テーブルセッティングをする方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム | 10 出典

この記事には:正式なディナーのテーブルセッティングカジュアルディナーのテーブルセッティング記事のサマリー

入念に準備した夕食会を開いたり、友人を気軽な夕食に招く場合にも、テーブルセッティングは難しい問題です。皿、カトラリー(ナイフ、フォーク、スプーン)、グラス類をどのように配置するかを学ぶと、すぐに適切なテーブルセッティングができます。正しいテーブルセッティングの方法を紹介します。

1
正式なディナーのテーブルセッティング

  1. 1
    プレースマットを敷きます。来客用に用意した各座席の前にプレースマットを配置します。[1]
    • 本来の正式なテーブルセッティングでは、来客の人数に合わせて同じプレースマットを用意し、プレースマットと揃いの テーブルクロスを使用します。
  2. 2
    プレースマットの左にナプキンを置きます。ナプキンの種類によって、半分又は4つに折ります。布製のナプキンが理想的です。[2]
    • フォークを配置した後に、フォークの左にナプキンを置いても構いません。
  3. 3
    プレースマットの中央に皿を置きます。ナプキンの右側が少し重なるように皿を置きましょう。陶磁器の皿を使うと高級感が出ます。[3]
  4. 4
    ナプキンの上に、ディナーフォークとサラダフォークを置きます。ディナーフォークは皿に触ることなくすぐ脇に配置し、サラダフォークはディナーフォークの左側に1㎝ほど離して置きます。フォークの先端が奥になるように配置します。[4]
    • フォークを置く場所を忘れたら、食事の順序を思い出しましょう。主菜の前にサラダを食べ、左から右の順番でカトラリーを使い、外側から内側へと食べる決まりがあります。つまりサラダフォークはディナーフォークの左側に置くことになります 。
    • 食事の際は、外側のカトラリーから順番に使う決まりがあります。皿から一番離れたカトラリーから使い始め、食事の最後まで順番に皿に近づくようにカトラリーを使います。
  5. 5
    皿の右にナイフを置きます。ナイフの先端が奥になるように、また刃が皿に向くように配置します。[5]
    • フォークとナイフの配置場所を混同したら、右利きの人がどのようにナイフとフォークで食材を切るか考えましょう。席について動作をしてみると、左手にフォークを、右手にナイフを持つことに気づくでしょう。その通りに配置します。
  6. 6
    ティースプーンをナイフの右に置きます。食事の最後に、コーヒーや紅茶をかき混ぜるのに使うスプーンです。[6]
  7. 7
    スープスプーンをティースプーンの右に置きます。食事の始めの一皿がスープの場合は、このように置きます。食事で一番初めに使うカトラリーがスープスプーンになります。[7]
    • 伝統的なテーブルセッティングでは、ティースプーンより実際に大きいスープスプーンを使うことがあります。
  8. 8
    プレースマットの右上の角にワイングラスを置きます。水用のグラスを置く場合は、ワイングラスの左奥に配置します。水用のグラスがナイフの先端の奥になるようにグラスを配置します。[8]
  9. 9
    他に必要なカトラリーや皿を配置します。必要に応じて、次の食器類を配置しましょう。
    • パンとバター皿およびバターナイフ:小さな丸皿をフォークの12cm程度奥に置きます。小さいナイフを丸皿の上に横向きに置き、刃先が左側になるように配置します。
    • デザート用のフォークとスプーン:デザート用の小さなフォークとスプーンは皿の5~7cm奥に横向きに置きます。フォークの先端は右を向き、スプーンはフォークの奥に先端が左を向くように置きます。
    • コーヒーカップ:ソーサーの上にコーヒーカップを置き、一番左外側のカトラリーの5~7cm奥、5~7cm左に配置します。
    • 赤ワイン、白ワイン用のグラス:2種類のワイングラスを使う場合は、白ワイン用のグラスが席に近くなるように配置します。赤ワイン用のグラスは白ワイン用のグラスのやや左奥に置きます。ワインを飲む順序(白から赤)を考えると覚えやすいでしょう。

2
カジュアルディナーのテーブルセッティング

  1. 1
    テーブル中央にプレースマットを置きます。正式なディナーセッティングよりカジュアルなプレースマットを使うこともできます。布製の単色のプレースマットが適当です。[9]
  2. 2
    プレースマットの左にナプキンを置きます。布製又は紙製のナプキンを半分か4つに折ります。
  3. 3
    プレースマットの中心に皿を置きます。豪華で凝った皿を使う必要はありません。ただし、できれば同じ皿を人数分揃えましょう。
  4. 4
    皿の左にディナーフォークを置きます。カジュアルな食事には、フォークを1本だけセットします。
  5. 5
    皿の右にナイフを置きます。正式なテーブルセッティングと同様に、刃が皿の方に向くように配置します。
  6. 6
    ナイフの右側にスープスプーンを置きます。スープを出さない場合は、この手順を省きます。
  7. 7
    デザートスプーンを皿の奥に横向きに、先端が左になるように置きます。デザートスプーンは通常スープスプーンより小さく凹面も狭いものです。[10]
  8. 8
    デザートフォークとデザートスプーンを平行に置きます。フォークは手前に、先端が右になるように配置します。デザートフォークは、通常ディナーフォークより小さいものです。デザートスプーンのすぐ手前に、スプーンに触れないように置きます。
  9. 9
    スープスプーンの5~7cm左奥にワイングラスを置きます。かなりカジュアルなセッティングの場合は、ステムのないグラスをワイングラスとして使えます。
  10. 10
    スープスプーンの5~7cm奥に水用のグラスを置きます。ワイングラスより左奥に配置します。水用のグラスは普通のグラスよりやや大きめのものを用意します。

ポイント

  • テーブルセッティングを簡略化するには、実際に必要な皿とカトラリーだけを配置しましょう。
  • 食事の際にお互いの肘がぶつかることがないように、十分なスペースを確保します。
  • 好みでプレースマットの代わりにテーブルクロスを使っても構いません。テーブルの表面の傷などを隠すこともでき、テーブルクロスの方が豪華だと感じる人もいます。原則的に高級レストランではプレースマットを使用しません。
  • サラダ皿は必ずテーブルの端から5cmの位置に配置します。

必要なもの

  • プレースマット
  • ナプキン
  • フォーク
  • ナイフ
  • スプーン
  • カップ

記事のサマリーX

まず、人数分の皿を配置します。丁寧に折ったナプキンを、好みに応じて左側または皿の上に置きましょう。ディナーフォークをそれぞれの皿の左側の配置し、サラダフォークをその左側に置きます。ディナーフォークはサラダフォークより大きいものを用意しましょう。ナイフを皿の右側に置くと、カトラリーの配置は完了です。スープを提供する予定なら、スープスプーンをナイフの右側に置きましょう。次に、スープボウルとサラダ皿を、最初に置いた皿の奥に配置します。好みに応じて、これらの皿の上にナプキンを置いても構いません。パン皿とバターナイフを左奥の隅に配置します。最後にワイングラスと水用のグラスを右奥の隅に配置しましょう。花瓶に活けた花やキャンドルなどをテーブルの中央に飾ると華やかです。色違いのナプキン、装飾が施された皿、テーブルランナー、素敵なテーブルクロスなどを上手に使って、いろどり鮮やかなテーブルを演出することもできます。オーソドックスなテーブルセッティングの方法を説明しましたが、カジュアルな食事会などでは、好みに応じてアレンジしたテーブルセッティングを楽しみましょう。

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 食・おもてなし

他言語版:

English: Set a Table, Español: poner la mesa, Deutsch: Einen Tisch decken, Italiano: Apparecchiare, Français: dresser une table, Português: Pôr a Mesa, Русский: накрыть на стол, Nederlands: Een tafel dekken, 中文: 布置餐桌, Čeština: Jak prostřít stůl, Bahasa Indonesia: Menata Meja, العربية: إعداد المائدة

このページは 56 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?