テストステロンは、男性の場合は睾丸で、女性の場合は卵巣で生成されるホルモンです。一般的に男性の血中テストステロン濃度は女性の約7〜8倍と言われています。体内で自然生成されるホルモンですが、病気の治療を目的に様々な方法で投与することもできます。しかし、他の皮下注射と同様、テストステロン投与も感染リスクを最小限に抑え安全に行う必要があります。

パート 1 の 2:
テストステロン補充療法が適切かどうかを判断する

  1. 1
    どんな症状にまたどんな理由でテストステロン補充療法が行われるかを理解する テストステロン補充療法は様々な病気の治療に使われますが、一般的には、男性の精巣が正しく機能しない状態「性腺機能低下症」の治療を目的に投与されます。[1] しかし、この目的でテストステロン投与を求める人は非常に稀です。テストステロン投与を求める理由の多くは次の通りです。
    • トランスジェンダーの人々が性別移行の一環として求める場合があります。
    • 閉経後に発生の可能性があるアンドロゲン(男性ホルモン)欠乏症の治療として、女性が求める場合もあります。女性のアンドロゲン欠乏症の最も一般的な症状は性欲減退です。[2]
    • 加齢に伴うテストステロン分泌の低下による影響を改善する目的で、テストステロン投与を求める男性もいます。ただし、効果が十分に確認されていないため、反対する医師がたくさんいます。これまでの研究結果に一貫性が見られていないのが現状です。[3]
  2. 2
    投与方法を理解する 注射による投与が最も一般的ですが、それ以外の方法でもテストステロン投与が可能です。どんな方法が最適かは患者によって異なり、保険が適用されるものとそうでないものがあるため、必ず医師に相談しましょう。次に投与方法を紹介します。[4]
  3. 3
    投与してはいけない場合を理解する テストステロン投与は体の機能に大きな変化を起こす可能性があるため、持病がある場合その深刻化または悪化が知られています。前立腺癌または乳癌の患者への投与は避けるべきです。テストステロン投与を求める患者は、治療の前後に前立腺検査と前立腺特異抗原の検査を受け、前立腺癌でないことを確認する必要があります。[5]
  4. 4
    テストステロン補充療法の副作用を理解する テストステロンはかなり強力なホルモンです。 医師の監視下で安全に投与を行っても、強い副作用が生じる場合があります。最も一般的な副作用は次の通りです。[6]
  5. 5
    医師に相談する 他の治療と同様に、テストステロン治療の決断も軽々しく行ってはいけません。まずは医師に相談しアドバイスを求めましょう。医師は目的を尋ね症状を診断した上で、テストステロン治療が適切かどうかを判断します。
    広告

パート 2 の 2:
テストステロンを注射する

  1. 1
    自身の血中テストステロン濃度を知る テストステロン注射剤には、シピオネート酸テストステロンと、エナント酸テストステロンがありますが、これらの溶液は濃度が一定ではないため、自身の血中テストステロン濃度を把握した上で投与量を決めなければなりません。通常、テストステロン注射剤には100 mg/mL の溶液と 200 mg/mL の溶液があります。両者の間には濃度に「2倍」の差があります。注射を打つ前にテストステロンの濃度を確認し、適切な投与量を注入しましょう。
  2. 2
    滅菌針と注射器を使う まずは、医師に自己注射が可能かどうかの診断を受け、その後自己注射手技の指導を受けます。テストステロン注射もすべての注射と同様に、未使用の滅菌針を使うことが「非常に」重要です。針が汚れていると、肝炎やHIVなどの致命的な血液感染症が広がる可能性があります。テストステロンを注射するたびに、密封されたキャップ付きの清潔な針を使いましょう。
    • 注射する際にもう1つ考慮すべきことは、注射可能な他の薬と比べ、テストステロンはかなり粘着性があり、油分を多く含むということです。このため、まずは18〜20G (ゲージ)の太い針を使って溶液を薬瓶から吸い取り、細い注射針に替えて注射しましょう。
    • ほとんどの場合、テストステロン投与に使う注射器は、3 mL(cc)の大きさで十分です。
    • 注射針を床に落としたら、滅菌が無効になるため再使用してはいけません。適切に処分しましょう。注射針は医療廃棄物にあたるため、地方自治体にゴミとして捨てることができません。薬局や医療機関で回収してもらいましょう。
  3. 3
    手を洗い清潔な医療用手袋を着用する 感染リスク軽減のために、注射する際は清潔な手で行うことが重要です。抗菌せっけんと水で手をよく洗い、清潔な手袋を着用しましょう。注射する前に、消毒されていない物に誤って触れたら、安全対策として手袋を交換しましょう。
  4. 4
    投与量を計る 医者は患者の血中テストステロン濃度に基づいて推奨用量を決めます。医師が投与量100 mg を推奨する場合は、100 mg/mL(1ミリリットル中テストステロンが100 mg 入った溶液)か、200 mg/mL(1ミリリットル中200mg入った溶液)の半分の量を投与します。投与量を計るには、まず、投与量と同量の空気を注射器に吸い上げます。次に、薬瓶の上部をアルコール消毒し、注射針を薬瓶に挿し、注射器に吸い上げた空気を薬瓶に押し出します。その後、薬瓶を上下逆さにし、正確な投与量を吸い上げます。
    • 薬瓶に空気を注入すると内部の空気圧が上昇し、薬剤を吸い込みやすくなります。テストステロン溶液は濃厚なため、この方法を使うことで、注射器に容易に吸い上げられます。
  5. 5
    細い針に替える 太い針は注射の際かなりの痛みを伴うため、頻繁に注射を打たなければならない場合は、余分な痛みを軽減するのが理想的です。薬瓶から正確な投与量が吸い上げられたら、針を注射器から取り外し上向きにしたまま保持します。次に注射器に少量の空気を吸い込ませ、注射器の上部に空間を作ります。そうすることで、薬剤がこぼれにくくなります。注射器を持っていない方の手(清潔な手袋をつけている)で慎重に針に再びキャップをし、ネジを緩めて針を取り外し、細い針(大きさ23ゲージ程度)と交換しましょう。
    • 2本目の細い針も滅菌済みの新品を使いましょう。
  6. 6
    注射器から気泡を抜く 人体に気泡が注入されると「空気塞栓症」と呼ばれる深刻な病状を引き起こすおそれがあります。このため、テストステロンを注入する前に注射器内に気泡がないことを確認しなければなりません。「アスピレーション」と呼ばれる手段で気泡を取り除きましょう。手順は以下の通りです。
    • 注射器の針のキャップを外し上に向けて持ちます。
    • 注射器内の気泡を確認します。注射器の側面を軽く叩いて気泡を上層に移動させて溶液と分離させます。
    • 完全に分離したら、吸引具をゆっくりと押し上げ注射器上部に移動した空気を外に出します。注射前には必ず空打ちしましょう。空打ちは注射器から溶液を1〜2滴出すことです。大量に床に吹き付けたりスプレーしてはいけません。
  7. 7
    注射部位を確認する テストステロン注射は筋肉注射です。つまり、筋肉に直接注射を打ちます。筋肉注射に最適な部位は2箇所あり、1箇所は外側広筋(太腿の外側)、もう1箇所は大臀筋(大腿上部の裏側、すなわち尻の山)です。他にも注射できる部位はありますが、この2箇所が最も一般的です。どちらの箇所に注射するにせよ、注射前にアルコールで滅菌消毒し、皮膚のバクテリアを殺し、感染を防ぎましょう。
    • 臀部に注射する場合は大臀筋の上部外側に焦点を当てます。つまり、尻の左の山か右の山かのどちらかです。この部位からは筋肉組織へのアクセスが最も良く、神経や血管を避けて注射できます。
  8. 8
    注射する 薬剤が入った注射器をダーツを持つように持ち、消毒した部位に対して直角に注射器を当て、筋肉内に一定の速度で速やかに注入しますが、即注入せずに吸引部を少しだけ引き上げ、血液が引き込まれるかどうかを確認します。血液が吸い上がったら、静脈に当たったということです。別の部位に移動させて打ちましょう。注入する際は、一定のスピードでコントロールしながら行います。
    • 多少の不快感、圧迫感、痛み、小さな火傷の感覚を覚えるかもしれませんが、すべて正常な感覚です。ただし、酷い痛み、刺すような痛みを覚えたらすぐに中止し、医師に相談しましょう。
  9. 9
    注射部位をケアする 吸引部を完全に押し下げ薬が体内に挿入されたら、針をゆっくりと抜きます。注射部位が出血していないことを確かめ、滅菌されたバンドエイドや清潔なコットンなどを当てましょう。使用済みの注射針と注射器は薬局か医療機関に回収してもらいましょう。
    • 注射器は剥き出しのままにせず、頑丈な箱などに入れて薬局や医療機関に持って行きましょう。また、しっかりと蓋がされていることも確認しましょう。[7]
    • 注射部位に痛や赤み、腫れが出たり、不快感を覚えたら、すぐに医師に診てもらいましょう。
    広告

ポイント

  • テストステロンの推奨投与量を注射器に挿入する際は太い針を使い、注射する際は小さめの針に替えましょう。
  • 針のゲージ数が小さい程、太い針を意味します。例えば、18ゲージは25ゲージのものよりも太い針です。
  • 注射後は、患部を円を描くようにマッサージし、薬をより効率的に分散させ、腫れや痛みを防ぎましょう。
  • 針の長さも様々です。 最も一般的なのは2.5cmと3.8 cmの長さのものです。体格がある場合は3.8cmを使用し、痩せ型の場合は2.5cmを使いましょう。
  • 実際にインスリン投与用の注射器を使用して注射することができます。針のサイズは関係ありません。濃度が高くなければ、スムーズに溶液を吸い上げることができます。小さな針を使うと吸い上げるのが難しく時間がかかります。

広告

注意事項

  • 薬は常に推奨温度で保管し、使用有効期限を常に確認しましょう。有効期限が切れている場合は、服用してはいけません。
  • 薬は全て幼児の手の届かない場所に保管しましょう。
  • 医師の許可なく投与量を変更してはいけません。
広告

関連記事

How to

爪が割れたときの対処

How to

2週間でお腹周りの脂肪を落とす

How to

吐き気を止める

How to

自分で身長を測定する

How to

お酒の酔いを早く覚ます

How to

勃起を抑える

How to

生理をはやく終わらせる

How to

割れた足の爪を処置する

How to

声を低くする

How to

キスマークを偽造する

How to

胸骨をポキッと鳴らす

How to

嘔吐を誘発する

How to

マスターベーション依存症の克服

How to

早く酔う
広告

このwikiHow記事について

Sarah Gehrke, RN, MS
共著者 ::
正看護師
この記事の共著者 : Sarah Gehrke, RN, MS. セーラ・ゲールケはテキサス州在住の正看護師、および認定マッサージ療法士です。患者の身体、精神、気持ちのサポートを重視した静脈切開術と点滴療法の指導・実践を10年以上行っています。2008年にアマリロマッサージセラピー協会にてマッサージ療法士の資格を取得後、2013年にフェニックス大学にて看護学の修士号を取得しています。
カテゴリ: 健康
このページは 94 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告