デイトレードで失敗しない方法

共同執筆者 Michael R. Lewis

この記事には:株取引に備える勝つための取引賢く発注する

初心者にとって、株の短期売買はライオンを手なずけるように難しいが、それ以上に金がかかる。デイトレードはリスクが高い、困難な挑戦なのだ。買った株を一日の内に売り、六時間の取引時間中に小刻みな株値の変動から利益を上げなくてはいけない。以前は普通の投資家には短期売買の設備は高嶺の花だった。しかし、現在は高速のインターネット回線と辛抱強さがあれば、だれでも株取引ができるようになった。以下では、丈夫な心臓を持つ人向けに、一般的な損失を回避する方法を紹介する。

パート 1
株取引に備える

  1. 1
    ビジネスプランを立てる 株の短期売買は、収益を生み出す全ての方法と同じくビジネス手段であるから、まずはビジネスプランを立て、以下の計画を練りこんでいく必要がある。
    • 株の短期売買で成功するために必要な設備:最低でも、動作の速いパソコンと高速インターネットは欠かせない。使っているパソコンに不具合が出たときのために、予備のパソコンに投資しておくのもよいだろう。
    • 基礎知識を得るために短期取引のトレーニング講座:例えば、株の動向を予想するための講座(テクニカル分析と呼ばれる)や、短期売買の戦略に集中した講座、売買取引中の資金管理方法に関する講座などがある。
    • 短期、長期両方の最低利益見込み
    • 短期売買の費用を含めた予算
  2. 2
    取引計画を立てる 世の中には、株式相場から短時間で簡単に利益を上げられる原理や戦略が溢れている。[1] どの戦略が自分に最も合っているかを見極め、一旦短期売買を始めたら、終始それに徹するべきである。
    • 成果の目標値を設ける。何をもって成功とするかの目安を決めておこう。
    • 取引を始める条件を決める。どのような兆候があれば、取引開始の好機と見ることができるのかを定める。
    • 取引したい株の種類を決める。一定額以下の株を狙うのか、大量株の小さな値動きから利益を上げるつもりなのか、などを考慮する。
    • 撤退する時期を定める。株を売るタイミングの目安を定めておこう。
  3. 3
    損失を覚悟する 短期売買には完璧な勝率などない。時には損失を被らなければならない時もあるだろう。それは株式相場の方程式として受け入れるしかない。
  4. 4
    不測の事態を予期する 株取引は激しいぶつかり合いを繰り広げるスポーツのようなものだ。株価の激しい揺れ動きや予期しない下降、原因不明の転換など、何に対しても事前に覚悟しておく必要がある。
  5. 5
    取引を練習する 何についても言えることだが、実際に短期売買を始める前に、まずは練習を行うべきである。有り難いことに、現代技術のおかげでそれは簡単にできる。全く経済的なリスクを伴わずに、疑似取引口座の作成や株取引が行えるのである。[2]

パート 2
勝つための取引

  1. 1
    取引戦略に徹底する 短期売買を始めたばかりの頃は、簡単に感情や不安に取りつかれて、株が自分に有利に動いていないとすぐに売りたい衝動に負けてしまうことがある。自分で立てた戦略を徹底し、感情に左右されないようにしよう。[3]
  2. 2
    上手くいかないと思っても、戦略に反することはしない 最善の戦略でさえも継続して損失を出すことはある。損失が出たという理由だけで戦略を変えるのではなく、市場の変化(市場が不安定になるなど)に合わせて戦略を変えるべきである。
  3. 3
    最新のニュースを知る 日常的に経済ニュースを読み、何が日々市場を動かしているのかを理解しよう。
    • 自分の取引プラットフォームにある銘柄に関連した話題にぶつかることもあるだろう。
    • 経済ニュースを取り扱うウェブサイトも多い。
  4. 4
    取引後の分析 一日の取引を終えた後、当日の取引を振り返って、結果を確かめる。特定の取引はなぜ成功したのか、損失が出たのは正確に戦略に従わなかったからなのか、などをよく考えてみよう。
  5. 5
    取引日誌をつける 日誌をつけるのは、時系列的に成功と失敗を省みる素晴らしい方法だ。幸い、取引日誌の作成を手助けするソフトも手に入る。
  6. 6
    市場の変化についていく 市場のすべてが解るようになることは決してないことを覚えておこう。市場は刻々と発達する有機体であり、常に変動し、落ち着くことはない。損失が出るという理由から戦略を変えるべきではないが、市場の変化に合わせて取引スタイルを変えることも重要だ。
    • 表面下の市場の変化に沿って戦略は変えても、感情や不安によって戦略を変えてはいけないことを覚えておこう。
    • 市場の不安定性が増したら、それは戦略を新しい市場の波に合わせる正当な理由である。しかし、不測の損失が出てしまったからといって戦略を変えるのは浅はかだ。
  7. 7
    「期待」は取引戦略ではない。取引が自分に都合よくいかなかったら、上手くいくようになるという期待に身を預けたくもなるだろう。しかし、「期待」は優れた取引戦略ではない。その代りに、戦略的に損失を考慮して、その場に合った行動を取らなければならない。

パート 3
賢く発注する

  1. 1
    すべての取引で損切り注文を使おう。損切り注文はある一定の損失が生じたらポジションを解消する方法だ。風向きが悪くなってもひどい損失を出さないようにしてくれる。[4]
  2. 2
    指値注文を使おう。指値注文を使うことで、一定株価以上の株は買わないようにすることができる。[5]株の値はわずか数分で大幅に変わってしまうものだから、いつも指値注文をしておくのがいい。
  3. 3
    株を「追いかける」のはやめよう。ひとしきりお金を儲けさせてくれる素晴らしい株に当たったと思って買い注文を入れるかもしれないが、少し経てば値が上がって結局注文が処理されていないことに気付く。買値を上げる。この行為は株を「追いかける」といって、一般的に避けたほうがいいとされている。肝心なことは適正な値で株を買うことであって、株を追いかけまわして注文を処理させることではないのを肝に銘じて頂きたい。

ポイント

  • グーグル検索をするだけで、テクニカル分析の概要や様々な取引戦略に関する無数の短期売買の無料講座に出会うことができる。
  • すべて自分の思い通りになどできない。短期投資者のオンライングループに入って、ほかの人から発想をもらおう。

注意事項

  • あまりにも取引速度が速すぎるため、企業について事前調査ができなかったり、そのほか昔ながらの株の分析方法が使えなかったりするせいで、短期売買はビジネスよりもギャンブルとみなされることが多い。
  • 短期売買は最もリスクが高く不安定な投資取引戦略である。
  • プロの財政管理者によると、最低でも95%の人は損失を出すという。

記事の情報

カテゴリ: 資金管理

他言語版:

English: Avoid Day Trading Mistakes, Español: evitar equivocarse al operar en intradía, Italiano: Evitare Errori Nel Day Trading, Português: Evitar Erros de Day Trading, Русский: избежать ошибок в дейтрейдинге, Deutsch: Fehler beim Day Trading vermeiden, 한국어: 데이트레이딩 시 실수하지 않는 방법, Čeština: Jak se vyhnout chybám v day tradingu, Français: éviter les erreurs de day‐trading, ไทย: หลีกเลี่ยงความผิดพลาดจากการซื้อขายหุ้นรายวัน

このページは 696 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?