ナチュラルメイクはメイクの経験にかかわらず、誰にでも似合うメイクです。この記事では、自然な仕上がりになるメイクのコツをご紹介します。

パート 1 の 3:
メイクをする

  1. 1
    洗い残したメイクを落とす メイク落としか水をコットンにふくませ、肌にたたき込むか小さい円を描くようにして拭き取り、洗い残したメイクを落とします。洗顔は一日に2度行い、洗顔後は化粧水と保湿剤を塗りましょう。自分の肌質を把握し、肌質に合った商品を使いましょう。シミや毛穴の黒ずみなどの肌トラブルがある場合は、角質を除去しましょう。
  2. 2
    保湿をする 少量の化粧水をやさしく肌になじませましょう。化粧水は無香料でオイルフリータイプを選びましょう。香料のある化粧水を使うと肌トラブルが悪化したり吹き出物ができたりします。また、オイルを含む化粧水を使うとニキビができやすくなります。
    • より自然な仕上がりにする場合は、ファンデーションの代わりに色付きの保湿剤を使うと良いでしょう。たいていの色付き保湿剤には肌のトーンを均一にする効果があるだけではなく、日焼け止めの効果も含まれます。肌の調子が良い場合は、色付きの保湿剤が最適でしょう。
  3. 3
    シミと目の周りにコンシーラーを塗る ファンデーションの前にコンシーラーを塗ると、ファンデーションの使用量を最小限に抑えられます。コンシーラーの色は肌の色と合わせ、カバーしたい部分のみに乗せましょう。カバーしたい部分の周りに乗せると、逆に目立ってしまいます。お好みで肌色のパウダーでセットしても良いでしょう。[1]
    • コンシーラーの塗りすぎには注意しましょう。隠したい部分をカバーするのに必要最低限の量を使います。
  4. 4
    皮脂の出やすい部分にパウダーファンデーションを塗る ファンデーションを塗る前に、必ずファンデーションの色が肌に合っているかを確認しましょう。ファンデーションを頬の数箇所に乗せ、様々な角度に顔を傾けながら自然光の下で色を確認すると良いでしょう。[2]
    • 指かスポンジにファンデーションをとってから顔に乗せ、肌に自然になじませましょう。あごの下までなじませないと、顔と首の色の境目がはっきりと出て、仕上がりが不自然になります。
    • 目の下にたるみや色が均一でない部分がある場合は、ファンデーションを3箇所に点で置き、薬指でやさしくなじませましょう。
  5. 5
    ブロンザーを塗る ファンデーションの次はブロンザーを塗ります。アイメイクをしてからでも良いでしょう。ブロンザーは肌に自然な輝きを与えます。顔全体に乗せるか、日焼けしたような肌に見せたい場合は頬骨とTゾーンに乗せましょう。しかし、色白の人が間違った方法でブロンザーを使用すると仕上がりが不自然になるので注意が必要です。まずはブロンザーが似合うかどうかを試して、似合わないと感じたらこのステップは省略しても構いません。
  6. 6
    チークを塗る ブロンザーが似合わない場合は、代わりにチークを使いましょう。パウダータイプよりもクリームタイプのチークが良いでしょう。潤いのある頬を演出し、色がより長持ちします。シャンパンカラー(白っぽい黄金色)がベースのクリームチークを薬指に少量とり、頬骨になじませます。ブロンザーとチークは両方ではなく、どちらかを塗りましょう。
    広告

パート 2 の 3:
アイメイクをする

  1. 1
    ブラウン、ブラックまたは灰色のアイライナーペンシルで上まつ毛の生え際にラインを引く 中にはアイライナーを引かずマスカラだけを塗り、より自然な仕上がりを好む人もいます。また、ペンシルタイプではなくくすんだ色のジェルアイライナーを勧める美容専門家もいます。リキッドやジェルタイプはペンシルタイプに比べて仕上がりがより自然です。また、ジェルアイライナーはなじませやすいのも特徴です。ラインは上下まぶたの目尻側のみ(上まぶたの3分の2、下まぶたの3分の1)に引き、綿棒でなじませましょう。
  2. 2
    白いアイライナーを使う 白いアイライナーを引くと、目が大きく見えます。上記のステップでラインを引かなかった部分(上下まぶたの目頭側)に白いアイライナーかアイシャドウでラインを引き、目を生き生きと見せましょう。
    • 眉骨に白いアイライナーやアイシャドウを少量乗せると目に輝きが生まれ、生き生きとした表情になります。
  3. 3
    アイシャドウを塗る 仕事用のメイクには、アイシャドウを2色使うと良いでしょう。肌のトーンや色に合わせて、ゴールド、ブラウンまたはシルバー系から選ぶと良いでしょう。明るい中間色のアイシャドウをまぶた全体(目のくぼみの少し上まで)に乗せ、暗めの締め色を上まぶたのまつ毛際と目のくぼみに沿って柔らかく乗せましょう。必ず色をなじませて、自然な仕上がりにしましょう。
  4. 4
    まつ毛をカールさせ、マスカラを塗る まつ毛をカールさせると、明るく生き生きとした表情になります。まつ毛を強調したい場合は、お好みのマスカラを一度だけ塗りましょう。[3]
    • マスカラを塗る場合は、まつ毛がダマにならないようにブラシのマスカラ液をしごいてから使いましょう。
    広告

パート 3 の 3:
リップメイクをする

  1. 1
    唇の色に近い薄い色のリップカラーを塗る 唇が乾燥したような仕上がりになるリップスティックや、艶のあるリップグロスは避けましょう。仕上がりが自然で持続力もあるリップティントが良いでしょう。唇の色に近い色を選びます。
  2. 2
    唇の中央にパール感のあるチークを少量乗せる この方法は好みが分かれるので、一度試して仕上がりを確認するのが無難です。自分に似合うメイクを研究しましょう。
  3. 3
    完成 潤いと艶、清潔感のあるメイクの出来上がりです。
    広告

ポイント

  • 天然の成分を配合したメイクを使うと、肌に刺激を与えることなくシミを軽減できます。天然の鉱物を主成分としたミネラルファンデーションを使うと、毛穴も詰まらず肌への負担も減るので、質の良いファンデーションに投資してみても良いでしょう。
  • メイクの厚塗りには注意しましょう。メイクは元々の顔立ちを引き立てるためのものであり、隠すものではないことを念頭に置きましょう。
  • チークと口紅の色は同じ系統の色を使うと自然な仕上がりになります。
  • 細部まで確認できるように、明るく日当たりの良い場所でメイクをしましょう。
  • 信頼のおける友人に、自分のメイクが厚塗りではないかを確認してみましょう。
  • 肌の色になるべく近い色のファンデーションを見つけましょう。
  • ゆっくりとやさしく根元から毛先にブラシを動かしてマスカラを塗ると、仕上がりが自然です。
  • 状況に合った照明の下でメイクをしましょう。例えば晴れた日に外出する場合は明るい照明の下で、クラブに行く日は暗めの照明の下でメイクをします。
  • あまり完璧なメイクを追求するのではなく、顔のパーツのうちいくつかを引き立たせるようなメイクをしましょう。
  • 頻繁に鏡を見るなど、見た目を気にし過ぎては一日を無駄にしてしまいます。リラックスして笑顔を作り、自信を持ちましょう。

広告

関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

防犯タグを外す

How to

ペニスを洗う

How to

生理を早める

How to

お酒の臭いを消す

How to

髪に付いたガムを取る

How to

(男性向け)陰毛を剃る

How to

爪を噛むのをやめる

How to

全身をマッサージする

How to

えくぼを自然に作る

How to

絆創膏の粘着剤を落とす

How to

ジーパンをショートパンツにリメイクする
広告

この記事は役に立ちましたか?

広告