トイレで立ったまま大便をする方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事には:適切な場所を選ぶ後片付けをする問題を理解する9 出典

公衆トイレで大便をするのは気がひける時があります。トイレが特別汚いか、便座が冷たかったり他に不快になる要素があったりしてどうしても便座に座りたくない場合があるでしょう。理由が何であれ、座らず立ったまま大便をしたい時があるかもしれません。この記事で紹介するいくつかの方法で、簡単に立ったまま大便をすることができます。

パート 1
適切な場所を選ぶ

  1. 1
    一番適した個室を選びましょう。便意があるのに個室が複数ある公衆トイレにしか行けない場合は、せめて最も目的に合った個室を選びましょう。何よりもまず、鍵がかけられる個室を選ぶべきです。用を足す最中に誰かに邪魔されたくはないでしょう。[1]
    • 清潔さが一番重要なら、入り口に近い個室を選びましょう。ある調査によると、入り口に近い個室は使われる頻度が低いので、一般的に他の個室より綺麗なことが多いようです。
  2. 2
    必要なものを集めましょう。まずトイレットペーパーが必要です。用を足す前に、個室に充分な量のトイレットペーパーが手の届く場所にあるか確認しましょう。大便をする前に、便器にトイレットペーパーを少量敷いてみましょう。こうすると用を足す際、水の跳ね返りを防ぐことができます。[2]
    • ポケットやバッグにウェットティッシュを入れて持ち歩きましょう。後片付けに役立つこと間違いありません。
    • ペーパータオルを持って個室に入りましょう。どこか汚してしまった際にトイレットペーパーより役に立ちます。
    • 立ったまま大便をする可能性があることが事前にわかっている場合は、なるべく楽にできるような服装を選びましょう。女性なら、スカートが最も楽にできる服装です。スカートの裾をたくし上げて、腰の周りに持ちます。男性なら、持っている中で一番良いフォーマルパンツを履くのは避けましょう。立ったまま用を足すのは間違ったら便座に座って大便をするより汚れる可能性があるので、上質な服を着るのは避けたほうが良いでしょう。
  3. 3
    プライバシーを確保しましょう。公衆トイレを使う時に緊張する人もいます。これに該当する場合は、トイレに行く時になるべく人目に触れないようにする方法があります。建物の入り口やロビーから遠い場所にあるトイレを探しましょう。このようなトイレは人の出入りが少ないので、トイレを独り占めできる可能性が高くなります。うまくいけば、これで緊張がほぐれるでしょう。
    • 友達の家でこの方法を使う場合は、トイレの音が外に聞こえてしまうのではと心配になるかもしれません。トイレを使う時に、洗面台の水を流してみましょう。水の流れる音がトイレの音を隠すので、よりプライバシーが守られていると思えるはずでしょう。
  4. 4
    しゃがんでみましょう。大便をする時は、まっすぐ立つのではなくしゃがむ必要があります。こうするとちゃんと狙いを定めることができるので、便器を外す可能性が低くなります。また、しゃがむと姿勢が安定するので、ぐらつきにくくなります。[3]
    • 膝を少し曲げ、若干前かがみになってしゃがみましょう。両手を使ってお尻の肉を広げることもできます。こうするとより速く楽に用を足せるかもしれません。

パート 2
後片付けをする

  1. 1
    充分に拭きましょう。立ったまま(あるいはしゃがんだまま)用を足すと、便を出す方向をうまくコントロールできなくなる可能性があります。このため、お尻を適切かつ完全に拭き取ることが特に大切です。必ず前から後ろに向かって拭くようにしましょう。[4]
    • 優しく、しっかり拭きましょう。
    • 可能なら、ペーパータオルかトイレットペーパーを濡らして(ほんの少しだけ)拭きやすくします。
    • ウェットティッシュを持ち歩きましょう。陰部周りを刺激しないように、無香料のものにします。
  2. 2
    周りを片付けましょう。水が跳ね返っていたら、ペーパータオル、トイレットペーパー、あるいはウェットティッシュを使って拭き取ります。便座に何かついた場合は、便座も拭きましょう。使い捨て便座シートを使ったなら、必ずトイレに流すかゴミ箱に捨てます。[5]
  3. 3
    手を洗いましょう。細菌の拡散を防ぐには、徹底的に手を洗うのが一番良い方法です。熱すぎないお湯と石鹸を使います。手に水を流しながら少なくとも20秒間は両手を素早くこすり合わせます。[6]
    • 綺麗なタオルかハンドドライヤーを使って両手をしっかりと乾かしましょう。
    • 手洗い場がないなら、除菌ジェルでも代用できます。

パート 3
問題を理解する

  1. 1
    不安によるものか考えてみましょう。立ったまま用を足したい理由を考えてみます。公衆トイレにある細菌が気になりますか?病気になるかもしれないと不安ですか?このような不安は一般的ではありますが、公衆トイレを使って病気になる可能性はとても低いでしょう。不安な気持ちに対処する方法を探してみましょう。[7]
    • 不安によって日常生活が困難になっていると感じるなら、医師に助言を求めましょう。不安な気持ちをなくすヒントをもらえるだけでなく、必要な場合は、メンタルヘルス専門家を紹介してもらえるかもしれません。
    • 深呼吸しましょう。こうすると心身をリラックスさせることができます。
  2. 2
    公衆トイレを避けましょう。仕事や人々に会いに行く前に、家でトイレを済ませましょう。これを習慣化してスケジュールに組み込むようにします。たとえば、朝用を足すことが多いなら、少し早く起きるか仕事に出かける時間を少し遅くして充分な時間を確保しましょう。余裕を持つことが大事です。[8]
  3. 3
    医師に相談しましょう。便通が予測できないなら、医師に相談します。大抵の人の場合、かなり規則正しく排便します。便通が不規則で予測できない場合は、過敏性腸症候群か他の病気かもしれません。[9]
    • ためらわずに医師に排便について詳細に相談しましょう。詳細に説明すればするほど、医師が診断しやすくなり適切な治療を受けられるはずです。

ポイント

  • パンツの後ろ側が便座の裏側に触れないように気を付けましょう。床が濡れているかとても汚い場合は、パンツの裾をできるだけ上までロールアップするか、パンツの裾を膝か膝上まで1回折りします。
  • 携帯電話や便器の中に落ちそうなものはポケットから出しておきましょう。

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 個人衛生

他言語版:

English: Poop While Standing up at a Toilet, Español: defecar de pie en el retrete, Italiano: Defecare Stando in Piedi, Português: Defecar em Pé no Banheiro, Русский: какать, стоя в туалете, Deutsch: Die Toilette im Stehen benutzen, Bahasa Indonesia: Buang Air Besar sambil Berdiri, Français: déféquer debout aux toilettes, 中文: 站在马桶上解大便, Nederlands: Staand poepen op een toilet, العربية: التبرز أثناء الوقوف على المرحاض

このページは 93 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?