PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

テレビ業界で働くのは難しいと言われていますが、安価な機材とネット配信の出現により、これまでよりも簡単に自分の番組を作ることができるようになりました。有名になるチャンスは誰にでもありますが、成功するには多くの時間と労力を注がなくてはいけません。

方法 1
方法 1 の 3:
アイディアを膨らませる

  1. 1
    「もしも~だったら」という発想で、注目されそうな設定を考える 「もしも小さな製紙会社を舞台にドキュメンタリーを撮影したら」(英国ドラマ『The Office』)というシンプルな設定から、「もしも化学の先生がメタンフェタミンを作り始めたら」(米国ドラマ『ブレイキング・バッド』)のような大胆な設定まで、様々なアイディアが浮かぶでしょう。このアイディアがバックボーンとなり、番組を特徴づけ、売り込むポイントにもなります。
    • 既存の番組のアイディアをミックスする過程でも、たくさんの「もしも~だったら」の発想が活かされています。例えば、米国ドラマ『30 Rock』は、米国のバラエティ番組『サタデー・ナイト・ライブ』の世界観と、『The Office』や米国ドラマ『Cheers』のような、職場が舞台のシチュエーション・コメディの要素をミックスしたものです。また、米国の人気ドラマ『THE WIRE』は犯罪ドラマと政治スリラーの要素をミックスしています。
    • 参考になりそうな憧れの番組について、どんな「もしも~だったら」の要素があるか、シンプルに一言でまとめてみましょう。
  2. 2
    番組のジャンルとフォーマットを決める その後の番組作りのすべてに影響する、最も重要な決定の1つです。コメディ、医療ドラマ、リアリティー番組など、ジャンルを決定することで番組の雰囲気とトーンが決まります。番組フォーマットは番組の構成や流れの枠組みのことで、いくつかのパターンがあります。
    • 1話完結型:エピソードごとに完結するスタイルです。30分ほどのシチュエーション・コメディに多いスタイルですが、いくつかの犯罪ドラマや殺人ミステリーものにも、このスタイルが取り入れられています。
    • シリアル型:各エピソードが、その前のエピソードの続きになっているスタイルです。このスタイルのドラマは通常、1シーズンで1つの物語になっており、最後には壮大な結末が用意されています。『ブレイキング・バッド』や米国ドラマ『ザ・ホワイトハウス』、米国のアニメ番組『怪奇ゾーン グラビティフォールズ』などはこのスタイルです。各エピソードが長めで、ドラマチックなものが多いのも特徴です。
    • スケッチ・コメディー型:独立した短いストーリーの寸劇などをいくつも集めて、1つの番組が構成されています。『サタデー・ナイト・ライブ』や『Key & Peele』、『マッドTV!』などのコメディ番組に多いスタイルです。
  3. 3
    オリジナルのキャラクターを考える キャラクターをリストアップし、それぞれのキャラクターについて2~3文で説明します。身体的な部分以外で、個々のキャラクターの特徴を明確にしましょう。[1]
    • 印象に残るキャラクターにはそれぞれ、短所と長所があるものです。すべてを合わせて1つのキャラクターであり、「怒りっぽい庭師」や「愛情深い母親」といった設定を超えた、個性的な存在となります。
    • それぞれが何を望み、何を恐れているのかなどの要素によって、番組内での各キャラクターの言動が決まります。
    • リアリティー番組でも、やはりキャラクターをしっかり描写する必要があります。視聴者が出演者に興味を持つ、あるいは見ずにいられないと思うポイントは何でしょうか?視聴者はなぜ彼らの話を聞きたいと思うのでしょうか?[2]
  4. 4
    番組のトリートメントを書き上げる トリートメントとは、番組の青写真のようなものです。このトリートメントだけで、テレビ局の編成部の幹部に、番組の狙いなどが正確に伝わるように書かなくてはいけません。トリートメントには、以下の要素を盛り込みましょう。
    • 番組タイトル:良いタイトルには、2つの意味が込められています。例えば、米国ドラマ『マッドメン』の場合、そのタイトルで、広告代理店を舞台にした物語であることを表し、同時に主人公ドン・ドレイパーの異常性も示唆しています。
    • ログライン:パンチの効いた、1~2文の番組内容の要約のことです。「もしも~だったら」という発想をベースに、読んだ人の注意を引く文章にします。例えば、米国ドラマ『コミ・カレ!!』のログラインを書く場合、「学歴詐称が発覚したことをきっかけにコミュニティ・カレッジに戻ることになった敏腕弁護士が、そこでちょっと変わった人々と出会い、友情を育んでいく物語。」となるでしょう。
    • あらすじ:番組のアイディアを1ページで簡潔にまとめましょう。各エピソードの設定やプロット、ストーリーの中心となるテーマについて書き、番組の要旨を3~4文にまとめます。連続ドラマなどの場合は、第1シーズンのストーリー展開を大まかに説明しましょう。
    • キャラクターシート: メインキャラクターについて、それぞれ紹介していきます。彼らの見た目の特徴よりも、性格や目標などに焦点を当て、1~2文でまとめましょう。
    • エピソードガイド: 最初の4~5エピソードの内容を短い文章でまとめ、番組の大部分を構成するプロットについて、詳しく説明します。[3]
  5. 5
    アイディアをもとに、いくつかのコンテンツを制作する 実際に制作している番組を見せることが、その番組をテレビ局に売り込む最も有効な方法です。最近は安価な機材のおかげで、番組を制作してウェブ上に公開することが、簡単にできるようになりました。ただし、どのタイプのコンテンツを制作するかは、あなたの番組の内容によって変わります。
    • 脚本:脚本は書いておいて損はありません。オリジナルの番組、特に1時間の番組やドラマを制作する際には、脚本を用意するのが最も一般的で、番組の内容も伝えられる方法でしょう。
    • ウェビソード:作品が注目されるよう、自分で短い番組を作ってみましょう。番組やドラマの中のキャラクターが登場する、2~5分の短いエピソードを撮影し、完成した作品をYoutubeで世界中に配信しましょう。これは、米国のシチュエーション・コメディ『Broad City』と『Workaholics』で実際に採用された方法です。
    • 絵コンテや短いプロモーション動画:ウェビソードに似ていますが、ウェビソードよりは少し長く、番組のテスト版と言えるでしょう。トークショーのインタビュー、リアリティー番組のエピソードのテストショット、あるいはアニメ番組の絵コンテや線画なども含まれます。
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
テレビの脚本を書く

  1. 1
    脚本の基本的な形式とルールを理解する 海外の場合、脚本は1ページが約1分で終わる形式になっています。これは、海外では業界の常識であり、この形式で書かれていない脚本を見せても、読んでもらえないかもしれません。そうならないよう、Celtx、Writer Duets、Final Draft(いずれも英語版)などの脚本用のソフトを使用しましょう。また、日本の場合も、脚本には様々な形式やルールがあります。事前によく調べ、それらに沿って脚本を書きましょう。[4]
    • テレビ用の脚本は映画とは違った形式になっています。CMが入る場所によって、シーンを分ける必要があるからです。テレビの脚本を読むなどして勉強し、こうしたルールを学びましょう。
    • 脚本の形式で書かれた授業の脚本(英語)など、形式に則って書かれた脚本のサンプルが、ウェブ上に公開されています。
  2. 2
    作りたいジャンルの番組の脚本をできるだけたくさん読む 作りたい番組と似たスタイルの番組の脚本を、ウェブ上で探してチェックしてみましょう。テレビを見るだけでもプロットについて学ぶことはできますが、脚本を書くのであれば、脚本の作法を理解する必要があります。脚本のスタイル、プロット、そして内容について、メモを取りながら実際の脚本を読んで学びましょう。
    • 脚本を書くのなら、様々な脚本を読み込まなくてはいけません。俳優やカメラや音楽がない状態でも、面白くて、ドラマチックで、スリリングで、人を惹きつけるような脚本の書き方を学びましょう。
    • どのように書けば効果的なのか、どのように書くとよくないのか、また書き手がどのようにそのエピソードの世界観を構築しているのかなど、きちんとメモしておきましょう。
  3. 3
    作品をアピールできるパイロット版の脚本について理解する パイロット版とは、テレビシリーズの最初のエピソードのことであり、その脚本をうまく仕上げることはかなり難しいと言われています。なぜなら、パイロット版の場合は、少ないページ数で1度に多くのことを盛り込まなくてはいけないからです。パイロット版の脚本に盛り込まなくてはいけない内容を以下にまとめます。
    • 登場人物の紹介:キャラクターの過去など、細かな背景まですべて書き込む必要はありません。どんなキャラクターなのかがわかり、見た人に興味を持ってもらえるような情報を盛り込みましょう。キャラクターが最初に登場する際に、それぞれの基本的な性格がわかるようにします。
    • 世界観の紹介:ここでいう「世界観」とは、単に設定という意味ではなく、番組の「ルール」全般を指しています。登場人物たちの主な関心事は何か、どのような出来事が定期的に起こるのかなど、「もしも~だったら」の設定をベースに、番組の世界観を組み立てていきましょう。
    • 番組の大まかなパターンを見せる:パイロット・エピソードは、番組の概要の紹介にとどまらず、1つの番組としてもおもしろく仕上げなくてはいけません。毎週どんな番組を見ることになるのか、見る人によいイメージを持ってもらう必要があります。米国ドラマ「ブル〜ス一家は大暴走!」のパイロット版は、史上最高のパイロット版の1つと言われ、パイロット版に求められるすべての要件を満たしています。登場人物の設定をわかりやすく紹介し、世界観(堕落した富裕層とヘッジファンドのマネージャーたちのドタバタ劇)をきちんと示し、後にこの番組でよく知られるようになった、茶番的で連動性のあるプロット構造も採用されています。
  4. 4
    テレビ番組の構成を参考に、プロットのアウトラインを作成する テレビ番組は、その独創性と多様性にも関わらず、かなり型にはまった構造になっているのが特徴です。ほとんどのテレビ番組にはCMが入るので、そこがちょうど一幕の区切りになっています。一幕の中には様々なシーンが詰め込まれ、一幕ごとにエピソード全体の中の小さな物語が展開する仕組みです。CMとCMの間で1つの物語が進行し、重要な出来事を経て、変化が起きるかクライマックスを迎えます。この構成により、視聴者をワクワクさせ、CM後も続きが見たいと思わせているのです。この「型」を理解して脚本を書けば、あなたの番組もテレビ向けの番組になるでしょう。[5]
    • コールドオープン:シットコム(シチュエーション・コメディ)でよく見る、タイトルクレジットの前の2~3分程の短いシーンのことです。そのエピソードのプロットに関わる内容の場合もあれば、ちょっとしたジョークや単に笑えるシーンのパターンもあります。ドラマの場合は、米国ドラマ『ロー&オーダー』の死体発見シーンのように、そのエピソードで起こる事件のきっかけとなるシーンの場合が多いでしょう。
    • 幕:1時間の番組なら5幕、30分の番組なら3幕に分かれるのが一般的で、各幕が何らかの形で完結しています。まず冒頭で何か問題が発生し、登場人物がその問題を解決しようとしますが、事態はさらに複雑になります。その後クライマックスを迎え、1つの解決を迎えるという流れです。
      • 第1幕:問題が発生し、登場人物たちはそれを解決しようとしますが失敗します。
      • 第2幕:登場人物たちは、その失敗のおかげで、さらに大きな混乱に陥っていきます。彼らは別の解決法を試みますが、状況はますます悪化し、そのせいでさらなる問題が起こってしまいます。
      • 第3幕:登場人物たちが冷静になる、あるいは最終的に混乱した状態が収まることで、すべてが元通りになります。
    • エンディング:最後の幕で観客を引き込みましょう。特にパイロット版では、視聴者が来週また番組を見たくなるような形で終わらせなくてはいけません。
      • ドラマでは通常、手に汗握る展開や、来週の盛り上がりを期待させる方法が取られます。
      • シチュエーション・コメディでは、エピソードの最後にはすべて元の状態に戻るのが一般的です。キャラクター自体はあまり変化せず、次の週にはまた同じような状態からドタバタ劇が始まります。基本的な設定は変わらないスタイルです。
    • タグ:エピソード終了後にクレジットの前後に入る短いシーンのことです。通常は、そのエピソードに登場したジョークの続きを見せたり、ちょっとした問題の解決を描いたり、次のエピソードで何が起こるかのヒントを出したりします。[6]
  5. 5
    最初の草稿が上がったら、テーブルリーディングを行う 友達を何人か集めて、脚本のコピーを配り、役者になったつもりでセリフを読み上げてもらいます。あなたはナレーション部分を担当してもいいでしょう。ただし、自ら登場人物のパートを演じることはせず、友達が読み上げるセリフを聴いて、セリフが自然に聞こえる部分と、そうでない部分をメモしておきます。終了後には、友達から感想をもらいましょう。よくわからなかった部分や面白かった部分はどこか、キャラクターを「リアル」に感じられたか、もしこの番組が放送されたら見るかなどを聞いてみます。自分以外の人の意見を取り入れることは大切ですし、声に出して読み上げてもらうことで、自分で読んだときには気づかなかった間違いを見つけることもできます。
  6. 6
    書いて、書いて、書き直す 脚本から数日離れて、新鮮な視点で再度見直してみましょう。何千もの脚本がある中で、興味を持ってもらうには、できるだけ脚本を磨き上げる必要があります。見直す際は、以下の点に注意しましょう。
    • 誤字脱字、文法、書式設定:1ページ目に誤字があったら、まず読んでもらえないでしょう。
    • ペーシング:番組全体のテンポが悪くならないよう、シーンごとにプロットが進行するようにしましょう。1つの場所や状態から始まって、ずっとそのまま留まっているようなシーンがあってはいけません。登場人物や状況がどんどん変化していくように書きましょう。そうなっていないシーンについては、テンポが遅すぎるということになります。
    • ダイアログ:キャラクターのセリフに違和感はありませんか?セリフによって、読む人がキャラクターをイメージできるように書きましょう。キャラクターには、シーンの中で「必要な」セリフを言わせるだけではなく、個性的でそのキャラクターに合った自然な話し方をさせましょう。キャラクターはとても重要です。脚本ではそのキャラクターがどんな人物なのかをセリフによって表現しましょう。[7]
  7. 7
    脚本をできるだけ短くする 背景の説明、キャラクターの特徴など、不必要な説明部分を削除します。プロットにとって重要でないものは、すべて削除してしまいましょう。俳優の見た目から壁の色まで、プロットに関係のない要素については、あなたではなくすべて監督が決めてくれます。テンポよく展開し、ストーリーや登場人物によって読み手の心を揺さぶる、1つのショーのような脚本に仕上げましょう。心を動かすセリフや必要不可欠なシーンなどを除き、すべてそぎ落として短くしていくことで、いい脚本になっていきます。
    • 1時間番組の場合、脚本は45~70ページほどがよいでしょう。
    • 30分の番組なら通常25~37ページほどです。[8]
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
テレビで番組を放送する

  1. 1
    自分で撮影してみる あなたが今までハリウッドで仕事をしたことがないのであれば、ハリウッドでの仕事につながるように発信しましょう。あなたの脚本を読んでくれる人を探すのは難しいことですが、脚本をもとに自分で番組を撮影し、その映像が数千の人の目に留まれば、作品の存在をアピールできます。映像化するのは脚本の一部でかまいません。Amazon Studios(英語)のようなサイトでは、投稿された作品に対して、視聴した人が評価を投票できるシステムがあり、よい作品かどうかが一目でわかるようになっています。
    • 例えば、米国のコメディードラマ『フィラデルフィアは今日も晴れ』は、わずかな予算で脚本の執筆と撮影が行われたといいます。完成した映像はFX(米国のテレビ局)の重役の元に届けられ、その内容に感動した重役たちは番組の購入を決めました。
    • アメリカでは、ほとんどの人がパブリックアクセスチャンネルで番組を作ることができ、機材や番組作りのためのトレーニングなどのオプションも利用できます。日本でも一部のケーブルテレビなどでこうした取り組みが行われていますので、調べてみましょう
  2. 2
    業界関係者とのつながりや情報を得る 応募を受付けているエージェントやプロデューサーなどを探し、コンテストやフェスティバルに参加して作品を発表する方法もあります。Deadline.com(英語)やVariety(英語)などのウェブサイトで情報を得て、申し込むとよいでしょう。これらのサイトには、ディベロップメント契約や、番組の購入を検討しているテレビ局、応募を受付けているエージェントについての情報が掲載されているので、必ずチェックするようにします。日本国内の脚本のコンテストなどの情報が掲載されたサイトもあるので、情報を確認してみましょう。
    • あなたが作りたいと思っているような番組を見つけたり、憧れの作家・プロデューサーが仕事を探していたりしたら、彼らがエージェント契約をしている代理店(CAAやWMEなど)や関係者の情報を控えておきます。エージェントや関係者のウェブサイトをチェックし、会ってもらえないか問い合わせてみましょう。[9]
    • The Blacklist(英語サイト)のような、エージェントなどが自由に原稿を検索できるサイトに、作品を投稿する方法もあります。ただし、こうしたサイトへの投稿にはお金がかかるので、事前に「成功例」のリサーチを行いましょう。サイトに投稿された作品の情報をチェックし、実際にそのサイトを通して番組が作られたかどうか、確認しましょう。
  3. 3
    同じテイストの番組を作っている会社をリストアップする 自分が作りたい番組と同じようなテイストの番組を作っている会社を見つけて、簡単な手紙送ってみましょう。その会社のウェブサイトで、「開発」部門の社員や役員の名前、Eメールのアドレスを調べます。あなたの脚本に興味を持ってくれそうな、特定の人たちに絞り込んで探すことで、番組の制作が実現する可能性が高くなるでしょう。
    • 安っぽいモンスター番組の企画なら、NBCではなくSyFy(米国のテレビ局)に売り込みましょう。また、リアリティー番組の企画をドラマ『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』のプロデューサーに送っても意味はありません。そのスタジオがどんな番組を作っているのかよく調べ、適切な人たちに売り込みましょう。[10]
  4. 4
    書き続けて、撮り続けて、映画・テレビ業界で仕事を得る テレビ番組を制作する人は、誰もが下っ端から仕事を始めます。現代では、いつでも自分の番組を制作することができますし、それで成功することもあるかもしれません。それでも、テレビ制作に関わっている人の95%は、制作アシスタント、アシスタントディレクター、カメラアシスタント、俳優などからそのキャリアをスタートしています。こうした下積み時代を過ごすことで、のちに番組制作で力を貸してくれるかもしれない人たちと出会うことができ、テレビ番組がどのように作られているのかを学ぶこともできるでしょう。
    • 常にパイロット版の脚本を3~5本持ち歩くか、3~5本の脚本を並行して書き進めるようにしましょう。思いがけず、アイディアを採用してもらえる機会があるかもしれません。また、あなたの作風を気に入ってくれた人が、別のタイプのストーリーを望んでいる場合や、もっといろいろな作品を見たいと言ってくれる場合もあるでしょう。テレビ番組を作る権利を手にできるのは、番組が放送されるその瞬間まで、脚本を書き続け、書き直し、動き続けることができる人だけなのです。
    広告

ポイント

  • SNSであなたの番組や作品、アイディアを宣伝することは、あなた自身をアピールするのにぴったりの方法です。
  • 何らかの方法で、テレビ番組制作の経験がある人と一緒に仕事をする機会を得れば、彼らを通して人脈を広げることができるでしょう。これにより、あなたの番組を購入してもらえたり、番組が有名になったりする可能性も高まります。また、テレビ業界で人脈を広げていくこともできるでしょう。
広告

注意事項

  • BBC、ITV、ABC(いずれも海外の大手テレビ局)などで放送されているような、本格的な番組を自分で作るのは簡単なことではありません。それでもその方法をあきらめずに探し続けましょう!
  • 作品のコンセプトや番組のプログラムを提出する際には、電子メール、ファックス、その他の方法で自分の作品である証拠を残しておきましょう。アメリカの場合、WGA(全米脚本家組合)の脚本登録サービスを利用して、作品の権利を保護してもらうこともできます。日本でも日本脚本家連盟など、会員の著作権に関する手続きをサポートする団体が存在します。
広告

関連記事

舌でさくらんぼの柄を結ぶ舌でさくらんぼの柄を結ぶ
絵具で黒を作る
指の関節をポキポキ鳴らす指の関節をポキポキ鳴らす
発泡スチロールを切る発泡スチロールを切る
花の絵を描く花の絵を描く
知らない曲を探す知らない曲を探す
計算を使ったトリックで相手の年齢をあてる計算を使ったトリックで相手の年齢をあてる
星を描く
妊娠したふりをする妊娠したふりをする
映画評論を書く映画評論を書く
目を赤くする目を赤くする
声域を確認する声域を確認する
トゥワークする
アニメ・漫画のキャラになりきるアニメ・漫画のキャラになりきる
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む168人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: アート・エンタメ
このページは 381 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告