ファッショナブルなコーディネートをさらに格好良く着こなす方法を探しているのなら、地味なネクタイを使いましょう。これは、冗談ではありません。かつてはつまらない同調性の象徴であったネクタイは、今や不良っぽさを演出するおしゃれなアイテムとして使われています。出席するイベントや服装にかかわらず、ネクタイを緩めるとリラックスした雰囲気になり、その方法は意外と簡単です。ここでは、ネクタイを緩めて周囲の目をくぎ付けにするファッションのヒントを紹介します。

方法 1
方法 1 の 6:
くつろいだ場やカジュアルな場でネクタイを緩める

  1. 1
    緩いネクタイは、正式な場面や仕事関係のイベントには適しません。ネクタイを緩めると、力が抜けてくつろいだ印象になります。緩いネクタイは、仕事の後の集まり、カジュアルなディナー、非公式のパーティーなどに適しています。[1]
    • 仕事の会議、結婚式、宗教儀式、高級レストランでの食事、就職面接などでネクタイを緩めるのはやめましょう。このような場面では、ネクタイをきちんと締める必要があります。
    広告

方法 2
方法 2 の 6:
シンプルで安心感のあるウィンザーノットで結ぶ

  1. 1
    ネクタイの結び方として、ウィンザーノットが最も一般的に用いられるのにはそれなりの理由があります。体の右側にネクタイの大剣(広いほう)がくるように首にかけ、襟の近くで大剣を小剣(細いほう)の上に交差させます。大剣を首回りのループに通してから結び目の下に持っていき、首回りのループにもう1度通して左右対称の結び目を作りましょう。大剣を結び目の前に引っ張り、首回りのループの下から通します。結び目の前のループに大剣を通して引っ張りましょう。[2]
    • ウィンザーノットは結びやすく、顔型や首のサイズにかかわらず誰にでも似合う結び方です。
    • 小剣が大剣より少し短くなるように結び、ネクタイがベルトのバックルの下まで垂れ下がらないように調整しましょう。

方法 3
方法 3 の 6:
ネクタイを結んでから緩める

  1. 1
    ネクタイの結び目を整えたら、軽く引っ張って緩めましょう。利き手で結び目を軽くつかみます。握りしめると結び目が崩れる可能性があるので注意しましょう。反対の手でネクタイの小剣を押さえます。ネクタイを中央に保ちながら結び目を引っ張り、襟から離すようにして緩めましょう。[3]
    • シャツのボタンを一番上まで留めるとネクタイを結びやすくなりますが、結び終わったら一番上のボタンを外しましょう。[4]
    • のんびりとくつろいだ雰囲気を演出するために、シャツの一番上のボタンの下にネクタイの結び目がくるように調節しましょう。
    広告

方法 4
方法 4 の 6:
服に合うネクタイを選ぶ

  1. 1
    初めに服を選び、その服に合うネクタイを選びましょう。ちぐはぐな印象にならないように、服と同じ色か相性が良い色のネクタイを選びます。柄のシャツに柄のネクタイを合わせてもかまいませんが、お互いを引き立てる相性が良い柄を組み合わせましょう。無地の白いシャツには、どんな色や柄のネクタイでも合わせることができます。[5]
    • ニュートラルカラーの服には、どんな色のネクタイでも合うでしょう。たとえば、濃紺のスーツと白いシャツを着る場合は、暗い色のネクタイでシックにまとめたり、明るい色のネクタイをアクセントとして使ったりします。
    • ネクタイ選びの基本的なルールとして、シャツと同じ柄のネクタイを合わせないようにしましょう。[6]

方法 5
方法 5 の 6:
カジュアルな装いに緩めたネクタイを合わせる

  1. 1
    普段の服装に緩めたネクタイを合わせると、さらにリラックスした雰囲気になります。特別な機会や正式なイベントのためにネクタイを取っておく必要はありません。普段着にもネクタイを合わせてみましょう。ボタンダウンシャツ、デニムジャケット、ポロシャツなどに緩めたネクタイを合わせたコーディネートは、夜遊びに出かける際や友人とのランチにぴったりです。[7]
    • このコーディネートには、ジーンズとスニーカーを合わせてカジュアルにまとめましょう。
    • ネクタイはかつて同調性や正道の象徴でしたが、現在では不良っぽさを加えるアイテムとして使われており、中でも緩く着用するスタイルが人気です。
    広告

方法 6
方法 6 の 6:
緩めたネクタイにジャケットやブレザーを合わせてオフィスカジュアルにまとめる

  1. 1
    ネクタイの結び目を緩めながらもある程度のフォーマルさを保った装いです。ネクタイを緩めると落ち着いてくつろいだ雰囲気になりますが、スーツの上着やジャケット、カーディガン、ブレザーなどを合わせるとある程度のフォーマルさを保つ装いとなるでしょう。フォーマルなジャケットに緩めたネクタイを合わせると、不良っぽい雰囲気がさらに増します。[8]
    • このコーディネートには、スラックスと上品な革靴を合わせましょう。

ポイント

  • 緩いネクタイは正式な場にはふさわしくないので注意が必要です。
広告

関連記事

ラルフローレンの偽物を見分けるラルフローレンの偽物を見分ける
洗濯機で衣類を縮める洗濯機で衣類を縮める
防犯タグを外す防犯タグを外す
噛んだファスナーを直す
色あせた服を復活させる色あせた服を復活させる
縮んだ服を伸ばす
ジーンズを伸ばすジーンズを伸ばす
スウェットシャツを縮ませるスウェットシャツを縮ませる
ジーンズの股にあいた穴を補修する
スライダーが完全に外れたファスナーを修理するスライダーが完全に外れたファスナーを修理する
革に付いた油染みを落とす
ジーンズについた血液のシミを落とす
ポリエステル製の服を縮めるポリエステル製の服を縮める
リーバイスの偽物を見抜くリーバイスの偽物を見抜く
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHow Staff Writer
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 衣服
このページは 114 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告