マンガやアニメを見たことがあれば、ナルトなどの忍者が独特の走り方をしているのが分かるでしょう。ナルトほど速く走ることができなくても、その走り方を真似することはできます。まず、右足から前に踏み出します。背筋を伸ばしたまま前のめりになり、顔を上げて視線は進行方向に向けましょう。左右の腕はまっすぐ背中側に伸ばします。走る準備ができたら、好きなナルトの戦闘シーンを思い浮かべて、走り出しましょう!

パート 1 の 2:
走る準備をする

  1. 1
    動きやすい服装をしましょう。ナルトになりきり、できればナルトのような服を着ましょう。[1] 必ずランニングシューズを履きます。転倒の原因となる障害物がなく、平らな場所を選びましょう。
  2. 2
    ナルトの走り方は正しい走り方ではなく、ケガをする可能性があることに留意しましょう。通常の走り方では、一歩から最大限の力を繰り出すために腕と足を交互に動かしますが、ナルトに登場するキャラクターは、大半が空気抵抗を抑えるために手と腕をまっすぐ背中側に伸ばして走ります。脚力を強化するトレーニングを何年も積んできているため、腕の力を必要としないのです。この走り方を真似することはできますが、ナルトのようには上手くいかないでしょう。実在しない力(「ナルト」では「チャクラ」と呼ぶ)によって脚力が強化され、この走り方が可能になるのです。ナルトの忍者走りを見た目だけ真似するためには、前のめりの姿勢で腕をまっすぐに胴の後ろへ伸ばして走ります。
  3. 3
    スタートの構えを取ります。右足を前に踏み出し、腕をまっすぐに体の後ろへ伸ばして膝を少し曲げます。視線を前に向け、進行方向を見つめましょう。
    広告

パート 2 の 2:
ナルトのように走る

  1. 1
    背中をまっすぐに伸ばしたまま、胴を前傾させます。膝を曲げ、胴全体を前に傾けます。理論上は、この姿勢により敵の目と攻撃を交わしやすくなります。首を後ろに曲げて頭を上げ、進行方向を見ましょう。
    • 体を30度から40度前傾させます。傾けすぎると、顔から倒れてしまう危険があります。
    • 運動会でゴールテープを切ろうとしているところを想像しましょう。腕ではなく、胸と胴でテープを切ります。
  2. 2
    腕をまっすぐに背中側に伸ばします。難しくても、肘をしっかりと伸ばして走りましょう。手のひらは上に向けます。理論上は、これで空気抵抗が減り、速く走れるようになります。[2]
    • 腕を振ったり動かしたりしてはいけません。意識は足に向け、腕の力は適度に抜きます。走行中にバタバタと揺れない程度の力を保ちましょう。腕に力を込めすぎると集中できなくなります。
    • 腕は体の脇に置いたまま走りましょう。腕の力を完全に抜き、十分にスピードを出すことができれば、腕は自然と体の後ろ側へなびきます。
  3. 3
    速く走りましょう。腕を後方にたなびかせて、力強く走り出します。ナルトの走り方は、通常の走り方とは違う筋肉を使うため、最初は難しいかもしれません。速く走れるように練習を重ねましょう。また、この走り方は通常よりもスタミナを多く消費するので、最初のうちは短時間の練習に留めておきましょう。
    • まずはゆっくりと走りましょう。上体を前に傾けつつも、通常の走り方に近い姿勢で走ります。練習を積むうちに速度が上がり、腕も体の後ろへなびくようになるはずです。
  4. 4
    バランスを保ちましょう。腕を後ろにたなびかせながら身をかがめて走ると、ちょっとしたことでもバランスを崩し、前方に倒れてしまいます。全身を使って、重心をしっかりとコントロールしましょう。前傾するときは頭を上げ、腕でバランスを取ります。視線は常に進行方向に向け、転ばないように注意しましょう。
    広告

ポイント

  • ナルトのアニメを見て、走り方を研究しましょう。
  • ナルトには、普通の走り方をするキャラクターも登場します。アニメオリジナル編の作品の中には、メインキャラクターが普通に走る姿を取り上げたシーンもあります。

広告

注意事項

  • 他に行っている人がいなければ、ナルト走りで走るときっと目立つことでしょう。
広告

関連記事

How to

プラスチックレンズの眼鏡の傷を取り除く

How to

風船ガムを膨らませる

How to

自分で身長を測定する

How to

六角形を描く

How to

勝手に沈むオフィスチェアを修理する

How to

ワインボトルのラベルを剥がす

How to

プラスチックに塗装する

How to

革を染める

How to

硬貨を洗う

How to

自分のエロティックな写真を撮る

How to

タッチペンを手作りする

How to

貝殻の汚れや付着物を落としてつやを出す

How to

息を長く止める

How to

牛を描く
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む50人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は3,495回アクセスされました。
カテゴリ: 趣味・DIY
このページは 3,495 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告