トップサーロインステーキには適度にサシが入っているため、誰もが好む、口の中でとろけるような味わいが楽しめます。通常、この骨なしの部位は価格が非常に手頃で、家族みんなで味わえるほどボリュームがあります。そして何より、様々な調理法に向いているのです。トップサーロインの選び方や、ソテー、グリル、直火焼き、ローストという4つの代表的な調理方法をご紹介します。

方法 1 の 5:
調理の下準備をする

  1. 1
    肉屋やスーパーでトップサーロインを選ぶ
    • 食事に十分な量の肉を選びましょう。一人前のステーキの分量は、110g~230g程度見ておきます。
    • 最低でも2.5cm、できれば5cmの厚さのものを選びましょう。厚みのないステーキ肉は、調理中にすぐにパサパサになってしまいます。
    • 新鮮なサーロインステーキは赤身が濃く、サシが多く入っています。このサシにより、ステーキがジューシーなものになるのです。
    • 外側に脂身があるのが良い肉です。
  2. 2
    肉を取り出し、洗う 肉の両面を冷たい流水にさらした後、ペーパータオルで十分水気を拭き取りましょう。
  3. 3
    好みに応じて下味を付ける 良いステーキ肉には、それほど下味を付ける必要はありません。両面にまんべんなく塩コショウを振るだけで十分です。
    • ガーリックパウダーや赤唐辛子、チリパウダー、イタリアンスパイスを加えてもよいでしょう。
  4. 4
    好みにより、肉をマリネする トップサーロインステーキは様々な味付けに合うので、マリネにうってつけの肉です。
    • 店でお好みのマリネ液を選ぶか、油と酢、スパイスを1対1対1の割合で混ぜて手作りします。
    • 密封できるビニール袋に肉を入れ、マリネ液を加えます。封をして、4時間から一晩ほどマリネします。
    • 調理の準備が整ったら、肉を袋から取り出してペーパータオルで水気を拭き取り、次のステップに進みます。
  5. 5
    調理の前に、肉を1時間室温に置いておく 冷蔵した肉を調理する場合、好みの「焼き加減」にするのが難しくなります。室温に戻した肉ならば、レアやミディアムレア、ミディアムウェル、ウェルダンといった個別の焼き加減に仕上げやすくなります。
    広告

方法 2 の 5:
ソテーする

  1. 1
    ステーキ肉を人数分に切り分ける 木のまな板には肉の雑菌が付きやすいので、プラスチックのまな板を使いましょう。
  2. 2
    鉄鍋もしくはフライパンを中火~強火にかける サラダ油を小さじ1~2杯入れ、十分に熱します。
  3. 3
    ステーキをフライパンの中央に載せる 片面を15秒焼いたら、トングで裏返します。両面を歯ごたえよくカリッと焼きます。
    • 表面に焼き色が付くまでは、肉を裏返さないでください。返すのが早すぎると、カリッと焼き上がりません。
    • フライパンで一度に何枚も肉を焼いてはいけません。複数枚焼く必要がある場合は、何回かに分けて焼きましょう。
  4. 4
    30秒ごとに肉を裏返して火を通す
    • レアの場合は、片面につき合計1分半焼きます。
    • ミディアムレアの場合は、片面につき合計2分焼きます。
    • ミディアムウェルの場合は、片面につき合計2分半焼きます。
    • ウェルダンの場合は、片面につき3分以上焼きます。
  5. 5
    ステーキをフライパンから出し、3分寝かせる こうすることで、肉汁がステーキ全体に行き渡ります。
  6. 6
    熱いうちに食卓に出す
    広告

方法 3 の 5:
グリルで焼く

  1. 1
    ステーキ肉を人数分に切り分ける 木のまな板には肉の雑菌が付きやすいので、プラスチックのまな板を使いましょう。
  2. 2
    グリルを準備する グリルに刷毛でサラダ油を塗り、中~高温に予熱します。十分熱するようにしましょう。
    • グリルが熱くなりすぎないように注意しましょう。熱すぎると、外は真っ黒なのに中は生焼けのステーキが出来上がってしまいます。
  3. 3
    ステーキをグリルの上に載せる まず片面を4分ほど焼きます。焼いている面に焼き目が付き、カリッとキツネ色になったら、トングでひっくり返します。反対の面をさらに4分焼きます。
  4. 4
    ステーキをグリルから下ろし、3分寝かせる
    広告

方法 4 の 5:
直火焼きする

  1. 1
    オーブンを260℃に予熱する
  2. 2
    オーブンに対応した焼き皿の表面に、焦げ付き防止の油を塗る 下味を付けた肉を中に入れます。
  3. 3
    皿をオーブンに入れる 肉は火から5~8cmほど離します。
  4. 4
    5cm程度の厚さのステーキの場合、5~6分ほど焼く 皿をオーブンから取り出し、肉の焼き面をひっくり返したら、再びオーブンに入れてさらに5~6分焼きます。
    広告

ポイント

  • サーロインステーキを直火焼きする際、歯ごたえよくカリッと仕上げたければ、ステーキの両面をそれぞれ約2~3分ずつ、フライパンで中火にかけてみましょう。こうすれば、直火焼きする前に肉汁も中に閉じ込められます。
  • 肉が上手く焼けているかわからない時は、肉用の温度計を使いましょう。先端がステーキの奥に達するまで針を差し込みます。調理法を問わず、内部の温度が63~68℃に達していれば、肉は焼けています。
  • 調理時間は肉の正確な大きさによって変わってくるので、その都度調整する必要があります。焼き加減をウェルダンにしたければ、片面につき調理時間を2~3分延ばします。

広告

必要なもの

  • トップサーロインステーキ
  • ハンドソープ
  • ペーパータオル
  • 塩、コショウ、にんにく(なくても可)
  • マリネ液(なくても可)
  • フライパン(ソテーする場合)
  • グリル(グリルで焼く場合)
  • オーブン(直火焼きまたはローストする場合)
  • トング
  • オーブンに対応した焼き皿(なくても可)
  • 肉用の温度計(なくても可)

関連記事

How to

傷んだ鶏肉を見分ける

How to

鶏肉料理を温め直す

How to

豚肉に火が通ったか確認する

How to

豚肉を柔らかくする

How to

鶏肉を柔らかくする

How to

鶏肉を茹でる

How to

オーブンでスペアリブを作る

How to

開けにくい瓶のふたを開ける

How to

ラムシャンクを調理する

How to

チャックステーキを調理する

How to

フライパンでステーキを焼く

How to

ひき肉を解凍する

How to

ベーコンを素早く解凍する

How to

ステーキをオーブンで焼く
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は1,948回アクセスされました。
このページは 1,948 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告