ドラゴンフルーツを育ててみたいと思いませんか?温暖で湿度の高い地域に居住していれば、ドラゴンフルーツを栽培できるかもしれません。[1] ドラゴンフルーツの世話は難しくはありませんが、独自の方法で肥料を与える必要があります。しかし、心配はいりません。ここで紹介するよくある質問の答えを読むと、健康で美味しいドラゴンフルーツを家庭で育てることができます。

方法 1 の 6:
どのような肥料を使いますか?

  1. 1
    窒素、リン酸、カリウムがバランス良く配合された肥料を使います。窒素、リン酸、カリウムの割合は、ハイフンで区切られた3つの数字で表示されており、それぞれの含有量を表しています。[2] 「バランスの良い」肥料とは、10-10-10のように3つの数字が同じ肥料です。[3]
    • すべての植物に適した肥料はありませんが、ほとんどの園芸専門家は、16-16-16または13-13-13などの肥料をドラゴンフルーツに推奨しています。[4]
    • 顆粒肥料を使うか、液体肥料を点滴灌漑とともに使います。[5] 緩効性肥料を使うこともできます。[6]
    広告

方法 2 の 6:
肥料を施す頻度はどのくらいですか?

  1. 1
    1~3年の若い株は、2か月おきに肥料を与えます。一般的な化学肥料と、家畜ふん堆肥またはコンポストを一緒に与えましょう。また、3月から9月にかけて、キレート鉄または硫酸第一鉄を4~6回与えます。[7]
  2. 2
    生長した株には、化学肥料を年に3~4回与えます。家畜ふん堆肥やコンポストは、年に2回に減らします。3月から9月の間は、ひき続きキレート鉄または硫酸第一鉄を年に4~6回与えましょう。[8]
    広告

方法 3 の 6:
どのくらいの量の肥料を与えますか?

  1. 1
    若い株には、約120gの化学肥料と約1.2kgの堆肥を与えます。ドラゴンフルーツは、あまり多くの肥料を必要としません。特に、最初の肥料は少なめにします。複数の株を栽培している場合は、ひと株につき120gの化学肥料と1.2kgの堆肥を与えましょう。[9]
  2. 2
    生長するにつれ、さらに化学肥料と堆肥を与えます。2~3年目の株には、さらに140~180gの化学肥料を与えましょう。また、2.7kgの家畜ふん堆肥またはコンポストを同時期に与えます。[10] 4年以上の株であれば、230~340gの化学肥料と2.2kgの堆肥を与えましょう。[11]
    広告

方法 4 の 6:
肥料の他にどのような栄養を与えますか?

  1. 1
    土のpH値を調整するために、キレート鉄または硫酸第一鉄を使う園芸家もいます。[12] ドラゴンフルーツは、pH値が7よりやや低い土壌で健康に生育します。[13] ドラゴンフルーツをできるだけ健康で丈夫に育てるために、園芸専門家は酸性土壌には硫酸第一鉄、中性の土壌にはキレート鉄を使ってpH値を調整することを勧めています。[14]
    • 1年経った株には、少量のキレート鉄または硫酸第一鉄を与えましょう。中性の土壌に7~15gのキレート鉄を噴霧するか、酸性の土壌に一握りの硫酸第一鉄を散布しましょう。[15]
    • 2年以上の株には、キレート鉄を多めに与えます。ドラゴンフルーツの生長過程で、必要に応じて22~29gのキレート鉄を与えます。土壌が酸性であれば、ひき続き少量の硫酸第一鉄を与えましょう。[16]
  2. 2
    家畜ふん堆肥またはコンポストなどの有機肥料は、良質な栄養源になります。分解された家畜ふん堆肥を近くのホームセンターで購入するか、家庭でコンポストを作りましょう。一般的な化学肥料とともに、家畜ふん堆肥やコンポストは、ドラゴンフルーツにとって良い栄養源となります。[17]
    広告

方法 5 の 6:
肥料はどのように与えますか?

  1. 1
    顆粒状の化学肥料を散布するか、点滴灌漑を使います。栽培しているのが数株であれば、株の周りに肥料を散布するのが簡単な方法でしょう。状況によっては、点滴灌漑を使って施肥するほうが容易な場合もあります。[18]
  2. 2
    堆肥を株の根元に散布します。1年ほどの若い株であれば、堆肥を茎の周りに撒くのは避けましょう。株が2年以上になったら、根元に散布します。[19]
  3. 3
    キレート鉄を噴霧し、硫酸第一鉄を散布します。園芸専門家は、キレート鉄を株の周りに噴霧し、硫酸第一鉄を根元に散布することを推奨しています。[20]
    広告

方法 6 の 6:
ドラゴンフルーツを開花させるにはどうしますか?

  1. 1
    ドラゴンフルーツが結実するには7年ほどかかる場合があります。適切な世話を長く続けても、ドラゴンフルーツが実を付けないことがあります。しかし、これはよくあることで心配はいりません。ドラゴンフルーツを種から育てる場合は、美味しい実を結ぶまで7年ほどかかることがあります。[21]
    • ドラゴンフルーツを挿し木で栽培する場合は、結実まで3年ほどかかる場合があります。

関連記事

コオロギを捕まえるコオロギを捕まえる
カタツムリを駆除するカタツムリを駆除する
レモンの種を植えて育てるレモンの種を植えて育てる
きのこを駆除する
鉢植えのアリを駆除する鉢植えのアリを駆除する
ミノムシを駆除するミノムシを駆除する
枯れそうなアロエベラを復活させる枯れそうなアロエベラを復活させる
木の根を枯らす
バラを種から育てるバラを種から育てる
ツタを取り除くツタを取り除く
観葉植物の変色した葉先を切り取る観葉植物の変色した葉先を切り取る
デーツの種を発芽させるデーツの種を発芽させる
ミリオンバンブーを栽培するミリオンバンブーを栽培する
水をやり過ぎた植物を復活させる水をやり過ぎた植物を復活させる
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
このページは 118 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告