デリケートゾーンの匂いを消す方法

共同執筆者 Lacy Windham, MD

デリケートゾーンに少しにおいがあるのは健康で普通なことですが、生臭いにおいや悪臭が強い場合は病気の可能性もあります。[1] においの他にかゆみ、灼熱感、炎症、またはおりものなど他の症状が出ることもあります。[2] 他に症状がなく、デリケートゾーンのにおいが気になるだけなら、病気の可能性は低いかもしれません。[3] 一般的な膣感染症が不快なにおいや悪臭の原因となる場合もありますが、速やかににおいをなくすために専門的な製品や家庭での処置を試すことができます。

方法 1 の 4:
デリケートゾーンを清潔に保つ

  1. 1
    ビデの使用をやめましょう。ビデは水や洗浄剤を膣に流し込むので、膣内に存在する健康的な細菌までも取り除いてしまいます。また、感染症にかかっている場合は、有害な細菌を子宮に押し込むことになるので症状が悪化します。[4]
    • デリケートゾーンスプレーの使用も控えましょう。これもビデと同じように膣の刺激になり、アレルギー反応を引き起こす恐れもあります。
    • 膣には自浄作用があることを覚えておきましょう。清潔に保ってさえいれば、無理に洗浄する必要はありません。膣が自らの力で膣内をきれいにする作用を妨害するのはやめましょう。
  2. 2
    入浴時やシャワーを浴びる際にデリケートゾーンを洗いましょう。カウブランドなどの無香料で肌にやさしいボディソープと水を使って、陰唇(膣の入り口を囲む粘膜やひだ)を含めたデリケートゾーンを洗いましょう。[5]
    • 膣口周囲の皮膚は繊細なので、香料の入った刺激の強いボディソープを使うのはやめましょう。皮膚の炎症を引き起こす恐れがあります。
  3. 3
    ゆったりした服とコットンの下着をつけましょう。そうすれば、特に運動したり汗をかいたりしたときに風通しが良くなるのでムレにくく、汗や細菌によるにおいを減らすことができます。[6]
    • 運動後は速やかに着替えましょう。汗で湿った衣類を必要以上に長く身に着けていると、悪臭の原因になります。
    • 細菌の繁殖や悪臭を防ぐために、毎日清潔な下着をつけましょう。
  4. 4
    トイレットペーパーを使う際は、前から後ろに拭きましょう。排便後にトイレットペーパーを使う場合は、デリケートゾーンに雑菌を広げないために前から後ろに拭きます。こうすると、悪臭や感染症の原因となる雑菌から膣を守れます。[7]
  5. 5
    4~6時間ごとにタンポンや生理用ナプキンを交換します。生理中はタンポンやナプキンを4~6時間ごとに換え、デリケートゾーンを清潔に保ちましょう。こまめに取り換えるとにおいを防ぐ効果があるだけでなく、生理中に膣が炎症を起こす心配がなくなります。[8]
    • タンポンをこまめに換えると、取り忘れを防げます。タンポンを入れたまま放置すると悪臭の原因になるうえ、深刻な病気につながる危険があります。
    広告

方法 2 の 4:
食生活の見直しと自然療法

  1. 1
    ヨーグルトを食べて善玉菌の成長を促します。ヨーグルトには自然に形成されたプロバイオティクス(生きたまま体内に届く微生物)が含まれており、膣や体内の細菌分泌のバランスを整える働きがあります。カンジダ膣炎を繰り返し発症する場合は、その悪臭を取り除くために毎日ヨーグルトを食べるという方法が健康的で良いでしょう。[9]
    • 体内の善玉菌を増やすためにヨーグルトを食べる場合は、そのヨーグルトにプロバイオティクスが含まれていることを確認しておきましょう。
  2. 2
    においの元になる食品を避けましょう。食べたもので体が特定のにおいを発するため、飲食物によってデリケートゾーンのにおいも変わることがあります。デリケートゾーンのにおいが気になる場合は、コーヒーやアルコール飲料を控えましょう。また、乳製品、牛肉、豚肉、玉ねぎや香りの強いスパイスを使った食品も避けたほうが良いでしょう。[10][11]
    • ただし、上記の食品によっておりものが悪臭を放つのは、大量に摂った場合です。このような飲食物を避けて、においが改善するか試してみましょう。
  3. 3
    塩とホワイトビネガーを入れた温かいお風呂に入りましょう。自然療法の1つとして、温かいお風呂に塩とホワイトビネガーをそれぞれ1/2カップずつ入れて入浴する方法があります。このお風呂に浸かって膣のpHバランスを正常に戻し、においをなくしましょう。[12]
    • この方法ではデリケートゾーンのにおいが完全に消えないかもしれないので、短期的な手段として行うのが良いでしょう。
  4. 4
    サプリメントを摂取します。フェミノールというハーブ系のサプリメントには、膣のにおいをなくし細菌性膣炎などの膣感染症を改善する効果があります。このサプリメントにはにんにく、ニーム樹皮の抽出物、ビオチン、亜鉛、セレニウム、アシドフィルス菌(乳酸菌の一種)が含まれています。フェミノールには、膣内の良い細菌を活性化させ、免疫力を高めて感染症を撃退する効果があるとされています。
    • このようなハーブ系サプリメントは高価な場合もあります。また、公的な規制がないため製造者が有効性を証明する必要がありません。摂取に関しては慎重に検討しましょう。
    広告

方法 3 の 4:
においの原因を突き止める

  1. 1
    生臭いにおい、グレーや白いおりもの、排尿時の焼けつくような痛みがある場合は注意が必要です。このような症状はすべて、一般的な膣感染症である細菌性膣炎によるものです。細菌性膣炎の原因はわかっていませんが、もともと膣内に存在する細菌の異常増殖が原因で引き起こされる可能性があります。[13]
    • 多くの場合、細菌性膣炎は不快な悪臭の他にこれといった症状が出ません。医師の診察を受けると感染を確認することができます。
    • 避妊具を使わないセックスやビデの使い過ぎなどで、細菌性膣炎を発症する危険が高まります。
  2. 2
    悪臭を伴う黄色や緑色のおりものがあるか確認しましょう。排尿時に痛みを感じることもあります。これは寄生虫が原因の性感染症であるトリコモナス膣炎の症状です。通常、トリコモナス症に感染した男性に症状はないので、トリコモナス膣炎と診断されたらパートナーと一緒に治療を受ける必要があります。[14]
    • 性感染症に配慮した安全なセックスを心掛け、コンドームを使用してトリコモナス症感染を防ぎましょう。
  3. 3
    イースト菌のようなにおいがする白くドロッとしたおりものに注意しましょう。排尿時や性交時にかゆみ、痛み、灼熱感を感じる場合もあります。これは、膣カンジダの症状です。膣カンジダは膣内常在菌の異常繁殖が原因で引き起こされます。[15]
  4. 4
    強いにおいを伴う水っぽいおりものがあるか確認します。排卵から次の生理までの期間または生理中にはホルモンが変化するため、おりもののにおいが強くなる可能性があります。この時期には、デリケートゾーンの不快なにおいが起こりやすくなります。[16]
    • 年齢や病歴によっては、更年期という可能性も考えられます。更年期にもホルモンの変化が起こるため、においを伴う水っぽいおりものが出ることがあります。
  5. 5
    運動後や汗をかいたときのにおいが気になるか確認します。全身が発汗するとデリケートゾーンも汗臭くなる場合があります。外性器にはアポクリン汗腺と呼ばれる特別な汗腺があり、脇の下、乳首、外耳道、まぶた、鼻翼(小鼻)にもアポクリン汗腺が分布しています。アポクリン汗腺は脂っぽい液体を分泌し、それが皮膚表面の細菌によって分解されるとにおいが発生します。[17]
    • 体にピッタリした服を着て汗をかくとその汗と細菌が閉じ込められてしまうので、においがひどくなります。太りすぎの場合は脚の付け根の皮膚にひだができるので、体のにおいが伝わりにくくなるかもしれません。
  6. 6
    タンポンは忘れずに取り出しましょう。タンポンを取り忘れると膣内に経血や細菌が溜まり、膣の炎症を引き起こす危険があります。その結果、強く不快なにおい、おりもの、かゆみが発生します。[18][19]
    • タンポンの取り忘れに気づいたら、直ちに婦人科医の診察を受けましょう。医師は安全にタンポンを除去し、取り忘れたタンポンが原因で発症したあらゆる感染症を適切に治療することができます。
    広告

方法 4 の 4:
医療機関で治療を受ける

  1. 1
    細菌性腟炎の疑いがあれば医師の診察を受けましょう。医師が内診を行い、採取した膣分泌物を検査して診断します。感染が確定したら治療のための錠剤やクリームが処方されるでしょう。[20]
    • 錠剤やジェルの形でメトロニダゾール、膣内に塗布するクリームとしてクリンダマイシン、また経口薬としてチニダゾールが処方されます。
    • メトロニダゾールやチニダゾールを服用している間および内服治療終了後少なくとも1日は、アルコールを控えましょう。
    • 細菌性膣炎は、治療後3~12か月以内に再発するケースがよくあります。再発したら別の治療法について医師と相談しましょう。
  2. 2
    膣トリコモナス症を発症した場合は医師に薬の処方を受けましょう。医師が膣分泌物を採取し、検査によって診断を下します。メトロニダゾールかトリニダゾールの成分量が多い錠剤が処方されるでしょう。パートナーがいる場合は、一緒にトリコモナス症の治療を受ける必要があります。[21]
    • 治療終了から1週間経って感染が治るまではセックスを控えましょう。また、ひどい吐き気や嘔吐につながる恐れがあるので、メトロニダゾール服用後24時間およびトリニダゾール服用後72時間はアルコールを避けましょう。
  3. 3
    カンジダ膣炎を発症した場合は、医師に薬の処方を受けましょう。医師が内診を行い、膣分泌物の採取と検査によって感染を確認します。[22]
    • 症状が軽度から中程度で合併症がなく頻繁に再発しない場合は、抗真菌作用のあるクリームや軟膏、経口薬または腟錠の単回投与もしくは1~3日分の薬が処方されるでしょう。医師に市販薬での治療を勧められることもあります。
    • 再発や症状が重篤なケースでは、膣に塗布するクリームや軟膏、経口薬、腟錠が7~10日分処方されるかもしれません。カンジダ菌の増殖を監視して再発を予防する治療計画を医師から勧められる場合もあります。
    広告

ポイント

  • デリケートゾーンのにおいの原因が感染症でなければ、週に数回温かいお風呂に浸かるだけでも症状が改善するかもしれません。
  • 多くの女性がおりもののにおいだと思っているのは、実際は汗腺から分泌された普通の汗のにおいだということもあります。さらに、においの原因が尿漏れという場合もあり、これは出産後によく見られます。

広告

このwikiHow記事について

学会認定産婦人科医
この記事はLacy Windham, MDが共著しています。 ウィンダム医師はテネシー州在住の認定産婦人科医です。メンフィスにあるテネシー大学医学部に学び、2010年にイースタン・バージニア大学医学部にて臨床研修を修了。同大学より最優秀母体胎児医学科研修医賞、最優秀研修医賞、最優秀腫瘍学科研修医賞を受賞しました。
このページは 235,802 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告