PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

男性から女性への性別移行は社会的にあまり例がなく、また個人的な問題ですが、そのプロセスは非常に複雑です。ただ、性別移行に正しい方法や間違った方法はありません。性別適合手術を受ける人もいれば、ホルモン補充療法で十分だと思う人もいます。どんな方法を取ろうとも、移行のプロセスは長期に渡り、費用も高額で、危険が伴うことに変わりありませんが、最終的には「やって良かった!」と充実感を覚えることでしょう。移行に当たっては辛抱強く取り組み、理解ある友人や家族に支えてもらいましょう。

パート 1
パート 1 の 5:
性別移行の準備をする

  1. 1
    性別移行の決心をする 自分が、出生時に割り当てられた性別と性自認が一致しないトランスジェンダーであることを受け入れるのは難しいことかもしれません。しかし、社会も徐々に変化を遂げ、トランスジェンダーが住みやすい安全な環境が整いつつあります。[1] 性別移行は一度行ったら決して元の状態には戻れず、リスクもあり、時間も費用もかかります。性別適合手術を受ける決心をする前に、十分に時間をかけて考えましょう。毎日日記をつけ、信頼できる親しい友人や支援グループのメンバーに相談しましょう。[2]
    • 地元にトランスジェンダーの支援グループがなければ、インターネットのグループに参加しましょう。
    • 性別移行を考えてまだ日が浅い場合は、じっくりとよく考えましょう。手術を受ける前に、女性として振舞ってみたり、社会的にも女性として通用するように様々な行動を起こしましょう。
    専門家情報
    Eric A. Samuels, PsyD

    Eric A. Samuels, PsyD

    臨床心理学者
    臨床心理学者のエリック・A・サミュエル医師は、サンフランシスコとオークランド市にて個人クリニックを経営している開業医です。サミュエル医師は男性、若年成人、そして多様な性的指向と性自認に悩む人たちを対象にカウンセリングを行っています。サミュエル医師は2016年に臨床心理専門職大学院、「Wright Institute」から博士号を授与されています。
    Eric A. Samuels, PsyD
    Eric A. Samuels, PsyD
    臨床心理学者

    自分がトランスジェンダーだと確信できない場合: 臨床心理学者のエリック・サミュエルズさんは次のように述べています。「性別移行を検討している間は、性別違和感があるでしょう。つまり、出生児に割り当てられた性別に伴う社会的規範に、不快を感じる状態だと言えます。また、出生時の性に基づいて自分を表現するよう奨励される社会のあり方に矛盾を感じることも含まれます」。

  2. 2
    自分で調べる 性別移行のプロセスについて、できる限り色々な資料を読んで勉強しましょう。移行のメリット、リスク、費用についても把握しましょう。他の移行方法も調べ、性差別と戦う覚悟をもち、移行が完了するまでに必要な金額を見積もりましょう。情報は色々な場所から、また様々な手段で集めることができます。インターネットで情報を得るには「LGBTQ」「男性から女性へ」「トランスジェンダー」などのキーワードで検索しましょう。地元の図書館で、トランスジェンダー関連の本や雑誌を探すのも1つの方法です。図書館のカタログはテーマごとに分離されています。 また、支援グループに尋ねれば参考になる情報が得られるかもしれません。情報源は最大限に活用しましょう。[3]
    • 性別移行は、個人によってそのプロセスや感じ方が異なります。広範囲の脱毛療法が必要ない場合や、ホルモン補充療法を受けた後、豊胸手術を受けない選択もできます。医療処置を全て受ける必要はないかもしれませんが、それでも、プロセス全体を把握することが不可欠です。知識が増えれば、詳細な情報を元に決心しやすくなります。[4]
  3. 3
    周囲にカミングアウトする いつ、どこで、どのように家族や友人にカミングアウトするかを決めるのは、かなりのストレスです。性別移行と同様にカミングアウトの方法は個人によって異なります。重要なのは、自分に合った方法を取ることです。1対1で打ち明けたいと思うなら、周囲の人たち全員に1人ずつ個人的に話をしましょう。一度に全員にカミングアウトしたい場合は、親しい友人や家族を集めて打ち明けましょう。とは言え、知り合い全員に報告する必要はありません。最も近しい人たちに正直に打ち明けるだけでも十分です。自分の気持ちや体験を伝え、支援を求めましょう。伝えた後は、彼らが1人で深く考えられるように時間を与えましょう。[5]
  4. 4
    性的少数者(LGBT+)の友達を作る  LGBT+のコミュニティーとのネットワーキングを通して、支援の輪が構築できます。LGBT+の友達は、異性愛者や、シスジェンダー(生まれ持った性別と心の性が一致しておりその性別に従って生きている人たち)が必ずしも知っているとは限らない物事の実態を話してくれたり、アドバイスしてくれたりするでしょう。積極的に人と交流し、同じような経験を持つ人を探しましょう。
  5. 5
    保険会社に相談して安価に済むように考える 性別移行にはかなりの費用がかかります。保険が適用されるプロセスも一部ありますが、全プロセスには適用されません。保険会社に、手術前のセラピー療法、ホルモン補充療法、脱毛、豊胸手術、膣形成術が保険の適用範囲内かを尋ねましょう。保険がない、または適用されないプロセスがあっても慌てる必要はありません。経済知識の豊富な友人に相談し、一緒に費用を見積もり貯金を計画しましょう。見積もりが得られたら、自己負担分の貯金を始めましょう。[6]
    • 平均すると、膣形成術の費用はおよそ200万円、レーザー脱毛の場合は、1時間あたり2500円から1万5千円ほどです[7] ホルモン補充療法の費用は1か月あたり500円から9000円ほどですが、生涯継続して受けなければなりません。しかしその額は、シスジェンダー女性のホルモン剤による避妊法とほぼ同じです。[8]
    • 性別移行の期間は、多くの場合、個人の財政事情によって決まります。[9]
  6. 6
    女性の声を出す訓練を始める 高い声、声色、声の響きなどを色々と試しましょう。[10] 胸声から頭声に変える練習をしましょう。つまり、裏声(ファルセット)で話すようにしなければなりません。それがマスターできたら、喉頭と喉仏周辺の筋肉を意識的にコントロールするなど、より高度な発声練習に進みましょう。[11]
    • 喉仏に指を2本当てて持ち上げるとピッチ(声の高さ)が上がります。練習するうちに筋肉が自然に喉仏を引き上げるようになります。[12]

パート 2
パート 2 の 5:
セラピストに相談する

  1. 1
    有資格のセラピストを探す 世界トランスジェンダー健康専門協会(かつての名称:ハリー・ベンジャミン・インターナショナル・ジェンダー・ディスフォーリア・アソシエーション)の標準的ケア基準によれば、ホルモン補充療法や性別適合手術を受ける前に、患者の身体的または精神的な病気を治療する専門家、ジェンダー・セラピストに相談することが推奨されています。LGBT+コミュニティーのメンバーに評判の高いセラピストを推薦してもらいましょう。また、メンバーと協力し、インターネットで経験豊富なセラピストを検索しましょう。安心して相談できるセラピストを探せたら、最後まで相談に応じてもらいましょう。あるいは、医師が患者に対して治療法や手術法などについて十分に説明をした上で治療を行うインフォームド・コンセントを遵守するクリニックを探しても良いでしょう。
    • 選んだセラピストに治療を受けた患者に治療費、治療方法、セラピストの経歴、患者受け入れの度合いなどを尋ねましょう。
    • セラピストにも質問をたくさんしましょう。ジェンダー相談に対する関心度、ホルモン療法と性別適合手術を推奨した患者の数などを尋ねましょう。
    • インフォームド・コンセントの下で治療を受ける際には、ホルモン補充治療の内容を理解し、治療開始の意思を示す文書に署名する必要があります。また、内分泌学者が患者の肝臓と腎臓が薬の服用に十分健康であることを確認した上で、薬を処方します
    • セラピストと相性が合わない場合は、躊躇せずに新しいセラピストを探しましょう。[13]
  2. 2
    診断を受ける 複数回の治療を通してセラピストに状態を診てもらい、診断書を書いてもらいましょう。自分の性器に対する嫌悪感、生物学的な性を除去したいという願望、また体の性と性自認との不一致といった症状が一貫していると判断すれば、セラピストは性別違和症と診断します。
    • これらの症状が少なくとも半年間持続して、性別違和症だと診断されます。
    • セラピストにも自分にも正直になりましょう。[14]
    • 性別違和症は、病気または精神的ショック状態にあることを意味しません。単に、出生時に与えられた性で生きることに満足していないという状態を指します。医師はこれを文書に起こし、あなたが望む、または必要とする薬の処方、または治療法や手術を受けるのに正当な理由があることを保証します。
    • 性別違和症は、必ずしも悲しい感情を意味するものではありません。 気分が落ち込んだり不安になったりした場合は、セラピストに相談しましょう。相談によって回復する場合もあります。
  3. 3
    治療計画を立てる 性別違和症だと診断された後、セラピストから治療法の選択肢を教えてもらえるでしょう。治療の目的は、感じ方を変えることではなく、違和感に対処し苦痛を和らげることです。継続的なセラピー治療に加えて、一般開業医または内分泌科医によるホルモン補充療法を受けることを勧める場合もあります[15]
    • 思春期に至っていない場合は、セラピストが二次性徴抑制ホルモン剤を処方することがあります。[16]
  4. 4
    男女の性別による社会的役割の移行を完了する 性別適合手術を希望する場合は、セラピストが医療処置を承認する前に、社会的性別役割の移行を完了していなければなりません。この移行期間中の1〜2年間は、自認する性として生活します。そうすることで、女性としての生活体験が得られます。 女性として職場に行き、家族の行事ごとに参加し、食料品の買い出しに行きます。日常生活のあらゆる事柄を女性として体験した後、セラピストと一緒に性別適合手術が自分に最適な選択肢かを判断しましょう。

パート 3
パート 3 の 5:
非外科的治療を受ける

  1. 1
    ホルモン補充療法を受ける ホルモン補充療法の目的は、自分の体に満足できるようにすることです。ホルモン療法は体を変化させて自認性と一致させる方法です。男性が女性に移行する際は、内分泌科医または一般開業医が卵胞ホルモン療法を処方します。ホルモン補充療法は生涯受け続ける必要があります。つまり、一度開始したら、性別適合手術を行った後でも継続しなければなりません。ホルモン補充療法は体を劇的に変えることができ、一部の人にとっては、性別違和症が緩和できる適切な治療です。[18] ただし、ホルモン補充療法は手の大きさや声の高さを変えることはできません。また、精巣を縮小はしても削除はできません。このため、望みの体を得ようと他の治療法を模索する人もいます。
    • ホルモン補充療法のリスクを理解しましょう。筋肉が収縮し、脂肪が再分配されます。[19]
    • ホルモンは常に最低有効量を服用しましょう。投与量が多すぎると、実際には移行プロセスが遅くなります。
    • かかりつけ医、または内分泌専門医がホルモン補充療法を監視する必要があるため、定期検診を予約しましょう。[20]
  2. 2
    体毛を処理する レーザー脱毛は苦痛でしかも高額です。また、非常に長い期間を要します。脱毛処理はできるだけ早く開始しましょう。顔のひげを完全に除去するには、100〜400時間かかります。また、腕、背中、胸、脚の毛を取り除くこともできます。[21] 性別適合手術を受ける場合は、陰嚢周辺の毛を取り除く必要があります。[22]
  3. 3
    ボイストレーニングを始める ホルモン補充療法によって声の高さは変わりません。自ら訓練をして変えなければなりません。言語聴覚士と一緒に、自分に合う声の高さや響きなどを見つけましょう。トレーナーは話す速度だけでなく、声の高さも変える手助けをしてくれます。また、「私」「〜よね」「〜かしら」など女性がよく使う言葉も自分の語彙に取り入れられるようにアドバイスします。[23] [24]
    • 専門家に相談する手段を持ち合わせていなければ、インターネットで情報を探しましょう。色々な声の訓練を提供するCDやDVDも市販されています。アプリやインターネットの無料動画も利用すると良いでしょう。
    • 声を変えるには忍耐と練習が必要です。実際に変わるまでには6か月から1年かかるでしょう。[25]

パート 4
パート 4 の 5:
外科的治療を受ける

  1. 1
    甲状軟骨の縮小手術を検討する 喉仏のサイズを小さくするのは、単純な外来手術で可能です。この手術は、一般に「のど仏形成手術」と呼ばれ、軟骨を切除することで男性的な特徴を目立たなくします。[26]
  2. 2
    豊胸手術を検討する ホルモン補充療法は自然に胸を大きくしますが、女性の親族と同じくらい大きくはなりません。バストサイズを大きくしたい場合は、豊胸手術を検討しましょう。バストのサイズ、形、外観が改善できます。[27]
    • 豊胸手術は危険な処置で、毒素が体内に漏出する可能性があることを覚悟しましょう。また、手術後、入れたシリコンバッグを全て除去しようと試みるのは軽率な行為です。胸の形が崩れる恐れがあります。手術を受ける前に、絶対に後悔しないと確信できていなければなりません。
  3. 3
    顔面女性化手術を検討する この手術は、いくつかの手順を組み合わせて、男性的な特徴を女性的な特徴に変えるものです。強い顎や広い鼻、またヘアラインや唇のラインを変えることができます。男性的な特徴が目立たなくなると、社会で簡単に女性として通用するようになります。形成外科医と相談しながら、完璧で、可愛らしく、フェミニンな外観を実現しましょう。[28]
    • この手術では、喉仏の縮小も一緒に行うことがよくあります。
  4. 4
    膣形成術を検討する この手術は、陰茎と陰嚢の組織を膣、陰核、および陰唇に変換するものです。手術後は性器が女性らしくなります。性交でオルガスムを経験することも可能です。しかし、いったん行ったら元には戻せません。[29]

パート 5
パート 5 の 5:
法的処置を施す

  1. 1
    名前を選んで変更する 女性としての個性を反映する名前を選びましょう。名前の変更には時間がかかり、忍耐が必要です。手続きは早めに開始しましょう。まず、管轄の家庭裁判所に必要書類を提出します。裁判所より審問日の連絡が入ったら、参与員と直接話をします。ここで話した内容を元に書類が作成され、裁判官に申し立てが行われて、2週間以内に郵便で結果の通知が届きます。裁判所から名前変更の許可書が届いたら、役所に行って改名の手続きをして完了です。[30]
    • 改名の手続きは、申し立てをする地元の家庭裁判所のホームページなどで確認しましょう。
    • 手続きは早めに開始しましょう。
  2. 2
    職場での移行の準備をする トランスジェンダーや性転換者の雇用に関する雇用主の方針を調べましょう。移行完了の前に、上司と会社の人事部に、性別変更の趣旨を報告しましょう。問題が発生した場合は、差別禁止法専門の弁護士またはLGBT+コミュニティーのメンバーに相談しましょう。ただし、争う価値があるかどうかを判断するのは、最終的にはあなた自身です。[31]
  3. 3
    差別から自分の身を守る LGBT+コミュニティーのメンバー、特にトランスジェンダーの女性が利用できる情報源について学びましょう。地元の支援センターや支援グループについての知識を深めましょう。何らかの差別を受けた場合は、信頼できる友人、家族、または活動家に助けを求めましょう。強い意思を維持し、支援グループの助けを借りて困難を乗り越えましょう。[32]

ポイント

  • 性別移行はいつ行っても、遅すぎることは決してありません。大人であっても、移行は可能で素敵な外見を手に入れることが可能です。
  • 一定期間、乳首や乳房が腫れることがあり、その痛みの度合いは個人によって異なります。健康的な食事を心がけ、ホルモン剤の効果を最大限に得るためにもダイエットは控えましょう。
  • 気が進まなければ手術を受ける必要はありません。他に簡単にできる方法として、髪型を男性的に、または女性的に変えるなどが挙げられます。
  • 住んでいる地域によって、移行が多少難しい場合があります。

注意事項

  • 医師からの指示がない限り、ホルモン補充療法をやめてはいけません。開始および停止は、体の内分泌系に損傷を与える可能性があります。
  • パートナーが適切な性器を備えていないと不満に思う人がいます。あなたのパートナーが膣がないあなたをそのまま受け入れてくれるなら、全く問題ありません。しかし、そうでなければ、相手とは友達のままでいるか、腟がなくても受け入れてくれるパートナーを探しましょう。性器に対して好みがはっきりしていることは何も悪いことではなく、パートナーの気持ちを変えようと強制してはいけません。
  • すべてのシスジェンダー男性が、トランスジェンダー女性とデートすることを厭わないとは限りません。時として厳しい現実を目の当たりにすることがあるでしょう。シスジェンダー女性とのデートだけを好むシスジェンダー男性から拒否されることも覚悟しましょう。同じことがレズビアン、またはバイセクシュアルのシスジェンダー女性にも当てはまります。
  • 費用が負担できないという理由で、自分で治療しようとするトランスジェンダーがいます。勧められることではありませんが、それ以外に選択肢がない場合は、徹底的に調べましょう。

関連記事

女装のための股間タック女装のための股間タック
女性が性的に魅了されているサインを知る女性が好きな人に出す「好意のサイン」とは?
海外で使われるセックス関連の絵文字の意味を判断する海外でセクスティングに使われる絵文字の意味と使い方
彼女がムラムラしているかどうか判断する彼女がムラムラしているかどうか判断する
女装のためにブラをつける女装のためにブラをつける
女性をその気にさせる女性をその気にさせる
メッセージで男性をムラムラさせるメッセージで男性をムラムラさせる
自分に興味のない女の子を振り向かせる自分に興味のない女の子を振り向かせる方法(女の子の気を惹く方法16選)
女性の目を褒める女性の目を褒める
セクシーな写真を送ってくれるよう彼女を説得するセクシーな写真を送ってくれるよう彼女を説得する
彼氏を興奮させるキスをする彼氏を興奮させるキスをする
バイセクシュアルと付き合うバイセクシュアルと付き合う
離婚したての女性にアプローチする離婚したての女性にアプローチする
海外でのナスの絵文字の意味とそれに対する返信🍆(ナス)の絵文字の英語圏での意味とそれに対する返信方法
  1. http://www.tsroadmap.com/start/male-to-female.html
  2. http://tvchix.com/articles/male-to-female-voice-training
  3. http://commonhealth.wbur.org/2014/08/transgender-voices
  4. http://www.tsroadmap.com/mental/therapy.html
  5. http://www.webmd.com/mental-health/gender-dysphoria?page=2
  6. http://www.webmd.com/mental-health/gender-dysphoria?page=3
  7. http://www.webmd.com/mental-health/gender-dysphoria?page=3
  8. http://www.nhs.uk/Conditions/Gender-dysphoria/Pages/Treatment.aspx
  9. http://www.nhs.uk/Conditions/Gender-dysphoria/Pages/Treatment.aspx
  10. http://www.nhs.uk/Conditions/Gender-dysphoria/Pages/Treatment.aspx
  11. http://www.transsexual.org/basicsoftransition.html
  12. http://www.tsroadmap.com/start/male-to-female.html
  13. http://www.thetransgendercenter.com/index.php?option=com_content&view=article&id=75&Itemid=145
  14. http://commonhealth.wbur.org/2014/08/transgender-voices
  15. http://www.asha.org/public/speech/disorders/TGTS.htm
  16. http://commonhealth.wbur.org/2014/08/transgender-voices
  17. http://www.thetransgendercenter.com/index.php/maletofemale1/surgical-procedures.html?id=30
  18. http://www.thetransgendercenter.com/index.php/maletofemale1/surgical-procedures.html?id=27
  19. http://www.thetransgendercenter.com/index.php/maletofemale1/surgical-procedures.html?id=25
  20. http://www.thetransgendercenter.com/index.php/maletofemale1/surgical-procedures.html?id=28
  21. http://www.tsroadmap.com/reality/name-change.html
  22. http://www.tsroadmap.com/start/male-to-female.html
  23. http://www.transsexual.org/basicsoftransition.html

このwikiHow記事について

Inge Hansen, PsyD
共著者 ::
臨床心理学者
この記事の共著者 : Inge Hansen, PsyD. インゲ・ハンセン心理学博士は、スタンフォード大学で学生の身体的健康と精神的健康を促進しているヘルスセンターの責任者を務めています。カリフォルニア臨床心理大学院にて性自認に関する専門研修を修了後、心理学の博士号を取得しており、社会正義と性の多様性について関心を寄せています。「倫理的な裏切りー妥協の時代に誠実でいるために」の共著者でもあります。 この記事は4,745回アクセスされました。
カテゴリ: 誘惑・女装
このページは 4,745 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?