ディスコ風におしゃれをする方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

ディスコ風のファッションは、明るく独創的な色合いと個性的なアクセサリー使いが特徴的です。ディスコをテーマにしたパーティーに参加する際は、できる限りディスコの雰囲気を忠実に再現した服装を目指しましょう。オンラインショッピングやビンテージショップでテーマに合いそうな服装を探し、異なる素材やトレンドを組み合わせることも検討してみましょう。服装が決まったのであれば、ディスコ風の髪型、メイク、靴、アクセサリーでさらに雰囲気を出しましょう。ディスコ全盛期のファッションは華やかなので、きっとお気に入りの着こなしが見つかるはずです。

方法 1 の 4:
服を選ぶ

  1. 1
    ジャンプスーツで独創的かつおしゃれな雰囲気を醸し出す ジャンプスーツは時代や着る人を選ばず、男性、女性のどちらでも、おしゃれに着こなすことができます。ディスコの雰囲気をかなり忠実に再現したいという人は、足首丈のジャンプスーツを選びましょう。たくさん踊る予定の人に特に適しています。ヒールや厚底靴ともよく合います。[1]
    • ノースリーブのコーラルピンク色のジャンプスーツに厚底になったヒールサンダルを合わせてみましょう。単色ではなく2色のジャンプスーツを選ぶと(紫と黒、黄褐色と茶など)より男性向けの着こなしになります。
    • ジャンプスーツは現代でも人気があります。[2]
  2. 2
    70年代を彷彿とさせるディスコスーツを着る 3ピースのディスコスーツを着てみるのも良いでしょう。大胆に着こなしたいという人は白1色のスーツを選びましょう。差し色を加えたいのであれば、色の暗いベストとスラックスに明るい色のシャツを合わせてみましょう。[3]
    • 例えば、白のベスト、スラックス、ジャケットに青と白のチェック柄のシャツを合わせてみましょう。サングラスも添えるとぐっと雰囲気が高まります。
  3. 3
    光沢のあるパンツにぴったりとした着心地のトップスを合わせる ジャンプスーツを試すほどではないけれども、楽しく着心地のよい服装を探しているという人は、光沢がある滑らかな素材のパンツと体にぴったりとしたトップスを合わせましょう。長袖が好きではない人は、ノースリーブのトップスを光沢のある明るい色のパンツと合わせましょう。[4]
    • 例えば、青のパンツとティール(青緑)色のチューブトップあるいはノースリーブトップスを着用しましょう。長袖の場合は、真っ赤なパンツに黒のトップスが素敵です。
  4. 4
    ベルボトムパンツを着こなす ややカジュアルに着こなすのであれば、独創的なトップスとベルボトムパンツが良いでしょう。ベルボトムパンツは必ずしもデニム生地である必要はありません。その日の服装のテーマを決めて合わせてみましょう。[5]
    • 例えば、暗い色味のノースリーブのトップスとピンクを基調としたペイズリー柄のベルボトムパンツを大胆に合わせてみましょう。男性の場合は、パステルイエローのシャツにゴールドのパンツを合わせると雰囲気が出ます。
    • ウエストが高めのパンツを選ぶと、より70年代風になります。[6]
  5. 5
    ミニスカートやミディ丈スカートを着こなす 丈が短く、体のラインが強調される服装を試したい人は体にぴったりとしたミニスカートが良いでしょう。ある程度の長さが必要であればミディ丈を選びましょう。目を引く柄(ヒョウ柄など)のスカートであれば、かなり個性的な着こなしになります。[7]
    • 脚が冷えないように気をつける必要がある場合は、ストッキングやタイツを合わせましょう。[8]
  6. 6
    困った時はラップドレスを着用する ぎりぎりになってディスコ風の服装が必要になった時はラップドレスを試してみましょう。かなり踊るつもりであったり、ジャンプスーツよりも洗練された印象の服を着たいという人に適しています。ノースリーブのワンピースやトップスが好きではない人には適さないかもしれません。一般的なディスコ用の服装とはことなり、ラップドレスのスカート部分はひざ丈です。[9]
    • 当時のラップドレスは一般的に2色用いられているという特徴があり、腰に紐を巻いて結び着用します。
    • 例えば ワインレッドとパステルピンクのラップドレスにワインレッドのヒールを合わせてみましょう。
  7. 7
    ダンス用のドレスを選ぶ スパンデックスやレオタードと違いダンスの衣装としてのドレスは、派手になり過ぎることなく女性らしい印象を醸し出します。明るい原色のドレスなどを選んで、颯爽とパーティー会場に登場してみましょう。[10]
    • 目の覚めるような赤のドレスに白のヒールサンダルを合わせてみましょう。
    • 長袖のドレスが良いという人は、キアナ(特殊な合成素材)が用いられたドレスを試してみましょう。袖が長くなっていて、スカートの丈は太ももの位置です。原色1色のシンプルなドレスを選ぶようにしましょう。より個性的な着こなしにしたいのであれば、柄や模様がプリントされているドレスを探してみましょう。
  8. 8
    白シャツとジーンズで手軽に準備をする 白シャツとジーンズのような王道の着こなしは時代を選びません。さらに差し色を加えたいのであれば、カラフルなシャツを用意し、フレアボトムのジーンズと合わせましょう。太めのベルトを合わせると派手さが加わります。[11]
    • 例えば、ジーンズに茶と黄色の模様の入ったシャツと太めの茶色のベルトを合わせてみましょう。
  9. 9
    ディスコシャツを着て上品さを加える お洒落とカジュアルの中間の服装を求めている人は、ゆったりしたディスコシャツを選んでみましょう。洗練された印象のパンツと合わせて着ても、硬くなり過ぎず気軽な印象を与えることができます。ある程度フォーマルに装う必要がある場合は、白、黒、グレーなどのニュートラルカラーのスラックスをシャツに合わせましょう。カジュアルな服装で良い場合はジーンズを合わせましょう。[12]
    • 例えば、黒とグレーの柄の入ったディスコシャツをグレーのスラックスに合わせ、ローファーを履きましょう。
    広告

方法 2 の 4:
ディスコの要素を加える

  1. 1
    明るく派手な色を着用する 明るく派手な色を選び、ディスコ全盛期の雰囲気を存分に出しましょう。色の相性や組み合わせはあまり気にする必要はありません。ディスコではあらゆる色が歓迎されます。大胆な服装を楽しみたい気分の時は、メタリックなデザインやシークインがあしらわれた服を選択しましょう。[13]
    • 例えば、体にぴったりと合う形状の明るいオレンジ色のクロップトップを、紺色のベルボトムパンツと合わせてみましょう。
  2. 2
    快適で楽しい要素も入ったスパンデックス素材の服を選ぶ スパンデックス素材の服を着ると動きやすく快適にパーティーを楽しむことができます。ジャンプスーツ、ジーンズ、トップスなど様々な服に用いられています。色々な組み合わせを試して自分好みの着こなしを見つけましょう。[14]
    • 柄や模様の入った服が好きな人はヴィスコース(レーヨンの一種)素材の服も見てみましょう。[15]
  3. 3
    70年代のシンボルが含まれたアクセサリーを合わせる ディスコ時代を象徴するマーク(ピースサインなど)をその日の服装に取り入れましょう。こうしたマークがプリントされているシャツなどを探してみましょう。より本格的に演出したいという時は、安価なディスコボールをネットショップで注文し、パーティー会場に持参しましょう。[16]
    • より音楽の要素を取り入れたいという時は、ABBAやVillage Peopleといったその時代を象徴するバンドのビンテージTシャツを着てみましょう。
  4. 4
    縁飾りのあしらわれた服やアクセサリーを選ぶ 縁飾りがゆらゆらと揺れるようなディテールのある服やアクセサリーを探してみましょう。ベストやブーツ、パンツなどに多く見られます。ジャンプスーツやホットパンツほどの定番要素ではありませんが、縁飾りがついた服やアクセサリーは、ディスコの服装に文化的な意味合いを添えます。[17]
  5. 5
    明るく個性的な柄の服を試す 柄が取り入れられた服やアクセサリーを通してディスコ風ファッションの特徴である明るさや鮮やかさを存分に楽しみましょう。より女性らしい印象の服装を目指しているのであれば、ペイズリー柄のシャツやドレスを探してみましょう。レトロな雰囲気を強く出したいのであれば、ハワイアンシャツが良いでしょう。[18]
    • アニマルプリントや花柄もまたディスコの服装に良く合います。
    広告

方法 3 の 4:
メイクとヘアを整える

  1. 1
    パステルのメイクでディスコ風に仕上げる 小さめのメイクブラシを使ってパステルカラーのアイシャドウをたっぷりとまぶたにつけましょう。眉骨の下までアイホール全体にのせてみると、より目元が際立ちます。大胆さを求めている人は青やライムグリーンといったアイシャドウを使ってみましょう。[19]
    • ネットで様々なメイク方法を検索したり、1970年代のファッション雑誌やメイク用品の広告などを参考にして着想を得ましょう。
  2. 2
    フェイス用ラインストーンを加える 顔にラインストーンを飾り、周囲と差をつけましょう。肌に使用することのできる粘着剤でストーンを特定の形状や模様になるように貼っていきます。会場の照明が反射してキラキラと輝き美しいでしょう。より大胆になりたいという人は、ラインストーンを大きくしましょう。[20]
    • シルバーやダイヤのラインストーンはどのような服装にも合うので、とても便利です。
  3. 3
    アイライナーを太く引く 1970年代の大御所ミュージシャンを真似て太めのアイライナーを引いてみましょう。会場で浮いてしまうことを心配する必要はありません。ディスコでは大胆さや独創性が最も大切です。大量の化粧品を使うことに違和感がある人は、目尻のみに猫目のような跳ね上げラインを描きましょう。[21]
  4. 4
    毛先が薄くなるように髪をカットし、上品で女性らしい髪型にする 髪に大胆にレイヤーを入れましょう。地毛を切りたくない場合は、レイヤーが入り、毛先が短く薄くカットされているかつらを探してみましょう。地毛をアレンジする場合は、この髪型は肩の長さの髪に最も適しているという点も考慮しましょう。
    • 当時のファラ・フォーセットの写真を参考にしてみましょう。
  5. 5
    髪をセンター分けにする センター分けはシンプルである一方で、とても70年代らしさが出ます。髪のアレンジにあまり時間をかけたくないという人は、くしを用意し、尖っている先端で前髪を中央で分けましょう。左右の毛の量が同じになるようにしましょう。[22]
    • 前髪が長いほうが分けやすいでしょう。前髪が短い人は、分けずにそのままにしましょう。
  6. 6
    ロックスターを彷彿とさせるマレットヘアにする 頭の左右は短く、後ろだけが長い髪型です。髪を自由にたなびかせ、ディスコ時代の雰囲気を体現しましょう。あまり髪に手をかけたくないのであれば、既存の髪型を無造作にもつれさせ、海からあがってきたばかりのような見た目に仕上げましょう。より本格的にディスコ時代を再現したいのであれば、マレットが一番でしょう。[23]
    • マレット風のかつらを購入して着用しても良いでしょう。
    広告

方法 4 の 4:
独創的なアクセサリーや靴を合わせる

  1. 1
    レトロなサングラスをかける サングラスが加わるとその日のファッションがより個性的になります。どのようなサングラスでも良いのですが、大きく丸みを帯びた形状のものが特に合うでしょう。フレームが太くカラーレンズが用いられているサングラスを着用するとおしゃれ度が増します。[24]
    • 卵型や円形のフレームを選んでみましょう。
  2. 2
    ヘッドバンドを取り入れて色を付け加える 鮮やかな色や模様のヘッドバンドで服装を仕上げましょう。頭の大きさに合った長さのヘッドバンド、あるいは楽に巻いて結ぶことのできるリボンを選びましょう。おしゃれ上級者の人は、個性的な装飾が施されているヘッドバンドを探してみましょう。[25]
    • より自然な見た目に仕上げたいという場合は、レザーのヘッドバンド、マクラメ編みの飾り、あるいは造花などを合わせてみましょう。
  3. 3
    おしゃれなバッグを添える 普段のバッグ、あるいはクラッチバッグをキラキラとしたハンドバッグと取り替えましょう。実際に持ち物をいれても飾りとして添えるだけだとしても、ディスコ全盛期のデザインのバッグは服装全体を引きたてます。楽しく独創的なデザインのものを見つけましょう。恐れずに大胆になりましょう。[26]
    • バッグを持ち運ぶ習慣がないという人は、小銭入れ、腕時計あるいは双眼鏡のケースなどを試しましょう。
  4. 4
    色鮮やかなスカーフや羽根のショールで首元を飾る スカーフを取り入れて様々な素材や色どりを首元に加えましょう。より忠実に70年代らしさを再現したいのであれば、原色1色のスカーフを用いましょう。自分らしい要素も加えたいのであれば、鮮やかな色合いの羽根ショールが最適です。[27]
    • スカーフもショールも好みではないという人は、シークイン(スパンコール)があしらわれたサッシュや扇子を合わせましょう。
  5. 5
    大ぶりのアクセサリでアクセントを加える きらびやかなイヤリングやブレスレットもつけましょう。ディスコの精神を完全に真似るのであれば、アームバンドやリストカフを試してみましょう。暖かみや丸みを加えたいのであれば華奢なチェーンやペンダントでも良いでしょう。[28]
    • ティアラや王冠を頭に乗せると、かなり豪華になります。
  6. 6
    無地、あるいは飾りつきのベルトを締める ベルトを上手に利用して、その日の服装のバランスを整えましょう。テーマに沿った服装なのであれば、ベルトは重要なワンポイントになります。全体的にシンプルな服装なのであれば、皮が編み込まれたデザインのベルトやビーズ刺しゅうなどが含まれているベルトがあると良いでしょう。目立たせたい時は、キラキラとしたビニール生地、ベルベット、あるいはラインストーンがちりばめらたベルトなどを選びましょう。[29]
    • ジャンプスーツの様に全身を覆うような服装の時は、ベルトではなく、布地のサッシュなどを巻くと良いかもしれません。
  7. 7
    厚底靴を履いて高さを加える 厚底靴を取り入れて、パーティー会場で最も背が高い人になりましょう。その日の服装に悩んでいる時は、まず靴を決めると良いかもしれません。シンプルにまとめたいのであれば、底が2.5~5センチ程の厚みのローファーを選びましょう。大胆さを演出したいのであれば、10センチ程の厚底ブーツやサンダルが良いでしょう。[30]
    • ジャンプスーツに厚底のローファーやブーツを合わせると、典型的なディスコファッションになります。
    • ノースリーブの白のダンス用ドレスとヒールサンダルを合わせても良いでしょう。より色を加えたいという人は、色鮮やかなドレスとカラフルな靴を選びましょう。
  8. 8
    ゴルフシューズを用意する よりフォーマルなディスコ風パーティーなのであれば単色のゴルフシューズが最適です。ディスコ全盛期のその他のアクセサリーや服装とは異なり派手さを抑えられますが、遊び心は損なわれません。かなりフォーマルに仕上げたいのであれば、ゴルフシューズにスラックスあるいはスーツを合わせると良いでしょう。[31]
    • 例えば、黒あるいは白のゴルフシューズと黒あるいは白のディスコスーツを合わせてみましょう。
  9. 9
    ローファーを履くことでレトロな雰囲気を出す ディスコ風パーティーだからと言って、全身を独創的な装いにする必要はありません。シャツやパンツがその日のファッションの主役なのであれば、足元はローファーを合わせることで目立たないよう工夫しましょう。個性的な印象を残したいのであればジャンプスーツやディスコスーツに合わせて履くこともできます。[32]
    • 例えば、白のディスコスーツと白のローファーを組み合わせましょう。あるいは、派手なディスコシャツと暗い色合いのスラックスまたはベルボトムパンツに、ニュートラルカラーのローファーを合わせてみても良いでしょう。
  10. 10
    ロングブーツで脚を強調する ロングスカートや長いパンツでなくてはいけないわけではありません。例えば、ミニスカートやホットパンツにロングブーツを合わせましょう。自由に色も加えてみましょう。明るい色のトップスを着ているのであれば、カラフルなひざ丈ブーツを履いて合わせましょう。[33]
    • 例えばティール色のトップスと、それに合わせたホットパンツという服装に、紺あるいはティール色のブーツを組み合わせましょう。
    • 縁飾りのついたブーツもまた、かなりディスコ風になります。
    • ホットパンツは丈がとても短く、太ももの上の方までしかありません。
    広告

ポイント

  • ディスコ風の服装やアクセサリーのほとんどは、ネットショッピングで購入することができます。ジャンプスーツなどは現在でも人気で小売店などで販売されています。ただし、細かなデザインや特徴は70年代のジャンプスーツとは異なるでしょう。

広告
  1. https://www.newidea.com.au/70s-disco-fashion-the-disco-outfits-we-couldn-t-go-past
  2. https://vintagedancer.com/vintage/70s-disco-fashion/
  3. https://vintagedancer.com/vintage/70s-disco-fashion/
  4. https://www.newidea.com.au/70s-disco-fashion-the-disco-outfits-we-couldn-t-go-past
  5. https://vintagedancer.com/vintage/70s-disco-fashion/
  6. https://www.fashion-era.com/1970s.htm#Disco%C2%A0Fashion
  7. https://www.aarp.org/politics-society/history/info-2017/icons-of-the-70s-disco-era-photo.html#slide1
  8. https://www.fashion-era.com/1970s.htm#Disco%C2%A0Fashion
  9. https://vintagedancer.com/vintage/70s-disco-fashion/
  10. https://www.goodhousekeeping.com/beauty/g2495/seventies-beauty-trends-back-2015/
  11. https://www.goodhousekeeping.com/beauty/g2495/seventies-beauty-trends-back-2015/
  12. https://www.goodhousekeeping.com/beauty/g2495/seventies-beauty-trends-back-2015/
  13. https://www.goodhousekeeping.com/beauty/g2495/seventies-beauty-trends-back-2015/
  14. http://hair-and-makeup-artist.com/mens-1970s-hairstyles/
  15. https://vintagedancer.com/vintage/70s-disco-fashion/
  16. https://vintagedancer.com/1970s/70s-headbands-wigs-hair-accessories/
  17. https://vintagedancer.com/vintage/70s-disco-fashion/
  18. https://vintagedancer.com/vintage/70s-disco-fashion/
  19. https://vintagedancer.com/vintage/70s-disco-fashion/
  20. https://vintagedancer.com/vintage/70s-disco-fashion/
  21. https://www.fashion-era.com/1970s.htm#Disco%C2%A0Fashion
  22. https://vintagedancer.com/vintage/70s-disco-fashion/
  23. https://vintagedancer.com/vintage/70s-disco-fashion/
  24. https://www.marieclaire.co.uk/fashion/1970s-fashion-moments-that-defined-seventies-style-96107

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: ファッション
このページは 68 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告