トナーカラーは、明るい髪の色味を変えるときによく使用される薬剤です。トナーカラーには、髪の黄味やオレンジ味を消す効果があり、髪をより金色やアッシュ系の色味に近づけることができます。カラー剤とは異なりますが、髪のベースの色合いを少し変えたいときに最適なアイテムです。トナーカラーを使うときは、トナーの効果をよく理解した上で、自分の髪色を観察し、美容師に相談をすることが大切です。

方法 1 の 3:
どんなときにトナーカラーを使うべきかを理解する

  1. 1
    自分の髪の色味を確認する トナーカラーはどんな髪にも効果を発揮するというわけではありません。希望の色味に仕上げるには、元の髪色が黄色味を帯びた状態にしておく必要があります。明るいアッシュ系や寒色にしたいなら、トナーカラーを使う前の髪色は、明るめの黄色でなくてはなりません。[1]
    • 元の髪色に注意しないと、イメージと違う仕上がりになってしまいます。
  2. 2
    ブリーチ後にトナーカラーを行う トナーカラーはブリーチ後に行うと効果的です。希望する明るさによっては、ブリーチをしてから、トナーカラーを行う必要があるかもしれません。トナーカラーには、ブリーチ後の髪色を馴染ませる効果もあります。
    • トナーカラーによっては、ブリーチ後に数日置かないと使えないものもあります。
    • 特にダークブラウンや黒髪を明るくする場合、希望の色味によっては、一定期間に数回ブリーチが必要となることがあります。
  3. 3
    カラーをした後にトナーカラーを使う トナーカラーはカラー後の髪にも使用できます。カラー後の髪色がいまいち気に入らないことってありますよね。髪の赤味や黄味が気になるなど、特定の色味を消したいときは、トナーカラーを使ってカラー剤を馴染ませ、髪色を調整することができます。
    • トナーカラーはカラーに失敗したときにも効果的です。髪色は変えられませんが、色味を均一にすることは可能です。
  4. 4
    1回で必ず希望の色味に仕上がるわけではないことを理解する 希望する色味によっては、その色味に仕上がるまで時間がかかります。髪に赤味や黄味が残りすぎていて、寒色やアッシュ系の色味が出づらくなっていることも考えられます。最終的には自分の希望の色味になるよう、美容師にアドバイスをもらうと良いでしょう。[2]
    • 例えば、はじめから髪色をシルバーにするのは難しいかもしれません。シルバーのトナーを使うと、髪が緑など、別の色になる場合があります。いきなりトナーを使うのではなく、まずはブリーチを何回か行い、髪の赤味や黄味を落とした方が良いでしょう。
    • ブリーチ、カラー、トナーカラーを行うときはカラーチャートを手元に置き、自分の髪色やトーンを確認しながら作業を進めましょう。こうすることで、イメージや希望と違った仕上がりになるのを防ぐことができます。
    広告

方法 2 の 3:
目的に合わせてトナーカラーを使う

  1. 1
    明るい髪の黄味やオレンジ味を抑える カラー後の髪の黄味やオレンジ味は、トナーカラーで抑えられます。トナーカラーを使えば髪のベースの色は変えられますが、髪色を変えたり、髪を染める効果はありません。また、トナーカラーが効果を発揮するのは、明るい髪やブリーチ後の髪のみです。[3]
    • 効果がないため、暗い髪にトナーカラーは使わないようにしましょう。
  2. 2
    明るい髪の色味を変える トナーカラーは明るい髪の色味を変えたいときにも使用できます。アッシュ系やくすんだ色味にしたいときは、トナーカラーを使えば寒色系の髪色に仕上がりやすくなります。ピンクや赤系の色味、暖色系やハチミツカラーもできますよ。[4]
    • トナーカラーを使えば、黄色や金、白ではなく、ピンクや紫、茶色、青などの色味が入った髪色も手に入ります。
    • トナーカラーの種類を調べて、自分に合ったものを選んでから使いましょう。
  3. 3
    トナーカラーを使ってハイライトを馴染ませる トナーカラーを使うと、均一で綺麗な髪色に仕上がります。カラーをした髪やハイライトが入った髪に使えば、失敗した箇所やまだらになってしまったカラーを隠したいときにも役立ちます。[5]
    • トナーカラーには、ハイライトを髪に馴染みやすくする効果があります。
    • カラー後の根元の色を抑えたいときにも使えます。
  4. 4
    髪の色を鮮やかにする いまの髪色を変えるのではなく、鮮やかにしたいときにもトナーカラーが活躍します。特に明るい髪色や、茶系の髪色の人に最適です。髪色がいまいちだったり、気に入らない人は、トナーカラーを使って美しい色味を手に入れましょう。[6]
    • トナーカラーは髪色を明るくし、濃くする効果があります。また髪に艶を与え、髪を健康的に見せます。
    • トナーカラーには、乾燥やダメージが気になる髪を綺麗に見せる効果もあります。
    広告

方法 3 の 3:
髪にトナーカラーをつける

  1. 1
    髪の好きな部分にトナーカラーをつける トナーカラーをつけたい部分の髪をまとめ、トナーカラーをつけます。髪全体に均一につける必要はありませんが、全体につけても構いません。トナーカラーは暗い髪には効果がないため、髪色が暗い部分に誤ってつけてしまっても問題ありません。[7]
    • 例えば、根元のハイライトの色を抑えたいときにも使えます。
    専門家情報
    Yan Kandkhorov

    Yan Kandkhorov

    ヘアスタイリスト
    ヤン・カンドコロフはニューヨーク市のミートパッキング地区にて「K&S Salon」を経営するヘアスタイリストです。ヘアスタイリストとして20年以上の経験があり、業界における象徴的なトレンドの仕掛け人として知られています。2017年より自身のサロンを運営しており、2019年にはExpertiseよりニューヨーク市における「Best Hair Salons」に選ばれました。現在まで数々の有名人や、Marie Clair USA、Lucy Magazine、Resident Magazineなどの一流ファッション誌とのコラボレーション企画に携わってきました。
    Yan Kandkhorov
    Yan Kandkhorov
    ヘアスタイリスト

    トナーカラーは必ず髪が湿った状態でつけましょう。 トナーカラーはタオルドライをした湿った髪につけます。そのほうが均一に広がりやすく、色を調整しやすくなります。乾いた髪につけてしまうと、使うトナーカラーの量が増えて思ったよりも濃い仕上がりになる場合があります。

  2. 2
    髪色が明るい人はアンモニア配合のトナーカラーを選ぶ 髪色が明るい人は、アンモニア配合のトナーカラーを選んだ方が良いでしょう。アンモニアが入ったトナーカラーは髪の色素を変える作用があるため、カラー剤に近い薬剤です。とはいえ、キューティクルまで浸透するわけではなく、髪の毛の表面に色をつけるだけなので、色は徐々に抜けていきます。[8]
    • アンモニア配合のトナーカラーはブリーチをした髪にも使用できます。ただし、ブリーチ後数日経ってから使うようにしましょう。ブリーチの直後にアンモニアを使うと、ダメージの原因となります。
    • 購入したトナーカラーの説明書に従って混ぜ合わせましょう。一般的には指定の割合で、1本分のトナーカラーと3%の2剤を混ぜ合わせます。商品によって使い方が異なるので、勝手に比率を変えたり、自己流で混ぜ合わせるのはやめましょう。
  3. 3
    ブリーチの直後に紫シャンプーを使う 紫シャンプーはブリーチの直後でもトナーカラーとして使用することができます。これは、紫シャンプーは他のトナーカラーよりも刺激が少なく、ブリーチ後の弱った髪を痛める心配がないためです。紫シャンプーは黄味やオレンジ味を消す効果があり、綺麗なアッシュ系や寒色系の色味に仕上がります。[9]
    • 効果を高めるには、週に2〜3回紫シャンプーを使って髪を洗いましょう。シャンプーをつけたまま5〜10分間放置すると効果的です。
    • 元の髪色によっては、金髪よりもグレーに近い色味になることがあります。その場合は、紫シャンプーを1日または2日おきに使うと良いでしょう。
    • 紫シャンプーの効果は商品によって異なります。
  4. 4
    ブリーチ後に紫のカラー剤を使う 紫のカラー剤も、明るい髪の色味を調整したいときに役立ちます。紫のカラー剤は髪の黄味やオレンジ味を消す効果があり、ブリーチ直後にも使用できます。ただし数滴だけにするなど、使用量をごく少量に抑えるようにしましょう。[10]
    • カラー剤を全て使うのではなく、少量のカラー剤とコンディショナーを混ぜ合わせます。これを髪につけて、15〜30分ほど放置します。カラー剤は少量に抑えることが大切です。カラー剤の量が多かったり、時間を置きすぎたりすると、髪が紫色になってしまいます。
  5. 5
    トナーカラーが初めての人は美容院に行く 今までにトナーカラーを使ったことがない人は、美容院に行きましょう。美容院なら、上手くブリーチを行い、あなたに合ったトナーカラーを選んでくれるはずです。既に髪色が明るい人は、美容院でイメージ通りの色味に仕上げてもらいましょう。[11]
    • 経験がない人が自宅でトナーカラーをすると、思い通りの色味に仕上がらないことがあります。
  6. 6
    トナーカラーをした髪をお直しする 髪を何度も洗っているうちに、トナーカラーは少しずつ落ちていきます。頻繁に髪を洗う人の方が、お直しが必要な回数も増えます。髪を洗う回数を減らせば、トナーカラーの色が長持ちしやすくなりますよ。[12]
    • お直しをするときは、美容院に行くか自宅用のトナーカラーを使用しましょう。
    広告

関連記事

How to

爪が割れたときの対処

How to

手についたヘアカラーを落とす

How to

割れた足の爪を処置する

How to

自分でロングヘアを切る

How to

髪に付いたガムを取る

How to

酷く絡まった髪の毛をほどく

How to

ネイルグルーを落とす

How to

ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす

How to

髪を切るかどうか判断する

How to

肌に付着したヘアカラー剤を落とす

How to

髪を一週間で伸ばす

How to

ブリーチなしで髪を明るくする

How to

ブリーチシャンプーをする

How to

除光液を使わずにネイルを落とす
広告

このwikiHow記事について

Yan Kandkhorov
共著者 :
Yan Kandkhorov
ヘアスタイリスト
この記事の共著者 Yan Kandkhorov. ヤン・カンドコロフはニューヨーク市のミートパッキング地区にて「K&S Salon」を経営するヘアスタイリストです。ヘアスタイリストとして20年以上の経験があり、業界における象徴的なトレンドの仕掛け人として知られています。2017年より自身のサロンを運営しており、2019年にはExpertiseよりニューヨーク市における「Best Hair Salons」に選ばれました。現在まで数々の有名人や、Marie Clair USA、Lucy Magazine、Resident Magazineなどの一流ファッション誌とのコラボレーション企画に携わってきました。 この記事は1,437回アクセスされました。
カテゴリ: 髪とネイル
このページは 1,437 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告