欲が伝わり、後の混乱を避けることができるでしょう。[3]
  5. 5
    断られても気にしない 相手とは少し距離を置き、数週間経ったら再び友達として話しかけてみましょう。上手いこと会話が進めば、またデートに誘えるかもしれません。その一方で、友達との時間を過ごしたり、家から出て活動的に過ごすなどして自分の時間を楽しむことを忘れてはいけません。[4]
    広告

方法 2 の 4:
好きな人とテキストメッセージで会話する

  1. 1
    個性的な会話にする 「やあ」「元気?」「何してる?」といったメッセージは一般的で個性がなく、会話を始めるのに理想的なメッセージとは言えません。メッセージの内容を個性的なものにすることで、あなたの存在を印象付けると同時に、相手に個人的に興味を抱いていることが伝わります。[5]
    • 前回の会話について言及してみましょう。例えば、試験や仕事のプロジェクトについて相手が話していたなら、そのことについて聞いてみるとよいでしょう。
    • 相手の関心事について話しましょう。相手に好きなバンドがいることを知っているのであれば、そのバンドの最新アルバムについて聞きましょう。または、相手の好きなスポーツチームの最近の試合について聞いてみましょう。
  2. 2
    明るい話題について話す テキストメッセージを利用して、あなたは一緒にいると楽しい人だということを伝えましょう。明るい話題について話すよう心がけ、いくつか冗談を言ってみるのもよいでしょう。冗談や皮肉はテキストメッセージでは伝わりにくい場合があるので、絵文字や(笑)などを使用して冗談であるのを明確にすることが大切です。[6]
    • 相手が楽しんでいると分かっている場合を除き、下品なジョークは避けた方がよいでしょう。あなたにそのつもりがなくても、下品な冗談や発言は相手に不快感を与える可能性があります。
  3. 3
    誤字脱字に注意する テキストメッセージを送るのに手の込んだ文章を書く必要はありませんが、誤字脱字が無いメッセージを送るほうが、デートの誘いを受け入れてくれる可能性が高まります。メッセージを送信する前に明らかな間違いがないことを確認しましょう。[7]
  4. 4
    返信する時間を与える 相手からの返信がないからといって、メッセージを送り続けてはいけません。相手は忙しいのかもしれませんし、何と返信しようか考えているのかもしれません。そんな時に何度もメッセージを送られては、相手は困ってしまうでしょう。1、2日経っても返事がない場合は、もう一度メッセージを送り、返事が来るか様子を見ましょう。それでも返事が来ないのであれば、相手はあなたに興味がないということかもしれません。
  5. 5
    相手と同量のメッセージを送る メッセージを送り過ぎて相手を困らせたくはないでしょう。自分だけが熱心にならないよう注意が必要です。相手からの短いメッセージに対して3通も長いメッセージを送り返すようなことをしては、熱心過ぎると思われるだけです。相手から送られてくるメッセージと同じくらいの長さのメッセージを送るようにしましょう。[8]
    広告

方法 3 の 4:
メッセージを送るタイミングを見計らう

  1. 1
    好きな相手にテキストメッセージを送るのに長い時間を空けない 気が合う人と出会ったのなら、待たずにすぐテキストメッセージを送って構いません。相手に連絡するまで3日間は時間を空けるべきだという古びたルールは単なる迷信にすぎません。一緒に過ごした楽しい時間を鮮明に覚えているであろう1日以内にテキストメッセージを送るとよいでしょう。[9]
    • 好きな相手と知り合ってからしばらく時間が経過していたとしても、楽しい会話をしたり、素敵な時間を一緒に過ごした後は、すぐにメッセージを送り、楽しんだことを伝えましょう。
    • 初めに送るメッセージは「今日、あなたと話せて楽しかった」のようなシンプルなもので構いません。
  2. 2
    メッセージを送る時間を考慮する 相手を起こしてしまう可能性があるので、早朝や深夜にメッセージを送るのは避けましょう。仕事や学校が終わっていて、相手が起きていると思われる午後や夕方の時間帯が最適なタイミングだと言えるでしょう。[10]
  3. 3
    返事が来たら1、2時間空けてから返信する 過度に熱心だと思われるのを避けるため、好きな相手から返事が来てもすぐに返信してはいけません。かと言って長い時間を空けすぎるのもよくないでしょう。失礼だと思われたり、関心が無いのだろうと思われてしまうかもしれません。[11]
    • 一般的には、最初のテキストメッセージに返信する時のみ、時間を空けるとよいでしょう。常に間を空けて相手を待たせてしまうと、相手はイライラしたり、あなたは本当に興味があるのかと疑うかもしれません。
    広告

方法 4 の 4:
デートに関するメッセージも忘れない

  1. 1
    デートの日を待ちわびていることを伝える テキストメッセージを送り過ぎて困らせるのはよくありませんが、デートの1、2日前にメッセージを送って「楽しみにしている」と伝えてみましょう。相手と同様に(そうであることを願いましょう)デートを楽しみにしていることが伝わるでしょう。[12]
  2. 2
    素敵かつ適切な服装をする デートの際には、デートに適した洋服を選びましょう。高級レストランや特別なイベントに行く予定がない限り、華やかなドレスやスーツを着る必要はありません。着心地も見た目も良く、相手に対する誠意が伝わるような格好をするとよいでしょう。[13]
  3. 3
    デートに集中する デートの最中は、携帯電話の電源を切り、相手に注意を払いましょう。学校や仕事の愚痴、過去の恋愛、その他の不適切な話題は避け、二人きりの時間に集中することが大切です。相手の話に耳を傾け、心のこもった返事をして相手に関心を抱いていることを伝えましょう。[14]
  4. 4
    デートを楽しんだのならそう伝える 相手とのデートを楽しみ、もう一度デートしたいと思うのであれば、そう伝えます。デートをした日の夜または翌日にテキストメッセージを送り、デートを楽しんだことを伝えましょう。相手も楽しんだことが伺える返事が来たら、またいつかデートしたいか聞いてみるとよいでしょう。
    広告

ポイント

  • 可能であれば、相手はあなたに気があるか、または付き合っている人がいるのか、前もって情報を仕入れておくとよいでしょう。
  • 相手と友達になったら、デートに誘ってみましょう。断られたら、「わかった。ちょっと思っただけ」と言えばよいのです。

広告

関連記事

How to

ずる休みをする

How to

夢精を止める

How to

勃起を隠す

How to

女の子らしい女の子になる

How to

背を高くする

How to

彼があなたのことを好きかどうか知る

How to

生理中に水泳をする

How to

こっそりとコンドームを買う

How to

未来の自分に手紙を書く

How to

彼女を自分とセックスさせたくする

How to

見つからないようにこっそり家を抜け出す

How to

学校を楽しむ

How to

アロエベラジェルでニキビを消す

How to

宿題がしたくなる
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 by
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: ティーン
このページは 207 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告