あなたに好意を持っている人からメッセージでデートのお誘いを受けたけれど、残念ながらあなたにはその気がないということもあります。メッセージを通じて相手を傷つけずに丁寧に断ることは厄介で難しいかもしれません。ここでは、そのような場合に役立つヒントを紹介します。

方法 1 の 10:
言葉を選びながら自分の気持ちを正直に伝える

  1. 1
    自分の気持ちを正直に伝えると誤解を招く恐れがありません。できるだけ相手を傷つけないように丁寧に断りましょう。あなたの気持ちがわからなくて悩むよりも、きっぱりと断られるほうが相手もすっきりするでしょう。[1] きっぱりと断れば、期待を持たせて後で傷つけることもありません。[2]
    • 単に「無理」「ごめんなさい」などと書くのではなく、「誘ってくれてありがとう。でも、あなたとは縁がないと思う」や「ごめんなさい。はっきり言って、あなたとは合わないと思う」などと書きましょう。
    広告

方法 2 の 10:
単刀直入に伝える

  1. 1
    相手を傷つけないように配慮しつつ誤解を避けるために、丁寧な言葉を選んで手短にまとめましょう。[3] できるだけ丁寧な言葉を選び、単刀直入にあなたの気持ちを伝えます。もしかしたら気持ちが変わるかもしれないという期待を相手に持たせないようにしましょう。[4]
    • たとえば、「昨日のデートはとても楽しかった。あなたはとても素敵な人だと思う」と書き始めるのではなく、「昨日はデートに連れて行ってくれてありがとう。でも、あなたとは縁がないと思う」などと書きましょう。
    • 気持ちをはっきりと伝えたければ、「ごめんなさい。あなたには興味がありません」というメッセージを送っても良いでしょう。
    • 「楽しかった」や「あなたは素敵な人」などという誉め言葉を使うと相手の気持ちが和らぐかもしれませんが、そこに重点を置かないように気を付けましょう。またデートしてもいいという印象を与えないようにします。

方法 3 の 10:
はっきりと直接的に断る

  1. 1
    相手が期待を持ってしまうような曖昧なメッセージを送るのはやめましょう。「また今度」のように場合によってはデートしてもいいと受け取られるメッセージを送って、やんわりと断るほうが相手が傷つかないと思うかもしれませんが、初めからその気がないのならこのようなメッセージを送らないほうが良いでしょう。[5] デートの誘いをきっぱりと断ると相手を傷つけてしまうと不安になるかもしれませんが、曖昧な返事でデートをする気もない相手に期待を持たせ、後になってから本心を伝えるほうがよほど残酷です。[6]
    • 「都合が合えば」や「そのうちに」などと書かないようにします。
    • プラトニックな関係で出かけるのなら構わないと思っている場合は、「友達としてなら一緒に出かけてもいい」などのメッセージを送っても良いでしょう。こうすると相手との繋がりを絶たずに遠回しに自分の気持ちを伝えることができます。ただし、誤った期待を持たせる可能性もあるので、はっきりと断るよりもリスクが高いかもしれません。
    広告

方法 4 の 10:
相手を褒める言葉を加える

  1. 1
    相手のプライドを傷つけないように配慮しましょう。相手がプライドを保てるように褒め言葉を付け加えると、デートの拒否を個人的な問題として受け取られる可能性が低くなるかもしれません。こうするとお互いの気まずさを最小限に抑えることができ、しこりが残らないでしょう。[7]
    • たとえば、「デートに誘ってくれる気持ちはとても嬉しいけれど、そういう付き合い方をするつもりはない」や「昨晩はとても楽しかったけど、あなたの気持ちには応えられない」などと書きましょう。

方法 5 の 10:
忙しいと言って断る

  1. 1
    デートを断る理由を伝えると、相手が受けるダメージを最小限に抑えられるかもしれません。必ずしも理由を伝える必要はありませんが、時間がないことやデートより優先させたいことがあることをはっきりと伝えても良いでしょう。[8]
    • たとえば、「今はデートに興味がない」、「仕事に集中したい」、「ごめんなさい。今は本当に勉強が忙しいので」などのメッセージを送りましょう。
    • ただし、忙しいという理由で断るときっぱりと断るよりも本心が伝わりにくいので、時間が経てばデートできるかもしれないという期待を持たせることになるかもしれません。
    広告

方法 6 の 10:
相手と自分の違いを強調する

  1. 1
    相性が悪いことは、デートを断る正当な理由になります。相性が悪いと思っていることを伝えれば、デートを断る理由を相手に理解してもらえるかもしれません。自分のタイプではない人とのデートを断るのいうのであれば、納得がいくでしょう。[9]
    • たとえば「私たちには共通点がほとんどない」や「ごめんなさい。私とあなたは全く違う世界に住んでいると思う」、「あなたはとても素敵だけれど、私のタイプとは違う」などと書きましょう。

方法 7 の 10:
友達としてしか見られないと丁寧に伝える

  1. 1
    期待を持たせるよりも、区切りをつけるほうが良いでしょう。[10] できるだけ丁寧な言葉を選び、友達のままでいようと伝えます。デートを断ることに変わりはありませんが、ロマンチックな関係を求めていないことがきちんと伝わるので、曖昧な言葉でごまかしたり期待を持たせたりするよりも相手に理解されやすいでしょう。[11]
    • たとえば「友達として遊びに行くならいいよ」や「友達として仲良くしたい」などと書きましょう。
    広告

方法 8 の 10:
他に好きな人がいることを伝える

方法 9 の 10:
自分側の問題であることを示す

  1. 1
    相手のせいにするのではなく、自分側の問題であることを伝えます。相手に非がないことを示せばデートの拒否を個人的に捉えられる心配がなく、相手のプライドも保てるでしょう。相手を責めたり欠点を指摘したりするのではなく、自分の視点を強調しましょう。[13]
    • たとえば、「あなたはとても素敵だけれど、今は他のことに気持ちが向いている」や「あなたのことは友達としてしか見られない。ごめんなさい」などと書きましょう。
    • 「あなたは、私に釣り合う人ではない」などと書かないようにしましょう。
    広告

方法 10 の 10:
早めに返事をする

  1. 1
    スルーすると気持ちが伝わらず、相手を傷つけるかもしれません。即座に返信する必要はありませんが、この状況を長引かせないためにできるだけ早く返事を送りましょう。放っておいたり既読のままスルーしたりするのはやめましょう。デートを断るには勇気がいるかもしれませんが、無視したり返事を先延ばしにしたりすると相手をさらに傷つける可能性があります。早めに返事をするほうが親切で節度があり、お互いの時間も無駄にならないでしょう。[14]
    • 断るつもりなら、「後で返事する」や「考えさせて」などのメッセージを送るのはやめましょう。相手に期待を持たせて後で落ち込ませることになりかねません。

ポイント

  • 冷たい、または残酷な言葉で断るのはやめましょう。上手に断ることは非常に難しいかもしれませんが、自分の気持ちをはっきりと伝えつつ、できるだけ優しく穏やかな言葉を選びましょう。
  • 相手がしつこい場合は、断固とした態度できっぱりと断りましょう。それでも相手が諦めない場合は、無視するかブロックします。一度はっきりと断れば相手に十分伝わるはずです。
広告

関連記事

インスタグラムで写真に音楽を付けるインスタグラムで写真に音楽を付ける
Facebook Messengerで誰かが自分をブロックしていないか確認するFacebook Messengerで誰かが自分をブロックしていないか確認する
Facebookライブ動画配信を見るFacebookライブ動画配信を見る
Twitterアカウントを休止するTwitterアカウントを休止する
Facebookの投稿をシェアしてくれた人を調べるFacebookの投稿をシェアしてくれた人を調べる
インスタグラムに問い合わせるインスタグラムに問い合わせる
Facebookで制限リストに入れられているかどうかを知るFacebookで制限リストに入れられているかどうかを知る
Snapchatで友達がオンラインかどうかを知るSnapchatで友達がオンラインかどうかを知る
フェイスブックにリンクを投稿するフェイスブックにリンクを投稿する
リツイートを削除するリツイートを削除する
Pinterestに写真をアップロードするPinterestに写真をアップロードする
Facebookで友達にブロックされているか、または友達がアカウントを停止しているかを知るFacebookで友達にブロックされているか、または友達がアカウントを停止しているかを知る
誕生日のお祝いに応える誕生日のお祝いに応える
Snapchatスコアを早く上げるSnapchatスコアを早く上げる
広告

このwikiHow記事について

Erika Kaplan
共著者 ::
マッチメーカー
この記事の共著者 : Erika Kaplan. エリカ・カプランは国内9都市にてエグセクティブを対象とした出会い仲介サービス業を展開している会社「Three Day Rule」のデートコーチ及びマッチメーカーです。6年以上の経験を有し、独身クライアントが好条件のパートナーと出会えるよう、デートコーチングや上級仲介サービスを提供。ペンシルバニア州立大学にて広報学の学士号を取得。Rolling Stone、Us Weekly、Men’s Journalの出版部勤務を経て、元来情熱を抱いていた「人々を結び付ける」マッチメーキング業界に転職。これまでにLifetime、Philadelphia Inquirer、CBS、Thrillist、Elite Daily、Men’s Health、Fast Company、Refinery 29など数多くのメディアで取り上げられました。
このページは 277 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告