ドーナツには様々な形や大きさのものがあります。またのんびりした週末のお供に食べたり、張り切って粉菓子作りの世界に挑戦したりと、楽しみ方も様々です。お店で買うこともできますが、手作りのものはまた格別です。この記事では代表的なドーナツのレシピを3種類ご紹介します。美味しく召し上がれ!

  • 準備(揚げドーナツのアイシングがけ):2時間30分
  • 調理時間:15分
  • 合計時間:2時間45分

材料

揚げドーナツのアイシングがけ

  • ドライイースト 2包み(約7グラム)
  • ぬるま湯 ¼カップ(40~45℃)
  • 人肌に温めた牛乳 1½カップ
  • 白砂糖 ½カップ
  • 塩 小さじ1
  • 卵 2個
  • ショートニング ⅓カップ
  • 中力粉 5カップ
  • 植物油 1リットル(揚げ用)


アイシング用:

  • バター ⅓カップ
  • 粉砂糖 2カップ
  • バニラエッセンス 小さじ1½
  • お湯 大さじ4(必要に応じて)

焼きドーナツのアイシングがけ

  • 中力粉 2カップ
  • 白砂糖 ¾カップ
  • ベーキングパウダー 小さじ2
  • ナツメグ粉末 小さじ¼
  • シナモン粉末 小さじ¼
  • 塩 小さじ1
  • 牛乳 ¾カップ
  • 卵 2個(溶きほぐしておく)
  • バニラエッセンス 小さじ1
  • ショートニング 大さじ1(または溶かしバター 大さじ2)


アイシング用:

  • 粉砂糖 1カップ
  • お湯 大さじ2
  • アーモンドエッセンス 小さじ½

カナダ風揚げドーナツ

  • ぬるま湯 ½カップ(45℃)
  • ドライイースト 小さじ5
  • 白砂糖 ひとつまみ
  • 温めた牛乳(45℃) 1カップ
  • 白砂糖 ⅓カップ
  • 塩 小さじ1½
  • バニラエッセンス 小さじ1
  • 卵 3個(溶きほぐしておく)
  • 植物油 ⅓カップ
  • 全粒粉 5カップ(分けて使う)
  • 植物油 1リットル(揚げ用)


トッピング用:

  • 白砂糖 2カップ
  • シナモン粉末 小さじ½(またはお好みの量で)

方法 1 の 3:
揚げドーナツのアイシングがけ

  1. 1
    小さなオーブン皿にぬるま湯とドライイーストを入れて混ぜ合わせます。イースト菌を働かせるにはぬるま湯が必要ですが、このイースト菌の働きによってドーナッツがよく膨らみます。5分ほど浸しておきます。
  2. 2
    電動ミキサーを低速に設定し、上記のイースト、牛乳、砂糖、塩、卵、ショートニング、中力粉2カップ分を混ぜ合わせます。木製のスプーンを使うこともできますが、その際は粉状の材料と汁気のあるものは別々に混ぜておいてから、後ですべて混ぜ合わせましょう。
  3. 3
    残りの中力粉を½カップずつ加えて低速で混ぜます。粉がボウルにこびりつかなくなるまで混ぜ合わせましょう。
  4. 4
    手の腹や拳を使って生地を練ります。5分ほどすると、滑らかになり弾力も出てきます。
  5. 5
    油を薄く塗ったボウルに生地を入れて発酵させます。タオルを被せて1時間ほど、2倍の大きさに膨らむまで置きます。指で押した跡が元に戻らなくなったら、充分に発酵したしるしです。
  6. 6
    粉をまぶした台に生地を取り出し、めん棒などで1.5cmほどの厚さになるまで伸ばします。そして粉をまぶした抜き型で抜くか、手でドーナツ型に切り出しましょう。
  7. 7
    再び30分から60分かけて、二次発酵を行います。生地をトレーに置いて、清潔で充分な大きさの布で覆いをします。
  8. 8
    ドーナツ生地が発酵している間にアイシングを準備します。ここで紹介するのは伝統的なバターアイシングで、アメリカで大人気のクリスピークリームのアイシングとよく似ています。以下の要領で作りましょう。
    • 小鍋を中火に熱してバターを溶かします。焦がさないように注意しましょう。
    • 小鍋を火から下ろし、粉砂糖とバニラエッセンスを入れて滑らかになるまで混ぜます。   
    • 水っぽくなりすぎないように様子を見ながら、お湯を大さじ1杯ずつ入れて混ぜ合わせます。
  9. 9
    深さのある揚げ鍋またはフライパンに油を入れて、175℃まで熱します。この時、できれば調理用温度計を使うと温度管理がしやすいでしょう。
    • 油臭さをとばすため、油を強めの中火で熱したらそのまま5分ほど加熱します。その後で、175℃になるまでゆっくりと火を落としましょう。
  10. 10
    生地を油の中に滑らせるようにして入れます。金属製のトングやスパチュラを使うのが良いでしょう。油の表面に浮いてきたらひっくり返して、両側がきつね色になるまで揚げます。
  11. 11
    揚がったら、網のついたバットに取って油を切ります。アイシングをする前にしっかりと油を切っておくことが重要です。
  12. 12
    ドーナツが温かいうちにアイシング液の中に浸して、均等にコーティングします。網のついたバットの上に取り出して乾かしたら、出来たてを召し上がれ。
    広告

方法 2 の 3:
焼きドーナツのアイシングがけ

  1. 1
    オーブンを165℃に予熱しておきます。ドーナツ型には薄く油を塗っておきます。
  2. 2
    大きめのボウルに、中力粉、砂糖、ベーキングパウダー、ナツメグ、シナモンと塩をふるって入れ、混ぜ合わせます。
  3. 3
    先に牛乳、溶き卵、バニラエッセンス、ショートニングを混ぜ合わせてから、粉類のボウルに入れます。よく混ざるまでかき混ぜましょう。
  4. 4
    ドーナツ型の¾の高さまで生地を流し入れます。焼き上がると型いっぱいに生地が膨らみます。
  5. 5
    オーブンで8分から10分ほど、弾力が出てくるまで焼きます。焼き上がったら少し冷ましてから、型から取り出します。
  6. 6
    アイシングを作ります。小さなボウルに粉砂糖、お湯とアーモンドエッセンスを入れて、滑らかなクリーム状になるまで混ぜます。まだ温かいドーナツを浸したら、余分なアイシングが落ちるのを待って、出来上がりです。
    広告

方法 3 の 3:
カナダ風揚げドーナツ

  1. 1
    大きめのボウルにドライイースト、ぬるま湯と砂糖をひとつまみ入れて合わせ、泡立つまで5分ほど置いておきます。
  2. 2
    イーストの入ったボウルに牛乳、砂糖⅓カップ、塩、バニラエッセンス、溶き卵と植物油⅓カップを入れて、砂糖が溶けるまでよく混ぜます。
  3. 3
    同じボウルに全粒粉2½カップを混ぜ入れます。汁気がなくなって混ぜにくくなるまで小麦粉を加えましょう。粉をふるった台の上に取り出し、さらに残りの粉を足しながら、べとつかなくなるまでこねます。そしてさらに10分ほど、表面が滑らかになり弾力が出てくるまでこねます。
  4. 4
    生地をひとまとめにしたら、油を塗った大きめのボウルに入れて布で覆いをします。その状態で、倍ほどの大きさに膨らむまで1時間ほど休ませます。
  5. 5
    多めに粉をふるった台の上に生地を取り出して、形を整えるようにこねてから、大さじ山盛り1杯ほどの量で等分します。
  6. 6
    生地を一つずつ、細長い楕円形に引き伸ばします。手を使っても、めん棒を使っても良いでしょう。厚さは5mmほどになるようにします。カナダでは揚げドーナツは「ビーバーテイル(ビーバーの尻尾)」とも呼ばれています。ぜひ想像力を膨らませて形づくってみましょう!
  7. 7
    伸ばした生地にはすぐ布を被せて、すべての生地を伸ばし終わるまで休ませておきましょう。
  8. 8
    揚げ鍋または大きなフライパンで油を190℃に熱します。油の深さは最低でも10~12cmが必要です。
  9. 9
    油を熱している間に、シナモンシュガーを用意します。器に砂糖2カップと粉末シナモンを混ぜておきましょう。
  10. 10
    生地を一つずつそっと油の中に滑らせるように入れて、片面につき1分から2分ずつ、両面を揚げます。きつね色になったら網つきのバットに取り出します。
  11. 11
    余分な油をペーパータオルに吸い取らせたら、温かいうちに先の器に入れてシナモンシュガーをまぶします。
  12. 12
    召し上がれ。
    広告

ポイント

  • 作業台には忘れずに粉をふるっておきましょう。生地がこびりつくと取れなくなります。
  • アイシング用のバニラエッセンスが無い場合は、代わりにレモン果汁を使います。

広告

注意事項

  • 熱した油や鍋などを扱うので、火傷に注意してください。
広告

関連記事

How to

ケーキのアイシングを作る

How to

パン生地の発酵を早める

How to

アイシングシュガーを使わずにアイシングを作る

How to

クッキーの焼き上がりを見極める

How to

ロックキャンディを作る

How to

ケーキを冷ます

How to

ベーキングパウダーの代用品を作る

How to

パンのカビを抑制する

How to

溶き卵を作る

How to

スモアを作る

How to

チョコチップを溶かす

How to

チョコレートを溶かす

How to

手作りキットカットを作る

How to

イーストを予備発酵させる
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
このページは 710 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告