テレフォンセックスをする方法

2 パート:準備テレフォンセックスをする

]テレフォンセックスは性生活にさらなる刺激を与える素晴らしい手段です。遠距離恋愛中だから、他の種類のセックスをする準備ができていないから、何か新しいことを試したいからなど、テレフォンセックスをする理由は様々です。最初は馬鹿馬鹿しく感じるかもしれません。しかし、最高のテレフォンセックスをするには、緊張を解き、自意識を抑え、進んで快感に身をゆだねることが大切です。

パート 1
準備

  1. 1
    予定を立てる 他の種類のセックスと同様に、テレフォンセックスは「成り行き」で行われることもあります。しかし、予め計画を立てておけば、うまくいく可能性が高くなります。特に初心者であれば尚更です。
    • 双方が一人きりになって気分を解放できる時間を選びましょう。こちらがいくらベッドの上で興奮して身悶えていても、相手が図書館の外で雨に打たれて震えているようではうまくいくはずもありません。
    • 相手がテレフォンセックス未経験で不安を感じている場合は、この記事を送ってあげるか、一緒に読むと良いでしょう。
    • テレフォンセックスで何をしたいのかは、常に事前に相談できるということを覚えておきましょう。
  2. 2
    緊張を解いてムードを高める 緊張していたり、馬鹿らしいと思っていては、テレフォンセックスは楽しめません。電話を掛ける前に、リラックスしてセクシーな気分になれるようにしておきましょう。方法は何でも構いません。
    • 緊張を解く:ベッドにしばらく横たわる、ネットサーフィンをする、ワインを一杯嗜む、その場でジョギングをする、たわいのない歌を歌いながら鏡の前でダンスをするなど、あらゆる方法で緊張をほぐしましょう。
    • ムードを高める:セクシーな雰囲気を演出できれば、気分は高まります。他の種類のセックスをする前にしているムード作りを試みるのも良いでしょう。例えば、以下の方法を試してみましょう。
      • 部屋を片付け、ベッドを整える
      • 部屋を暗くし、キャンドルを灯す
      • 静かな音楽をかける
      • 湯船に浸かる、またはシャワーを浴びる(お好みでシェービングも)
      • テレフォンセックスを盛り上げるロールプレイについて考えてみる(お互いに裸で水泳をするシチュエーションなど)
      • お気に入りの一番セクシーな衣装や下着を着ける(または脱ぐ!)
      • 大人のおもちゃやダッチワイフを用意する
      • 気分を高揚させるために、自分の身体を優しく撫でたり、恋人を想像したり、かつて経験したセックスや将来してみたいセックスについて考えるのも良いでしょう。いずれにしても、この時点では興奮しすぎないようにしましょう。みなさんを大興奮させるのは、テレフォンセックスの役目です。

パート 2
テレフォンセックスをする

  1. 1
    電話をかける 相手が電話に出たら、お互いが心地良さを感じるスピードで話を進めましょう。テレフォンセックスの方法に「正解」はありません。
    • リラックスするために、最初の数分をたわいのないおしゃべりに使うのも良いでしょう。ただし、おしゃべりに気を取られて本来の目的を忘れてはいけません。
    • 低く優しい声音や激しい息遣いでムードを盛り上げることもできます。ただし、不自然さを感じるのであれば、それらは必要ありません。ぎこちない話し方や息遣いをするくらいなら、無理なく普段通りに話をするほうがずっとセクシーです。
  2. 2
    性的な話へスムーズに移行できるカジュアルな話題から入る このステップが恐らく最も難しく、特に未経験者が苦労する部分です。気軽に話せるトピックを選びましょう。ただし、官能的な話へ移行しやすいものを選ぶのが良いでしょう。以下は参考例です。
    • どれほど相手を恋しく想っているか、またはどれほど一緒にいたいと思っているか
    • 一緒にいるとすれば、何をしたいか
    • 何を着ていて、どのような格好をしているか
    • 何をしているのか
    • どのような気分か
    • 相手にも上記の内容を質問して、詳細に語ってもらうのも良いでしょう。
  3. 3
    性的な話へシフトする リラックスしながらお互いの気持ちが高まれば、話の内容をさらに大胆にしてみたり、新たにもっとセクシーな話題を持ち出してみましょう。以下に挙げた3点について自らが語るか、相手に語ってもらうのも良いアプローチです。
    • 何をしているのか:どのような格好で、どのように自分の身体に触れているのか。恥ずかしげに振る舞うか、または淫らに振る舞うかはみなさん次第です!
      • 「アドバイス」を求めるのも良いでしょう。例えば、「下着の上から始めた方がいい?」などと聞いてみましょう。
      • 相手が乗り気であれば、何をしてほしいかを伝えましょう。
      • 自慰をすることに抵抗があっても、申し訳なく思う必要はありません。相手には、声を聞いているだけで楽しいと伝えましょう。
    • 何を想像しているのか:これは例えば、相手としたい行為、過去に二人が経験した最高のセックスの場面、または相手が描写している光景のイメージなどです。
      • 徐々に気分を盛り上げたい場合は、軽めの内容から入りましょう。例えば「まず、君の髪を撫でるよ」や、「Tシャツを着ている時の、君の胸の形にすごく興奮するんだ」などが良いでしょう。「そして、君の首筋にキスをする」や、「シャワーで君が僕にしたことを覚えてるかい?」などの官能的なセリフはその後に続けると良いでしょう。
      • 例によって、どれだけ短時間で、どれだけ大胆になるかはみなさん次第です。
    • どのように感じているか:自分の行為や相手の言葉によって、肉体的、精神的にどのように感じているのかを語りましょう。
      • 喘ぎ声は、自分が今どれほど感じているのかを相手に伝える優れた手段です。しかし、抵抗があるのなら、無理に喘ぐ必要はありません。最初は単に息を吐くことから始めてみましょう。やがて自然と喘ぎ声は大きくなるでしょう。
      • 相手の発言や行為を心から楽しんでいる時は、相手にそのことを伝えましょう。同様に、つまらないと感じた時も、遠慮なく伝えましょう。そうすれば、共に楽しめるものを二人で模索することができます。
  4. 4
    自慰とオーガズム(必要に応じて) 双方が自慰を行い、絶頂に達すれば、最高のテレフォンセックスとなるでしょう。しかし、これらは必ずしも必要ではありません。
    • 相手が自慰に付き合ってくれなくても、気を悪くしてはいけません。一人で自慰をしたくない場合は、事前に、一緒に自慰をすることに興味があるかを尋ねましょう。同様に、自分は望まないのに相手が自慰を始めてしまっても、気にしてはいけません。こちらも相手に付き合う義務はありません。単純に相手の自慰行為を「聞く」ことを楽しみましょう。
    • 双方またはどちらか一方がオーガズムを得られなくても気に病むことはありません。オーガズムはテレフォンセックスの目的ではなく、おまけであると考えましょう。
    • 相手より先に絶頂に達したとしても、冷めた態度を取ってはいけません。引き続き相手に話しかけ、何を感じ、何を想像しているのかを伝えましょう。
  5. 5
    終了 どの時点で終了するかについての決まりはありません。絶頂に達する前に終了しても構いません。もちろん、双方が絶頂に達したからといって終了する必要もありません。
    • 終了後の電話を切るタイミングにルールはありません。息が整う前に電話を切りたがるカップルもいれば、その後もしばらく話を続けたがるカップルもいます。
    • 電話を切る前に、どれほど今回のテレフォンセックスを楽しんだのかを相手に伝えましょう。

記事の情報

カテゴリ: 対人関係 | 恋愛関係維持

他言語版:

English: Have Phone Sex, Deutsch: Telefonsex haben, Português: Fazer Sexo Por Telefone, Français: faire l'amour par téléphone, Italiano: Fare Sesso Telefonico, Español: tener sexo por teléfono, Русский: заниматься сексом по телефону, 中文: 进行电话性爱, Bahasa Indonesia: Melakukan Telepon Seks, Čeština: Jak mít sex po telefonu, Nederlands: Telefoonseks hebben, ไทย: มีเซ็กซ์ทางโทรศัพท์, हिन्दी: फ़ोन सेक्स करें, Tiếng Việt: Làm "Chuyện ấy" qua Điện thoại, 한국어: 폰섹스 하는 법

このページは 1,478 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?