ニキビの腫れと赤みを抑える方法

2 方法:一時的な治療法長期的な治療法

朝起きて鏡を見た時に、赤く腫れあがったニキビが目に飛び込んできたことがありませんか?どうしてもニキビができてしまう人もいますが、赤く腫れるのを避けることは可能です。予防方法を知らずにニキビの腫れを抑えようとすると苦戦を強いられますが、テスト済みの効果のある予防方法があります。以下のステップでご紹介します。

1
一時的な治療法

  1. 1
    赤い腫れを和らげるためにハマメリスの配合された製品を使いましょう。ハマメリスとは収斂作用(一時的にお肌を引き締めてキメを整える効果)のある製品に使われる植物ですが、ニキビの赤みや痒みを軽減させる効果もあります。ハマメリスを含む製品を使ってもニキビは「治療」できませんが、肌荒れを鎮静化させ、ニキビを目立たなくさせる作用が期待できます。[1]
    • 殆どのハマメリスを含む製品は収れん化粧水として販売されています。アルコールを含む製品(約14%配合されていることが多いでしょう)と含まない製品が販売されていますが、アルコールは肌荒れや乾燥を引き起こす作用があるので、アルコールが配合されていない製品の購入をお勧めします。[2]
  2. 2
    氷を使いましょう。これもニキビが赤く痛みを伴う場合に効果のある一時的な治療法です。冷凍庫から氷を取り出して数分間待ってから、ニキビに当ててください。腫れが若干治まるでしょう。冷気が血管を収縮させるので、ニキビの見た目を小さくするとともに赤みが軽減します。[3]
  3. 3
    濡れたティーバッグも効果があります。ティーバッグをぬるま湯に1分ほど浸します。紅茶が特に効果が高いでしょう(健康に良いので、使用後に飲んでもかまいません)。お湯からティーバッグを取り出して、水分をできるだけ絞り出します。ティーバッグの温度が下がったらニキビの上に優しく置いてください。
    • ティーバッグにはタンニンが多く含まれています。タンニンには腫れを抑える効果があるので、目の腫れの治療によく使われます。[4]
  4. 4
    イブプロフェンの代わりにセラペプターゼを服用して腫れを和らげましょう。セラペプターゼはカイコから抽出される天然の化学物質で、サプリメントとしての使用が認められています。セラペプターゼには、タンパク質を素早く効果的に分解することによって、お肌の腫れを軽減させる効果があることが知られています。[5]
  5. 5
    アスピリンのペーストを作りましょう。アスピリンの使用は赤みと腫れを抑える、人気のある民間療法です。[6]アスピリンに含まれているサリチル酸には、鎮痛および消炎作用があります。[7]アスピリンは腫れを抑えるだけでなく、お得なことに、ニキビを乾燥させる効果も期待できます
    • アスピリンの錠剤が粉状になるまで細かく砕いて、数滴ずつの水と少しずつ混ぜ合わせていきます。ザラザラしたペースト状になるまで水を加えてください。
    • できあがったペーストを綿棒に付けて、ニキビ全体に覆いかぶせるように塗ってください。
    • ペーストは乾くと固くなるので、そのまま数時間、放置します。多くの人は夜、就寝前にペーストをニキビに塗って、起床後の洗顔時に洗い流します。
  6. 6
    歯磨き粉を使ってニキビを小さくしましょう。歯磨き粉を使ってニキビを小さくする方法もまた、人気のある民間療法の一つです。歯磨き粉に含まれている重曹や過酸化水素、トリクロサンやその他の成分がニキビを乾燥させるかもしれませんが、歯磨き粉の使用が、他のニキビ治療法と比べて特に優れているといわけではありません。[8]歯磨き粉がお肌を過剰に刺激するという報告もあるので、注意して使用してください。
    • ジェル状ではなくペーストタイプの歯磨き粉を使いましょう。歯磨きペーストにはニキビを乾燥させ、腫れを抑える成分が含まれていますが、歯磨きジェルの場合、その成分が配合されていない製品も販売されています。
  7. 7
    ニームオイルとティートゥリーオイルにも腫れを軽減する効果があります。両方とも木から採取されるエッセンシャルオイルで、ニキビを発生させる雑菌の繁殖を抑える作用により腫れを和らげます。ニームオイルは様々な疾患に作用する特効薬のようなものですが、ティートゥリーオイルは特に皮膚の感染症や疾患に対して効果が期待できます。[9][10]
    • どちらのエッセンシャルオイルもそのまま使用すると(成分が高濃度すぎるため)肌荒れを起こす恐れがあるので、使用時には同量の水で薄めてください。作った水溶液を綿棒に浸して、ニキビの上にそっとたたくようにして塗ってください。10~20分程度放置してから拭き取ってください。
  8. 8
    泥マスクを試してみましょう。泥マスクはお肌から水分を吸収するので、腫れを抑え、膿を取り除く効果が期待できます。泥マスクの使用後は、毛穴が小さくなり、引き締まるという報告が多くの人から寄せられています。1週間に一度、顔全体にマスクをするとともに、必要に応じて個別のニキビに泥を塗ると良い結果が得られるでしょう。
  9. 9
    レモンやキュウリ、トマトを使ってみましょう。自然の素材を使うこの方法もまた多くの人に用いられている民間療法です。それぞれ違った働きをしますが、どれも同じくらい効果があります。しかし、この自然の素材のニキビへの効果が科学的に証明されているわけではないので、自己判断で使用してください。
    • レモンをスライスして、ニキビの上に置きます。レモンの汁に含まれるクエン酸はニキビの原因菌と戦うとともに、ニキビ跡を治療する効果があると言われています。[11] 但し、レモンの汁がお肌に触れると、チクチクと刺激されることを覚えておきましょう。
    • キュウリには消炎作用があることが広く知られています。[12]キュウリをスライスして、ニキビの上に置いてください。キュウリがお肌を鎮静化させるとともに、炎症を和らげます。
    • トマトの弱酸性がニキビを抑えます。実際、多くのニキビ薬にはビタミンAとビタミンCが配合されていますが、両方ともトマトに含まれている成分です。[13]トマトをスライスして、ニキビの上に置きます。1時間以内に取り除いてください。

2
長期的な治療法

  1. 1
    自分のお肌のタイプを見極めましょう。普通肌、乾燥肌、敏感肌、脂性肌や混合肌など、人によってお肌のタイプが異なります。[14]自分のお肌のタイプがわかれば、お肌に合ったスキンケア製品を選べるので、不必要にお肌を刺激することなく効果的に治療できます。自分のお肌のタイプがわからない方は、皮膚科医やメイクアップアーティスト、または化粧品の販売員に尋ねてみてください。肌質を調べて、お肌のタイプに合ったスキンケア方法の提案をしてくれるでしょう。
    • 普通肌:敏感ではありません。毛穴がほとんど目立たず、キメが細かいでしょう。
    • 乾燥肌:毛穴が小さく、所々赤みを帯びています。また、弾力があまりなく、全体的にくすんでいます。
    • 敏感肌:刺激を受けた際に赤みや痒み、ヒリヒリとした痛み、乾燥などが起こります。
    • 脂性肌:てかりがあり毛穴が大きく、黒ずみやニキビ、その他のシミなどがあります。
    • 混合肌:お肌の部分によって普通肌であったり、あるいは乾燥肌や脂性肌(特にTゾーン:額から鼻先にかけての皮脂分泌が多いエリア)であったりします。
  2. 2
    毎日2回、低刺激の石鹸か洗顔料を使って洗顔しましょう。ぬるま湯を使って、ニキビの発生している部分にはできるだけ刺激を加えないように洗顔します。低刺激の石鹸を使うと、お肌を乾燥させたり、荒れさせたりすることなく洗浄できます。また、ニキビの予防・除去効果のあるサリチル酸が添加されている洗顔料の使用も効果的です。
    • 清潔な手指で洗顔するとともに、お肌を不必要に刺激する洗顔パッドやヘチマ、タオルなどの使用を避けましょう。手を使って十分効果的に洗顔できます。手以外に道具を使って洗顔すると、お肌を過剰に刺激するなどのマイナス点の方が大きいかもしれません。
  3. 3
    お肌を保湿しましょう。お肌の保湿は肌荒れを減らすうえで重要です。定期的な保湿はお肌にハリと健康をもたらします。毎回の洗顔の後に、毛穴を詰まらせない保湿剤を使用すると効果的です。
    • お肌のタイプに合った保湿剤かローションを選んでください。脂性肌の方は「オイルフリー」の表記がある製品を使いましょう。20分ごとに保湿剤をつける必要はありませんが、お肌が乾燥している日には手元に置いていつでも使えるようにしておくと良いでしょう。気温が低く風が強くなる冬場は特にお肌が乾燥しがちになります。
    • 基本的な保湿剤にはジェルタイプとクリームタイプの二種類があります。ジェルタイプの保湿剤は、脂性肌あるいは混合肌の方に適しています。対して、クリームタイプの保湿剤は乾燥肌や敏感肌の方に適しています。
  4. 4
    水分補給をしましょう。水を多く飲むと、体の健康と機能維持に役立ちます。但し、同じ水分でも砂糖を多量に含んだジュースや炭酸飲料、エナジードリンクなどは避けましょう。食生活とニキビの発生には関係があるという報告が多数あります。[15][16][17]水分を補給するとお肌も潤ってハリが良くなり、健康な見た目と感触になります。
  5. 5
    面倒かもしれませんが、夜、就寝前にきちんとメイクを落としましょう。メイクを付けたままにしていると、毛穴を詰まらせ、更なるニキビを発生させる原因になります。洗面所まで行くことがどうしても面倒な時のために、メイク落としシートをベッドの脇に常備しておいて、ベッドの上でもメイクを落とせるようにすると良いでしょう。
  6. 6
    週に一度は角質除去を行いましょう。スクラブやピーリングジェルを使って角質を除去すると、壊死した皮膚組織が取り除かれてお肌が滑らかになります。但し、回数を多く行えば良いというものでもありません。角質除去を週一度以上行うと、お肌が乾燥し過ぎるとともに炎症を起こすかもしれません。
  7. 7
    収れん剤を使いましょう。収れん成分は、毛穴を引き締めてお肌にツヤとハリをもたらします。収れん成分を含んだ製品も、使い過ぎるとお肌に悪影響を与える恐れがありますが、お肌の脂と汚れを効果的に落としてくれます。
    • 天然の収れん成分を使用されたい場合は、前記のレモンのスライスをお肌に置く方法が効果的です。お肌からレモンを取り除いたら、洗顔してから自然乾燥させるか、タオルで優しく顔を叩いて乾燥させると、レモンの香りがほのかに残ります。
    • 強い収れん剤を使用した後には、保湿剤を塗ってお肌が乾燥し過ぎることを予防してください。レモンを使う場合は汁が目に入らないように気をつけましょう。レモンの汁が目に入ってしまったら直ちに使用を止めて、水で目を数分間洗い流してください。
  8. 8
    日焼け止めを使ってください。少量なら健康的ですが、過度の日焼けは顔に赤みと炎症をもたらします。また、紫外線はお肌に黒いシミを作るとともに、皮膚がんの発症リスクを高めます。外出時には、SPF30か45の日焼け止め機能付きの保湿剤を使うと良いでしょう。
    • 必ずしも高SPF値の製品を使う必要はありません。SPF30あるいは45の製品でも90%以上の有害な光線をカットする効果があります。
  9. 9
    ニキビの異なる発生原因を把握しましょう。一般的に言って、十代とニキビは切り離せませんが、ニキビが発生する原因は様々です。以下にいくつかの原因を挙げます。
    • ホルモンの変化:思春期や服用している薬、避妊薬やその他様々な原因があります。
    • 食生活:乳製品やグルテンを含んだ食品は、ニキビや皮膚炎の原因になります。
    • 汚れた髪の毛:髪に付着している油分が、毛穴(特に頭頂部周辺)を詰まらせているかもしれません。
    • 化粧品:化粧をすると、顔を洗った後でも残留物が毛穴を詰まらせてニキビを発生させることがあるので、洗浄効果の高いメイク落としを選びましょう。また、油分を多く含んでいたり、刺激の強い製品の使用も、悪影響をあたえている場合があります。
    • 過剰な汗と湿度:奇妙に聞こえるかもしれませんが、マラセジアと呼ばれる菌がお肌の上に生息しています。この菌は通常は問題になりませんが、過剰な水分に晒されると皮膚上で急速に増殖して、皮膚炎を発症させることがあります。
  10. 10
    ニキビを潰したり、むやみに顔を触らないようにしましょう。ニキビ(特に黒ニキビや白ニキビ)があると潰したくなるかもしれませんが、お勧めしません。ニキビを潰すと雑菌が広がるので、顔の他の部分にもニキビが発生する恐れがあります。ニキビが増えると雑菌が更に広がりやすくなります。また、手にはチリ、油分やその他の汚れなど、敏感なお肌に悪影響をあたえる物質が付着しています。顔や、その他のニキビの発生しやすい部分には可能な限り触らないようにしましょう。

ポイント

  • 顔を手や指で触らないようにしましょう。顔の皮膚は自然に油分を分泌しますが、触ることによって油分が広がると、毛穴を詰まらせてしまうことがあります。
  • ご紹介したすべての方法を一度に試みる必要はありません。1つか2つを選び出して、どの方法が自分にとって効果的か試してみてください。たくさん行うことが必ずしも良いとは限りません。
  • 一時的に赤みを軽減させるとともに、保湿効果のあるフェイシャルマスクが販売されています。アロエベラなど、消炎効果を持つことが知られている成分が配合されている製品を選んでください。

注意事項

  • ニキビが何週間も治らない場合は、かかりつけの医師か皮膚科を受診してください。ニキビの種類によっては大変治りにくいものもあり、処方箋薬や薬用ローションを使わないと効果的に治療できないことがあります。また、慢性化した症状は、お肌の他の問題の兆候かもしれません。

記事の情報

他言語版:

English: Reduce the Swelling and Redness of Pimples, Español: reducir la inflamación y el enrojecimiento de las espinillas, Italiano: Ridurre il Gonfiore e l'Arrossamento dei Brufoli, Français: réduire les gonflements et rougeurs des boutons, Português: Reduzir o Inchaço e a Vermelhidão das Espinhas, Русский: уменьшить припухлость и покраснение прыщей, 中文: 减轻痤疮的红肿, Deutsch: Die Rötung und Schwellung von Pickeln reduzieren, Nederlands: Zwelling en roodheid van puistjes verminderen, Čeština: Jak zmírnit otok a zarudnutí pupínků, Bahasa Indonesia: Mengurangi Pembengkakan dan Kemerahan dari Jerawat, العربية: الحد من تهيج واحمرار البثور, ไทย: ลดอาการบวมแดงของสิว, हिन्दी: मुहांसों की सूजन और लालिमा कम करें, Tiếng Việt: Giảm bớt Sưng và Tấy đỏ do Mụn, 한국어: 여드름 붉은 기와 부기 가라앉히는 방법

このページは 2,822 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?