ドラゴンフルーツを食べる方法

4 方法:ドラゴンフルーツを準備するドラゴンフルーツのケバブ(串焼き)を作るドラゴンフルーツのスムージーを作るドラゴンフルーツのシャーベットを作る

ドラゴンフルーツは鮮やかで赤い革のような外皮と、キウイのような甘い果肉を持つ果物です。サボテンの仲間のドラゴンフルーツには、繊維、ビタミンC及びBが豊富に含まれています。半分に切ってスプーンで食べたり、角切りにしてグリルで焼いて楽しむこともできます。あるいは、ヨーグルトと一緒にミキサーに入れて、スムージーにしてもよいでしょう。ここでは、ドラゴンフルーツをおいしく食べる様々な方法をご紹介します。

1
ドラゴンフルーツを準備する

  1. 1
    ドラゴンフルーツを探す お住いの地域によっては、ドラゴンフルーツを手に入れるのは難しいかもしれません。東南アジアではよく見かけますが、その他の地域ではあまり出回っていない所もあります。お近くの食料品店で扱っていない場合は、インターネットで購入することもできます。
  2. 2
    熟した果実を選ぶ 鮮やかな赤またはピンク色の果実を選びましょう。キウイやピーチと同様に、ドラゴンフルーツも完熟時が食べ頃です。
    • ドラゴンフルーツの果肉を押してみましょう。少し弾力があったら、その果実はたぶん熟しています。柔らかすぎる場合は熟しすぎの可能性があり、食感もあまり良くないでしょう。まだ硬い場合は、数日待ちましょう。
    • 濃いシミや傷、茶色く乾いた部分がある、またはトゲが乾燥している果実は避けましょう。
  3. 3
    ドラゴンフルーツを半分に切る 鋭いナイフを使い、果実を半分に切ります。中にはキウイに似た白い鮮やかな果肉があり、小さな黒い種が点在しています。
  4. 4
    スプーンで果肉をすくう 皮の内側に沿ってスプーンをすべらせ、果肉をすくって皮から剥がします。果実が熟していれば、果肉は簡単に皮から外れるはずです。
  5. 5
    ドラゴンフルーツを食べる スプーンで直接食べたり、リンゴのように4つ切りにしたり、下記のレシピを試したりして楽しみましょう。また、4つ切りにした後、さらにスライスしてイチョウ切りにしてもよいでしょう。
    • ドラゴンフルーツは冷やすとおいしさが倍増します。冷蔵庫で冷やして食べましょう。
    • ドラゴンフルーツの皮は食べられません。食べると、腹痛を起こす場合があります。

2
ドラゴンフルーツのケバブ(串焼き)を作る

  1. 1
    竹串を水に浸ける ケバブ1本ごとに1本の竹串を使います。使う本数の竹串を10分間、ボウルに入れた水に浸します。こうすると、ケバブをグリルで焼く際に竹串が焦げません。
    • 竹串の代わりに金串を使うこともできます。金串は水に浸ける必要はありません。
  2. 2
    グリルを点火する フルーツのケバブは、均一の中火~強火で焼きます。電気グリルまたは炭火グリルを使いましょう。
    • コンロに載せて使うタイプのグリルでも、ケバブを焼くことができます。
    • グリルを持ち合わせていない場合は、オーブンのブロイル機能で焼くことができます。ケバブを焼く前に、あらかじめ高温に設定しておきます。
  3. 3
    ドラゴンフルーツの下準備をする あらゆるトロピカルフルーツと相性が良いドラゴンフルーツには、マンゴーやパイナップルを合わせてみましょう。
    • 熟したドラゴンフルーツを半分に切ります。果肉をすくい出し、一口大に切ります。
    • 熟したマンゴーを半分に切ります。皮を剥いて一口大に切ります。
    • パイナップルを半分に切ります。皮を切り取り、果肉を一口大に切ります。
  4. 4
    フルーツを串に刺す 各種類のフルーツを交互に、同じ数だけ刺します。この際、串の両端に手で持つスペースを作りましょう。
  5. 5
    ケバブをグリルに並べる ケバブの片面を軽く焦げ目がつくまで焼き、ひっくり返して反対側を焼きます。
    • ブロイル機能を使う場合は、ケバブを天板に載せてオーブンに入れます。片面を2分間焼いてオーブンから取り出し、ひっくり返して反対側をさらに2分焼きます。
  6. 6
    ケバブをオーブンから取り出す お皿に盛り、熱いうちにテーブルに出します。フルーツに振り掛ける砂糖をボウルに入れて添えましょう。

3
ドラゴンフルーツのスムージーを作る

  1. 1
    ドラゴンフルーツの下準備をする バナナやベリー類などのお好みのフルーツと混ぜて、おいしいドラゴンフルーツのスムージーを作ることができます。
    • ドラゴンフルーツを半分に切ります。スプーンで果肉をすくい出し、角切りにします。
    • バナナの皮を剥き、スライスします。
    • 500 gのブルーベリーを洗います。
  2. 2
    スムージーのベースを選ぶ ドラゴンフルーツのクリーミーな果肉は、クリーミーなベースによく合います。以下のベースからお好みで選びましょう。
    • プレーンまたはお好みの味のヨーグルトやギリシャヨーグルト
    • 全乳または低脂肪牛乳、スキムミルク
    • プレーンまたはお好みの味の豆乳
    • アーモンドやカシューナッツなどのナッツミルク
  3. 3
    甘みや風味を加える 甘いスムージーにしたり、風味を加える場合は、以下の材料から選びましょう。
    • アップルジュースまたはグレープジュース
    • スプーン数杯の砂糖、シロップ、またはハチミツ
    • ピーナッツバターまたはアーモンドバター
  4. 4
    材料をミキサーにかける ミキサーにドラゴンフルーツ、バナナ、ブルーベリーを入れます。さらに、お好みのベースと甘味料またはナッツバターを加えます。
  5. 5
    材料を撹拌する 材料がなめらかになるまで、ミキサーで混ぜ合わせます。ミキサーにパルス機能が付いていれば、材料を素早く砕いて細かくすることができます。
    • スムージーが濃すぎる場合は、少量の牛乳、ジュース、または水を加えて薄めましょう。
    • 濃いスムージーにするには、インスタントオートミールを加えます。
  6. 6
    グラスに注いで飲む スムージーをストローで飲むか、濃いスムージーにはスプーンを使いましょう。

4
ドラゴンフルーツのシャーベットを作る

  1. 1
    2個のドラゴンフルーツを使って下準備をする ドラゴンフルーツを半分に切り、果肉をスプーンですくって取り出します。そして、果肉を細かく切ります。
    • 色鮮やかなドラゴンフルーツの皮は、シャーベットを盛り付ける素敵な器になります。器に使う場合は、皮をフリーザーで凍らせましょう。
  2. 2
    ドラゴンフルーツとシャーベットの材料をミキサーで混ぜ合わせる ドラゴンフルーツ、水180cc、砂糖大さじ2杯、レモン汁大さじ1杯をミキサーに入れます。材料がなめらかになるまで、ミキサーで混ぜ合わせます。
  3. 3
    アイスクリームメーカーに材料を注ぐ 取扱説明書に従ってシャーベットを作ります。
    • アイスクリームメーカーを持ち合わせていない場合は、以下の手順でシャーベットを作ることができます。
      • シャーベットの材料を耐熱皿に注ぎます。耐熱皿にラップをかけて冷凍庫に入れます。
      • 2時間ほど経つと、材料は半分凍った状態になります。スプーンで全体的にかき混ぜて、ラップをして再度冷凍庫に入れます。
      • 2時間ごとにかき混ぜ、合計8時間になるまでこの作業を繰り返します。
      • 8時間経ったら、シャーベットを一晩冷凍庫で凍らせます。
  4. 4
    シャーベットをスプーンですくい、ドラゴンフルーツの皮に入れる エンゼルフードケーキやパウンドケーキなどの、軽いケーキに添えて楽しみましょう。

ポイント

  • 果実の外側を洗いましょう。皮が付いたままの果実を切る際、果肉に細菌が混入して病気にかかる可能性があります。

注意事項

  • ドラゴンフルーツの皮を食べると、腹痛を引き起こす場合があります。
  • 傷のあるドラゴンフルーツは、避けたほうがよいでしょう。病気にはならないとしても、味が良いとは言えません。

必要なもの

  • 果物ナイフ
  • ドラゴンフルーツ
  • スプーン

記事の情報

カテゴリ: 野菜と果物

他言語版:

English: Eat Dragon Fruit, Español: comer la fruta del dragón (pitaya), Português: Comer Pitaia, Français: manger le fruit du dragon, Italiano: Mangiare un Frutto del Drago, Deutsch: Drachenfrucht essen, Русский: есть питахайю (драконов фрукт), 中文: 吃火龙果, Bahasa Indonesia: Menyantap Buah Naga, Nederlands: Drakenfruit (Pitaya) eten, Čeština: Jak jíst pitahayu, ไทย: รับประทานแก้วมังกร, العربية: تناول فاكهة التنين, Tiếng Việt: Ăn quả thanh long, 한국어: 용과 먹는 방법

このページは 136 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?