誰にでも将来の夢があるでしょう。その夢が何なのかを、よりはっきりと理解するためにはドリームボードが役に立ちます。ビジョンボードとも呼ばれ、自分の夢を実現させるために写真や絵などを貼りつけて内容を可視化するボードです。[1] つまり、自分の夢と理想の未来を象徴するものです。[2] また、ドリームボードを作ることで引き寄せの法則(求める状況を引き寄せるために自分の思考を仕向けることができる、という考え方)が「発動」すると信じている人もいます。創造性を活かし、自分の目標や夢について考え、自分だけのドリームボードを作ってみましょう。

パート 1 の 3:
ドリームボード作りの準備をする

  1. 1
    ドリームボードを作る目的について考える ドリームボードには自分がなりたい姿、描く未来に関する写真や絵を貼りつけるのが一般的です。具体的には、住みたいと思っている場所、理想的な家、手に入れたい体型、訪れてみたい場所などが含まれます。[3]つまり、思い描く将来が可視化されたものです。[4]
    • ドリームボードは自分が望み求める将来に焦点をあてています。その将来を可視化し、実現を目指します。[5]
    • ドリームボードの作成は、自分の直感に正直になり、自我や夢について、より明確に理解する良い機会となります。[6] 作る過程を楽しみましょう。
  2. 2
    土台となるポスターパネルを購入する 画材やオフィス用品を取り扱う店舗で探してみましょう。ドラッグストアやスーパーマーケットで販売されていることもあります。
    • 白地のものとカラーのもの、どちらが良いか決めましょう。
    • パネルの大きさも決めましょう。できる限り大きめのものを選び、将来に関するあらゆる側面を網羅しても、小さめのものを選び、それぞれの側面ごとに1枚を割りあてても良いでしょう。
    • 素材も様々です。紙由来のものから(頑丈さには欠けますが出費を抑えることができます)発泡スチロール製(より頑丈でしっかりとしていますが、値段も上がります)のものまであります。
  3. 3
    雑誌を集める 写真を集める際、雑誌の切り抜きを活用すると簡単です。[7] 目に留まったり心に訴えかける写真を選び、ドリームボードに加えるべきか考えてみましょう。幅広い種類の雑誌が販売されているので、自分の関心事に関連するものが見つかるはずです。下記は主なジャンル別の雑誌の例です。
    • ファッション、スタイル: Vogue Japan(ヴォーグジャパン)、ELLE、ハーパーズバザー、Glamour(グラマー)
    • 化学、自然、テクノロジー:ナショナルジオグラフィック、Scientific American(サイエンティフィックアメリカン)、Popular Science(ポピュラーサイエンス)
    • 自動車:Popular Mechanics (ポピュラーメカニックス)、Car and Driver(カー・アンド・ドライバー)、Motor Trend(モータートレンド)
    • 家、建築:Better Homes and Gardens、Real Simple Japan(リアルシンプルジャパン) Architectural Digest(アーキテクチュラルダイジェスト)
    • スポーツ:ESPN、Sports Illustrated(スポーツイラストレーティド)
    • 旅行、冒険:Travel and Leisure、Arthur Frommer’s Budget Travel、National Geographic Traveler(ナショナルジオグラフィックトラベラー)、Backpackerなど
  4. 4
    自分が描く将来に合った写真を選ぶ 人、場所、ものなど、自分が描く将来に合っている写真を自由に選びましょう。ドリームボードに選ぶ写真に正解や間違いはありません。
    • 前向きな気持ちになり、将来に希望を持って、やる気が湧いてくるような明るく色鮮やかな写真を探しましょう。
    • 雑誌の他にも、インターネット上の画像も探してみても良いでしょう。ドリームボードに合いそうだと感じられるものは何でも選んでみましょう。[8]
  5. 5
    心に響く格言や名言を見つける 格言や名言は必須ではありませんが、ドリームボードに含めておくと役に立つと感じる人も少なくありません。知っている格言を用いても「心を打つ言葉」といった検索ワードで検索してみるのも良いでしょう。
    • 興味をひかれた言葉をWord文書に打ち込みましょう。ドリームボードに合わせてフォントやフォントの色を工夫してみましょう。
    • 仕上げに、選んだ言葉を連想させるような写真を付け加えてみても良いかもしれません。
  6. 6
    小物も添える 自分だけに特別な意味をもつ小物、幸せで前向きな気分にさせてくれる小物もドリームボードに含めましょう。昔、身につけていたアクセサリー、羽、コースター、髪飾りなどが考えられます。
    広告

パート 2 の 3:
ドリームボードを作る

  1. 1
    自由に内容を決める ドリームボードは人生のあらゆる側面(人間関係、手に入れたいもの、仕事、家族など)を含めることも、改善したい、変えたい、あるいは今後築いていきたいと考えている特定の領域のみで作ることもできます。[9]
    • 自分なりに整理し工夫するほど、愛着がわき、日常的に活用するようになるでしょう。
  2. 2
    選んだ写真や名言を切り抜く いびつで無造作な形状を好む人は写真や格言・名言の縁に沿って手で破ってみましょう。より整った見え方が良いのであれば、ハサミで切り抜きましょう。お好みで、2つの切り抜き方を混ぜても良いでしょう。
  3. 3
    切り抜いた写真や名言をポスターパネルに貼りつける 創造性を最大限に使いドリームボードを作っていきましょう。写真を少し重なり合うように貼りつけて、あえて無造作な雰囲気に仕上げたり、ぴったりと並べて整頓された雰囲気に仕上げることもできます。
    • 貼り始める前に、まず全て並べてみましょう。思い描いた通りのドリームボードに仕上がります。
    • より個性を出したいのであれば、珍しい画びょうを使って写真などを貼りつけてみましょう。
    • 写真を色紙に貼りつけたうえで、ドリームボードに固定すると、色や模様が加わります。その他に、ラメやシールなどの飾りも取り入れ、自分が感じるままのボードを完成させましょう。[10]
    広告

パート 3 の 3:
ドリームボードを活用する

  1. 1
    よく見える場所に飾る ドリームボードはベッドのサイドテーブルの近くに飾っておき、1日の終わりに自分のこれからの目標を視覚化し、意味を深く理解し、目標を再認識する時間を設けましょう。[11]
    • 朝目覚めた時に真っ先に目に入る場所でもあると、より理想的です。[12]
    • ドリームボードの写真を撮り、スマホに保存しておきましょう。[13]目標を見失ってしまいそうになった時は写真を見て心を集中させます。
    • 異なる側面ごとに別々のドリームボードを作ったのであれば、内容と深く関わる場所にそれぞれを飾るようにすると良いかもしれません。
  2. 2
    ドリームボードには余白を少し残す 余白を残しておくと、ドリームボードを今後も調整することができます。また、写真、名言、小物を新たに付け足したいこともあるかもしれません。余白があれば、一から作り直さずに済むでしょう。
  3. 3
    ドリームボードの力を信じる ドリームボードは将来、そして将来の夢を可視化するためのものです。可視化はメンタルトレーニングの中でも最も効果の高い実践方法の一つとして考えられています。[14]
  4. 4
    ドリームボードの内容を共有する ドリームボードを何名かの友達と一緒に作るのも楽しいでしょう。友情も深まるかもしれません。ドリームボードが出来上がった時に、なぜこのような内容にしたのか説明し合ってみましょう。自分の描く将来、夢、そして目標を声に出して述べることもまた、実現に向けた大きな一歩となります。
    • あなたの目標や夢を応援してくれる人にドリームボードの内容を説明すると特に効果的です。応援から前向きな力をもらえるでしょう。[15]
  5. 5
    毎年新しいドリームボードを作る 夢は移り変わります。時には、これまでとは完全に異なるものになることもあるので、夢の変化に合わせてドリームボードも作り変えていきましょう。[16]
    • 過去のドリームボードをじっくりと見て、この1年でどれほど成長し、どのような成果を残すことができたのか振り返ってみましょう。[17]
    広告

ポイント

  • ドリームボードの材料にかける費用を抑えるために、雑誌は友達や公共図書館、美容室、病院、ジム、職場、スリフトショップ、蚤の市などを利用して集めると良いかもしれません。捨てずに済むことを喜んでくれるはずです。写真を切り抜いて用いることを事前に説明し、了解を得ておくと親切でしょう。

広告

必要なもの

  • ポスターパネル
  • 雑誌やインターネット上で集めた写真
  • ハサミ
  • 糊、テープ、画びょう
  • 時間(1~2時間かけてドリームボードを作りましょう)

関連記事

How to

プラスチックレンズの眼鏡の傷を取り除く

How to

自分で身長を測定する

How to

風船ガムを膨らませる

How to

プラスチックに塗装する

How to

革を染める

How to

六角形を描く

How to

貝殻の汚れや付着物を落としてつやを出す

How to

勝手に沈むオフィスチェアを修理する

How to

息を長く止める

How to

リボンのほつれを防ぐ

How to

自分のエロティックな写真を撮る

How to

硬貨を洗う

How to

タッチペンを手作りする

How to

バルーンアーチを作る
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む34人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 趣味・DIY
このページは 41 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告