トコジラミに刺されるのは気持ちのよいものではありませんが、幸いにも治療は簡単です。このwikiHowではその方法をいくつか紹介します。ただし、治療に取りかかる前に必ず、トコジラミが傷の原因であることを確認しましょう。

パート 1 の 2:
トコジラミの刺し跡を見分ける

  1. 1
    刺し跡を詳しく調べましょう。トコジラミの刺し跡は、蚊の刺し跡を含む他の虫の刺し跡と良く似ています。刺し跡は大抵赤く腫れ上がりますが、水疱のようになることもあります。トコジラミの刺し跡と、他の虫の刺し跡の違いを見極めるのは大変難しく、普通は医師でも見ただけでは判別できません。[1]
    • しかし、トコジラミの刺し跡にはある特徴があります。時に刺し跡が一つだけ現れることもありますが、大抵は3カ所から5カ所続けて刺し跡が残るか(朝食、昼食、夕食と呼ばれています)、赤い腫れ(この発疹はトコジラミ刺症と呼ばれています)が密集して現れます。刺し跡はジクザグ状に現れることが多く、朝に刺された時は直線上に現れることもあります。
    • 刺し跡は、首や顔面、足や腕などの体の露出部分によくできます。蚊の刺し跡とは対照的に、トコジラミの刺し跡は膝の裏や皮膚のひだ部分にはほとんどできません。
    • 腫れもしくは発疹は通常1、2週間で自然治癒します。しかし刺し跡が回復しても、害虫駆除を行わなければ継続して刺されます。トコジラミがいる限りトコジラミの標的になるでしょう。
  2. 2
    いつ刺されたのかに気を付けましょう。例えば起床時に、前日にはなかった刺し跡に気付くかもしれません。しかし、人により発症時間が大きく異なるため、それだけではいつ刺されたかを特定できません。虫刺されの症状は、刺された数時間後から1週間以上のいつの間でも発症する可能性があります。
    • トコジラミの刺し跡は、発症するまで長い潜伏期間があります。目視できる刺し跡(かゆみの伴う赤い腫れ)は刺されてから10日間までに現れます。
  3. 3
    自宅にトコジラミの形跡がないか調べましょう。まず寝室から始めます。トコジラミは温かい人血を吸血するので、人のいる場所を好みます。シーツ上の赤い染みを目印にしましょう。染みは、吸血後につぶされたトコジラミから、もしくは吸血後の刺し傷から付きます。[2]
    • 裏地や縫い目も含めたマットレス全体を調べます。休眠中のトコジラミや死骸、抜け殻(トコジラミの外骨格)や糞(小さな黒い点や汚れ)を探します。シーツや枕カバー、枕も確認しましょう。
    • 生きたトコジラミを捕まえるのは大変困難です。トコジラミは小さな茶褐色の昆虫で、幅広い楕円型の体型をしています。トコジラミは大変隠れ上手です。 それでも刺し跡の原因がトコジラミかどうかを確認するには、トコジラミを見つける以外に方法がありません。[3]
  4. 4
    医師を訪ねましょう。寝床にトコジラミの形跡が見つからず、刺し跡や発疹の原因が特定できないときは、医師に診断してもらいましょう。しかし、トコジラミによる症状は他の虫刺されや皮膚症状と大変似ているため、医師も虫刺されの原因がトコジラミであると断定できない可能性が高いでしょう。それでも、医師の診断を受けてトコジラミが人体に危害を加えることはほとんどないという確約を得ると安心するでしょう。
    • かゆみと炎症を抑えるため、医師は副腎皮質ステロイド外用剤を処方するかもしれません。こうした塗り薬は市販薬よりも強力です。
  5. 5
    害虫駆除業者に依頼をしましょう。これが、トコジラミに刺されたかどうかを確認する最も確実な方法です。害虫駆除業者は、自宅をくまなく調べてトコジラミが蔓延しているかどうかを確認してくれます。
    • 害虫駆除業者は何を探したらよいか良く理解していて、トコジラミの駆除と再発防止の手段を講じるでしょう。
    • 自分で噴霧したり殺虫剤を使用したりしても、大抵の場合トコジラミの駆除はできません。[4] 自宅のトコジラミを完全に駆除するために、専門の害虫駆除業者に依頼をしましょう。
    広告

パート 2 の 2:
トコジラミの刺し跡を治療する

  1. 1
    石けんと水で刺し跡を洗いましょう。弱性石けんと水で刺された場所を洗います。手のひらを水で十分に濡らして、棒石けんを使います。手のひらで石けんを十分に泡立てます。石けんの泡を患部にたっぷり擦り込みます。患部全体を覆うまで繰り返します。泡は「すすがず」にそのまま放置します。刺された患部の泡が乾燥するまで待ちます。直ちにかゆみが治まることに気付くでしょう。[5]
    • 刺し跡を石鹸水で洗浄すると、かゆみの緩和と皮膚感染の予防になります。
  2. 2
    自宅療法でかゆみを和らげましょう。刺し跡に伴うかゆみを緩和するため、次に挙げるいくつかの療法を試しましょう。すべての療法は、既に自宅にあると思われる物を利用しています。
    • ベーキングパウダーと水でペーストを作ります。ベーキングパウダーに水を少しずつ加えながら濃いペースト状になるまでかき混ぜます。トコジラミの刺し跡に厚くペーストを塗ります。発疹上のペーストが乾燥するまで1時間かそれ以上待ち、その後ぬるま湯で洗い落とします。
    • コットンボールを自然の収斂剤であるレモン汁、セイヨウオトギリソウもしくはマンサクの抽出液に浸します。コットンボールで発疹を軽くたたいて乾燥させるとかゆみが抑えられます。
    • アロエベラから作られたジェルをトコジラミの刺し跡に塗ります。純粋アロエベラ100%のジェルを用いましょう。アロエベラは抗生物質と抗菌性成分の両方を含んでいるので、掻き傷から生じる2次感染を防ぐ助けになります。
  3. 3
    市販のステロイド系かゆみ止めクリームを用いましょう。ヒドロコルチゾンやコルチゾンを含有するクリームは、炎症とかゆみを抑える効果があります。ヒドロコルチゾン1%含有のクリームはドラッグストアや薬局で入手できます。医師はどのブランドの、どのクリームが適当かを教えてくれるでしょう。[6]
    • 箱に記載されたクリームの正しい使用法に従います。クリームは大変刺激性が低いため、1週間程度の短期使用であれば副作用はありません。
    • 医師の処方で、さらに強力な副腎皮質ステロイドクリームを入手することもできます。
  4. 4
    カラミンローションを用いましょう。カラミンローションを患部に塗布すると、かゆみを軽減できます。カラミンローションは、回復に伴い発疹を乾燥させ皮膚を保護します。[7] [8]
  5. 5
    経口抗ヒスタミン薬を服用しましょう。ジフェンヒドラミンのような経口抗ヒスタミン薬は、虫刺されに伴うアレルギー反応(腫れと発疹)を抑制します。[9]
    • 箱の説明書に従って正しく服用しましょう。
    • ジフェンヒドラミンは眠気を誘発するので、服用後の運転は避けましょう。
    • 市販の抗ヒスタミン外用クリームを患部に塗ってみるのもよいでしょう。
  6. 6
    鎮痛薬を入手しましょう。刺し跡に不快感や痛みが伴うなら、イブプロフェンやナプロクセン、アスピリンなどの市販の抗炎症鎮痛経口薬を服用しましょう。こうした薬の用法や適応性に疑問がある時は医師と相談します。[10]
    • イブプロフェンは非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)です。体内で炎症と痛みを引き起こす原因となるホルモンと、発熱を促すホルモンを抑制する働きがあります。
    • アスピリン(アセチルサルチル酸)は鎮痛作用のある薬で、脳へ送られる痛みの信号を阻害して痛みを和らげ、熱を下げる解熱作用もあります。小児は服用を避けましょう。
    • アセトアミノフェンは小児にとってはアスピリンよりも安全で、アスピリンとほぼ同等の効果があります。しかしNSAIDではないので、抗炎症作用はありません。
  7. 7
    医師に相談しましょう。トコジラミの刺し跡が自然治癒する期間(1、2週間)を過ぎても治癒しない時は、医師の診察を受けます。次に挙げるいずれかの症状が見られる場合も医師の治療を受けましょう。[11]
    • 複数の刺し跡
    • 水疱
    • 皮膚感染の兆候(痛みに過敏であったり膿がでる)
    • アレルギー性皮膚反応(赤く腫れた肌もしくはじんましん)
    • 爪の間は病原性微生物の宿主なので、他の虫さされと同様にトコジラミの刺し跡も掻きすぎると感染症を起こします。刺し跡が感染すると赤く腫れ上がり、痛みに過敏になって膿が出てくるかもしれません。皮膚の広範囲が感染しない限り、通常発熱することはありません。ここに挙げた症状のいずれかがみられる時は2次感染の可能性があるので、医師の診断を受けなければなりません。医師は抗生物質を処方するか、軽度の感染症であれば処方箋なしで入手できる消毒薬を勧めるでしょう。[12] [13] [14]
    • 重度のアレルギー反応を起こした場合、医師は抗ヒスタミン薬や副腎皮質ステロイドあるいはエピネフリン(アドレナリン)の注射をするかもしれません。[15] [16]
    広告

ポイント

  • 通常、トコジラミの刺し跡の治療に医療処置は必要ありません。[17] 厳密な医学的見地からすれば、トコジラミはほとんど、あるいは全く人に害を及ぼしません。さらに、この分野に関する研究がなされていないために、刺し跡の自然治癒期間(1、2週間)を短縮する治療法があることを示す証拠もありません。
  • 特に熱帯気候の地域で休暇を過ごした場合は自宅に戻る前に、必ずすべての衣服をできる限りの熱湯で洗濯しましょう。自宅へトコジラミを持ち込むことを防ぐためです。

広告

注意事項

  • 刺し跡は1、2週間で自然治癒しますが、治療することも可能です。しかし、トコジラミの蔓延に対処していないと継続的に刺される結果になります。[18]
広告

関連記事

How to

爪が割れたときの対処

How to

お酒の酔いを早く覚ます

How to

吐き気を止める

How to

2週間でお腹周りの脂肪を落とす

How to

自分で身長を測定する

How to

勃起を抑える

How to

割れた足の爪を処置する

How to

キスマークを偽造する

How to

声を低くする

How to

嘔吐を誘発する

How to

生理をはやく終わらせる

How to

体温計を使わずに熱があるか知る

How to

お腹まわりの脂肪を取る

How to

マスターベーション依存症の克服
広告

このwikiHow記事について

Corey Fish, MD
共著者 :
Corey Fish, MD
小児科医、BraveCare医務部長
この記事の共著者 Corey Fish, MD. コーリー・フィッシュ博士はオレゴン州ポートランド市にある小児医療センター「Brave Care」の小児科医兼医務部長です。10年以上にわたり小児医療に携わっており、米国小児科学会に所属しています。2005年にパシフィックルーセラン大学にて生物学の学士号を、2009年にワシントン大学医学大学院にて医学博士号を取得。2012年にテキサス大学サウスウェスタン医学センターにて小児科医としての臨床研修を修了しました。 この記事は52,075回アクセスされました。
カテゴリ: 健康
このページは 52,075 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告