ゴルフは正確性が試されるゲームです。ドライバーショットを上手く真っ直ぐ飛ばせるかどうかで、バーディーとボギーの差に繋がります。正しいテクニックを身につけ十分に練習を重ねて、ゴルフの腕を磨きましょう。

方法 1 の 2:
ドライバーショットを真っ直ぐ遠くに飛ばす

  1. 1
    ティーの位置を高く設定する ティーが高くなるように地面に浅くさし、ゴルフボールをティーに乗せます。
    • ティーを高くすることでボールを上向きに打ちやすくなります。
    • ボールの高い位置を利用して、飛距離を伸ばしましょう。
  2. 2
    ボールから少し離れて立つ 左足つま先の線上にボールがくるようにして立ちましょう。この姿勢を取ることにより、体を大きく振りながらスイングすることができます。[1]
    • ボールが左足の線上から外側にはみ出さないように注意しましょう。
  3. 3
    スタンス(足の位置)を広くする 足と足の間隔が離れていれば離れているほどクラブの振り幅が大きくなり、この大きな振り幅がスイングの強さに繋がります。
    • 両足に体重を均等にかけましょう。
    • 頭がボールの位置より後ろ側にくるように姿勢を保ちましょう。
  4. 4
    クラブを長く持つ てこの作用を使って力強いボールを打ちましょう。グリップの先端の方を握ってクラブを長く持つことで、遠心力を最大限に使ってスイングすることができます。
    • クラブを長く持つと、正確性が失われる代わりにインパクトの強さが増します。
    • 自分の体の大きさとクラブの長さを考慮した上で、自分にとって最適なグリップ(握り方)を見つけましょう。
  5. 5
    クラブを後方に振り上げる 視線はボールに向けたまま、体重を右足に移動させます。
    • バックスイング(クラブを振り上げる動作)では、クラブを振り上げ過ぎないように気を付けましょう。[2]
    • 頭をボールより後ろ側に残すことを意識します。
  6. 6
    スイング! クラブを振り下ろし、ボールを打ちます。軌道が上に向くようにボールを下から打ちましょう。
    • クラブのフェースがボールの中心に当たることを心がけましょう。
    広告

方法 2 の 2:
適度な力加減で正確にボールを飛ばす

  1. 1
    ティーの高さを中間に設定する ティーを少し深めに地面にさして、ゴルフボールを乗せます。
    • ティーの半分が地面より上に出るように設定します。
    • ティーが高すぎたり低すぎたりすると、ショットに影響が出てしまいます。
  2. 2
    ボールから近い位置に立つ ボールから5~10センチだけ離れた場所に左足のつま先がくるようにして立ちます。ボールから近く立つことによってクラブの振れ幅が小さくなり、よりスイングを安定させることができます。
    • ボールの位置を体の方に近づけると、インパクトが弱くなります。
    • ボールの位置を体から遠ざけると、正確性が失われます。
  3. 3
    スタンス(足の位置)を狭くする 肩幅よりほんの少しだけ広くスタンスを取ります。スタンスを狭く取ることで、スイングの振れ幅を制限し、軌道をコントロールしやすくなります。
    • スイングに過度な影響が出ないよう、スタンスは狭くなり過ぎないように気を付けましょう。
  4. 4
    クラブを短めに持つ クラブの先端から両手が遠ざかるように、グリップを短めに持ちます。クラブを短く持つことで、スイング時のクラブの動きをより安定させることができます。[3]
    • クラブを短く持つと、ボールの軌道の正確性が増す代わりに、インパクトの強さは低下します。
    • 両手と手首はできるだけ真っ直ぐ保ちましょう。
  5. 5
    クラブを後方に振り上げる 体重を均等にかけた状態から、右足にわずかに体重を移動させます。ボールに向かって頭と上半身が中心にくるようにして立ち、姿勢を真っ直ぐ保ちます。
    • 適度なスピードでクラブを振り上げます。
  6. 6
    スイング! ボールに向かってクラブを振り下ろします。スイングのちょうど中間地点でボールの少し下方向を打ちます。
    • クラブのフェースがボールに真っ直ぐ当たっていることを確かめましょう。[4]
    • 力み過ぎない程度に、思い切ってスイングしましょう。
    広告

ポイント

  • 迷うことなく、勢いにまかせて力強くスイングしましょう。
  • スイング練習をたくさんを行いましょう。
  • 手首の動きを使い、ボールがクラブにしっかり当たるように打ちましょう。
  • 良いスイングは腕だけでなく全身を使います。
  • スイングをする際に、両手がヘッドの真正面にくることがないよう気を付けましょう。

広告

注意事項

  • けが防止のため、ゴルフをする前には必ずストレッチと準備体操を行いましょう。
  • 激しい雷雨の中でゴルフをするのは避けましょう。
広告

関連記事

How to

スケボーでオーリーを習得する

How to

バーピーをする

How to

逆立ちする

How to

ボウリングのスコアを上げる

How to

バキュームエクササイズで腹筋を鍛える

How to

F1ドライバーになる

How to

ランニングを始める

How to

菱形筋を伸ばす

How to

コントーショニストになる

How to

インラインスケートをする

How to

サーフィンを始める

How to

陸上競技大会のために準備する

How to

サッカーのオフサイドを理解する

How to

スキーをする
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む10人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: スポーツ
このページは 848 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告