ニキビを早く自然に治す方法

共同執筆者 Zora Degrandpre, ND

この記事には:正しいスキンケアを取り入れる食生活を改善する植物療法を試してみる専門医に見てもらう34 出典

ニキビに悩んでいるあなた、大丈夫です、一人ではありません。ニキビとは、皮脂と古くなった角質で毛穴が詰まることによって起こる皮膚病の一種です。顔や胸、背中や肩、そして首などにできることが多く、遺伝、ホルモンバランス、過剰な皮脂の分泌などニキビができる原因は様々です。ニキビを早く、自然に治す方法は色々とあります。正しいスキンケアの方法を学んだり、食生活を改善したり、ハーブ療法なども試してみるとよいでしょう。

パート 1
正しいスキンケアを取り入れる

  1. 1
    自分のニキビの種類を知る ニキビの治療法は様々で、あなたのニキビの状態によって異なります。ほとんどのニキビはそれほど深刻ではありませんが、赤ニキビや紫ニキビは深刻で、腫れたりニキビ跡が残る原因となるので早めに治療を受ける必要があります。[1][2][3] 一般的なニキビの種類を以下で紹介します。
    • 白ニキビ(閉鎖面皰):角質や過剰に分泌された皮脂が皮膚の表面に閉じ込められてしまうことによってできる、白くて固めの吹き出物のことをいいます。 
    • 黒ニキビ(開放面皰):毛穴が開き、角質や皮脂が肌の表面に押し出されることによりできるニキビです。皮脂が空気に触れると皮脂中のメラニン色素が反応し、酸化することで黒っぽい固まりになります。
    • 赤ニキビ(膿疱):過剰な皮脂と角質が肌の中に詰まることによってできるニキビのことで、炎症を起こして赤く腫れ上がり、膿が出てしまうこともよくあります。膿とは、白血球と死んだ細菌からできる黄色っぽいドロッとした液体のことで、体内組織が炎症したり感染することによって出てきます。
    • 紫ニキビ(結節性ニキビ):皮膚の奥の方にできる、硬くて大きい、赤く腫れ上がったニキビのことをいいます。
    • 黄ニキビ(嚢胞ニキビ):皮膚の奥の方にできる、膿を持った状態のニキビのことで、痛みが伴い跡が残ってしまうこともよくあります。
  2. 2
    タバコをやめる 喫煙は、スモーカーズ・アクネと呼ばれる肌状態を引き起こす原因となります。喫煙によってできたニキビは、通常のニキビと比べて炎症反応が起きるのが遅く、治りも遅くなります。青年期を過ぎた喫煙者、特に25~50歳の女性はタバコを吸わない人よりも4倍もニキビができやすくなります。敏感肌の人は喫煙によって皮膚炎を起こすこともあります。
    • 喫煙はシワや早期老化の原因になることで知られていますが、これは、タバコを吸うことで体内にフリーラジカルが発生し、コラーゲン生成能力が低下したり皮膚のタンパク質が分解されるためです。[4]
  3. 3
    顔を触らない 頻繁に顔を触ると、手についている汚れや細菌が毛穴を詰まらせニキビが悪化してしまいます。ニキビで肌が炎症を起こしている場合は、低刺激性でオイルフリーの洗顔シートを使い、余分な汚れを取り除いて肌を落ち着かせましょう。
    • ニキビを強く押したり潰したりするのは、跡が残る原因になるのでやめましょう。ニキビを潰すことで細菌が広がることもあります。[5]
  4. 4
    肌に合ったクレンザーを使う ラウレス硫酸ナトリウムを含んでいない低刺激性の非石鹸タイプのクレンザーを使いましょう。ラウレス硫酸ナトリウムは界面活性剤と発泡剤であり、皮膚を刺激することがあります。非石鹸タイプのクレンザーの多くは天然成分で作られていて、刺激の強い化学物質は含まれていません。ほとんどの薬局で入手可能です。[6][7][8]
    • 刺激の強い石鹸を使ったり、肌をゴシゴシとこすると皮膚が炎症を起こし、ニキビが悪化する可能性があります。
  5. 5
    定期的に顔を洗う 朝晩1回ずつ、指先を使い肌を洗いましょう。ぬるま湯でしっかりと洗い落とします。洗顔は1日2回まで、または汗をかいた後に行うようにしましょう。[9][10][11]
    • 汗は肌荒れの原因になります。汗をかいた後はできるだけ早く肌を洗いましょう。
  6. 6
    正しいスキンケア用品を使う 肌が乾燥していたり、痒みがあるときは、オイルフリーの保湿剤 を使いましょう。収れん剤は脂性肌の人のみの使用、尚且つ、オイリーな部分にのみ使うことが勧められています。ピーリング製品を使用するのであれば、自分の肌に合った最善の治療法を皮膚科医と相談しましょう。[12][13][14]
    • 白ニキビや黒ニキビのように、赤みを伴わない非炎症性ニキビの人なら、たいていの薬局で手に入る低刺激性のピーリング製品を使用してもよいでしょう。乾燥肌かつ敏感肌の人はピーリングは週に1、2回程度に制限し、脂性肌で皮膚が厚い人は1日1度、ピーリングをしてもよいでしょう。

パート 2
食生活を改善する

  1. 1
    健康的な食生活を送る ホルモン剤や似たような物質を含んでいる肉は避けましょう。体内のホルモンバランスを崩す恐れがあります。代わりに、食物繊維、新鮮な野菜やフルーツを多くとるようにしましょう。ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEや亜鉛などの栄養素を多く含む食材は、抗炎症性作用によってアクネ菌を減らす働きをします。これらのビタミンを含む食材の例として以下のものがあげられます。[15][16]
    • 赤ピーマン
    • ケール
    • ほうれん草
    • アマランサスの葉
    • かぶ菜
    • さつまいも(ヤムイモ)
    • かぼちゃ
    • バターナッツ・スクワッシュ
    • マンゴー
    • グレープフルーツ
    • メロン
  2. 2
    亜鉛を摂取する 亜鉛の摂取によりニキビを治療することが可能であるという研究があります。[17][18] 亜鉛は抗酸化作用を持つ、体に必要不可欠な微量元素です。体内の細胞を細菌やウイルスによるダメージから守る働きをします。一般的に体内に存在する亜鉛の量は少なめですが、マルチビタミン剤や健康的な食事を取ることで体内に必要な量の亜鉛を摂取することができます。サプリメント摂取の他に、亜鉛の摂取方法として最もよいのは以下の食材を摂取することです。[19]
    • かき、えび、かに、貝類
    • 赤身肉
    • 鶏肉
    • チーズ
    • ひまわりの種
    • かぼちゃ
    • 豆腐
    • 味噌
    • きのこ類
    • 調理済みの緑野菜
    • 吸収されやすい亜鉛:亜鉛ピコリネート、クエン酸亜鉛、酢酸亜鉛、亜鉛グリセリン酸、亜鉛モノメチオニンなどです。硫酸亜鉛で胃が痛くなるようであれば、クエン酸亜鉛などを試してみるとよいでしょう。
  3. 3
    より多くのビタミンAを摂取する いくつかの研究によれば、ニキビの症状が酷い人はビタミンAが不足しているといいます。ビタミンAはホルモンバランスを整え、皮脂を抑える働きをする抗炎症性物質です。健康的な食事を取り、マーガリンや硬化油、加工食品などの体に悪い脂質は避けましょう。[20]
    • ビタミンAはニンジン、緑色の葉物野菜、そして黄色又はオレンジ色のフルーツなどに含まれています。サプリメントを摂取するのであれば、1日の目安量は10,000~25,000 IU(国際単位)とされています。ビタミンAの過剰摂取により先天性欠損症などの中毒性副作用が発生する恐れがあるので、取り過ぎには注意が必要です。
  4. 4
    より多くのビタミンCを取り入れる ビタミンCは、皮膚組織や軟骨、血管を回復したり、傷を治すために必要とされる重要なタンパク質であるコラーゲンを作ることから、ニキビを治す効果を高めるといわれています。ビタミンCの1日の摂取量は合計500mgとし、2~3回に分けて摂取するとよいでしょう。ビタミンCが多く含まれる食べ物を普段の食事に取り入れるのもよいでしょう。[21] ビタミンCを多く含む食材には、以下のものがあげられます。
    • 赤ピーマンもしくは緑ピーマン
    • オレンジ、ザボン、グレープフルーツ、ライムなどの柑橘系の果物や果汁100%の柑橘類のジュース
    • ほうれん草、ブロッコリー、芽キャベツ
    • イチゴ、ラズベリー
    • トマト
  5. 5
    緑茶を飲む 緑茶を飲むことが直接ニキビの治療に繋がるわけではありませんが、緑茶には老化防止効果があり、肌荒れを防ぐ抗酸化物質が多く含まれているので、若くてみずみずしい肌に見えるようになります。[22][23] 緑茶を作るには、2~3gほどの緑茶の茶葉を1カップのお湯(80~85℃)に3~5分間浸します。緑茶は毎日2~3杯まで飲んでもよいでしょう。
    • 緑茶には癌のリスクを減らす抗炎症作用もあるといわれています。緑茶は有害な紫外線放射から肌を守るのに特によいという研究もあります。[24][25]

パート 3
植物療法を試してみる

  1. 1
    ティーツリーオイルを使う ティーツリーオイルは、ニキビや傷、感染症や皮膚損傷などの症状に局所的によく使われます。[26] ニキビを治すには5%~15%に薄められたティーツリーオイルを使い、2 ~3滴をコットンにたらしてニキビの上をそっとたたきます。
    • ティーツリーオイルを口から摂取することは絶対にしてはいけません。また、オイルを空気に長時間触れさせるのも避けたほうがよいでしょう。酸化したティーツリーオイルは新鮮なものよりもアレルギーを引き起こす可能性が高いといわれています。
  2. 2
    ホホバオイルを使う ホホバオイルをコットンに5~6滴たらし、ニキビの上をそっとたたいて肌に馴染ませます。ホホバオイルとはホホバの木から採れるオイルのことで、私たちの肌から出る自然な脂(皮脂)と似た成分でできていますが、毛穴を詰まらせたり、皮脂を過剰に分泌させたりすることはありません。[27]
    • ホホバオイルは肌を保湿します。たいていの場合、炎症は起こりませんが、敏感肌の人は使用する前に皮膚科医と相談しましょう。
  3. 3
    ジュニパーオイルを使う ジュニパーオイルは天然の収れん防腐剤です。毛穴の詰まりを除去したり、ニキビや皮膚炎、湿疹を治すための洗顔料や化粧水として使用することができます。[28] 洗顔後、1~2滴をコットンに垂らして使いましょう。
    • 炎症を起こしたり、症状が悪化する可能性があるので、ジュニパーオイルの使い過ぎは避けましょう。
  4. 4
    アロエジェルをつける アロエジェルを毎日たっぷりと肌に塗りましょう。アロエジェルはたいていの薬局で手に入れることができます。アロエはニキビを治療し炎症を抑えるのに効果的な抗菌作用を含む多肉植物であり、細菌がニキビに感染するのを防ぎ、治療を早めます。[29]
    • アロエにアレルギーがある人もいるので、赤みが出たら使用を止め、医師の診断を受けましょう。
  5. 5
    シーソルトを使う 含まれる塩化ナトリウムが1%以下のシーソルトローションやクリームを探しましょう。1日6回までを目安に、毎回5分間程度の時間をかけて肌に馴染ませましょう。シーソルトには抗炎症作用や老化防止作用があり、有害な紫外線放射から肌を守るということが研究からわかっています。ストレスを和らげるためにシーソルトをフェイスマスクとして使用することもできます。[30]シーソルトまたはシーソルト製品を薬局やその他の店で探してみるとよいでしょう。
    • ニキビの状態がそれほど酷くない人はシーソルト製品は安全に使用すれば問題ないでしょう。乾燥肌の人やニキビの状態が酷い人は、乾燥や炎症の原因となるのでシーソルトを使用した治療を始める前に皮膚科医に相談しましょう。

パート 4
専門医に見てもらう

  1. 1
    ライトセラピーを受ける レーザー治療や光線治療も人気のあるニキビ治療です。ライトセラピーは光を利用して炎症を起こしたニキビや深刻な紫ニキビ、黄色ニキビなどを治療します。[31]
    • ライトセラピーは多くの人に効果的な治療法であることが研究からわかっています。あなたに最も適した治療法を医師と相談して決めるとよいでしょう。
  2. 2
    ホルモン療法を受ける 主に女性の場合、体内のアンドロゲン(ホルモン)が増えすぎると、皮脂が過剰に分泌されてニキビができることがあります。[32] 皮脂には、アクネ菌を増殖させる原因となる多くの脂肪酸が含まれています。ホルモンの変化を引き起こす原因として考えられるのは、思春期、妊娠、無月経、薬の変更などがあります。
    • 自分のニキビがホルモンの変化によって生じているかを知るには皮膚科医に見てもらうのが一番です。
  3. 3
    専門医に相談する 皮膚科医に肌状態を見てもらい、どのニキビ治療法が相応しいか診断してもらうとよいでしょう。[33][34] 白ニキビや黒ニキビの除去、またはニキビにステロイドを注射する凍結治療などの外科的選択肢もあります。古い角質を削って皮膚表面の傷を除去し、ニキビ跡を浅くする皮膚剥離という手術もあります。ニキビの状態によって何度か処置が必要になる場合があります。
    • 全ての方法を試しても症状が改善されず、酷いニキビに悩まされているのであれば、専門医に相談してみましょう。

ポイント

  • 髪の毛がべとついている場合は定期的に洗うことを皮膚科医は推奨しています。油分が額や顔についてニキビができる原因となります。
  • 洗顔後すぐに化粧をするのは毛穴を詰まらせてしまうのでやめましょう。肌や髪にはオイルフリーの化粧品を使用するようにしましょう。
  • 乾燥の原因となるので、洗顔の際は熱湯や冷水の使用は避けましょう。ぬるま湯で洗い、ごわごわした肌触りのタオルは使わないようにしましょう。
  • ビタミンEと亜鉛はビタミンAを作るのに必要不可欠です。積極的に食事に取り入れましょう。ビタミンAと一緒に摂取する場合のビタミンEの摂取目安量は400~800IUとされています。
  • 目の周りの皮膚はデリケートなので、皮膚を傷つけてしまわないよう、クリームを塗るときは優しく塗りましょう。
  • 亜鉛を数カ月摂取すると体内の銅レベルが低下することがあるので、亜鉛を摂取する際には最低でも2mgの銅を含む栄養補助食品を取ることが医師らに勧められています。
  • ニキビ治療の患者には毎日30mgの亜鉛を3回に分けて摂取することが推奨されています。ニキビが落ち着いてきたら、1日1回10~30mgの摂取が適切といえます。

注意事項

  • 8週間経過しても肌の状態が改善されないようであれば、皮膚科医に相談しましょう。
  • ヨウ素化されたシーソルトやヨウ素を含む製品は使用しないようにしましょう。体内に摂取したり皮膚に塗ったりすると炎症を起こし、ニキビを悪化させることがあります。
  • 医師の許可がない限り、数日間以上の亜鉛の大量摂取は避けましょう。亜鉛サプリメントを摂取する際は事前に医師に相談しましょう。

出典

  1. http://www.uhs.umich.edu/acne
  2. http://www.gannett.cornell.edu/cms/pdf/health/upload/Acne.pdf
  3. http://www.womenshealth.gov/publications/our-publications/fact-sheet/acne.html
  4. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2835905/
  5. http://brown.edu/Student_Services/Health_Services/Health_Education/common_college_health_issues/acne.php
  6. http://www.gannett.cornell.edu/cms/pdf/health/upload/Acne.pdf
  7. http://brown.edu/Student_Services/Health_Services/Health_Education/common_college_health_issues/acne.php
  8. http://www.aad.org/dermatology-a-to-z/health-and-beauty/general-skin-care/face-washing-101
  9. http://www.gannett.cornell.edu/cms/pdf/health/upload/Acne.pdf
続きを 表示する… (25)

記事の情報

この記事はZora Degrandpre, NDが共著しています。 デグランプリ医師はワシントン州在住の自然療法医です。2007年に自然療法医科大学、「National College of Natural Medicine」にてND(自然療法医師学位)を取得しています。

カテゴリ: ティーン | 全般的健康 | 個人衛生

他言語版:

English: Heal Acne Fast and Naturally, Español: curar el acné rápida y naturalmente, Deutsch: Akne schnell und natürlich heilen, Português: Curar a Acne de Forma Rápida e Natural, Italiano: Guarire dall'Acne in Modo Veloce e Naturale, Nederlands: Snel en natuurlijk van acne afkomen, Русский: быстро вылечить акне народными средствами, Français: cicatriser l'acné de façon naturelle, 中文: 快速且自然地治疗粉刺, Bahasa Indonesia: Cara Alami dan Cepat Menghilangkan Jerawat, Čeština: Jak vyléčit akné rychle a přírodními prostředky, हिन्दी: मुहाँसे ठीक करें (pimples ke liye gharelu nuskhe), ไทย: รักษาสิวให้หายเร็วและด้วยวิธีธรรมชาติ, Tiếng Việt: Trị Mụn trứng cá Theo cách Tự nhiên và Nhanh chóng, 한국어: 여드름을 자연적으로 빨리 낫게 하는 법, العربية: علاج حب الشباب بسرعة وبشكل طبيعي, Türkçe: Akne Hızlı ve Doğal Yollardan Nasıl İyileştirilir

このページは 439 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?