ノミ駆除剤を使えない子犬からノミを除去する方法

この記事には:子犬のノミを駆除する母犬のノミを駆除する環境を整える9 出典

生まれたばかりの子犬は、ノミにとって格好の餌場と産卵場所になります。イヌノミ(Ctenocephalides canis)は、子犬の皮膚に痒みや炎症を引き起こす非常に厄介な寄生虫です。さらに深刻な場合、ノミに血を吸われた子犬が貧血を起こすこともあります。困ったことに、子犬からノミを駆除するのは、なかなかやっかいな作業です。子犬の体は、ほとんどのノミ駆除剤に含まれる強力な薬品に対応できないためです。[1]そのため、子犬のノミを除去するには、母犬や、子犬が接触したベッド、布製の家具などのノミ駆除を行いつつ、子犬を清潔に保つことが重要です。詳しくは、以下の「パート1」から読んでいきましょう。

パート 1
子犬のノミを駆除する

  1. 1
    一般的なノミ駆除剤を子犬に使えない理由を理解する 生まれたばかりの子犬は、ノミの格好の宿主となります。子犬は暖かく、湿り気があり、餌となる血液を供給してくれるからです。残念ながら、生まれたての子犬にも安全なノミ駆除剤はありません。子犬の内臓は成犬に比べてデリケートなため、ノミ駆除剤による副作用が起こりやすくなるからです。
    • 駆除剤によっては、過剰な唾液、嘔吐、呼吸障害、過敏症または重度の鬱症状などの副作用を引き起こす場合があります。
    • ノミ駆除剤のなかには、子犬への使用を避けるよう明記されているものもあります。明記されていない駆除剤は、子犬の臨床検査を行っていないため、メーカーは子犬に使用しないように忠告しています。[2]
    • 特に、ペットショップで販売されているぺルメトリンを含む駆除剤は、子犬には危険なため使用を避けましょう。代謝機能がまだ不完全な子犬は、ぺルメトリンを分解できないため、体内に蓄積されて神経障害を引き起こし、過度の震え、よだれ、まひ、けいれんを起こすことがあります。
    • ペットショップで販売されているぺルメトリンを含まない製品は、効果が期待できず、無駄な出費になるでしょう。
  2. 2
    子犬をお湯で洗う 子犬に安全な市販薬や処方薬はないため、子犬を清潔に保ち、ノミをすべて手で取り除くのが唯一の方法です。以下の要領で子犬を入浴させましょう。[3]
    • シンクや浴槽に10cmほどのお湯を張ります。お湯の温度は、人間の赤ちゃんを沐浴させる温度と同程度にします。
    • 子犬をお湯に入れ、頭を手で支えてお湯に浸からないようにします。
    • 子犬の被毛が完全に濡れるまで、お湯を手ですくって流し掛けます。
    • 子犬をお湯から出し、清潔な暖かいタオルの上に載せます。子犬をタオルでやさしく擦り、余分な水分を拭き取ります。
  3. 3
    ノミ取り櫛で被毛をとかし、ノミを除去する 平らな場所に乾いたタオルを広げ、子犬を載せます。ノミ取り櫛を使って湿った被毛をとかし、ノミをすべて取り除きましょう。[4]
    • ノミ取り櫛は歯の間隔が非常に狭いため、被毛からノミを剥がし取ります。
    • 子犬の首から始め、被毛を部分的に分けながら、体全体をとかしてすべてのノミを取り除きましょう。
  4. 4
    ノミを潰すか、熱湯に入れて殺す 子犬の被毛から除去したノミは、すべて死滅させることが重要です。さもないと、再び子犬に寄生してしまいます。ノミを指で挟んで潰すか、1カップほどの熱湯の中に落とします。
    • 熱湯を使う場合は、子犬の届かない場所に置きましょう。子犬が容器を倒して火傷をする恐れがあります。
  5. 5
    ノミが寄生している寝床や動物から子犬を遠ざける 被毛からノミを除去しても、駆除剤を使っていない子犬には、ノミが再び寄生する恐れがあります。そのため、母犬や寝床のノミを駆除するまで、子犬を近づけないことが重要です。こうして、子犬が再び寄生されるのを防ぎます。
  6. 6
    ノミ駆除剤を安全に使える時期を知る 子犬が成長すると、ノミ駆除剤に含まれる成分に対応できるようになるため、安全に使うことができます。使い始める時期は、各製品の説明書に従いましょう。認可されたノミ駆除剤には、以下のような製品があります。[5]
    • レボリューション(主成分セラメクチン)は、生後7週間の子犬から使用可能です。[6]
    • フロントライン(主成分フィプロニル)は、生後8週間から使用できます。[7]
    • コンフォティス(主成分スピノザド)などの経口薬は、生後14週間にならないと使用できません。[8]
    • 推奨された週齢に達しない子犬には、これらの製品を使ってはいけません。

パート 2
母犬のノミを駆除する

  1. 1
    母犬のノミ駆除の必要性を理解する 子犬にノミがついていたら、ほぼ確実に母犬にも寄生しています。そのため、再び子犬にノミが寄生しないように、母犬のノミを駆除することが重要です。
    • 母犬や子犬に接触した他のペットもまた、ノミの駆除をする必要があります。
  2. 2
    市販の駆除剤や「天然」の駆除剤は避け、処方された駆除剤のみを使う 母犬にはノミ駆除剤を使うことができますが、使用する駆除剤は注意して選ぶ必要があります。
    • まだ母犬が授乳中であれば、ミルクを通して薬品が子犬に移行し、子犬の健康に害を及ばすことがあります。そのため、授乳中の母犬のために処方されたノミ駆除剤を使うことが重要です。
    • 市販の駆除剤のなかには、「天然」または「薬剤不使用」と記載されている製品もありますが、生まれて間もない子犬に安全であるとは限りません。たとえ副作用を起こさなくても、天然またはハーブのノミ駆除剤の効果は期待できません。
  3. 3
    妊娠中や授乳中の母犬には、セラメクチンが主成分の駆除剤を使う セラメクチンを含む処方駆除剤(レボリューションやストロングホールド)は、妊娠中や授乳中の母犬に安全であると認められています。
    • メーカーの使用説明書には、駆除剤を母犬の皮膚に滴下し、薬剤が乾燥するまで子犬との接触は数時間は待つよう記載されています。
    • セラメクチンを主成分とする駆除剤は、推奨された用量を守り、皮膚の局所にのみ投与します。ネズミへのセラメクチン経口投与実験では、胎児に異常が現れることが確認されています。[9]
  4. 4
    フィプロニルやスピノサドを含む駆除剤は、授乳中の母犬には安全ではないため、使用を避ける ノミ駆除剤には、妊娠中や授乳中の犬には危険な成分が一般的に使われています。そのため、製品の説明書をよく読み、獣医師に相談して、これらの成分を含む駆除剤を使わないように注意しましょう。
    • 妊娠中や授乳中の犬には、決してフィプロニル(フロントラインに含有)を含むノミ駆除剤を使ってはいけません。子犬への安全性は実証されていません。
    • スピノサド(経口駆除剤のコンフォティスに含有)は、母犬のミルクに排出されることが証明されています。スピノサドが子犬に害を与えるかどうかは不確かなため、この駆除剤を母犬に投与してはいけません。

パート 3
環境を整える

  1. 1
    ノミのライフサイクルを知る ノミの成虫が宿主に寄生するのは、餌をとるときだけです。犬にノミを見つけたら、その20倍のノミが犬の寝床、カーペット、ソファに潜んでいると考えられます。
    • メスのノミはカーペットや布製の家具など、柔らかい表面に卵を生みつけることにも留意しましょう。卵を駆除するのは大変なうえ、適切な宿主がいない場合は何年も休眠することがあります。
    • 卵が孵化すると、カーペットや犬の寝床の中で幼虫から蛹になり、ゴミやホコリを餌にして成虫となってライフサイクルを完結させます。
    • 犬の寝床、カーペット、ソファに潜んでいるノミの卵や幼虫を完全に駆除するこが重要です。さもないと、すぐに母犬や子犬に再び寄生してしまいます。
  2. 2
    子犬の寝床を洗濯してノミを駆除する 上記のとおり、子犬が生活する場所は、次の世代の成虫になるたくさんの卵、幼虫、蛹が存在しやすい環境です。そのため、ノミを完全に駆除するためには、子犬の寝床を徹底的に洗浄・除菌する必要があります。
    • ノミの卵殻は非常に硬いため、寝床を洗濯機で洗っても完全に除去することはできません。
    • ノミ駆除スプレーや殺虫作用のあるくん煙剤を使いましょう。殺虫剤は、ノミの卵、幼虫、蛹が潜んでいる手の届かない寝床の隅々まで行き渡ります。パッケージの説明書に従って殺虫剤を使用しましょう。
    • 殺虫剤を噴霧して効果が出るまで待ったら、洗濯機の温度設定を高温にして寝床を洗い、付着している殺虫剤(子犬に害を与える可能性がある)と死滅した卵、幼虫、蛹を除去します。
  3. 3
    スプレー式殺虫剤を使い、カーペットや布製品に潜むノミを駆除する 最後に、カーペットや布製の家具などに潜んでいるノミを駆除します。それには、ダニアースなどの殺虫スプレーを使いましょう。
    • 製品によっては、スプレーする前に掃除機をかけることを推奨しているものもあります。こうすると、カーペットの毛足がほぐれるため、薬剤が奥深くまで浸透します。また、掃除機の振動で幼虫の活動が活発になり、宿主を探そうとして這い出してきます。
    • 殺虫剤の使用説明書に従い、カーペットやソファなどの柔らかい表面の家具にスプレーします。殺虫剤の有効成分がノミの神経系を麻痺させ、筋機能を妨げてやがて死に至ります。昆虫は、哺乳動物のようにはピレスロイドを分解できないため、この殺虫成分にはるかに敏感に反応します。
    • 殺虫剤をスプレーする前に、必ず子犬や他のペット(鳥や魚も含む)、子供を部屋から出しましょう。スプレー後は窓を開けて部屋を数時間換気し、その間は部屋に入らないようにしましょう。

ポイント

  • ノミに寄生された母犬や子犬、または他のペットを最近車に乗せた場合は、車内にも殺虫剤を忘れずにスプレーしましょう。

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、著者の皆さんがボランティアで執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ:

他言語版:

English: Get Rid of Fleas on a Puppy Too Young for Normal Medication, Español: deshacerte de las pulgas en un cachorro demasiado joven para el tratamiento normal, Italiano: Sbarazzarsi delle Pulci su un Cucciolo Troppo Piccolo per i Normali Antipulci, Deutsch: Flöhe auf Welpen ohne Medikamente beseitigen, Português: Se Livrar das Pulgas em um Filhote Novo Demais para Tomar Remédios, Русский: избавиться от блох на щенке, слишком маленьком для обычного лечения, Français: traiter naturellement un très jeune chiot contre les puces, Tiếng Việt: Trị bọ chét cho chó con còn quá non để dùng thuốc thông thường, Nederlands: Van vlooien afkomen bij puppy's die te jong zijn voor normale middelen, Bahasa Indonesia: Menyingkirkan Kutu dari Anak Anjing yang Masih Terlalu Kecil untuk Diobati secara Normal, العربية: التخلص من براغيث جرو أصغر من أن يتناول الأدوية العادية, ไทย: กำจัดหมัดให้ลูกหมาที่เด็กเกินกว่าจะใช้ยาตามปกติ, 中文: 给无法用药的小狗去除跳蚤

このページは 29 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?