ドライファスティングは、食事も水分も摂取せずに行う断食方法のひとつです。軽度のドライファスティングでは、シャワーを浴びたり、歯を磨いたりもできますが、本格的なドライファスティング(完全断食)では、シャワーや歯磨きも含めて水との接触を一切断ちます。

パート 1 の 2:
ファスティングの準備をする

  1. 1
    ファスティングを開始する日を決める 休日にファスティングを行う人もいれば、満月の日や季節の変わり目にファスティングに取り組む人もいます。ファスティングに取り組む日数を決めて、カレンダーに印を付けましょう。たしかに達成した人もいますが、3日間を超えるドライファスティングを行うことは推奨はされません。
    • ドライファスティングを軽めに行うのか、それとも本格的に行うのかを決めましょう。人によっては、24時間毎や毎日決まった時刻にドライファスティングを一旦中断し、水分や果物を補給してから、また次の補給までドライファスティングに取り組む人もいます。
    • ドライファスティングに取り組む準備ができているかを判断しましょう。フルーツやジュースだけ、特に水だけを摂取する水断食から始めてみると、自分の心と体がドライファスティングを行う準備がどれだけできているのかを判断しやすくなります。体内に毒素がたくさん溜まっている場合は、水断食によって大量の毒素が体外に排出されて、体に致命的な危険が及ぶ恐れがあります。ドライファスティングを行う前の準備として最もよいのは水断食をすることです。
  2. 2
    断食状態に移行していく ドライファスティングに向けて心と体の準備が整ったら、最も軽い断食を行います。1週間前から食生活でカフェインの摂取を控えるようにすると、副作用を軽減するのに役立ちます。未加工のビーガン食、無糖の野菜ジュースやスムージー、クレンジングティーなどは、ファスティングに向けて体のデトックスを促進します。また、徐々に毎日の摂取カロリーや食事の量を減らしていきましょう。
    • ファスティング前の尿の色は無色透明でなければなりません。そうするためには、十分な水分を摂取しましょう。ファスティング前に消化器官をしっかりと休ませるために、水や食塩水で腸洗浄を行う人もいます。
    広告

パート 2 の 2:
ドライファスティングを実行する

  1. 1
    ファスティング中は体が回復中にあるため、十分リラックスすることを心掛ける ファスティング中は、瞑想、リラクゼーション、祈祷などをするのに適しています。自然に囲まれた環境に身を置いて自分について記録することには高い癒し効果があります。気功や太極拳などを行うことによって、食事の摂取以外の方法でも、エネルギーを増幅できると考えている人は多くいます。脚を高くして昼寝をするのは、頭のふらふら感を緩和するデトックス法のひとつです。
  2. 2
    ファスティング中は自分の直感と体の声に耳を傾ける 直感と体の声に耳を傾け自分の状態を把握して、ファスティングを早期に終わらせることも含めて、すべきことを把握することに努めましょう。本当に空腹の状態になると胃に痛みが生じます。この痛みは空腹でお腹がぐーぐー鳴るのとは全く別物です。また、唾液や尿を観察することは体の水分量を把握するのに役立ちます。高温で日差しの強い場所で過ごすことは避けましょう。
  3. 3
    通常の状態に体を戻していく 断食状態に移行したときと同様に、ただし、移行した時よりもゆっくりと通常の状態へと体を戻します。水を少しずつ飲み、水分を豊富に含む果物や生野菜サラダを食べましょう。消化器官が「目覚める」ように、じっくりと時間をかけてカロリー摂取量と食事の量を増やしていきます。引き続き、体の声と直感に耳を傾けるようにしましょう。
    広告

ポイント

  • 取り組みへの意欲につながり支えとなるような、ドライファスティングに関する記事、動画、ブログなどを調べましょう。
  • ファスティングに取り組むための安全で静かな場所を確保して、仕事を休むことを検討しましょう。

広告

注意事項

  • 断食後に過食をすると、消化器官の異常、腹部膨満、急激な体重増加、うつ病などのさまざまな問題を引き起こす可能性があります。
  • 断食前に十分な水分補給をしなければ、深刻な健康障害や痛みが発生する恐れがあります。
  • 断食をすると、消化器官の活動量は低下し、カロリー摂取量や体重が失われます。薬の服用量は、これらに合わせて調整または制限される必要があります。そのため、医師の指示がない限りは、投薬治療中に断食をしてはいけません。
  • 禁酒を始めたばかりの場合は、いきなりドライファスティングから始めてはいけません。最初の2年間は果物や野菜のジュースやスムージーのみを摂取するファスティングから始めましょう。
広告

関連記事

How to

お酒の酔いを早く覚ます

How to

爪が割れたときの対処

How to

吐き気を止める

How to

2週間でお腹周りの脂肪を落とす

How to

自分で身長を測定する

How to

勃起を抑える

How to

生理をはやく終わらせる

How to

割れた足の爪を処置する

How to

声を低くする

How to

キスマークを偽造する

How to

胸骨をポキッと鳴らす

How to

体温計を使わずに熱があるか知る

How to

嘔吐を誘発する

How to

マスターベーション依存症の克服
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、著者の皆さんがボランティアで執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は1,722回アクセスされました。
カテゴリ: 健康
このページは 1,722 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告