この記事では、没入感をもっと高めるためにYouTube動画をテレビ画面で見る方法を紹介します。最も簡単なのは、スマートテレビやストリーミングデバイス、ゲーム機に入っているYouTubeアプリを使い、通常のリモコンを使って動画を閲覧する方法です。テレビやストリーミングデバイスにYouTubeアプリが入っておらず、キャスト機能やAirPlayに対応している場合は、 コンピューターやスマートフォン、タブレットから直接YouTubeを映すことができます。

方法 1 の 3:
スマートテレビやストリーミングデバイスのアプリを使う

  1. 1
    テレビでYouTubeアプリを選択する YouTubeアプリが入っているApple TVやその他のスマートテレビ、Amazon Fire StickやRokuなどほとんどのストリーミングテレビデバイス、ゲーム機であればこの方法を使います。テレビのアプリ画面で、白い三角がついた赤と白のYouTubeのアイコンを探しましょう。アプリを開くとサインインページになります。
    • アプリがまだ入っていない場合、テレビのアプリストアからダウンロードする必要があります。例えば、Apple TVを持っている場合、テレビのApp Store(ホーム画面の青い「A」アイコン)からYouTubeをダウンロードします。
    • クローズドキャプション(聴覚障害者用の字幕)が必要な場合、テレビやストリーミングデバイスの設定で有効にします。例えば、Apple TVの場合、設定 > 一般 > アクセシビリティ > 標準字幕とバリアフリー字幕と選択し、設定します。[1]
  2. 2
    コンピューターやスマートフォン、タブレットで https://www.youtube.com/activate にアクセスする テレビに表示されたコードを入力する「デバイスの接続」というページが開きます。
  3. 3
    テレビでGoogleアカウントにサインインする サインインしたら、YouTubeのプロフィールリストが表示されます。
  4. 4
    YouTubeのプロフィールを選択する 選択すると、テレビ画面に承認コードが表示されます。
  5. 5
    テレビのコードを「デバイスの接続」の画面に入力し、次へをクリックする YouTubeがGoogleアカウントへのアクセス許可を求める画面が表示されます。
  6. 6
    確認画面の許可をクリックする 数秒後、テレビ上でYouTubeのアカウントにサインインされます。通常のリモコンを使って動画を検索、視聴、管理しましょう。[2]
    広告

方法 2 の 3:
スマートフォンやタブレットからキャストする

  1. 1
    テレビと同じWi-Fiネットワークに接続する 同じ無線ネットワークを共有している場合のみ、YouTubeをテレビに映すことができます。
    • キャスト機能やAirPlayに対応しているスマートテレビを持っている場合、この方法を使います。最近のテレビのほとんどは両方に、また、全てのApple TVはAirPlayに対応しています。
    • テレビがキャスト機能やAirPlayに対応していなくても、Chromecastや Rokuなど対応しているストリーミングデバイスを持っている場合、ストリーミングデバイスの電源が入っていて接続されているか確認しましょう。
  2. 2
    スマートフォンやタブレットのYouTubeアプリを開く 白い三角が中央にある赤と白のアイコンで、通常ホーム画面やアプリ画面にあります。YouTubeアプリはiPhoneやiPad、ほとんどのAndroidにあらかじめインストールされています。削除した場合は、App StoreやPlayストアから再度ダウンロードできます。[3]
    • モバイルウェブブラウザではこの方法を使えません。YouTubeアプリが必要です。
  3. 3
    キャストアイコン
    Android7cast.pngというタイトルの画像
    をタップする 
    YouTube上部にある、Wi-Fiの線がついた長方形のアイコンです。対応デバイスのリストが表示されます。
  4. 4
    テレビかストリーミングデバイスをタップする これでYouTubeがテレビ画面に映ります。スマートフォンやタブレットのYouTubeを使って、普段と同じように動画を選んで再生しましょう。
    • iPhoneやiPadでAirPlayではなくキャスト機能を使う場合は、AirPlay & Bluetooth devicesをタップして利用可能なデバイスを表示します。
    • クローズドキャプション(聴覚障害者用の字幕)を有効もしくは無効にするには、動画再生中にスマートフォンやタブレットの画面をタップし、右上のメニューをタップし、字幕のトグルボタンで切り替えます。
    広告

方法 3 の 3:
Google Chromeを使ってコンピューターからキャストする

  1. 1
    コンピューターをテレビと同じWi-Fiネットワークに接続する 同じ無線ネットワークを共有している場合のみ、YouTubeをテレビに映すことができます。[4]
    • キャスト機能に対応しているスマートテレビやストリーミングデバイス(例:Chromecast)を持っていてコンピューターからYouTubeをキャストしたい場合、この方法を使います。最近のテレビのほとんどはキャスト機能に、また、Apple TVはAirPlayに対応しています。
    • テレビがキャスト機能に対応しておらず、Chromecast(もしくはRokuなどのキャスト機能に対応しているストリーミングデバイス)を持っている場合、セットアップを完了しすぐに使える状態にしておきましょう。
    • MacとAirPlay対応のスマートテレビ(例えばApple TVやその他の最近のスマートテレビ)を持っている場合、代わりにSafariとAirPlayを使うこともできます。[5] SafariでYouTubeを開いて動画を再生し、動画コントロールバーのAirPlayアイコン(モニターのようなアイコン)をクリックし、テレビを選択します。
  2. 2
    Google Chromeを開く 赤・緑・黄・青の丸いアイコンで、通常スタートメニューやアプリケーションフォルダにあります。
  3. 3
    Chromeで https://www.youtube.com を開く 
  4. 4
    Chromeのメニューをクリックする Chromeの右上にある三点マークです。
  5. 5
    メニューのキャストをクリックする Chromeがストリームに利用可能なデバイスを検索します。
  6. 6
    デバイスを選択し、再生をクリックする これでテレビ画面にChrome画面が表示されます。
  7. 7
    動画を見る コンピューター上のYouTubeで動画を再生、一時停止、停止できます。
    広告

ポイント

  • YouTubeアプリを作動したくない場合は、スマートテレビ上のウェブブラウザを起動してYouTubeの公式サイトにアクセスします。これはGoogleアカウントにスマートテレビをリンクさせたくない人向けの最良の回避策です。
  • テレビゲーム機やスマートテレビを持っておらずテレビでYouTubeが見たい場合、HDMIケーブルアダプタを使ってコンピューターに高画質テレビを接続します。これで、コンピューターのウェブブラウザを使ってYouTubeの動画をテレビで見ることができます。

広告

注意事項

  • 特定のテレビゲーム機でアプリを使う場合、YouTubeの視聴は有料の可能性があることを覚えておきましょう。例えば、任天堂のWiiやWii UはYouTubeを無料で提供している一方で、Xbox 360やXbox OneではMicrosoftでXbox Live Goldのサブスクリプションを購入する必要があります。YouTubeをテレビゲーム機で見るには、画面の案内に従ってYouTubeにアクセス可能なサブスクリプションを購入しましょう。
広告

関連記事

How to

XMLファイルを開く

How to

画像検索で簡単に人物を特定する

How to

EMLファイルを開く

How to

winmail.datを開く

How to

JPGをPDFに変換する

How to

Minecraftでアイアンゴーレムを作る

How to

特定のウェブサイトにアクセスできない問題を解決する

How to

キズの付いたCDを修復する

How to

DVDプレーヤーを接続する

How to

ワイヤレスマウスを接続する

How to

2台のルーターを接続する

How to

2台のパソコンを接続する

How to

Chromeでタブを切り替える

How to

AndroidでSMSを別の端末に移行する
広告

このwikiHow記事について

Nicole Levine, MFA
共著者 ::
IT専門家
この記事の共著者 : Nicole Levine, MFA. ニコール・レヴィンはwikiHowに勤務するテクノロジーライター兼編集者です。技術文章の作成に関し20年以上の経験があり、現在まで大手のウェブホスティング会社やソフトウェア開発会社のチームリーダーを務めてきました。ポートランド州立大学にてクリエイティブライティングの修士号を取得し、様々な教育施設にて作文、小説創作、Zine(個人制作の冊子)の作り方について講義を行っています。
このページは 438 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告