思春期を過ぎ、青年期を迎えてニキビに悩まされることは、決して珍しいことではありません。それらの多くはホルモンかストレスによるものです。肌が不潔なためにニキビができると考える人がいますが、必ずしもそうではありません。逆に、洗顔のしすぎが強い刺激となり、肌の炎症を引き起こすことさえあります。ホルモンを自分でコントロールすることはできませんが、ニキビの発生を抑える簡単な方法があります。つやのある健康的な肌を手に入れましょう。

方法 1 の 3:
家でできるニキビ対処法

  1. 1
    ニキビ専用の洗顔料を使い、1日2回顔を洗いましょう。起床後と就寝前の洗顔を毎日の習慣にします。[1]
    • 肌をなめらかにするために、角質除去効果のある粒子が含まれている洗顔料を選びましょう。
    • 肩や背中、胸などにもニキビがある場合は、同じ洗顔料を使い1日に2回気になる部分を洗いましょう。
    • 化粧をしたら、必ず落としてから就寝しましょう。化粧をしたまま寝ると、ニキビを増やすだけでなく、治りが遅くなってしまいます。洗顔の前にオイルフリーの化粧落としを使い、肌に化粧が残らないようにしましょう。
  2. 2
    サリチル酸を含む化粧水を使いましょう。洗顔後に水気を拭き取ったら、コットンに少量の化粧水を付け、まんべんなくのばして洗顔後の肌を整えましょう。サリチル酸はニキビの治療に効果があります。[2]
    • 化粧水は塗るタイプ、拭き取りタイプ、またはスプレータイプなどがあります。
  3. 3
    皮膚科専門医に処方してもらえる過酸化ベンゾイルを含むゲルを使いましょう。ニキビの上に清潔な指でゲルを塗ります。肌への刺激を避けるため、過酸化ベンゾイルは3%未満のものがよいでしょう。[3]
  4. 4
    お手入れ後には毛穴を詰まらせにくい保湿剤を塗りましょう。ニキビ専用の製品は肌を刺激しやすいため、保湿剤でうるおいを取り戻すようにします。洗顔やゲルを塗った後に毛穴を詰まらせないタイプの保湿剤を付けることで、新たにニキビが発生するのを防ぎます。[4]
    • 毛穴を詰まらせにくい保湿剤の目印として、グリセリン、アロエベラ、ヒアルロン酸などが含まれるものを選びましょう。
  5. 5
    オイルで洗顔をしましょう。これはオイルクレンジングと呼ばれ、アジアで人気が高まっている方法です。オイルクレンジングは敏感肌にもやさしい洗顔方法です。
    • オリーブオイル、卵オイル、グレープシードオイル、ひまし油、エミューオイルなどを使いましょう。
  6. 6
    顔の角質を取り除きましょう角質取りをすると、蓄積するとニキビの原因となる古い皮膚細胞を取り除くことができます。市販の角質除去剤を使っても、天然のものを使っても構いません。
    • 肌に優しい効果を求める場合は、AHA(フルーツ酸)かBHA(サリチル酸)を含むpH値が3~4の角質除去剤を使うとよいでしょう。化学物質が、角質だけでなく古い皮膚細胞もはがします。[5]
    • BHAではなくサリチル酸と表示されている製品もあります。pH値が3~4であることを確認しましょう。BHA(サリチル酸)は古い皮膚細胞を取り除き、新しい皮膚の成長を促進します。その結果として、肌が乾燥したりニキビ周りがざらざらすることがありますが、肌の再生が進むにつれて治まっていきます。洗顔料に混ぜるか、ニキビのあるところへの部分的な使用を、毎日続けましょう。[6]
    • BHA(サリチル酸)を含むアスピリン錠をすりつぶし、水に溶かします。赤みと腫れを抑えたいときに、ニキビの上に垂らしましょう。
    • はちみつを肌に薄く塗り、30分間置きましょう。その後お湯で洗い流します。はちみつのpH値は3~6と幅がありますが、pH値が3~4のはちみつにはAHAが含まれるので、肌の角質除去を促進します。
    • 天然素材で角質を取り除くには、こんにゃくスポンジがよいでしょう。顔の肌にも優しく、安心して使えます。
    • 角質除去に使える別の天然素材には、オートミールがあります。オートミールとはちみつを混ぜ合わせ、2~3分間顔のマッサージをしたら、お湯でやさしく洗い流しましょう。
  7. 7
    ひどいニキビには、製油を垂らしましょう。ニーム(インドセンダン)オイルとティーツリーオイルには、ニキビを引き起こすバクテリアを殺菌する効果があると考えられています。希釈したティーツリーオイルかニームオイルを、ニキビひとつひとつに軽く塗るか、コットンでニキビのある部分に付けていきます。 [7]
    • ティーツリーオイルは抗菌性で、肌に詰まった細菌などの微生物を取り除きます。ただし、希釈せずにそのまま使うことは避けましょう。原液のまま使うと肌がヒリヒリしたり、ニキビが悪化したりすることがあるので、使用する際は容器の説明をよく読みましょう。
  8. 8
    硫黄を含む泥パックを使いましょう。硫黄がニキビに効くはっきりとした理由は解明されていませんが、高い効果があるということは確かです。硫黄を含む製品を使うと、皮脂の発生が抑えられるようです。
  9. 9
    化粧水を使いましょう。洗顔後、角質除去後、パック使用の後は、化粧水を顔全体に塗りましょう。毛穴を引き締め、汚れや皮脂が毛穴に詰まるのを防ぎます。ドラッグストアで手に入るニキビ専用の化粧水か、ウィッチヘーゼル化粧水またはリンゴ酢をコットンに取り、肌に軽く付けていきます。化粧水は拭き取らず、そのままにしましょう。
  10. 10
    保湿剤の使用を習慣にしましょう。脂性の肌が乾燥すると、体が反応してニキビのもととなる皮脂を作り出します。これを防ぐために、朝晩の洗顔の際には、化粧水の後に低刺激の保湿剤を塗りましょう。[8]
  11. 11
    レチノイドを使いましょう。日本では、レチノイドは皮膚科専門医が処方する医薬品です。使用前に、副作用があることを留意しましょう。レチノイドは、詰まった毛穴をきれいにしたりあかを除去したりする効果のある、ビタミンAを豊富に含みます。使用に関しては、皮膚科専門医に相談してみましょう。レチノイドのような効果をうたう市販の製品では効果が期待できないでしょう。
  12. 12
    アゼライン酸を含む製品を探しましょう。アゼライン酸は小麦や大麦に含まれる天然の抗菌物質で、赤みや炎症を抑える効果があります。黒いニキビ跡ができやすい場合は特に、毛穴をきれいにし、ニキビ跡を残りにくくするアゼライン酸を含む製品の使用が適しています。[9]
  13. 13
    顔にパックを使いましょう。パックには、肌をなめらかにし、バクテリアを殺菌する物質が含まれています。1回あたり15~20分間のパックを週に2~3回行い、毛穴をきれいにしましょう。ドラッグストアやコスメショップで購入するか、パックを自分で作りましょう。
    • きゅうりとオートミールでペーストを作ります。きゅうりは肌の赤みと黒いニキビ跡に効き、オートミールは荒れた肌を柔らかくなめらかにします。2つの材料をフードプロセッサーで混ぜ合わせペースト状にします。顔に塗って15~20分間置いたら、お湯で洗い流しましょう。
    広告

方法 2 の 3:
皮膚科クリニックやエステサロンで相談する

  1. 1
    重症なニキビの場合、皮膚科専門医に薬か抗生物質を処方してもらいましょう。ただし、副作用の可能性がないとは言えないので、服用の際は注意が必要です。
    • 抗生物質の服用はニキビの原因となりうるバクテリアを殺菌します。また、肌に直接塗る局所抗生剤もあります。
    • 女性であれば、低用量ピルを使用することでニキビの原因となりうるホルモンバランスを整えることができます。皮膚科専門医にも相談して決めるとよいでしょう。
    • 手に負えないほどのニキビには、アキュテインという処方箋医薬品が出されることがあります。アキュテインは、強力なレチノイドによって服用者のニキビをほぼ完全に消す効果があります。しかし、ニキビ治療薬の中でも最も副作用が強いため、細心の注意を払って服用する必要があります。
  2. 2
    顔のエステを受けましょう。様々な洗顔料、パック、毛穴吸引などの施術が、たいていのエステサロンで受けられます。顔のエステに不安がある場合は、皮膚科専門医に相談して医療的な顔のケアを受けましょう。
  3. 3
    顔のピーリングを受けましょう。ピーリングジェルには古い皮膚細胞やバクテリア細胞を溶かす酸が含まれています。自分で行うスキンケアに加え、定期的にピーリングを受けることでニキビを大幅に減らすことができるでしょう。
  4. 4
    マイクロクリスタルピーリングを試してみましょう。 超微粒子クリスタルで肌を磨き上げることで、新たな肌の生成を促進する方法です。一番上の表皮のみを削るので、数か月間にわたり週に1回のマイクロクリスタルピーリングを受けることが好ましいでしょう。
  5. 5
    レーザー治療を受けましょう。レーザーの強い光で活発すぎる皮脂腺の活動を止め、ニキビを退治します。多くの皮膚科クリニックでこの治療が受けられます。痛みが伴うことがありますが、ニキビを平均50%ほど減らすことができるとされています。
  6. 6
    光治療を試してみましょう。痛みの伴うレーザー治療とは異なり、光治療は特別な棒状の装置から出る刺激の弱い光線を使ってバクテリアを殺菌します。特定の色(赤、緑、青など)がニキビ治療に効果的であることが明らかになっています。自分のニキビ治療にふさわしいかどうか、皮膚科専門医に相談してみましょう。[10]
    広告

方法 3 の 3:
生活習慣を変えてニキビを治す

  1. 1
    運動を継続的に行いましょう。運動にはニキビ治療に役立つ数多くの効果があります。汗をかくことで古い皮膚細胞がはがれるだけでなく、ストレスレベルを下げるエンドルフィンが放出されることで、皮脂の発生を抑えます。顔だけでなく背中や肩、胸など体中のニキビを減らすため、一日に最低30分間の運動をするようにしましょう。
  2. 2
    顔に触らないようにしましょう。人には定期的に顔に触れたくなる傾向があるので、難しいかもしれません。特に、かきむしること、頬杖をつくこと、ニキビをいじることはやめましょう。ニキビの膿を絞り出したり鼻の黒ずみを抜き出したりするのも厳禁です。バクテリアが入りやすくなり、ニキビの悪化につながってしまいます。
  3. 3
    一日に2回シャワーを浴びましょう。朝と夜にシャワーを浴びるか入浴をしましょう。もしくは、朝と運動をしたり、汗をかいた後にシャワーを浴びるようにするとよいでしょう。低刺激の石鹸を使って全身を洗い、髪には頭皮の皮脂を抑えるシャンプーを使います。汗をかいた後は、取れかけている古い皮膚細胞を落とすためにも必ずシャワーを浴びるようにしましょう。
    • 水道代がもったいないと思うかもしれませんが、頻繁にシャワーを浴びると皮脂を抑え、バクテリアを殺菌し、古い皮膚細胞を洗い流す効果が得られます。
  4. 4
    健康的な食事をしましょう油分の多い加工食品は体のニキビを増やします。穀物や果物、野菜、たんぱく質などから適切な栄養を摂取することで、不要な皮脂の発生を抑えつつ肌の再生を促します。できる限り、ジャンクフードなどのあらゆる加工食品や糖分の多い食品は避けましょう。[11]
    • 糖分を摂りすぎると、ニキビができやすくなります。パン類、飴、アイスクリームなどの乳製品デザート、ソフトドリンクは避けましょう。
    専門家情報
    Kimberly Tan

    Kimberly Tan

    エステティシャン
    キンバリー・タンはサンフランシスコにあるニキビ治療専門クリニック「Skin Salvation」の設立者で、最高経営責任者です。認定エステティシャンとして15年以上の経験を持ち、西洋医学、ホリスティック医学(全体観的医学)、そして医学的観念に基づいたスキンケアを専門的に行っています。また、「Face Reality Acne Clinic」の設立者であるローラ・クックシー(ニキビ治療で有名なベテランエステティシャン)の下での勤務経験もあります。キンバリーはまた、レチンAクリーム(アメリカ食品医薬品局より承認されている、しわ・ニキビの治療医薬品)の共同開発者で、尋常性ざ瘡(ニキビ)研究の先駆者である、ジェームス・E・フルトン医師よりじかに講義を受けています。Skin Salvationでは肌の治療や効果的なスキンケアプロダクトの販売サービスに加え、ホリスティックヘルスや持続可能な生活習慣を身につけるための指導も行っています。
    Kimberly Tan
    Kimberly Tan
    エステティシャン

    大人ニキビ専門家のキンバリー・タンさんからのアドバイスです。「ニキビが頻発する場合、原因は食生活にあるかもしれません。各自の敏感さによりますが、食べ物もニキビの原因になることがあります。私の患者さん達のケースでは、ニキビの原因となる3大食品は乳製品、大豆、コーヒーです。砂糖やナス科の野菜が原因となる場合もあります。特に、砂糖を大量に摂ると炎症を起こしやすくなり、消化管内のカンジダ菌のバランスが崩れている場合、わずかな量の砂糖でも肌に大惨事を引き起こす可能性があります」

  5. 5
    睡眠時間を8時間は確保しましょう。睡眠には一石二鳥の効果があり、体を休める働きと、解毒する働きがあります。睡眠時間が不足すると、皮膚細胞の再生ができない可能性があります。毎日同じ時間に就寝し、最低8時間は眠るようにしましょう。[12]
  6. 6
    水をたくさん飲みましょう。「1日にグラス8杯の水を飲むと良い」などと聞いたことがあるかもしれませんが、飲むべき水の決められた量はありません。水は全身の解毒を促進し、肌をきれいにします。1日を通して、気が付いたときには常に水を飲むよう心がけましょう。
  7. 7
    心も体もリラックスさせましょう。ストレスは皮脂の分泌を促進させます。脳のためにも肌のためにも、リラックスできる時間を確保するとよいでしょう。読書や瞑想、ヨガをしたり、ゆっくりと湯船に入ったりして、肌への効果を観察してみましょう。
  8. 8
    布製品の洗濯をしましょう。服、タオル、枕カバー、シーツなど、肌に頻繁に触れるものは週に1回洗濯し、付着した皮脂やバクテリアを除去するようにしましょう。敏感肌であれば低刺激の洗剤を使います。
  9. 9
    オイルフリーの化粧品を使いましょう。ニキビを隠すために塗ったつもりの化粧が、新たなニキビの原因となるという悪循環に陥ってしまう可能性があります。ニキビを隠すだけでなく、ニキビ肌専用のオイルフリーの化粧品を使い、改善できるようにしましょう。パウダーファンデーションもよいでしょう。どんな化粧品でも一日も経てば毛穴に詰まるので、可能な日は化粧をしないで過ごしましょう。
    • 定期的に化粧ブラシを洗いましょう。バクテリアの繁殖を防ぎます。
  10. 10
    化粧品、ヘアスプレー、クリームが肌に合わずニキビを引き起こす場合、すぐに使用をやめましょう。新しい製品を試してから1~2週間ほどでニキビができた場合、その製品が原因である可能性があります。疑わしいと思うヘアスプレーや化粧品があれば、数週間はその製品を使用せず、ニキビの症状が改善するか経過を観察しましょう。[13]
  11. 11
    日焼け止めを常用しましょう。紫外線は肌の老化を早める一番の原因です。それだけでなく、大量に浴びると皮膚がんの原因にもなります。日光には危険が潜んでいるという意識を持つとよいでしょう。有害なUVA(長波長紫外線)とUVB(短波長紫外線)に肌をさらすと、肌が傷ついてしまいます。それだけでなく、色素を作り出す細胞が活性化されるため、ニキビによる紅斑の治りも遅くなります。
    • 日光を浴びることでニキビによる紅斑の治りが遅くなるだけでなく、肌の早期老化をもたらし、シミやしわの原因となります。紫外線ダメージは、DNAへのダメージなのです。日光によるダメージの結果である以上、安全な日焼けというのはありません。日焼け止めは年齢にかかわらず、アンチエイジングのため、また皮膚がん予防のためにも必須です。将来治療をしなくても済むように、予防に力を入れましょう。
    • 日焼け止めは、SPF30のものを毎日使いましょう。実は、SPFが30以上になると、UVB(短波長紫外線)から肌を守る効果にほとんど差がありません。そういう意味では、SPF40もSPF50もほぼ変わらないのです。SPF100の日焼け止めも存在しますが、国によって販売が禁止されています。
    • UVA(長波長紫外線)から身を守るには、PA+++ かPA++++以上のものがよく、ニキビによる紅斑対策にも向いています。UVA(長波長紫外線)から肌を守る効果を表す単位として、PPDも使われてます。最低PPD20のものを使いましょう。PA+の表示には、PPDへの効果の強さに合わせて + が付いています。日本と台湾では4段階、韓国では3段階で表されるなど、国によって表示が異なることがあります。
    • 屋外に出るときはなるべく日陰にとどまり、つばの広い帽子と薄い長袖の服を着用しましょう。目の色素が薄い人は特に、サングラスを使いましょう。日傘の利用もおすすめです。アジアではおしゃれなアクセサリーとしても人気があります。
  12. 12
    アプリコットスクラブとプラスチックマイクロビーズを含む製品の使用を避けましょう。アプリコットスクラブは肌を傷つける可能性があり、マイクロビーズは環境汚染と食物連鎖への悪影響につながります。
    • アプリコットスクラブは一部の使用者から熱狂的な支持を得ている製品ですが、クルミの殻を角質除去のためのスクラブとして使うと、鋭い殻が肌を傷つけ光老化といわれる紫外線による老化の原因となります。
    • プラスチックのマイクロビーズは、水路を汚染し魚の口に入る可能性があるため、使用を禁止している国もあります。
    広告

ポイント

  • 一度に数種類のニキビ対処法を試すのはやめましょう。どの方法が自分の肌に効果的なのかがわかりにくくなります。一つずつ別の方法を試しながら、自分に合った方法を探りましょう。
  • 忍耐強く待ちましょう。どんなに急にニキビが発生したとしても、治るのには時間が必要です。粘り強く継続することで、いずれきれいな肌を手に入れることができるでしょう。
  • 天然成分という言葉にも、正しい判断力を持ちましょう。いくら自然界のものでも、水銀やツタウルシを肌に塗ることはしないように、「天然成分」と表示されたものでもそれが安全である保障はありません。商標登録されたものであれ、自宅療法であれ、どんなときも科学的に安全が証明された方法だけを試すようにしましょう。

広告

注意事項

  • ニキビ治療にサリチル酸を含む製品を使っている場合は、肌が日光に過敏になるので日焼け止めを塗りましょう。
  • 妊娠中の場合は(ニキビができやすいのも確かですが)、市販の製品の使用については必ず医師に相談しましょう。
広告

関連記事

How to

アロエベラジェルでニキビを消す

How to

夢精を止める

How to

ずる休みをする

How to

未来の自分に手紙を書く

How to

女の子らしい女の子になる

How to

見つからないようにこっそり家を抜け出す

How to

勃起を隠す

How to

彼があなたのことを好きかどうか知る

How to

誰かを好きになるのをやめる

How to

背を高くする

How to

宿題がしたくなる

How to

キスの練習をする

How to

彼女を自分とセックスさせたくする

How to

学校を楽しむ
広告

このwikiHow記事について

Kimberly Tan
共著者 :
エステティシャン
この記事の共著者 Kimberly Tan. キンバリー・タンはサンフランシスコにあるニキビ治療専門クリニック「Skin Salvation」の設立者で、最高経営責任者です。認定エステティシャンとして15年以上の経験を持ち、西洋医学、ホリスティック医学(全体観的医学)、そして医学的観念に基づいたスキンケアを専門的に行っています。また、「Face Reality Acne Clinic」の設立者であるローラ・クックシー(ニキビ治療で有名なベテランエステティシャン)の下での勤務経験もあります。キンバリーはまた、レチンAクリーム(アメリカ食品医薬品局より承認されている、しわ・ニキビの治療医薬品)の共同開発者で、尋常性ざ瘡(ニキビ)研究の先駆者である、ジェームス・E・フルトン医師よりじかに講義を受けています。Skin Salvationでは肌の治療や効果的なスキンケアプロダクトの販売サービスに加え、ホリスティックヘルスや持続可能な生活習慣を身につけるための指導も行っています。 この記事は2,033回アクセスされました。
カテゴリ: ティーン | 個人衛生
このページは 2,033 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告