ノミを防ぐ方法

共同執筆者 Pippa Elliott, MRCVS

この記事には:ペットのノミを予防するペットのノミ予防に家庭療法を使う家をきれいに掃除する人がノミに刺されるのを予防するノミが発生しているか確認するノミのついたペットを治療する18 出典

ノミはペットを飼っている人にとって最大の敵です。この忌まわしい害虫は人もペットも刺し、強いかゆみの原因になります。ノミにアレルギーがあるペットもおり、病気の原因になる場合もあります。しかし、ノミは効果的な方法によって防ぐことができます。大量に発生してしまい駆除に何週間もかかることのないように、ペットにとって最も有効な寄生虫の対策を獣医に相談し、部屋を徹底的に掃除してノミやその卵を除去します。ノミは人ではなく動物につくので、一匹のペットにノミが発生したら飼っているすべてのペットに処置をしなければならないことを覚えておきましょう。予防のための製品は再発を防ぐために(説明書に従い)定期的に使用します。

パート 1
ペットのノミを予防する

  1. 1
    動物病院で月に一度のノミ対策製品を入手しましょう。獣医は市販のものよりも効き目のある経口投与の薬を処方したり、注射をすることができます。他には局所用溶液があります。
    • 局所用またはスポットオン(滴下剤)予防薬を試しましょう。これらの薬はペットの肌から血流に吸収されます。背中の一部に直接たらし、ペットの血を吸ったノミを麻痺させて死滅させます。含有物は製品によって異なりますが、フィプロニル、イミダクロプリド、メタフルミゾン、ペルメトリン、ピリプロキシフェン、セラメクチン、スピノサドが含まれます。ペルメトリンは「絶対に」猫には使わないようにしましょう。
    • 経口薬も検討してみましょう。ひと月に一回与えます。錠剤によっては卵が孵化するのを止めるだけのものもあるので、その場合は成虫を駆除する別の製品も必要になります。また、ノミを24時間以内に殺す即効性のある製品もあります。
    • 猫には6か月間予防効果のある注射があります。動物病院で打ってもらいましょう。ただし、接種後に副作用が出る可能性があります。嘔吐や食欲の減退といった症状が出るかもしれません。
    • 飼っているすべてのペットに処置を行いましょう。
    • 販売されている全ての製品が効果的とは限らない事を覚えておきましょう。薬局で予防滴下剤や飲み薬を購入できますが、あまり効かない可能性があります。正しい投薬量を守るために説明書を読みましょう。
  2. 2
    ノミが多い季節はペットをなるべく外に出さないようにしましょう。住んでいる地域にもよりますが、通常3月から10月がノミがもっともつきやすい季節です。ノミは気温20℃から30℃位で湿度75%ほどの暖かくて湿気のある場所を好みます。[1]
  3. 3
    ノミ除けの首輪を試しましょう。効果的なものもあれば、ないものもあります。効果のあるバイエルセレストのようなメーカーの首輪は獣医の処方箋が必要です。処方箋がなくても普通に買えるものは、効果があまり期待できないので気をつけましょう。使用の際は、必ず説明書に従いましょう。 ノミとダニ予防シャンプーと併用すれば効果的な対策になるかも しれません。絶対に犬用の予防首輪を猫に使ってはいけません。

パート 2
ペットのノミ予防に家庭療法を使う

  1. 1
    エッセンシャルオイル(精油)で自家製のノミ予防首輪を作りましょう。科学的に証明はされていないものの、この首輪をつけていてノミに刺されなかったという報告が多数されています。大さじ1~2杯の水にシダーウッドかラベンダーのエッセンシャルオイルを2、3滴混ぜます。バンダナに数滴この混合液をたらします。香りを擦り込むようにバンダナをこすり合わせます。それからペットの首につけましょう。 [2]
  2. 2
    リンゴ酢を犬の飲み水に加えましょう。有効性に関する科学的根拠はないものの、多くの人がリンゴ酢はノミを寄せつけないと信じています。飲み水1/4カップに小さじ1杯の天然リンゴ酢を加えます。酢の成分が犬の血流を通って肌から放出され、ノミを防ぎます。[3]
  3. 3
    ペットのエサにビール酵母を混ぜてみましょう。効果に関する科学的証拠がないにもかかわらず、ビール酵母はノミを撃退すると考えられています。特に暑くてジメジメした気候の時には本当に良く効くと多くの人が感じています。猫や小型犬の場合、小さじ1/2杯のビール酵母をエサにふりかけて与えます。14kgを超える犬の場合は小さじ1杯にし、14kg増えるごとに小さじ1杯ずつ増やしていきます。

パート 3
家をきれいに掃除する

  1. 1
    毎日掃除機をかけましょう。行き過ぎに思えるかもしれませんが、家の中のノミ退治には不可欠な作業です。産み付けられた卵がペットの治療の後に孵化する可能性もあるので、床や家具についている卵や幼虫は除去しなければなりません。新たなノミの発生を確実に防ぐために、数週間毎日掃除機をかけましょう。
    • 掃除機のゴミ袋や容器の中身は外のゴミ置き場に捨てることを忘れないようにしましょう。そのままにしておくと、ノミはすぐに家の中に出てきてしまいます。[4]
    • ノミやその卵はソファやペット用ベッド、布製の家具などの繊維の奥に入り込みやすいものです。数週間は、布張りのものに毎日掃除機をかけましょう。
  2. 2
    屋内で珪藻土(けいそうど)を使いましょう。珪藻土は自然由来なので、殺虫剤の代わりとして安心して屋内のノミ駆除に使用できます。タルカムパウダー(ベビーパウダー)に似ています。[5]カーペットやにベースボードにふりかけます。数日置いて掃除機で吸いましょう。
  3. 3
    増殖抑制効果のある殺虫剤を使いましょう。このタイプのものはノミと卵の繁殖を抑えます。効果が最長で7ヶ月は持続する製品であることを確認しましょう。
    • 必ず説明書に従いましょう。この殺虫剤を使用する時は、その場所から必ずペットを遠ざけておきます。鳥などのかごに入っているペットも忘れないようにしましょう。水槽にもふたをしましょう。
  4. 4
    寝具類と布製品を熱いお湯で洗いましょう。ソファ、椅子、ベッドなどからできる限りの布を取りはずします。そして可能な限り高い温度のお湯で洗いましょう。これでノミや卵が死滅するはずです。[6]
    • たまっている洗濯物も含め、その辺に置いてある衣服を集めましょう。ノミは布に巣を作ります。洗濯機で洗い、できる限り高い温度で乾燥機にかけて成虫も卵も駆除しましょう。

パート 4
人がノミに刺されるのを予防する

  1. 1
    レモンスプレーを使ってみましょう。ノミはレモンの香りが嫌いなので近寄ってこないかもしれません。家やペットにレモン水をスプレーすると、少なくとも一時的にはノミを遠ざけることができるでしょう。
    • 6個のレモンを半分に切り、お湯で茹でてレモンスプレーを作ります。一晩そのまま浸しておきます。清潔なスプレーボトルにレモン水を入れ、布や家具など家の中にスプレーします。ペットに振りかけてもいいでしょう。[7]
    • 家具などがスプレーで色落ちしたり、傷んだりしないか、最初に目立たない場所で試します。
  2. 2
    ディフューザーとエッセンシャルオイルでノミを撃退します。家の数か所にディフューザーを設置します。ラベンダー、ユーカリ、シダーウッド、レモン、ペパーミントなどのオイルを選びます。[8]
    • このようなオイルの入ったローションを探しても良いでしょう。肌に塗ってノミを寄せつけないようにします。
  3. 3
    殺虫剤を家に散布しましょう。一般的な殺虫スプレーでノミも退治できるので、家の中でノミをみつけたら散布しましょう。ノミの成長を阻止するタイプのものは、最長7ヶ月間効果が持続して卵からかえったものも駆除します。[9]
    • 殺虫剤が健康に与える影響に留意します。思いがけない中毒などにならないよう、必ず説明書をしっかりと読みましょう。[10]
  4. 4
    殺虫剤を庭に散布することも考えてみましょう。ノミの発生しやすい季節であれば、成虫や卵の駆除に効果的です。農林水産省の定めた基準などを確認し、庭の植物に害の無い製品を選びましょう。[11]
  5. 5
    生物を使ってみましょう。てんとう虫はノミを食べるので庭に生息していると良いでしょう。また、アメリカなどでは線虫(ノミをエサにする小さな線形動物)の一種を庭に撒いてノミの駆除を行うことがあります。[12]

パート 5
ノミが発生しているか確認する

  1. 1
    ノミ取りくしを使いましょう。ノミ取のくしは目幅が細かく、ペットショップや安売り量販店のペットコーナー、動物病院などで簡単に手に入ります。ペットの皮膚にくしを当てるようにしてゆっくり毛をとかしていきます。ノミがいれば小さな黒いつぶつぶか、ノミ自体がくしにつきます。[13]
  2. 2
    白いソックスを家の中ではきましょう。家にいる時、少しの間白いソックスをはいて過ごしてみましょう。ノミを発見しやすくなります。ソックスに小さな黒いものがついていたらノミが発生しているのかもしれません。この黒い小片は、足の甲や足首に飛びついてくる生きたノミかもしれませんし、ノミの糞かもしれません。[14]
  3. 3
    ペットの行動に変化がないか観察しましょう。体を掻きむしっていたり、激しく噛んでいたりしたら、ノミに刺されているのかもしれません。
  4. 4
    ノミに刺されていないか自分の肌も確認しましょう。刺されると、痒みを伴う赤やピンク色の点ができたり、小さく腫れ上がったりするかもしれません。[15]
    • 肘、膝、足首のような関節のシワの部分に見つかる事が多いでしょう。
    • この腫れは押すと白くなります。

パート 6
ノミのついたペットを治療する

  1. 1
    獣医に処方された薬を投与します。まだ受診していなければ、治療の方法について相談しに行きましょう。局所投与、経口投与、注射などがあります。こういった処置でペットのノミを駆除し、再発を防げるでしょう。
    • すべての治療が有効とは限らないことを覚えておきましょう。ペットに一番合った治療法を獣医に聞きましょう。
  2. 2
    ペットにノミ除去風呂か消毒液を試してみましょう。この方法は現在ついているノミの除去には効果がありますが、予防効果はないので周りにノミがいればすぐにまたついてしまいます。 ノミやその幼虫、卵を駆除するシャンプーを見つけましょう。
    • ペットの体を洗った後に、特に念入りに頭部も洗いましょう。ノミが体を洗っている間に逃げて頭に飛び移っている可能性があります。
    • 使用方法や頻度は説明書に従い、最後はしっかり洗い流しましょう。[16]
    • 犬用のシャンプーや消毒液は「決して」猫には使ってはいけません。
    • このタイプの製品はペットを洗浄できますが、再発を防ぐような持続性はない事を覚えておきましょう。局所用溶液や首輪などの予防効果のある製品も併用する必要があります。
  3. 3
    スプレーまたはパウダーを試しましょう。ペットショップで購入できるノミ駆除用スプレー及びパウダーをペットの毛に噴霧または散布します。その後、ノミを死滅させるためにペットの肌に塗り込む必要があるかもしれません。
    • 説明書に従い正しい使い方をしましょう。
  4. 4
    決して犬用の製品は猫には使用せず 、その逆もしてはいけません。ノミ対策製品はペットの種類に合わせて特別に調合されています。置き換えはできません。犬用に処方されたものは猫には使用できず、逆も同じです。

ポイント

  • 人がノミに刺された痒みを抑えるためには、1%のヒドロコルチゾンを含んだかゆみ止めクリームを使用しましょう。[17]ただし、ペットには使用できません。
  • パチョリ油はとても有効な虫よけとして知られています。ノミ、蚊、ダニなどに効果があります。ボトルから直接使ってもよいでしょう。この場合は少量で足ります。香りのないミネラルオイル(あるいはホホバオイル、アーモンドオイル、オリーブオイルなどの植物油)のようなキャリアオイルに混ぜて使用もできます。ペットや人、寝具類、家具、カーペットなどにスプレーしましょう。ペットを連れて行く場所すべてに使用します。車の中も忘れないようにしましょう。ただし、パチョリ油は独特の強い香りがあることを知っておきましょう。好き嫌いがはっきりとわかれ、中間はあまりありません。購入する前に香りを確認しましょう。
  • エッセンシャルオイルをペットにつけたり、ディフューザーを近くで使用しないようにしましょう。内臓損傷や命の危険がある場合もあります。
  • ペパーミントは動物には危険なので決して使ってはいけません。

注意事項

  • どの製品も使用前に注意事項と説明を読みましょう。多くの場合、ペットと子供に関する注意が記載されています。
  • 家庭でノミ対策の薬を使用する場合は、事前にペットの体重を測っておきます。これでサイズにあった投薬量かを確認できます。[18]

記事の情報

この記事はPippa Elliott, MRCVSが共著しています。 獣医であり、Royal College of Veterinary Surgeons(王立獣医師会)のメンバーでもあるエリオット医師は、30年以上にわたり、かかりつけ獣医、そして獣医外科医として獣医療の実践に努めてきました。1987年にグラスゴー大学にて獣医科学と獣医外科学の学位を取得してます。エリオット医師は生まれ故郷の町にある動物診療所に20年以上勤務しています。

カテゴリ: ペット

他言語版:

English: Prevent Flea Bites, Español: evitar picaduras de pulga, Русский: предотвратить укусы блох, Italiano: Prevenire i Morsi delle Pulci, Deutsch: Flohbisse vermeiden, Français: éviter les piqûres de puces, Bahasa Indonesia: Mencegah Gigitan Kutu, Nederlands: Vlooienbeten voorkomen, 한국어: 벼룩에게 물리지 않는 방법, العربية: التخلص من لدغات البراغيث, Tiếng Việt: Ngăn ngừa bọ chét cắn, ไทย: ป้องกันหมัดกัด, 中文: 防止跳蚤叮咬, हिन्दी: फ्ली बाईट से बचें

このページは 201 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?