ネイルチップは、あっという間に皆さんを日常モードからおしゃれモードに変身させてくれるアイテムです。そのままで自然な仕上がりにしても、人目を引くマニキュアを自分で施しても良いでしょう。なんでもありです! デートやパーティー用でも、きれいに変身してみたい場合でも、まずはステップ1を読んでネイルチップの付け方を学びましょう。

パート 1 の 3:
爪の準備をする

  1. 1
    ネイルチップを外し、マニキュアを落とす ネイルチップをつけるには、古いマニキュアを(透明であっても)落とさなくてはなりません。マニキュアを塗ったままではネイルチップがつきにくくなります。きちんと下準備をしないと、1日や2日でチップが取れてしまうことになります。
    • すでにネイルチップ(アクリルでもジェルでも)をつけている場合は、まずそれを取りましょう。アセトンなどで落とすことができます。
    • アセトンやネイルリムーバーを使った後は手を洗いましょう。リムーバーに含まれる化学物質が爪の乾燥の原因になります。
  2. 2
    爪をお湯に浸す ネイルチップをつける前に、マニキュアの下準備をすると爪を健康にし、ネイルチップを可能な限り長持ちさせることができます。まずお湯に指先を5分程度柔らかくなるまで浸します。その後、タオルで水分を拭き取ります。
    • お湯にボディーウォッシュやハンドソープを入れても構いませんが、オイルを含む液に手指を浸してはいけません。オイルは手の保湿には非常に良いものの、ネイルチップをつける際に爪に油分が残っていると接着しにくくなります。
  3. 3
    爪を切り、やすりで仕上げる 爪切りや爪切ハサミで同じ長さになるように爪を切り揃えます。短く切りますが、痛みを感じるほど切ってはいけません。少しは残した方がネイルチップの接着面が大きくなります。さらに、爪やすりで先端を滑らかに整えます。
  4. 4
    甘皮を押す お湯に浸した爪床がまだ柔らかいうちにオレンジスティックや甘皮押し(キューティクルプッシャー)で優しく甘皮を押します。こうするとネイルチップが皮膚につかず、確実に爪に接着できます。
    • 甘皮は、押すだけで切ってはいけません。甘皮には爪床を炎症から守る働きがあり、切り取ってしまうと汚れや雑菌が蓄積する危険性があります。
  5. 5
    爪を磨く バッファー(スポンジファイル)で爪をよく磨きます。ややざらついた表面に仕上げると、ネイルチップを接着しやすくなります。終わったら、ほこりを拭き取りましょう。
    広告

パート 2 の 3:
ネイルチップをつける

  1. 1
    ネイルチップを並べる パッケージを開け、ネイルチップをすべて自分の爪につける順番に並べます。一番大きなものは親指に、一番小さなものは小指につけます。自分の爪にぴったり合うものを選びましょう。必要があれば下端の形を爪やすりで整えます。
    • ネイルグルー(接着剤)を使ってネイルチップを接着するのが最も簡単な方法です。市販のネイルチップに小さな容器入りの接着剤が付属しているはずです。
    • アクリルを使うセットでは、工程がより複雑になります。 アクリル樹脂で人工爪を作るを参照しましょう。
    • ジェルネイル用のセットを使うには、 ジェルネイルを塗るを参照しましょう。
  2. 2
    最初のチップをつける 少量のネイルグルーを自爪に、さらに少量をチップの接着面に回し塗ります(指先からはみ出す部分には塗らない)。 自爪の甘皮のラインとネイルチップの下端のラインがぴったり合うように、注意深く自爪の上にチップを直接乗せます。10秒ほど押さえつけ、安定させます。
    • ネイルチップが自爪にしっかりと隙間なくつくようにしましょう。
    • ネイルグルーをつけすぎてはいけません。横からはみ出してしまいます。グルーは数滴で充分です。はみ出したら、綿棒で優しく拭き取りましょう。
    • 曲がった状態で爪を置かないように細心の注意を払いましょう。グルーはすぐに乾きます。
    • 利き手の爪から先にネイルチップをつけ始めます。
  3. 3
    残りの爪も同様につける 一つずつグルーを少量つけ、自爪に貼り付けていきます。自爪にしっかりと密着するように、忘れずにどの爪も10秒間押し付けましょう。
  4. 4
    ネイルチップを好みの形に整える クラシックなスクエアやオーバルなど、好みの形に普通のファイルで整えます。購入したままの形で気に入れば、ファイルの必要はありません!
    広告

パート 3 の 3:
ネイルを飾る

  1. 1
    ネイルを塗る ネイルチップには初めから装飾されたものもありますが、白いものであれば、自分でちょっとおしゃれに仕上げると良いでしょう。クラシックな雰囲気に仕上げたければ、きれいな色のネイルを数回塗り重ねるに勝るものはありません。ワンカラーに加えて、以下のデザインも試してみましょう。
    • オンブレネイル 
    • フラワーネイル 
    • ギャラクシーネイル 
    • てんとう虫ネイル 
    • マーブルネイル 
  2. 2
    キラキラをつける どの色のネイルにもラメ入りネイルを重ねることができますが、とても目立つ爪にしたければ、小さなラインストーン(グルーでつける)のパッケージを購入しましょう。それぞれの爪にラインストーンをいくつかちりばめれば、見た目が華やかになり、ネイルデザインの上品なアクセントにもなります。
  3. 3
    フレンチネイルをする フレンチは自然できれいなスタイルで、ネイルチップにもよく似合います。本物らしく仕上げたい場合には、フレンチが最適です。フレンチネイルチップを購入するか、ピンク、透明、白のネイルを選んで自分で塗っても良いでしょう。
  4. 4
    ネイルアートペンを試す ネイルアートペンには様々な色があり、マニキュアのブラシよりもずっと簡単に自分の好みのデザインを簡単に描けます。ドット柄(水玉模様)にしたり、もっと複雑なパンダやイチゴなどを描いてみましょう。
    広告

ポイント

  • 自爪がはみ出さないように、自分の爪の幅に合うネイルチップを選びましょう。
  • 必ず自爪はきれいにし、マニキュアは落としましょう。
  • ネイルチップをつける時は、爪に油分などがついていないことを確認しましょう。さもないと簡単に取れてしまいます。
  • ネイルチップはできるだけ慎重に扱いましょう。自分の爪を噛むようにネイルチップを噛んではいけません。壊したくないネイルチップを壊してしまいます。
  • 接着剤を皮膚につけてはいけません。十分な量をつけましょう。
  • 自分に合うネイルチップを選びましょう!
  • 最善の結果を得るには、ネイルチップをつける前にはバッファーでよく爪を磨きましょう。
  • 爪を引きはがしてはいけません。約2分間、お湯につけましょう。

広告

注意事項

  • ネイルグルーはあっという間に乾燥します。そのため、すぐに準備をしなくてはいけません。
広告

必要なもの

  • ネイルチップセット
  • ネイルグルー(接着剤) 
  • 爪やすり 
  • オレンジスティック 
  • 爪切り 
  • バッファー 
  • マニキュア 

関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

生理を早める

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

防犯タグを外す

How to

髪に付いたガムを取る

How to

お酒の臭いを消す

How to

ペニスを洗う

How to

爪を噛むのをやめる

How to

全身をマッサージする

How to

ジーパンをショートパンツにリメイクする

How to

絆創膏の粘着剤を落とす

How to

えくぼを自然に作る

How to

デリケートゾーンの匂いを消す
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む44人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は2,003回アクセスされました。
このページは 2,003 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告