トーストを作る方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事には:トースターで焼くオーブンで焼くフライパンで焼く直火で焼くパンを選ぶトッピングやアレンジをする出典

トーストの歴史は文明と同じくらい古く、古代エジプト人が硬くなったパンをよみがえらせようとしたのが最初です。トーストは様々な応用ができ、美味しく手軽に食べられるため、朝食や食事のお供にぴったりです。どんなパンを使っても、トースター、オーブン、直火で焼けばトーストになり、お好みの材料をのせることができます。この記事ではトーストを作る方法を紹介します。

1
トースターで焼く

  1. 1
    トースターの投入口にパンを入れましょう。パンが大きすぎて投入口に入らない場合は端の余分な部分を切り落とします。パンの表面がヒーターに触れないように注意しましょう。
    • パンを詰め込むと端が焦げて台所に臭いが充満します。パンが厚すぎたり大きすぎたりしないように気をつけましょう。
  2. 2
    希望の焼き色に合わせて設定を選びましょう。パンの種類や厚さ、またお好みの焼き色や食感によって、焼き色調節ダイヤルを設定します。どの設定を選べばよいか分からない場合は低温に設定し、その後必要に応じて高温に設定して焼きましょう。
    • トースターの中でも特に安価なものの場合、焼き色調節がうまく機能しないことがしばしばあります。高温に設定をしても何度も焼かなければならないという不満の声も多いようです。しかしまずは低温に設定して焦げないことを確かめ、もう一度焼く必要があれば高温設定に変更しましょう。
  3. 3
    レバーを下げトーストしましょう。パンが焦げないように注意して見ておくようにし、焼き上がってパンが飛び出したらトースターから取り出します。

2
オーブンで焼く

  1. 1
    網にパンを置きましょう。パンをムラなく焼くにはコンベクションオーブンやオーブントースターが最適です。天板やオーブン皿、あるいは網の上に直接パンを置きましょう。
    • オーブンの上段でトーストを焼きましょう。短時間で焼くには高温設定にすると一番効率的です。パンをヒーターに近づけることで電気の消費量が抑えられます。
  2. 2
    オーブンの上ヒーター、またはオーブントースターをONにしましょう。オーブンの上ヒーターを使うとパンを早く焼くことができます。問題は焦げやすいことです。適当な温度に設定したら、パンが焦げないようによく見ておく必要があります。
    • ガスコンロがある場合グリルが付属していることが多く、グリルでトーストすることができます。グリルはコンロの下部に位置しています。
    • ほとんどのオーブントースターでは、適切な焼き時間が経過すれば火が消えるようにタイマーが設定できます。しかしお手持ちのオーブンに慣れていない場合はそばで見ておくのがよいでしょう。
  3. 3
    トングを使って途中でパンを裏返しましょう。パンを網の上にのせている場合、あるいは上ヒーターを使って焼いている場合、パンの上側はこんがりと焼けますが下側は柔らかいままです。上側に焼き色がついてきたらパンを裏返しましょう。
  4. 4
    オーブンから取り出しましょう。上ヒーターを使うとパンはすぐに焦げるため、カリッとして焼き色が付いたらすぐに取り出します。少しでも遅れると黒く焦げてしまいます。

3
フライパンで焼く

  1. 1
    フライパンにパンをのせましょう。鋳鉄のフライパンでバターや油を使わずに焼くと、ムラなくトーストできます。乾いたフライパンにパンをのせ、火にかけて焼きましょう。[1]
    • バターを入れて焼くこともできます。少量のバターや油の中でパンを焼き、こんがりカリッとさせましょう。このように焼いたパンは「テキサストースト」と呼ばれることもあり、非常に美味です。
  2. 2
    フライパンを中~強火にかけましょう。パンをのせたら加熱してトーストします。フライパンが温まるのを待たなければならないため、下側が焼けるには少し時間がかかります。パンが焦げないよう注意して見ておきましょう。
  3. 3
    時々裏返しましょう。パンの下側が焼けたらトングやフライ返しを使って裏返し、反対側も焼きましょう。時々ひっくり返して両面が均等に焼けるようにします。

4
直火で焼く

  1. 1
    バーバキューグリルの網を火で熱しましょう。こうする人はあまりいませんが、実はとても美味しいトーストを作るのに、バーベキューグリルの上で熱と煙でカリッと焼く方法があります。ミートパティやソーセージを焼いた後の網に残った肉汁をトーストに吸わせてもよいでしょう。あるいは、キャンプの翌朝の朝食にスモーク風味のトーストを楽しみましょう。
    • キャンプ場のグリルを使う場合は、まずヘラやナイフで汚れを落としましょう。錆やべとべとしたものがこびりついていることがあります。火で熱して殺菌し、その後炭となってこびりついたものをこそげ落としましょう。
  2. 2
    グリルにパンをのせましょう。バゲットにオリーブオイルを少し垂らしてカリッと焼いてもよいですし、単純にグリルで焼くだけでもよいでしょう。すぐに焼けるため、よく注意して見ておきましょう。
    • グリルの蓋を開けておきましょう。熱が逃げることを心配する暇もなくパンが焼けます。火口のそばでパンをよく見ておきましょう。数秒長く焼いただけで焦げてしまいます。
  3. 3
    時々裏返しましょう。グリルでトーストすると、すぐに焦げたり発火したりすることがあります。そのためマシュマロを焼く時のように時々裏返しましょう。少しくらいは焦げても心配ありません。
    • 直火ではこんがりとしたトーストを焼くは難しいですが、スモーク風味に焦げたパンも十分美味しいものです。
  4. 4
    基本に戻りましょう。古代ローマ人は、火のそばで熱された岩の上にパンを置いてトーストしていました。これよりシンプルな焼き方は他にないでしょう。次のキャンプの時は岩の上で焼く方法を試してみましょう。[2]
  5. 5
    ホットサンドメーカーを使ってみましょう。昔ながらのキャンプでは火をおこすことが多く、トーストやホットサンドを作るのにぴったりです。直火式のホットサンドメーカーには金属製の長い持ち手がついており、火の上でパンを焼くことができます。
    • ホットサンドメーカーの内側にバターや油を塗り、パン(食パンが最適です)を入れて閉じます。焦げていないか時々確かめながら両面を数分ずつ火の上で熱しましょう。
    • ホットサンドメーカーを使ってぶどうジャムサンドイッチを直火で焼いて作るのは、非常に贅沢なキャンプの楽しみ方です。

5
パンを選ぶ

  1. 1
    普通の食パンを使いましょう。小麦もしくはライ麦でできた、昔ながらの食パンはトーストに最適です。あらかじめスライスされていて形が均一なので、ホットサンドや朝食に食べるのにぴったりです。
    • 柔らかい食パンやサンドイッチ用のパンは、ずっしりと重いパンより早く焼ける傾向があります。この種のパンは焦げないように注意して見ておきましょう。
  2. 2
    密度の高いパンを使ってみましょう。基本の食パンではもの足らない場合は、ずっしりと重く、皮が硬いパンを試してみましょう。外側がカリっとし、噛み応えのあるトーストになります。パン屋へ行って自分でスライスできるような丸いパンを買い、美味しいトーストになるのかどうか確かめます。例えば以下のようなパンを試してみましょう。
    • フランスパンまたはバゲット
    • レーズンパン
    • 9種穀物パンまたはマルチグレインパン
    • 全粒粉パン
  3. 3
    スライスされたパンを買いましょう。パンを均等に切るのは難しく、またトーストは店で売られているスライスされたパンで作るのが一番簡単です。パン屋でパンを買う時でも、通常は袋に入れる前に機械で切ってもらうことができます。
    • スライス済みのパンが手に入らない場合はパン切り包丁を使って切りましょう。約2cmの幅に切れば厚みがちょうどよく、トースターの投入口にも入ります。
  4. 4
    古くて硬くなったパンをトーストにしましょう。サンドイッチにするにはパンが古くなりすぎた場合でも、捨てずにトーストしましょう。古いパンもトースターで焼けば復活します。そもそもそれがトーストの目的だったのかもしれません。
    • トーストは古代エジプトで発明されたと考えらえます。その当時ピラミッドの建造者たちの賃金はパンで支払われることがたびたびあったのですが、長期間屋外に置かれたパンは劣化してしまいました。そのパンを美味しくするために直火であぶったのが、最初のトーストになりました。[3]

6
トッピングやアレンジをする

  1. 1
    トーストを切らないでおく、あるいは1/2や1/4に切りましょう。昔から軽食レストランでは焼いただけのトースト(バターなし)は縦に半分、バターを塗ったトーストは対角線で切っていました。そうすれば給仕係が素早く簡単に見分けることができたのです。対角線で切った方が美味しそうに感じるという人も多いのではないでしょうか。
    • クラブサンドイッチは対角線で2回切られ、半熟のゆで卵に添えられているトーストスティックは卵につけやすいように縦に何本かに切られています。自分のお好みにトーストを切りましょう。
  2. 2
    一種類トッピングをしましょう。トースターから出てきたカリっと焼けたパンは、トッピングのための最高の土台となっています。好きなものを塗ったりのせたりすればよいのですが、昔からの定番がいくつかあります。よく使われるトッピングは以下のとおりです。
    • バターまたはマーガリン
    • ピーナッツバター
    • ジャム
    • チョコレートクリーム
    • 目玉焼きまたはスクランブルエッグ
  3. 3
    シナモンシュガートーストを作りましょう。小腹が空いた時には、シナモンシュガーバターを塗ったトーストが美味しくてちょうどよいでしょう。以下の材料を小さなカップかボウルで混ぜてこのトッピングを作り、トーストしたパンに塗ります。
    • 柔らかいバター 大さじ1/2
    • シナモンパウダー 大さじ1/2
    • グラニュー糖 大さじ1
  4. 4
    チーズトーストを作りましょう。チーズトーストは溶けたチーズがのったトーストで、ランチのお供に、あるいは軽食にぴったりです。昔からチェダーチーズを使うのが定番ですが、どんなチーズを使ってもかまいません。焼く時はオーブンを使うとよいでしょう。
    • パンの片面を焼いたらオーブンから取り出します。反対の面にお好みのチーズをのせましょう。スライスでも細切りでもかまいません。
    • パンをオーブンに戻して焼くとチーズも溶けていきます。チーズがふつふつとし、パンにこんがりと色がついたらオーブンから出しましょう。
  5. 5
    マッシュルーム、豆、薄く切った乾燥牛肉を使いましょう。なじみのない人もいるかもしれませんが、イングランド料理では豆にグレービーソースをかけることが多く、朝食や軽食として食べられています。
    • マッシュルームのソテーはステーキやチョップによく合う付け合わせで、特に焼いたパンにのせると最高です。
    • ビーンズオントーストはトーストにベイクドビーンズをかけたもので、フルイングリッシュブレックファストには欠かせません。
    • 乾燥牛肉のクリーム煮がトップングされたトーストは、アメリカ中西部で生まれた素朴ながらも美味しい料理です。また、昔は陸軍の典型的な食事でした。上流階級がビスケット&グレービーを食べるなら、その庶民版といったところです。
  6. 6
    エルヴィスサンドを作ってみましょう。伝説の歌手、エルヴィス・プレスリーが晩年何よりも好んで食べたのは、ピーナッツバター、バナナ、ぶどうジャム、ベーコンを食パンに挟み、ベーコンから出た油で焼いた大きなサンドイッチでした。どんな味がするのでしょうか。ベーコンの油で焼いて、残った油かすもトッピングしましょう。これがエルヴィスが愛した味です。エルヴィスサンドの作り方は以下の通りです。
    • フライパンでベーコンを数枚焼き、油は残しておきます。ベーコンを取り出し、食パンにピーナッツバターを塗ったらベーコンとたくさんのバナナスライス、お好みのジャムを挟んでサンドイッチを作ります。
    • ベーコンの油の入ったフライパンにサンドイッチを入れ、両面を均等に焼いて全体に火を通しましょう。パンがカリっとして焼き色がついたら出来上がりです。ナフキンの準備も忘れずに。

ポイント

  • パンを焦がしても食べられます。バターナイフの背の部分をつかって焦げた部分を削ぎ落としましょう。焦げカスで汚れるので、ゴミ箱かシンクの上で行うようにします。その後は必ず掃除をしましょう。パンが全体的に黒焦げになった場合はゴミ箱に捨てて、新しいパンを焼きましょう。こうならないようにするために、トースターは低温設定から試します。練習を重ねることで完璧なトーストを焼くことができるようになります。
  • トースターやオーブントースターがなければフライパンを使いましょう。火は中~中強火にします。途中でトーストを裏返して反対側も焼くようにします。焦げつき防止加工がされているフライパンより鋳鉄やスチールのフライパンを選びましょう。水分を含む食材をほとんど使わずに高温調理をすると、局部的に非常に熱くなり、焦げつき防止加工がすぐにダメージを受け、プラスチックの調理器具が溶けてしまいます。また、ホットプレートも使用可能です。ホットプレートの場合はおそらく高温設定で焼かなければなりません。温度が低いとパンがゆっくり乾燥していくだけになります。
  • バターを使う場合は、パンをトースターから取り出したらできるだけ早く塗るようにしましょう。こうすればトーストがまだ熱いため、パンの上でバターが溶けて塗りやすくなります。
  • 温度設定に注意しましょう。どの設定がよいか分からない場合は取扱説明書を参照しましょう。温度設定が高すぎるとパンを焦がすことがあります。必ずそばについているようにし、焼きすぎないように気をつけて見ておきましょう。
  • スライス済みのパンは、必要に応じて冷凍庫に入れて新鮮に保ちましょう。またはブレッドケースに入れましょう。冷蔵庫で保存するのは一般的にはよくない方法とされています。しかしトーストすれば冷蔵庫で劣化したパンが回復します。
  • パンの袋の口は必ず閉じましょう。パンの乾燥を防ぎます。
  • できればバターを柔らかくして均一に塗れるようにしましょう。バターナイフを2~3秒火で熱してから使うとバターが柔らかくなり、まんべんなく塗ることができます。バターが硬いとパンが破れてしまうことがあります。
  • アプリコットジャムなどの自家製ジャムを作り、トーストをさらに美味しくしましょう。

注意事項

  • 体の一部、または金属製のものをトースターに入れないようにしましょう。やけどをしたり感電したりすることがあります。ジャムを塗ったパンには金属部品がついていないナイロンのトングを使うとよいでしょう。あるいは木や竹の箸やトングを使いましょう。
  • トースターや電源コードを水に近づけてはいけません。非常に危険なため、注意しましょう。
  • 調理中は必ずそばを離れず注意して見ておくようにしましょう。家電製品の中には、電源が自動でOFFにならない、あるいは過加熱になってしまうものがあり、パンが焦げたり火事になったりすることがあります。

必要なもの

  • パン
  • パン切り包丁(パンを切る必要がある場合)
  • トースター、オーブントースター、またはガスコンロおよびフライパン
  • バター(任意で)
  • バターナイフ(任意で)
  • 鍋つかみ(任意で)
  • トッピング材(任意で)
  • 皿またはキッチンタオルかナフキン

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: お菓子・パン・甘味

他言語版:

Español: tostar pan, Deutsch: Ein Toast zubereiten, Português: Fazer Torrada, Italiano: Tostare il Pane, Français: faire du pain grillé, Русский: делать тосты, 中文: 制作吐司, Bahasa Indonesia: Membuat Roti Panggang, Nederlands: Toast maken, العربية: عمل الخبز المحمص

このページは 61 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?